2009年12月31日

09木久蔵アウォーズ〔授賞式〕



09木久蔵アウォーズ授賞式であります。

皆々さまから頂戴しました投票に基づきまして、各賞の最優秀賞を決定であります。



初めは『作品賞』でありますよ。

ノミネートは次の4作品であります。

第29節 湘南戦
第37節 東京戦
第48節 水戸戦
第49節 大阪戦
天皇杯準々決勝川崎戦

投票総数107、最優秀作品賞は僅か一票差の僅差を制して、

優勝を賭けた大一番のJ2天王山『第49節 大阪戦』であります。

作品.jpg


第29節 湘南戦 22票
第37節 東京戦 14票
第48節 水戸戦 4票
第49節 大阪戦 34票
天皇杯準々決勝川崎戦 33票


いやぁ、この勝利があったからこその『J2優勝』でありますな。

ガチンコ勝負の消耗戦を決したのは、ロスタイムのラストワンプレー。

なんとビックリ『ヘッド下手』のパックンがヘッド一発!なんてぇシナリオ、

だれが予想できたんだてぇの!でありましたな〜。

てぇ訳で、最優秀作品賞は『第49節 大阪戦』であります。



続きまして『助演男優賞』であります。

ノミネートは次の4名であります。

平瀬智行
朴柱成
菅井直樹
富田晋伍
高地系治

投票総数118、最優秀助演男優賞は頭ひとつ突き抜けて、

遅れてきた仙台第3の男『富田晋伍選手』であります。

助演.jpg


平瀬智行 10票
朴柱成 21票
菅井直樹 22票
富田晋伍 39票
高地系治 26票


いやぁ、ヤマハでホントの悔しさを味わった男がズル剥け一本立ちであります。

技術云々よりも精神面での成長がプレイに安定性と積極性を与えたんじゃないっすかね。

天皇杯ガンバ戦でも十分その存在感をアピールしておりましたから、

来期も今季以上の活躍が期待できそうでありますね。

てぇ訳で、最優秀助演男優賞は『富田晋伍選手』であります。



んで、オオトリの『主演男優賞』であります。

ノミネートは次の4名であります。

梁勇基
関口訓充
渡辺広大
エリゼウ
林卓人

投票総数122、最優秀主演男優賞は他者を寄せ付けぬぶっち切りで、

仙台が誇る鉄人『梁勇基選手』であります。

主演.jpg


梁勇基 80票
関口訓充 10票
渡辺広大 19票
エリゼウ 4票
林卓人 9票


いやぁ、我らがキャプテン、ぶっち切りでありますね。

その存在感、もうね、半端無ぇってもんじゃありませんよ。

若いと思っていた梁クンもそろそろプレイヤーとしてピークを迎える時期でありますね。

ホント、ピークの時期をJ1で迎えられて、それも仙台で迎えられて感無量でありますね。

もうね、J1じゃ、楽しむだけ楽しんじゃって下さい!それしか言えないっすね〜。

てぇ訳で、最優秀主演男優賞は『梁勇基選手』であります。



いやぁ、長い長いシーズンでありましたね。

そんでもって、濃い濃い濃密なシーズンでありましたね。

ホント、仙台さん選手連、スタッフ連には、心の底からお疲れ様!と言いたいっすわ。

短いオフになっちゃいましたけれども、シッカリガッチリ休養を取って頂いて、

来るべき『J1イヤー』に備えて頂きたいもんであります。

来年、今年以上の進軍ラッパ鳴り放題!アクセルベタ踏みのレッドゾーン!

仙台さんの快進撃はまだまだこんなもんじゃないと思っておりますよ。

てぇ訳で、みなさん、来年も『仙台レッツゴー!とことんレッツゴー!』で参りましょう!



最後に、今年一年、当バカブログを御愛顧頂きまして誠にありがとうございました。

みなさま、良いお年をお迎えください!

ホント、仙台さんサポ諸兄連最高ッス!


posted by 木久蔵 at 19:18 | Comment(3) | お馬鹿魂

2009年12月30日

天皇杯準決勝 G大阪戦




『ガンバ先生、仙台さんにJの底力を見せつける』の巻

2009/12/29 EC準決勝 G大阪さん2−1仙台さん(Watch at 国立)



いやぁ、ガンバ先生、半端無ぇ強さっすね。

おそらく、仙台さんが何点取ろうとも結局は一点差で勝ったんじゃないっすかね。

ぐうの音も出ないとは、まさにこのコトだと思いますよ。

点差以上の、ホント、完敗っすな。

無駄が無いうえにミスが無いんじゃ、仙台さん太刀打ちできねぇっての・・・。

そのうえ、常にガンバ先生が余裕を持ってコトにあたるってぇんじゃ、

仙台さんノーチャンスでしょ、ホント・・・。

いやぁ、こんだけの差があるんでありますよ。

Jのトップチームとは、こんだけの差があるんでありますよ、ねぇ。

J1昇格だ!J2優勝だ!天皇杯準決勝だ!等などと、

随分と順風満帆な年末を過ごしておりましたけれども、

こんな差を見せつけられると、いやはやなんとも・・・。

それにつけましても、ガンバ先生選手連の体躯の強さとポジショニングは絶品でありますね。

いやぁ、ホント強ぇっす。



でもね、これでイイんだと思いますよ。

仙台さんなんてぇのは、本気でチーム作りを始めて2〜3年でしょ。

Jのトップチームを目指すにゃ、まだまだやるべきコトは山ほどあるんですよ。

壁にぶち当たって、その壁をぶち破って、また壁にぶち当たる。

ホントのてっぺん獲るまでは、これを繰り返すしかねぇんですよね。

最高にシーズンの終わりにてんこ盛りの課題を突きつけられる。

ある意味、仙台さんとしては最高のシーズンの終わり方だったのかもしれませんね。

今年一年着続けた『ヤマハを忘れるな!』のTシャツは、

色あせ、ちぢみが出ちゃって、来年も着るには小さすぎるってぇことですよ。

そう、真っ新な『打倒ガンバ』Tシャツ!

来年はこれっすよ!これ!

ハードル高くしてホントのてっぺん獲ろうぜってぇんだ、コンチクショウ。

それでイイんですよ。



んで、最後に木谷。

仙台さんのいまがあるのは、J2暗黒時代を切り抜けたから。

その暗黒時代を支えてくれたあなたの頑張り。

ホント、頭が下がります。

そして、あなたの『広大、ちゃんと見とけよ!』と言わんばかりのロングフィード。

本当に美しかった。

心を込めて、ありがとう。


posted by 木久蔵 at 20:29 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

2009年12月28日

天皇杯準決勝 ガンバ大阪戦の心得



天皇杯準決勝 ガンバ大阪戦の心得

一 強い相手に勝ったら痛快!
 
一 相手がガンバなら尚更!
 
一 てぇ訳で、日本中のサッカーファン、ビックリさせてやんぞ!



気楽に行こうぜ。

失うモノなんて無ぇんだ。

肩肘張っても良いコトなんてねぇよ。

天皇杯なんてぇのはある意味オマケなんだから、楽しんだモン勝ちでしょ。

ホントに強い相手と闘うんだから、心底楽しまなきゃ損でしょ。

この仙台さんの気楽さが大阪さんにはプレッシャーになると思うんすけれどもね。

大阪さんよりノビノビと闘わな、勝てるもんも勝てねぇよ。

てぇ訳で、テイク・イット・イジーっすよ。

仙台さんらしくノビノビと闘って、

日本中のサッカーファンをビックリさせてやろうぜ!


posted by 木久蔵 at 21:57 | Comment(3) | 次節の心得

2009年12月27日

反省しつつ大阪さんを喰らう!




『進歩とは反省のきびしさに正比例する。』本田宗一郎

さすがは本田宗一郎さんであります。

良いこと言います。

まぁ、反省だけなら猿でもできる。

そんな話もありましたけれども、

でもね、分別のある成年男子は、見せかけの反省では無く、

心の底から真摯に反省しなきゃならんのでありますよ。

なにせ、進歩が掛かっておりますからな。

てぇ訳で、愛媛戦で「徳島産」のじゃこ天を使ったため、

結果、引き分けとなっちまったことを反省しつつ、

Hey!エブリバディ、ガンバ大阪を喰らうぜ!



愛媛戦で産地を間違ったとなれば、行くしかねぇだろ!

ガンバの地元、大阪へ行くしかねぇだろ!

てぇ訳で、まいど!大阪ぁ〜!

大阪1.jpg

JR大阪駅〜 まいど!


大阪2.jpg

グリコやで〜 まいど!


そんでもって、大阪で購入したリアル・メイド・イン・大阪のたこ焼きがこちら。

お好み焼き.jpg

モチのロンでいつもどおり揚げるぜ。


揚げました.jpg

どこから見てもコロッケっすね。


んで、いつもどおりカツ丼に仕上げますよ。

てぇ訳で、こちらが出来上がりの『たこ焼きカツ丼』。

たこ焼きカツ丼.jpg


知らない間にカツ丼作るのが非常に上手くなっております・・・。

んでお味の方でありますけれども、

まぁ、ハズレ無しの味っすね。

サクサクたこ焼き、ベリーまいう〜っす。

てぇ訳で、ひと足お先に大阪さんをペロペロッと喰らっておきましたので、

後は仙台さんが、聖地国立で大阪さんをペロペロペロ〜んと喰らうだけであります。

まぁ、思い切って喰らっていこうぜ!


posted by 木久蔵 at 21:03 | Comment(2) | お馬鹿魂

2009年12月19日

09木久蔵アウォーズ〔投票所〕

チェリー姉さんにこっぴどく注意されましたので、

携帯からのアクセスにも対応できるよう、投票所を設置致します。

ただ、複数回投票することはどうやらシステム上無理のようですので、

まぁお知り合いの携帯からこっそりアクセスこっそり投票・・・、

そんな段取りでよろしくベイベーでありますよ。

てぇ訳で、まだ投票していない方は、投票よろしく。

◎◎注意◎◎

携帯からアクセスすると投票フォームが文字化けするようです。

誰が誰だか判らなくなると思いますが、ノミネートの順番は変わっていませんので、

そちらを参考に投票して下さい・・・。


【追記】09.12.29
09木久蔵アウォーズの投票は終了致しました。

御投票ありがとうございました。

結果発表は12/30を予定しております。




☆★最優秀主演男優賞★☆
ノミネート
・梁勇基:言わずと知れた仙台神 全試合スタメン出場は半端無ぇって!
・関口訓充:ヤンチャな存在から頼れる存在へ急成長 攻守に渡り仙台の肝!
・渡辺広大:スタメン奪取の見事なシーズン 期待の生え抜きDFがやっと開花!
・エリゼウ:チョンボ多し だけどもそれを忘れさせる堅守とヘッド一発!
・林卓人:守備陣の要 何度グッドセーブに助けられたか・・・ 正真正銘の守護神!

◎投票は終了しました



☆★最優秀助演男優賞★☆
ノミネート
・平瀬智行:ここぞの得点能力は流石に元日本代表 ファーに流し込むシュートは絶品!
・朴柱成:メンタルもスタイルも全て仙台向き スラロームドリブルはホント見事!
・菅井直樹:得点は減ったものの守備の強さとバランサー能力が急成長!
・富田晋伍:後半戦の快進撃を支えた遅れてきた第3の男 今季ズル剥け一本立ち!
・高地系治:彼のお陰で優勝できました・・・。ターン&ヒールで股抜きって・・・失禁!

◎投票は終了しました



☆★最優秀作品表★☆
ノミネート
・第29節 湘南戦:言わずと知れた、野獣ヘッド二発の一戦 夏に弱い仙台と決別!
・第37節 東京戦:サーレス退場で11対10 しかしそこからの強さは今季を象徴!
・第48節 水戸戦:御存知昇格を決めた一戦 完封+ゴールラッシュでお祭り騒ぎ!
・第49節 大阪戦:首位攻防の大一番 パックンのヘッド一発で劇的なフィナーレ!
・天皇杯準々決勝川崎戦:死闘120分!スタジアム全体で川崎を撃破!

◎投票は終了しました



posted by 木久蔵 at 20:15 | Comment(3) | お馬鹿魂

2009年12月18日

どうなってんのよ!



みんなご無沙汰です。

ゴール裏のリアル・0トップ、チェリーで〜す。

ちょっと、みんな聞いてくれる?

チェリー、すんごい怒ってんのよ。

というのもさぁ、チェリーもアウォーズに投票しようと思った訳、

そしたら、あんた!どうにもこうにも、『あたしのユーキ』がいないじゃない!

どういうコト?どういうコトノなの?エッ?

そりゃ、主演男優賞とまでは言わないわよ、あたしも。

せめて、助演男優賞にいてもいいんじゃないの?

天皇杯、連発中なのよ!

男子がナニを三連発なんて、ホントに精も根も尽き果てるのよ!

あんた知ってるの?

てぇかさぁ〜、川崎戦の先制点、見てなかった?

もぉ〜、いいじゃないのよ〜、助演男優賞にノミネートしてあげてよ〜。

てぇか、なんなのよ、高地系治って!

そして、高地の髪の毛、密度濃過ぎよぉ〜!

な、なんで高地にあたしのユーキが弾かれなきゃなんないのよ!もぉ〜。

だいたいねぇ、であります!とかさぁ、な訳であります!とかさぁ、

だけんとしかし!なんて言うヤツに、まともな人間がいるはずないのよ!

絶対おかしいわよ!

おまんの目は節穴か?ああん?

おまんの顔に付いているその目はベガルタの何を見てんだっての!

もぉ〜、お願い、ユーキ入れてあげてよ・・・。

ホント、お願い、お願いします。

入れてあげて・・・。

あらやだ!チェリー、入れてあげてだなんて・・・。

でも、そんなの抜きにして、あたしのユーキ、入れてあげてよ〜。



な〜んて、まぁ、昨日まではあたしもそんな風に思ってた訳・・・。

でもね、チャリー、思い出しちゃったの。

『そういやユーキの野郎、結婚しやがったじゃねぇかよ!』ってね・・・。

すっかり忘れてたわ・・・、年取るって、やぁねぇ〜。

次から次へと忘れちゃうのよ・・・、ホント、年取りたくないわねぇ。

でね、気を取り直してモチモチ王子の『パックン』に投票しようと思った訳。

したら、あんた、何よいったい!何なのよ!

『投票エラー 既に投票済みです』って!

ちょっと、あたしは何回も何回も投票したいのよ、判る?

あたしの投票でパックンを最優秀にしたいわけ、判る? 

もぉさぁ、ユーザーへの配慮が足りないんじゃないの?このブログ。

携帯からのアクセスじゃ投票できなくなってるしさぁ。

さくらもちちゃんも困っちゃってるじゃないの。

ちょっと、ホントどうなってる訳?

土日休みなんだからその間に直しておいてよね。

土日の間に絶対直しておくのよ、判ったわね!

直ってなかったら、チェリー、3年ぶりに本気出しちゃうわよ・・・。

絶対直しておきなさいよ、判ったわね!

と言う訳で、みんなの代弁者、チェリーでした〜。

バイバ〜イ!


posted by 木久蔵 at 22:28 | Comment(1) | お馬鹿魂

2009年12月16日

09木久蔵アウォーズ〔ノミネート〕


毎年末に御贔屓連と共に今年の仙台さんを振り返る想い出企画。

そう、それがお待ちかねの『木久蔵アウォーズ!』であります。

昨年からこちとらの一方的な思い入れによる決定方式を改め、

オープンな投票方式を採用しておりまして、皆さま方の御機嫌を伺おうかと・・・、

まぁそんな『年忘れ大判振舞い!』的な企画であります。



各賞は本家アカデミー・アウォーズに倣いまして、次のとおりでありますよ。

最優秀主演男優賞(ベストプレーヤー・オブ・ザ・イヤー)

最優秀助演男優賞(ベストバイプレーヤー・オブ・ザ・イヤー)

最優秀作品賞(ベストマッチ・オブ・ザ・イヤー)

以上三賞であります。

各賞のノミネートは厳正なる偏見のうえこちとらが独断で決めておきましたので、

あとは、右サイドバーにあります投票所におきまして、

ポチっと投票していただければこれ幸いな訳であります。

(投票したい項目脇の丸をクリックして目玉オヤジ状態になったら、投票ボタンをクリック!)

投票してから投票が反映されるまで若干のラグがありますけれども、

まぁそれは御愛嬌ってぇことで、ひとつよろしくベイベーであります。

投票は12月28日午後10時まででありまして、

発表は12月30日を予定しております。

んだば、各賞への投票よろしくであります。



各賞ノミネートリスト

☆★最優秀主演男優賞★☆
ノミネート
・梁勇基:言わずと知れた仙台神 全試合スタメン出場は半端無ぇって!
・関口訓充:ヤンチャな存在から頼れる存在へ急成長 攻守に渡り仙台の肝!
・渡辺広大:スタメン奪取の見事なシーズン 期待の生え抜きDFがやっと開花!
・エリゼウ:チョンボ多し だけどもそれを忘れさせる堅守とヘッド一発!
・林卓人:守備陣の要 何度グッドセーブに助けられたか・・・ 正真正銘の守護神!



☆★最優秀助演男優賞★☆
ノミネート
・平瀬智行:ここぞの得点能力は流石に元日本代表 ファーに流し込むシュートは絶品!
・朴柱成:メンタルもスタイルも全て仙台向き スラロームドリブルはホント見事!
・菅井直樹:得点は減ったものの守備の強さとバランサー能力が急成長!
・富田晋伍:後半戦の快進撃を支えた遅れてきた第3の男 今季ズル剥け一本立ち!
・高地系治:彼のお陰で優勝できました・・・。ターン&ヒールで股抜きって・・・失禁!



☆★最優秀作品表★☆
ノミネート
・第29節 湘南戦:言わずと知れた、野獣ヘッド二発の一戦 夏に弱い仙台と決別!
・第37節 東京戦:サーレス退場で11対10 しかしそこからの強さは今季を象徴!
・第48節 水戸戦:御存知昇格を決めた一戦 完封+ゴールラッシュでお祭り騒ぎ!
・第49節 大阪戦:首位攻防の大一番 パックンのヘッド一発で劇的なフィナーレ!
・天皇杯準々決勝川崎戦:死闘120分!スタジアム全体で川崎を撃破!



てぇ訳で以上が各賞のノミネート。

ポチポチっと投票よろしくであります。

ホント、よろしくねぇ〜。

組織票ウエルカム!毎日ポチポチもウエルカム!

とにもかくにも、投票すべし!投票してね!投票して!

ちょっとあんた、判ってんでしょ!投票しなさいよ! by チェリー

・・・・・・。

役者が揃った処で、投票結果は30日!のこころだぁ〜。


ちなみに・・・、こちとらの投票は、

最優秀主演男優賞:渡辺広大、最優秀助演男優賞:朴柱成、最優秀作品賞:第37節東京戦、

まぁこんな具合でありますかね。


posted by 木久蔵 at 23:42 | Comment(4) | お馬鹿魂

2009年12月15日

天皇杯準々決勝 川崎戦



天皇杯準々決勝 川崎戦

2009/12/12 EC準々決勝 仙台さん2−1川崎さん(Watch at 聖地ユアスタ)



声が枯れるほど必死に応援して、劇的な勝利に感激して、試合後の祝杯に酔って、

翌朝VTRを見直して選手連の懸命さひたむきさに目頭が熱くなる・・・。

いやぁ、ベガルタ仙台最高です!

そして『国立に行かせて下さい。』と嫁に土下座する・・・。

いやぁ、ベガルタ仙台、そんなオプションも含め最高です!

そんでもって、こんなに良いコト尽くめのオンパレードで、

仙台さんが持ってる『運』を使い切るなんてぇことありませんかね。

結果、何か想定もしていないようなモノ凄ぇ悪いコトが起きたりしませんかね・・・。

根が貧乏性なもんで、幸運のビッグウェーブに乗り切るのに結構勇気がいるんですよね。

イイんすかね?乗かっちゃって?この流れに乗かってイイんすかね?ん〜〜。

そんな、慣れない幸せにちょいと戸惑い中なんすけど・・・、

な前振りがあって、本題。



仙台さん選手連11人、みんな闘っておりましたね。

んで、12番目の選手、サポ諸兄連も闘っておりました。

そんでもって、13番目の選手、聖地のゴールポストもシッカリ闘っておりましたよ。

いやぁ、みんながみんなそれぞれのポジションで、しっかりきっちり闘っておりました。

その結果が、『仙台、死闘を制す!』の見出しになったんだと思います。

この積み重ね&継続が『聖地ユアスタ不敗神話』に昇華していくのでありますけれども、

これは来期J1で闘う仙台さんにとっては、非常に大事だと思うんですよね。

『ユアスタで勝ち点3取るのは難しいぞ・・・。』

そう相手チームの脳裏にインプレッションを与えるだけでも、

仙台さんのホームゲームは仙台さん有利に廻って行くと思うんですよね。

でありますので、『今回の死闘は来期に直結!』なんじゃねぇかなぁと、ね。

まぁそんな風に思うのであります。



んで、『関口時代』の到来でありますな。

この試合、関口の為にあった試合と言っても過言じゃないでしょうね。

いままでは『何が日本代表だ!寝言は寝て言え!』と思っておりましたが、

こんだけの活躍をマザマザと見せつけられると、

『ワールドカップは無理としても、それ以降の招集はあるぞこりゃ!』と。

まぁそんな風に思うのであります。

何がイイって、行くトコと行かないトコのメリハリ。

90分のマネジメントが実に見事であります。

スタミナ、トイ面の相手関係、試合の流れ、見方の状況、等など、

試合中の『生情報』の収集と分析と対応、いやぁ実に見事だと思います。

そんでもって、90分を過ぎてからの『底力』。

これはもぉ『天晴れ!』以外の何ものでもありませんね。

いやぁ、セキ、凄ぇわ!ホント、凄ぇ。

凄ぇ以外に言いようが無いんすよね、ホント。

ここに来て関口が完全に独り立ちとなれば、

梁クン不在時の道筋にいくらかの光が差し込めて参りますので、

来期の闘いにホント期待が持てる訳であります。

いやぁホント、どこまで成長するんだか、怖いくらいっすわ。

数年後、この川崎戦が『関口の大確変が始まった試合』として、

代々語り継がれる試合になるかもしれませんね。

そのくらい関口!関口!関口〜!の、関口一色の試合でありましたよ。



んで、余談。

流石は日本代表でありますな。

川崎の川島君、半端無ぇっすね。

何?あの一対一の強さ!

シュート打つ方が、全部川島君の間合いで打たされてるんすよね。

まぁその間合いに持って行けるから日本代表なのでありましょうけれどもね。

来期からは、こんなレベルの選手連が大挙をなしてやって来る訳でありますね。

ん〜、怖いけれども、非常に愉しみであります!


posted by 木久蔵 at 22:13 | Comment(6) | お馬鹿観戦記

2009年12月11日

天皇杯準々決勝 川崎戦の心得


天皇杯準々決勝 川崎戦の心得

一 川崎さんが相手だ!決死の覚悟がスジってぇもんだろ!

一 チャレンジャーに失うモノなんてぇのは無ぇ!仙台さん、腹括ろうぜ!

一 てぇ訳で、スタジアムがひとつになって、さぁ川崎さんボコリに行こうぜ!



相手は川崎フロンターレ。

敵に不足がある訳無し。

ならば仙台さんよ・・・、

勝ちきるメンタリティ?

J2最少失点?

試合をコントロール?

んなこたぁ、知ったこっちゃ無ぇての!

トコトン半端無ぇ鼻血ブーのボコリ合い。

100%混じりっ気無しのケンカマッチ。

正面衝突の真っ向勝負が礼儀だろ。

完全昇格の手枷足枷が取れたんだ、

ココはトコトン元祖仙台さんサッカーで楽しもうぜ。

失うモノは何も無ぇんだ。

J2優勝の追い風に乗って、

J1の強豪川崎フロンターレ、ボコリに行こうぜ!


『勝つことが目的ではない。闘うことが目的だ。』by石川勝美(石川遼の父)



posted by 木久蔵 at 23:22 | Comment(5) | 次節の心得

2009年12月10日

18禁で川崎さんを喰らう!

今回の喰らうは大人限定。

年齢確認しなきゃイカンのでありますよ。

てぇ訳で、18歳以上だいっちゃね?

これ、やってみたかったのさね・・・。


YES
posted by 木久蔵 at 23:07 | Comment(3) | お馬鹿魂

2009年12月09日

LOVE J2



J2が大好きです。

まぁ確かに、極東のサッカー後進国の二部リーグでありますから、

観客席はパラパラで華やかさに欠けていたり、見づらいスタジアムが多かったり、

試合運営に慣れていなかったり、牧歌的な空気が充満していたり、

何だかなぁ〜の試合内容が結構あったりしますけれども、

サポーターの情熱は、J1にもプレミアにもリーガにも負けていないのであります。

そんなJ2が大好きです。



札幌さんが好きです。
北の大地の熱きサポーターが作り出すドームの狂気と砂川の気迫。
そんなコンサドーレ札幌が好きです。

水戸さんが好きです。
怖いもの知らずの攻撃サッカーと本間ちゃんの美しい横っ飛び。
そんな水戸ホーリーホックが好きです。

栃木さんが好きです。
新たな歴史を踏み出そうとチャレンジするクラブと米山の心意気。
そんな栃木SCが好きです。

草津さんが好きです。
決して諦めない決して挫けない植木イズムと松下のど根性。
そんなザスパ草津が好きです。

東京Vさんが好きです。
何があってもクラブを見捨てない選ばれしサポーターと高木の男気。
そんな東京ヴェルディが好きです。

横浜さんが好きです。
都並効果は忘れた頃にやって来る!と難波のダイビングヘッド。
そんな横浜FCが好きです。

湘南さんが好きです。
上がれそうで上がれなかった似た者同士、坂本の情念と田村の執念。
そんな湘南ベルマーレが好きです。

甲府さんが好きです。
スタジアム正面の宝一食堂と大西の労を惜しまない献身的プレー。
そんなヴァンフォーレ甲府が好きです。

富山さんが好きです。
嫌味のない爽やかなプレースタイルと中川のビックセーブ。
そんなカターレ富山が好きです。

岐阜さんが好きです。
全員攻撃全員守備の計算抜きのハードワークに染谷のスピード。
そんなFC岐阜が好きです。

大阪さんが好きです。
漫画のような凄過ぎる攻撃とクルピの執拗な抗議。
そんなセレッソ大阪が好きです。

岡山さんが好きです。
最後まで勝負を捨てない不屈の闘志と青木の一発。
そんなファジアーノ岡山が好きです。

徳島さんが好きです。
本気になったクラブとクラブを本気にさせる男、徳重。
そんな徳島ヴォルティスが好きです。

愛媛さんが好きです。
ハードワーク至上主義と赤井−ジョジマールのホットライン。
そんな愛媛FCが好きです。

福岡さんが好きです。
気持ちを見せる熱き博多の男と荒ぶる男・ジャンボ大久保。
そんなアビスパ福岡が好きです。

鳥栖さんが好きです。
赤帽“ミスターソウルマン”岸さんと裏MVP高地と俺のヨンヘ。
そんなサガン鳥栖が好きです。

熊本さんが好きです。
今季Jリーグの戦術大賞『0トップ』とトシヤの名人芸。
そんなロアッソ熊本が好きです。



そう、なんでかんで、J2が大好きです。

金は無いけど夢はある、金で買えない夢がある。

金が無ければその分走る、技術が無ければその分走る。

クラブを取り巻く問題が無い訳じゃないが、

週末になれば一切忘れて愚直に純真にただひたすらに・・・。

クラブを支えてる自負は持ってるぜ!

そんな気骨溢れるサポーターが多くいる。

それがJ2。

だから、そんなJ2が大好きです。

誠意を込めて言う。

LOVE J2!

そしてホントにありがとう。

J2最高。



しばらく戻って来ないつもりです。

留守をよろしく。


posted by 木久蔵 at 23:22 | Comment(7) | お馬鹿魂

2009年12月08日

09シーズン 第51節 愛媛戦



09シーズン 第51節 愛媛戦

2009/12/5 第51節 仙台さん1−1愛媛さん (Watch at 聖地ユアスタ)



サッカーの神様が『J1を舐めるな!』ってぇコトで、

ガッチリとお灸を据えた結果が1−1のドローなんだって・・・。

へぇ〜。

でもね、思うのさね。

こんなシナリオが書ける神様って、サッカーの神様じゃねぇんじゃねぇの?

たぶん、こんなコトが出来る神様って、こんなんだと思いますよ。

神様.jpg


・・・・・・。

てぇか、笑いの神様じゃなきゃ、あんな抱腹絶倒のコント書けないでしょ、普通。

てぇ訳で、そんな『あたしゃ神様だよ』な前振りがあって、本題。



ガチのネタクラブでありますね。

まぁホント、愛すべきトンチンカンであります。

今年一番のストロングポイントである『勝ちきるメンタリティ』が、

リーグ戦の一番重要なポイントで不発・・・。

どんだけDNAにスットコドッコイがインプットされてんだってぇの。

呆れると言うよりは、賞賛レベルでありますよ、ホントに。



でもね、思うのであります。

これが仙台さん流のJ2卒業式における『答辞』なんだと。

『俺たちは来年からJ1に行くけれども、俺たちは何にも変わっちゃいねぇよ!』

『俺たちはJ1に行っても、みんなが知ってる仙台さんのままだぜ!』

『ありがとうJ2!』

そんな万感の思いが感極まって、『変わらない仙台』を表現しようとしたら、

昔取った杵柄がムクムクっと顔を出しちまって、

『昔見た風景』のロスタイム被弾で引き分けってぇ自虐ネタを御披露目・・・。

やっちまった後に本人もビックリ、でもJ2在校生は歓喜!

まぁそんなトコでしょ、ねぇ。



通信簿に『落ち着きがありません』と書かれる子どもは、

いくら大人になっても、そうそう落ち着けるハズが無いのでありますよ。

でありますからね、これはね、怒ってもしょうがないんであります。

チクチク小言を言っても無駄なのであります。

仙台さんはこんな『芸風』で勝負する訳でありますから、これでいいのであります。

てぇか、『仙台さん、変わってねぇなぁ〜。』と逆に感嘆するところなのでありますよ。

なんかね、最近、勘違いされている方々が多くいらっしゃるので、

大変心配なのでありますけれども、どう頑張っても『常勝仙台』なんて無理ですから。

体に染みついたネタクラブの垢が、そんな愚行許しませんから。

あのね、仙台さんの魅力ってぇのは、トンチンカンながら快進撃!とか、

勝てば一位だったのに惜敗・・・とか、強豪相手にまさかまさかの大金星!とか、

そんな庶民的で人間味溢れる一喜一憂なのでありますよ。

でありますので、こちとらは思います。

これでいいのだ!と。



我々サポ諸兄連の手が届かない存在の『常勝仙台』なんて、興味ないのであります。

『やっちまったなぁ〜。でも、次頑張れば良いべや、なっ!』

そう言って肩をポンポンッと叩ける近所の兄ちゃんでいて欲しいのであります。

そんでもって、その近所の兄ちゃんがJ1でてっぺん獲ったり、

アジアに出て行ったりするから、こちとら達サポ諸兄連は、

仙台さんにハート鷲掴みなのであります。

でありますので、仙台さんはネタクラブ。

トンチンカンなネタクラブ。

これで良いのであります。

そう、これで良いのであります。

そう考えれば、愛媛戦1−1のドロー、当然の結果でありますよね。

でも、ちゃんと優勝したでしょ。

このバカバカしさが仙台さんの魅力なのでありますよ。

でありますので、これで良いのだ。

仙台さんは、これで良いのだ、心底、そう思います。


posted by 木久蔵 at 00:01 | Comment(3) | お馬鹿観戦記

2009年12月05日

09シーズン 第51節 愛媛戦《速報版》

09シーズン 第51節 愛媛戦

2009/12/5 第51節 仙台さん1−1愛媛さん (Watch at 聖地ユアスタ)



その瞬間、気持ちはアントウェルペンの敬愛聖母大聖堂へ飛んだ・・・。



フランダース1.jpg

パトラッシュ・・・、疲れたろ・・・?

こちとらも疲れたんだ・・・。

なんだかとても眠いんだ・・・、パトラッシュ・・・。



フランダース2.jpg

優勝すると思ってたのに・・・。



フランダース3.jpg

ネロ〜、あきらめちゃダメぇ〜!

何かが起きそうな予感がするの〜!

ネロ〜、目を覚ましてぇ〜!



赤帽.jpg

えっ?なに?

どうなったの?

もしかして・・・。

もしかして、もしかしちゃった?

・・・・・・。



急遽、行き先変更です!

急遽、飛ぶ場所を変更して下さい!

てぇ訳で、その瞬間、何だかんだで気持ちはアルプスへ飛んだ!

ハイジ.jpg



おじいさぁ〜ん!

おじいさん.jpg



ペ〜タぁ〜!

ペーター.jpg



ヨ〜ゼフ〜!

ヨーゼフ.jpg



やっぱりこの芸風は捨てられません!

スットコドッコイの結果、タナボタで優勝しちゃいました〜!

大爆笑の優勝なんてはじめて〜!

優勝.jpg



やったぁ〜!

やったー.jpg



やっぱね、仙台さんはこうでなきゃ。

慣れ親しんだ仙台さんが見られて、実は結構ホッとしております。

詳しくは、祝杯の酔いが醒めてからってぇことで・・・。


posted by 木久蔵 at 22:54 | Comment(10) | お馬鹿観戦記

2009年12月04日

最終節 愛媛戦の心得



最終節 愛媛戦の心得

一 仙台さん選手連、仙台さんサポ諸兄連、最強のスイッチを入れろ!

一 仙台さん選手連、仙台さんサポ諸兄連、とびきりの情熱を爆発させろ!

一 一気にてっぺん獲って、俺たちの新しい未来をつくろうぜ! 

第51節負けちゃダメ指数80.00%



俺はベガルタ仙台が好きだ。

時間が流れ何度も何度も季節は変わったけれど、

俺はベガルタ仙台が好きだ。

共に進んだ長い道のり。

暑い日、寒い日。

晴れの日、雨の日。

走った日、歩いた日。

共に耐えた長い道のり。

笑った日、泣いた日。

感謝した日、侮辱した日。

愛した日、裏切った日。

平坦な道のりじゃ無かったから、いまがある。

誇りをもって言う。

俺はベガルタ仙台が好きだ。

時間は流れて何度も何度も景色は変わったけれど、

俺はベガルタ仙台が好きだ。



でもね、こんな真っ直ぐな想いを持ってんのは、

決して俺だけじゃねぇんだよ。

君も持ってるだろ?この想い。

あなたも持ってるでしょ?この想い。

仙台さんサポ諸兄連、みんな持ってんだろ?

この魂を揺さぶる純真な想い、みんな持ってるだろ?

そう、その想い、全部注ぎ込もう。

想いの丈、全部ブチ込んで、

選手連の最強スイッチ、入れてやろうぜ!

栄光に指は掛かってんだ、

あとは、まっしぐらなエネルギーで引き寄せるだけ!

とびきりの情熱を爆発させて、一気に俺たちの未来をつくろうぜ!



てっぺん獲って、オーラ斉唱だぞ!コノヤロウ!



posted by 木久蔵 at 23:36 | Comment(3) | 次節の心得

2009年12月03日

期待を裏切らずに愛媛さんを喰らう!


茂木健一郎氏に『木久蔵さんにとってプロフェッショナルとは?』と問われれば、

『そうですねぇ〜、期待を裏切らないってことですかね・・・。』と、

遠くを見つめチョイとばかしハニカミながら言う気はマンマンなのでありますが、

まぁ、TVに出られる訳ねぇしそのうえ聞かれる訳ねぇし・・・。

でもね・・・、いつもなるべく、そうしようと思っているのでありますよ。

期待は裏切らないように・・・、そう思っているのでありますよ・・・。

でありますので、いよいよ最終節!期待は裏切らねぇぜ!

でありますから、エブリバディ!みんなの期待は裏切らねぇぜ!

てぇ訳で、エブリバディ!愛媛さんをペロペロっと、喰・ら・う・ぜ!



はい、サクサク行きますよ〜。

はい、材料はこちら〜。

じゃこ天.jpg


愛媛の名物「じゃこ天」。

徳島遠征で入手したリアル四国産の一品。



はい、いつものとおり、カツにして揚げま〜す。

じゃこ天カツ.jpg


カラッと揚がってんじゃねぇか、コンチクショウ!



そんでもって、はい、勝つ見込み→カツ煮込みで、カツを煮ま〜す。

カツ煮.jpg


いやぁ、タマネギ入れ過ぎでカツが浮いてまぁ〜す。



んで、はい、では、ごはん炊きま〜す。

まぁ、これしかねぇわな。

てぇか、これ以外、みんな納得しないでしょ。

ポン飯.jpg


はい、ポンジュースごはん、光ってま〜す。

はい、ポンジュースごはん、香ってま〜す。



で、カツのせま〜す。

ポンジュース注ぎま〜す。

はい、期待を裏切らずに愛媛さんを喰らうメニュー、

『じゃこ天カツ丼、ごはんはポンジュースごはんだっつ〜の!』の完成!

じゃこ天カツ丼.jpg



OK!OK!家族の白い目なんて慣れたもんよ。

『じゃこ天をカツにする必要ってあんの?』

『えっ?またポンジュースでごはん炊くの?』

一般的な家族の会話の範囲を超えてるぜ!ベイベ〜!

そんでもって、今晩もひとりポツンと別メニューで夕飯だぜ!

でもね、OK!OK!問題ナッシング!!

それもこれも仙台さんがみんなの期待を裏切らずに、

愛媛さんをペッロペロのサックサク、ついでにオマケでパックパクと、

シッカリガッツリ喰らうタメなんすから、ねぇ。

てぇ訳で仙台さん、こちとらがしっかと愛媛さんを喰らっておきましたので、

あとは仙台さんが愛媛さんをしっかと喰らうだけ。

そう、期待を裏切らずに喰らうだけでありますよ!


posted by 木久蔵 at 23:11 | Comment(7) | お馬鹿魂

マルセロ・リポート



最近、マルセロが頭から離れんのです。

マルセロの豪快なプレーじゃなくて、

マルセロの溢れんばかりの笑顔が離れんのです。

・・・・・・。



そう、こんな笑顔ね。

マルセロ.jpg



でね、思ったんすよ。

このパーソナリティを活かさないのは勿体ねぇ。

こんなイヤミの無い笑顔、あくの強い性格、

活かさない訳にゃいかんでしょ、ねぇ。

で、考えたのであります。

マルセロを最も活かせるオフ企画。

題して『マルセロ・ソアレスの食いしん坊万歳!』

そう、どうってことはねぇ、マルセロのグルメリポート。

内容はベッタベタの使い回しではありますが、

そこはマルセロがあの笑顔で、仙台の美味いもんを食って食って食いまくる。

そんでもってトンチンカンに日本語でリポートするってぇことで、

新鮮みが増すってぇもんでありますよ。

『オ〜、タイショウ!ココノ、ギュウタンハ、ブアツクテ、オイシイ〜!』

『オ〜、オカミサン!ミナミサンリクノ、ウミノサチ、ソザイガ、イキテル〜!』

『スタジオノ、ムネサン、レポート、イジョウデ〜ス!』

そりゃ、市民後援会繋がりで、宗さんもほっとかんでしょ。

てぇか、宗さん、ほっとけんでしょ。

オフ限定でやってくんねぇかなぁ・・・。



まぁ、それには、とにもかくにも、来期の契約延長でありますな。

頼むよ、丹治“ダンディ”強化部長&迷将。

ここで手放したら絶対ぇどっかのJチームが引き抜くのは明らかでしょ。

他チームのマルセロにやられたら目も当てらんねぇよ。

だからここはひとつ、契約延長といきましょうや。

そんでもって、『ムネサン、オバンデ〜ス!』実現させようぜ!

それが良いよ。


posted by 木久蔵 at 00:56 | Comment(3) | お馬鹿魂

2009年12月02日

09シーズン 第50節 徳島戦



09シーズン 第50節 徳島戦

2009/11/29 第50節 徳島さん0−4仙台さん (Watch at ポカスタ)



パパ爆走(その2).jpg

そんな、バカボンのパパが駆け出すほどの『マルセロ大感謝祭』があって、本題。



先制点を取って、前掛かりになる相手からカウンターで加点する。

正に理詰めの戦い方であります。

仙台さん側からすれば、これほど天晴れな戦い方はありませんな。

こんな理想的な戦い方を完遂しちまうなんてぇのは、

そうそうあるもんじゃ無いと思いますよ。

ホント、完璧に勝つと書いて『完勝』であります。

まぁ徳島さんが飛車角落ち+花試合の雰囲気だったとは言え、

そうそうできるもんじゃないと思いますけれどもね。



そんでもって、最近の仙台さんは、

耐えるところはトコトン耐える我慢強さと、

狙えるところはトコトン狙っていくしたたかさ、

ひとこと言えば『いやらしい』サッカーができているなぁと、

派手さはありませんけれども『体躯のしっかりした』サッカーが出来ているなぁと、

まぁ、そんな風に思います。

こんな試合ができるのは、戦術云々ではなくて、メンタリティの問題ですので、

ホント、俺たちの迷将が仙台さんに植え付けた『勝ちきるメンタリティ』ってぇのは、

何ものにも代え難いクラブの『財産』になるんじゃねぇのと思います。

こりゃ迷将が名将になる日も近いっすね。

まぁ名将になっても迷将表記のままなんすけれどもね・・・。


何はともあれ、残すは最終節であります。

そんでもってあと一勝で優勝であります。

メンドクサイことは一切考えずに『次も必ず勝つ!』、

この精神構造が仙台さんには丁度イイんじゃねぇかと思いますよ。


posted by 木久蔵 at 02:07 | Comment(5) | お馬鹿観戦記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。