2010年05月28日

あっちゃん行進曲




何だかんだと忙しくしておりまして、仙台さんの試合には行けねぇわ、

そんでもって、ブログは更新しねぇわで、しょっぱくてどうもすみません・・・、

そんな日々が続いている訳であります。

んで、今日も聖地詣では無理かぁと諦めかけておりましたら、奇跡的に仕事がひと段落。

てぇ訳でお久しぶりね・・・の『生・仙台さん』と相成った訳でありますよ。

いやぁ、簡単に言ゃ、サッカーはイイ!そのうえ仙台さんなら尚更イイ!ねぇ。

エリリンのドリブルシュート、レッツゴー師匠のレッツゴールーレット、

平瀬の旦那の見事なまでの「猛獣使い」ぶり、空回りしていない関口、

ヨッシーのエロいドリブル、パックンの重量感のある守備、

いやぁ十二分に満喫させて頂きましたよ。

もうね、ホント、ナビスコの割にはお腹一杯であります。

そんでもって、あんた、なんだかんだで、あっちゃんでしょ。

攻守に大活躍でありましたな。

あれだけ活躍するなんて、ビックリでありますよ。

いやぁ、暑くなければ、なかなか電池も切れないんでしょうね。

あのシュートが入っていたなら失禁&脱糞は必至でありましたな。

てぇか、後ろ姿の頼もしいこと頼もしいこと、ねぇ。

んでね、仲間内で、いやぁ今日のあっちゃんはホント凄ぇぞってぇ話になりましてね、

『今日はあっちゃんはスーパー永井だ!』

『どこの個人経営のスーパーだよ・・・。』

『スーパー永井、特売日!8の付く日はあっちゃんの日!』

『てぇか、今日8日じゃねぇべや・・・、今日26日だぞ。』

『26日か・・・8日じゃねぇんだ・・・えっ?26日・・・。』

『26って、足して8〜!26日はあっちゃんの日〜!』

『わざわざ足すなんて、流石あっちゃん、やっぱ凄ぇわ!』

なんてバカな会話が弾むこと弾むこと。

いやぁ、『あっちゃんの日』に遭遇できただけで大満足でありますよ。

ちなみに、年内の26日の公式戦ってぇのは5月26日で打ち止めですので、

F東戦が今年最初で最後のあっちゃんの日でした・・・。

てぇ訳で、あっちゃん行進曲、単発で終了、

次の試合からいつも通りの普通のあっちゃんに戻ります。

ナビスコF東戦に関するバカ話、以上です。



posted by 木久蔵 at 02:10 | Comment(1) | お馬鹿魂

2010年05月21日

『ホント、野暮ったいねぇ』の巻




10シーズン 第12節 浦和戦

2010/5/15 第12節 仙台さん1−1浦和の野郎 (Watch on スカパー!)



やんどころの無い諸事情により、準聖地開催にも関わらずスカパー!観戦。

いやはやなんとも、しょっぱくてどうもすみません。

そんでもって、いまだにじっくりと録画も見れてねぇってぇんだから、

しょっぱいなんてもんじゃねぇな、こりゃ。



でね、梁クンのフリーキック、いやぁ美しっすねぇ。

サクッと、ねぇ。

いやぁ、痛快でありますな。

だけんともしかし、まぁ、なんだかんだで、

試合よりも場外乱闘のオマケの方が目立つ状況になっちまいましたね。

相変わらずのヤンチャぶりなのでありますけれども、判っちゃいねぇなぁと。

いいかい、一回しか言わないから、耳の穴かっぽじって良く聞きなよ。

梁勇基は仙台人だから。

おたくのクラブにはいろいろな国籍の方がいるかもしれねぇけれども、

ベガルタ仙台には『仙台人』しかいねぇから。

そんでもって、『バス囲み』って、夏の季語だから。

国籍間違うわ、ワビサビを楽しめないわって、

ホント野暮ったいねぇ。

グレート・ワンの名が廃るぜ・・・。



posted by 木久蔵 at 00:51 | Comment(0) | お馬鹿魂

2010年05月15日

10シーズン J1 第12節 浦和戦の心得




10シーズン J1 第12節 浦和戦の心得

一 中断前のラストマッチ

一 ならばコレっきゃねぇだろう

一 仙台さん、勝って休もう!



終わりよければ総て良し・・・。

まぁ、ホントはそうは思いませんけれども、

昔からそう言うのであれば、それに乗らない手も無ぇのかと・・・。

パッとしないチーム状況ではありますが、

ここで一発勝利を飾れば、W杯の長い中断期間に向けて、

相当に精神衛生上好ましい形で休みに突入出来る訳であります。

いやぁ、願ったり叶ったりでありますね。

でもね、まぁ何だかんだで、そんなことを考えているのは浦和さんも一緒でありまして、

互いの思いを秤に掛けりゃなのでありますけれども、

そこはホーム開催の仙台さんでありますから、

浦和さん以上の下心が見え隠れなのは明らかでありますよね。



そこでホーム、宮スタな訳であります。

聖地パートUとして徐々にその地位を固めつつある宮スタさんなのであります。

何たって『鹿島撃沈』の奇跡の場所でありますから、

今回だって何が起こるかは判りませんよ。

なにせ鼻高々の奇跡の場所でありますからね。

てぇ訳で、仙台さん、ホームだし、

面倒臭ぇコトは言わないから、勝って休もう。

うん、それがいいや。



てぇか、Jリーグ様の大人の対応からすれば、

前節岡田の酷すぎるジャッジへの償いってぇか見返りってぇか、

普通ならあるはずでありますので、

仙台さん極端に有利のジャッジで今節はサクッと勝つと思いますよ・・・。

普通に勝つっしょ。

祝・浦和戦初勝利!この心意気で問題なし。

posted by 木久蔵 at 01:45 | Comment(2) | 次節の心得

2010年05月13日

いこいさんをユアスタにもう一度招待する会


御存知、九州の広報部長いこいさん

仙台さん関連の情報量が極端に減るキャンプ時、

いこいさんのキャンプレポに助けられたというサポ諸兄連も多いハズ・・・。

そんないこいさんでありますけれども、

愛して止まないベガルタ仙台がJ1に昇格し、

『これでJ1仙台が見られるぞ!』と思ったのもつかの間、

いこいさん在住の九州からJ1クラブがいなくなるという緊急事態。

これはなんとかしなければってぇ訳で、

いこいさんにベガルタ仙台のJ1での活躍を見てもらうため、先日、サポ諸兄連有志で、

『いこいさんをユアスタにもう一度招待する会』を立ち上げた訳であります。

会の目的はただひとつ、いこいさんをユアスタにもう一度招待すること。

てぇ訳で、つきましては多くの方々に募金という形でご協力頂ければと考えております。

募金の方法は、こちらに直接お持ち頂くか郵便振替で・・・。

郵便振替は、口座番号「02290−3−107936」、

加入者名「いこいさんをユアスタにもう一度招待する会」まで。

通信欄にいこいさんへのコメントをお書き頂ければ、全て本人へお渡し致します。

また、希望される方には、いこいさん来仙時に開催予定の歓迎会のご案内を送付致します。

いこいさんのキャンプ動画を見た!という方々、是非ともご協力頂ければと思います。

よろしくお願い致します。


posted by 木久蔵 at 00:16 | Comment(0) | お馬鹿魂

2010年05月11日

『暖気運転完了、あとはギアを入れるだけ』の巻

10シーズン 第11節 名古屋戦

2010/5/9 第11節 仙台1−2名古屋さん (Watch on スカパー!)



やんどころの無い諸事情により、聖地開催にも関わらずスカパー!観戦。

いやはやなんとも、しょっぱくてどうもすみません。

んで、風の噂によると、手に汗握る好ゲームで、

もう少しで『黄色い悪魔』がムクムクっと目を覚ましそうだったのに・・・、とかなんとか。

まぁ、録画からはその辺りの情緒ってぇか『質感』が判らないので、

イケイケとスットコドッコイの境界線が判断不可能なのでありますけれども、

まぁなんだかんだで、結果を知ってて見る試合の割には興奮指数も相当高く、

二時間のエンターテイメントと考えれば、

ジャニーズ主演の映画を見せられるよりは相当に楽しめたなぁと。

あのまま引き分けでOKの意見もあるでしょうが、

そこは股間にチンチンが付いてる男子である以上、

突撃するのが当たり前田のクラッカー!ってとこでありましょうね。

てぇか、そんな守備の芸風持ち合わせて無いっすからね、

急にアドリブで演じられるほど芸の幅も広くありませんしね、

まぁ撃ち合いに応じて正解だと思いますよ。

イイんじゃねぇの、仙台さん。

天晴れな敗戦だったと思いますよ。

『ホームで勝たねぇでどうすんだ!』

その心意気が非常に色濃く感じられた試合でしたね。

やっと仙台さんらしい試合が出来るようになってきましたな。

いい傾向だと思いますよ。

この感じなら、次の浦和あたりはサクッと勝てると思いますけれどもね。



そんでもって、岡田ですわ。

あっちの岡田の評判悪けりゃ、こっちの岡田の評判も悪いと・・・。

てぇか、ルール遵守の審判が、自ら定年ルールを変更して居座る・・・、

その時点でこの人は終わってるんですよ。

岡田正義氏の連絡先を知っている人はこうお伝え願えませんでしょうか。

『もう引退しろわ。輝かしい栄光を自ら汚す必要無ぇべや。』



1.jpg


2.jpg


辞めた方がイイって。

posted by 木久蔵 at 23:18 | Comment(2) | お馬鹿観戦記

2010年05月08日

10シーズン J1 第11節 名古屋戦の心得




10シーズン J1 第11節 名古屋戦の心得

一 名古屋さんとの実力は雲泥の差

一 ならば、絶対ぇ勝つ!の情熱でガチ勝負

一 聖地ユアスタ、魂込めてベガルタ仙台!



名古屋さんは、ホント、強いっすよ。

名古屋さんは、半端無く、上手いっすよ。

名古屋さんは、嫌になるほど、金持ってますよ。

まぁ仙台さんとの諸々の実力を比べりゃ、雲泥の差ってヤツっす。

てぇことは、実力で勝負しちゃ敵いませんから、

実力以外のところで勝負するしかねぇ訳でありますよ。

そうであります。

気持ち!ど根性!そう『精神論』であります。

よく、『気持ちでどうにでもなるもんじゃねぇべや』とのご意見を伺いますが、

そんな方にはこう申し上げたい、『どこ見てやがんだ、コノヤロウ!』と。

実力で劣る者が気持ちでも劣ったら、勝負どころの話じゃねぇっすよ。

勝ち負け一発勝負の博打なら、弱い者でも十分勝機があるってぇもんです。

勝ちきる実力は持ち合わせちゃいねぇが、

絶対ぇ勝つ!の情熱の沸点じゃ名古屋にも負けてねぇって!

でもね、強者相手に気持ちで負けねぇってのも相当にタフな作業っすよ。

精神的に相当キツイっすよ。

だけんとしかし、だけんとしかしであります。

そのキツさもホームだからこそ耐えられるってぇもんでもありましょ。

往復ビンタ喰らおうが、鼻血吹き出そうが、顔面ボコボコになろうが、

『絶対ぇ勝つ!聖地ユアスタでは絶対ぇ勝つ!』の心意気。

折れない、諦めない、下を向かない。

聖地ユアスタ、魂込めてベガルタ仙台!

溢れる情熱を注ぎ込んで、聖地ユアスタじゃ何がなんでも絶対ぇ勝つ。

この心意気で参りましょう。


posted by 木久蔵 at 20:11 | Comment(2) | 次節の心得

2010年05月07日

『俺んちのカレンダーは毎月おフェルさん』の巻


10シーズン 第10節 F東京戦

2010/5/5 第10節 F東京さん0−0仙台さん (Watch at 味スタ)



そりゃ、10人で戦えってぇんだから、引き分けが精一杯じゃねぇの?

そう思いますよ、ホント。

えっ?11人いただろって?

またまたぁ〜、ご冗談を・・・。

えっ?冗談なんかじゃないって?

てぇことは、もしかすると含めちゃったんですね。

あの方を含めてカウントしちゃったんですね。

それじゃ、数が合わない訳っすよ。

だって、あっちゃんは数に入れてねぇもの。

・・・・・・。

てぇ話をしていたら、だったら相手のデカイ坊主頭のFWも数に入ってねぇんだから、

何だかんだで10対10のイーブンじゃねぇか!って・・・。

いやぁ、数の数え方って、ホント難しいっすね。

そんな、数え方の前振りがあって、本題。



日本代表候補を数多く擁する強豪FC東京とアウェーで引き分け!

そのうえ開幕戦以来の0封ってぇんだから、うん、こりゃ〜価値ある勝ち点1だわ。

なんて思っちゃ、イカンでしょ。

0封の理由?

んなもん、F東さんの決定力不足以外の何ものでもないでしょ。

手堅い守備復活!とか、鉄壁アゴDF!なんて浮かれてちゃ、

ピクシーにトンデモネェ目に遭わされますよ、ホント。

攻め手がガッタガタ同士の試合だったもんで、結果、0−0だっただけの話っすよ。

価値ある勝ち点1?笑わせんなって。

つうか、勝てたでしょ。

平瀬の高さとおフェルさんの早さを秤に掛けりゃなのでありましょうが、

勝利渇望主義で前掛かりのF東さんなんすから、絶好のカウンター日和じゃないっすか。

となれば、一択だと思うんすけれどもね。

サンドバック状態じゃロングカウンターしか出せないんすから、

前線で張ってる選手のスピードと個人技頼みでしょ。

となれば、そんな芸当サラッとできるのは、おフェルさん以外にいないでしょって。

てぇか、セットプレーで高さを求めても、

ヘロヘロの梁クンに精度の高いFKを求める方が酷だって・・・。

まぁ、根っからの貧乏人でありますので、

頂ける勝ち点はありがたく頂戴するのでありますけれども、

どうも『勝ち点2失った感』がムンムンなんすよね。



いやぁ、勝てたなぁ。

てぇか、相手のやり方はハッキリしてんですから、

ベンチワークで勝ち点3を強奪しなきゃイカンでしょ。

この暑さの中、選手連はホントにハードワークして、

最後まで足も止まらず、踏ん張った訳でありますから、

ここはベンチがヘルプしてやんなきゃ、ねぇ。

そんな想いがありますので、試合後の迷将のカレンダー云々のコメントに対しては、

最良の結果が得られていないのに、よくもこんなふざけたことが言えるなぁと。

まぁ、こういうことをウケ狙いでサラッと言えるところが、

迷将の迷将たる所以なんでありましょうが、

まぁ、なんてぇんでありましょうかね、

『勝ってから言えって!このスットコドッコイが!』と、心が叫んでおります。

個人的には、非常に後味が悪ぃ試合になっちゃいました。

言葉ってホント危険っすね。

こちとらも気をつけます。



posted by 木久蔵 at 01:49 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

2010年05月04日

10シーズン J1 第10節 F東京戦の心得



10シーズン J1 第10節 F東京戦の心得

一 仙台さんよ、あんた基本バカなんだから難しいコト考えちゃダメ

一 勝ちから遠ざかっていようが、アウェイだろうが、知ったこっちゃねぇての

一 単純明快、攻めて攻めて攻めまくるサッカーやるしかねぇべや



難しいコト考えちゃダメ。

仙台さん、あんた基本バカなんだから、考え込むと知恵熱出るっての。

久しく勝ちが無いとか、強豪F東のホームに乗り込むとか、

いろいろと考えようと思えば考えられますけれども、

考えるだけ無駄っしょ。

だって、仙台さんレベルの手堅い守備なんてぇのは、

J1レベルの中じゃ屁にもなんねぇての。

となれば、あぁだ!こぅだ!と考えず、やることひとつしかねぇっしょ。

そうっすよ。

攻めて攻めて攻めまくるすかねぇんすよ。

試合をコントロールしようとか、手堅いサッカーしようとか、

そんな『一張羅』のサッカーは放り投げて、

1に攻撃、2に攻撃、3、4が無くて5に攻撃。

そうであります。

突撃体勢に入れ!で、突撃開始!でありますよ。

てぇ訳で、明るく激しく楽しく、攻めて攻めて攻めまくるしかねぇっての。

攻め込んで初めてF東さんにも実質的なプレッシャーが掛けられるってぇもんでしょ。

でありますので、久々の勝ち点3強奪のためには、

兎にも角にも、攻めて攻めて攻めまくる!これしかねぇべや。

ね?だから、取りあえず仙台さん、本気で攻めようぜ!

posted by 木久蔵 at 21:34 | Comment(2) | 次節の心得

2010年05月02日

『そんなジロ〜に・・・』の巻



10シーズン 第9節 C大阪戦

2010/5/1 第9節 仙台さん1−1C大阪さん (Watch at 聖地ユアスタ)



メロディは『ウルトラマンタロウ』のサビんとこ。

♪ジロォ!ジロォ!ジロォ〜!俺たちのジロォ〜!

もしくは・・・。

メロディは『ウルトラセブン』の出だしんとこ。

♪ジロ〜ジロ〜ジロ〜!ジロ!ジロ!ジロ!オイ!ジロ!ジロ!ジロ!オイ!

どっちかでしょうね・・・。

そんな、ウェルカム!俺たちのジロ〜!な前振りがあって、本題。



まぁ、勝っても負けてもおかしくはない試合内容でしたね。

普通なら前半のあの猛攻を凌げばグッと勝ちに近づくのでありますけれども、

でもまぁそこを勝ちきれないってぇのがJ1のステージなのでありましょうね。

でもね、仙台さんの立ち位置から考えれば、

五分の試合で勝ち点1を最低奪い取るってぇのは重要なことだと思いますよ。

この積み重ねがJ1残留へ繋がる訳でありますからね。

まぁ本心からすると勝ち点3欲しかったっすけれどもね・・・。

んでね、失点の場面。

マッタリしたい10人とガンガン行きたい関口+サポ諸兄連。

このギャップがセレッソさんに上手いことハマって失点・・・。

どうなんすかね。

行くべきか、回すべきか。

現実的に考えれば回すべきだと思いますが、

仙台さんの芸風からすると行くべきなんでしょうかね。

難しい問題ではありますけれども、このステイorゴーの意思統一、

サポ諸兄連を含めた意思統一がしっくりこないと、

今回のように勝てる試合を落とす可能性がありますので、

なんとか早いことシックリくるようにせんといかんなぁと。

J2ではOKでもJ1じゃNGてぇことはたくさんありますのでね。

まぁ、なにはともあれ、日々是勉強の身でありますので、

今回の勝ち点1を教訓にして上を向いて進んでいくしかありませんな。

流動的な攻撃も復活の兆しでありますし、次節こそ勝ち点3無事強奪!と参りましょう。

posted by 木久蔵 at 20:07 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。