2011年07月26日

復ぅ活ぁ〜っつ!




つい3ヶ月前はさ、聖地で仙台さんが試合するってぇことすら、

『非日常』だったのでありますけれども、

まぁ、月日が過ぎればってぇか、復興も進んだってぇか、

もう聖地で仙台さんが試合するなんてぇことは、

一部の諸兄連にとっちゃすっかり当たり前の日常なのでありましょうね。

いやね、聖地での仙台さんの試合に参戦するのもままならねぇ・・・という、

非日常な生活を未だに実践中のこちとらからすれば、

『試合後にブーイング』なんて、恐れ多くてできやしねぇもんですからね・・・。



なにすや?

勝てねぇと、ブーイングなのすか?

なんとまぁ、器量の小せぇ輩の多いこと。

てぇかさ、仙台さんの快進撃ってぇのは、実力以上のモノでありましょ?
(まさかあの快進撃が実力通りだなんて思ってる人いないよね?)

で、要はさ、仙台さん選手連は、ある意味使命感に導かれて、

『命を削って』戦い続けていた訳でありますよ。

それがあの快進撃の真実ですよ。

そんでもってまぁ、その快進撃がひと段落となれば、

そりゃ、心にポッかりと穴のひとつやふたつが空くのが人情でありましょ?

まぁ、心にポッかり穴は空くは、

対戦相手は仙台さんをしっかとスカウティングしてくるはでは、

そりゃあんた、以前通りの快進撃なんてぇのは、そら高嶺の花でありますよ。

だけんとも、仙台のため、東北のため、そこをなんとかせにゃならん!

てぇんで、あぁでもねぇこぉでもねぇと、

ズタボロになりながらも踏ん張ろうとしているのがいまの仙台さん。

確かにミスは多い。

でも、手を抜いてる選手連がいたか?ての。

みんながみんなチグハグながらも何とかしようと必死だったろって。

震災以来、我々サポ諸兄連のために必死になって戦ってきた選手連に対して、

結果が出ねぇってぇだけでブーイングなんて、

申し訳ネェけど、こちとら恥ずかしくてできやしねぇわな。



こちとらはさ、今回の震災で、

『困っている時はお互い様、お互い助け合おう!』ってことをさ、

身に染みて実感したんでありますよね。

てぇ訳でね、

震災でお先真っ暗になったこちとらの『希望の光』となってくれた俺の仙台さんが、

そりゃいままでにねぇピンチな訳とくりゃ、やることひとつだろって。

なにがあろうが『断固仙台さん支持!』、

困っている仙台さんを今度はこちとらが助ける番だ!ってこと。

まぁ、いままでの感謝の気持ちを込めて、仙台さんがトンネルを抜けるまで、

魂を込めて『ベガルタ仙台!』と叫ばせてもらいますわ。

それが、数少ないこちとらのできることかなと・・・。

まぁ、ここで仙台さんを支えなきゃ、サポじゃねぇわな・・・。

少数派なのかもしれませんが、まぁ、こちとらはそう思っております。



てぇかさ、非日常の生活をいくらかでも『日常』に戻してくれるのが、

週末の『非日常』の仙台さんの試合・・・。

そういう人って、まだまだ少なくないと思うんだけれどもねぇ。



posted by 木久蔵 at 00:38 | Comment(5) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。