2012年02月28日

そんなに迷惑かい?




県内No.1シェアを誇る、某地方紙様が朝から怒っておりましたな。

テメェ、練習試合を非公開にしてんじゃねぇぞコノヤロウ!

あん?判ってんのか、コラ山形、あん?

そういうことのようであります。

今回の非公開の煽りを受けて、誰彼みんな迷惑してるってぇことを、

切々と訴えたいようなのでありますが、

何だかんだで、一番迷惑してるのが、

非公開のおかげで記事が書けなくなったこの俺様だかんね!てな恨み節が、

行間のアチラコチラから垣間見えて、

いやはやなんとも、締まらねぇ記事だなぁと、ね。

相当前から非公開ってぇのは公言されてんだから、

だったらさぁ、チームに合流した梁クンのインタビューやら、

期待のブラジル二人組みにココまでの感触を聞いてみるとかさ、

何だかんだで色々と書くことはあんだろうよ、えぇ?

まぁまぁまぁ、そこまでサッカーには興味がねぇから、

一般的な仙台さんサポ諸兄連がパッと思いつくようなことも、

オラ思いつかねぇんだ、てぇのは重々承知之助でありますけれども、

だからってぇんで、ただの練習試合を『ダービー』って持ち上げて、

そんでもって山形さんの対応を批判するのもいかがなもんでしょ。

あんまりダービー、ダービーって安売りされるのもねぇ。

てぇか、今年は在仙メデイア様の実力も試される年だと思いますよ。

地元クラブの実力が上がれば上がるほど、

その実力に見合った地元メディアが求められますわな。

そうじゃなきゃ、サポ諸兄連の不満は募る一方でありますからね。

なるほどぉ〜と、唸ってしまうような記事なり番組なり、

そんなもんが、身近にあると、仙台のサッカー文化は、

より一層素晴らしいものになると思うのでありますけれどもね。

活字は頑張ってますけれども、

TVは加川さんを除けば問題外ばかりですしね・・・。

サポ諸兄連が知りたいのは仙台さん選手連のことであって、

アナウンサー様のことじゃないんだよね。

てぇか、スポーツ情報バラエティ番組には用は無い訳で、

サポ諸兄連が見たいのは、純粋なスポーツ番組なんすよね。

それに早く気づいてくんねぇかなぁ・・・。


posted by 木久蔵 at 01:25 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月23日

わがままだねぇ〜




刺激が強すぎます・・・。

子どもは見ちゃダメ。

だって口調が女王様なんだもん。

だから子どもは見ちゃダメ。


オラ、ズルムケの大人だい!
posted by 木久蔵 at 22:39 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月22日

集合写真




松任谷由実さんは、おっしゃいました。

卒業写真のあの人はやさしい目をしてる・・・

へぇ。

んで、こちとらの卒業写真、

そりゃもぉ、やさしい目をしてはいるのでありますが、

髪型を大失敗しちまったもんでありましたのでね、

やさしさから少し悲しさがにじみ出てるんすよね。

まぁ、そんな写真に関する前振りがあって本題。



開幕直前、サッカークラブにとって、この時期の写真といえば、

選手勢揃いの集合写真と相場が決まっております、はい。

んでね、この集合写真、

まぁ何気にぼぉ〜っと見てる方がほとんどでありましょ、ねぇ。

まぁまぁまぁ、こちとらも数年前までは、

このぼぉ〜一族であった訳でありますけれどもね、

ところがドッコイ、ちょいと入れ知恵されたら、あんた!

集合写真の見方が180度変わっちまった訳であります。

まぁ、その入れ知恵ってぇのは、とっても簡単。

『集合写真の監督の周りには今季期待の選手が配置されている』

ってぇヤツ、ホントかどうかは知らねぇよ、聞いた話だから。

てぇんで、さっそく仙台さんの集合写真をマジマジとチェック。

さてナニナニ・・・、迷将の周りはってぇと、

両脇が松下選手に野獣さん、そんでもって後ろにウッチーにタムー。

ほぉ・・・。



てぇか、これ・・・、

ただの番号順じゃねぇかよ!

・・・・・・。



まぁ、仙台さんは、番号順に座っておりますので、

あまり面白みに欠けますけれども、

モチのロンで番号順に座っていないチームもある訳で、

そういうチームは、ねぇ、楽しめる訳ですよ。

あ〜、新監督はこの選手らに期待してんだなぁ、とかね、

まぁ、締まらない話になりましたけれども、そういうコトです。



仙台さんも数年前までは、番号順じゃなかったのになぁ〜。









posted by 木久蔵 at 01:38 | Comment(1) | お馬鹿魂

2012年02月21日

そうですか




そうですか。

アカレンジャーとモモレンジャー、

タイで怪我しちまっタイってぇことですか・・・。

まぁ、しちまったもんはしょうがねぇんで、

早く治るようお祈りしております。

んで、まぁ、アカミーの方は軽傷で、

まぁまぁすぐにでも練習に復帰できるてぇことですが、

問題は梁クンの方でありますな。

精密な検査はまだのようでありますが、

迷将の見立てでは、全治二ヶ月とかなんとか。

でもね、こちとらは思うのでありますよ。

ここは治療に専念。

せんねん灸を治療に使うかどうかは知りませんが、

とにもかくにも治療に専念であります。

焦らずジックリ直して頂きたい、そう思う訳であります。

てぇのもね、まぁ、おそらく今の仙台さん、

梁クンがいなくとも、一大事ってぇ程の混乱にはならん選手層、

逆にムトー、サッコーニにスタメンのチャンス!

てな感じで、選手の活性化に繋がる予感ですよ。

でありましてね、梁クン、ここはジックリ治療に専念。

どうせいやでも、夏場にチームは急ブレーキ、

そこで復帰した梁クンがカンフル剤の役目をしていただければ、

今回の怪我は帳消しだべなと・・・、

まぁ、こちとらは考えております。

大丈夫、焦らなくとも、みんな好成績キープのまま、

復帰を待っててくれるはずでありますから、

ジックリ専念、せんねん灸であります。

てぇか、迷将エキス、効かせ過ぎ。


posted by 木久蔵 at 00:51 | Comment(0) | お馬鹿魂

2012年02月17日

で、誰だ?




サッカーについて、うんぬるかんぬると考えること・・・、

とても大切だと思います。

そんでもって、そのサッカーのことが、仙台さんのことだったら、

そりゃもぉ、重要といってもいいのかもしれませんな。

てぇ訳で、こちとらは、今日も仙台さんのことを、

うんぬるかんぬると考えた訳であります。




今日、考えた仙台さんのお題。

特撮戦隊モノを仙台さん選手連で揃えよう。

・・・・・・。

まぁ、考える内容の程度はさておき、

取りあえず、真剣に考えよう。

なにせ、仙台さんのことを考えることは、

とても大切なのだから・・・、ねぇ。



まぁ、リーダー格のアカレンジャーは、

そりゃまぁ梁勇基でありましょうな。

で、控えるアオレンジャー、

まぁ、順当に関口訓充でいいでしょう。

んで、キャラが立ってるキレンジャー、

そこは一者択一、朴柱成ことパックンで波乱なし。

紅一点のモモレンジャー、

個人的には赤嶺真吾が適材適所かと。

そんでもって、ミドレンジャーであります。

そう、問題はココ。

太田?

ん〜、どっちかてぇと変態敵キャラだし、

中原?

ん〜、ここもどちかっててぇと敵キャラでしょ、

田村?

立花藤兵衛系のおやっさんキャラだし、

富田?

これはライダー少年隊。

いねぇのよ、ミドレンジャー・・・。

困ったね、どうも。

まぁ、今日はそんな一日でした。




posted by 木久蔵 at 00:36 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月14日

梁クン、ボランチ化計画




かつて、女子マラソンの有森裕子さんはおっしゃいました。

『自分で自分を褒めたいと思います・・・』

分かる!分かります、有森さん。

そう、自分を褒めたいときってありますよね。

あるのよ、これが・・・、ねぇ。

そんな、褒めてあげたいの前振りがあって本題。



自分がかつて思い描いていたことが、数年たって実現する。

まぁなんてぇんでしょ、サッカーバカにとっちゃ、

この上ない喜びでありますわな。

それが自分が愛して止まない仙台さんに関することとなりゃ、

そりゃ喜びもひとしおでありますよ、はい。



当馬鹿ブログ、何を隠そう前身のウェブサイトがありましてね、

その名を『木久蔵倶楽部通信電子版』と言いまして、

今と変わらぬバカバカしい話題を提供させて頂いていた訳であります。

んで、毎年新シーズンが始まる直前に『選手名鑑』と称して、

選手評をあぁでもねぇこぉでもねぇと書いていた訳でありますよ。

で、今から遡ること6年前の2007シーズン、

こちとらはこんなことを書いていた訳であります。



#30 MF 梁 勇基
04シーズン一番の収穫。ブッチ切りのルーキー・オブ・ザ・イヤーである。右で、左で、そして真ん中、どこでもこなせる万能MF。派手さは全く無い(ちなみに、ルックスにも派手さは無い)が、俗に言う『気が利くタイプ』の選手で、梁と絡む選手はおそらく何とも言えぬ心地よさを感じながらプレーしているはず。人員不足のため左サイドを任されていたが、左利きという訳でもないので、左限定ではなくプレーさせてあげたい。個人的にはセンターMFが最適だと思う。
昨季終盤はさすがにシーズン中酷使されすぎた影響からかキレに欠けるプレーが見られたが、『駄目なりにまとめる』というプロの仕事がルーキーにも関わらず出来ているところに、並々ならぬ大物感を感じる。シーズン前から戦力として計算され、一年間のフル稼働が期待されているだけに、今シーズンの出来には興味津々。梁が『ホンモノ』でありますようにと祈りたい。彼のような有能な若いタレントを守るためにも、J1復帰は今季の至上命題である。



・・・・・・。

個人的にはセンターMFが最適だと思う。

うんうん、判る判る、そうだよね、センターMF、

そう、セントラルMFでしょ、いわゆるボランチね。

うんうん、判りますよ。

だって、俺たちの迷将でさえ、

梁クンのボランチを試そうってぇんでしょ、

うんうん、判るなぁ。

まぁ、こちとらは6年前からピンと来ていましたけれどもね。

まぁまぁまぁいいでしょう、

こちとらもちょいと早めなのがタマニキズ、

まぁ御婦人連にもしょっちゅう『早いぃ〜』と言われておりますし、

まぁまぁまぁ、早くともいいでしょう、ねぇ。

そうでありますか、6年前に気づいておりましたか・・・。

ん〜、褒めてあげたい・・・、そんな感じでありますわな。



てぇ訳で、梁クン、ボランチ・デビューであります。

サクッと収まれば、ガンバの遠藤、川崎のケンゴー並の存在感、

いやいやそれ以上の存在感、醸しだす可能性十二分!

だと思うのでありますけれどもね。

いかがなもんでしょ。

まぁ確かに気がつけば、梁くんも何だかんだで、まもなく30歳。

となれば延命措置と申しましょうか、

息の長いプレースタイルの構築と申しましょうか、

普段は後ろでデンとしていて、いざとなったら突撃開始、

サイドハーフで常に上下動するよりは若干楽でありましょうし、

仙台さんの攻撃にも変化が出るでありましょうしね。

それもそれでありだと思いますよ。

てぇか、梁クンが一列下がるだけで、

もの凄ぇ数の組み合わせが可能になるんすよね。

中盤厚くなるしね。

ホント、梁くんボランチ化計画、本気で試す価値は十分でしょ。

こちとらは、何気にこのボランチ化計画が、

今期上位争いの核心のような気がしますけれども、ねぇ。


posted by 木久蔵 at 22:20 | Comment(2) | お馬鹿魂

別メ




みなさんご存知、九州の広報部長。

今年もキャンプレポに精を出されているご様子。

いやはやなんとも、サンキューベリーマッチであります。

キャンプ情報は色々と入ってはきますけれども、

何だかんだで、あれでありますわな。

生キャンプ、見に行きてぇなぁ〜〜〜〜、おい!

そんな心の叫びがあって本題。



こちとらが仙台さんのキャンプを見に行ったのは、

後にも先にも4年前の延岡、一度きり。

そう。

スットコドッコイ連が車上登頂に成功したあの年・・・。

でまぁ、なんてぇんでしょ、

そりゃもぉ大満足のツアーでありましたよ。

てぇのも、生キャンプを見ておりますと、

なんてぇんでしょ、『へぇ〜』と唸ることが、

シバシバある訳でありますよ。

んで、こちとらが、一番へぇと思ったのが、

いわゆる別メこと別メニュー。

いままでこちとらが持っていた別メのイメージは、

そりゃもう単に別メ=リハビリ=結構楽チンてぇやつ。

だけんともしかし、だけんともしかしであります。

実際の別メってぇのは、単純に『全体練習とは別』ってだけで、

その内容は、リハビリ=楽チンとは程遠い、

歯を食いしばってフンギィ〜!言いながらのフィジカルとか、

ヒャァ〜!と絶叫しつつの猛ダッシュとか、

そりゃもう、全体練習の方が相当楽でしょ・・・、

てな具合にドMもビックリのスーパーハード。

新聞などのキャンプ情報に、『〇〇選手は別メニューだった・・・』と、

文末あたりにサラサラっとありますが、

こちとらはこれを見るたび、

あらら、〇〇選手、フンギィ〜にヒャァ〜と、こりゃ大変だ・・・とね。

まぁ、そんなことを思うのでありますよ。

でありますのでね、マンマンガイチ、こちとらと同じく、

別メ=リハビリ=結構楽チンてぇ方程式をお持ちの諸兄連、

そうじゃないのよ。

そうじゃないんだ。

別メは、あくまでも全体メニューとは別のメニューってだけのこと。

決して柳沢が楽してる訳じゃ無い・・・。

たぶんそう。

そんでもって、こういうことが知りたいから、生キャンプ行きてぇんだよね。

生キャンプ行きてぇなぁ、コンチクショウめ!


posted by 木久蔵 at 00:35 | Comment(0) | お馬鹿魂

2012年02月11日

検索




今回は内容に問題あり。

よって、子どもは見ちゃダメ。

いいかい、子どもは見ちゃダメだかんね。



しっかり18歳を過ぎてます
posted by 木久蔵 at 01:50 | Comment(0) | お馬鹿魂

2012年02月10日

三省




朝、昼、晩、一日三回。

一日三回反省する、それを三省という・・・。

高校でこの言葉を知った時、

『一日三回、己の言行を振り返り過ちがないように反省する。

なんと立派な人だろう。こんな人物になりたいものだ・・・。』

と思うのか、

『一日三回、よくもまぁそんだけ反省することがあるもんだ。

なんてダメな人なんだろう。こんな大人になっちゃだめだな・・・。』

と思うのか。

まぁ、そのベクトルの違いってぇのは、

知らねぇあいだに大きな差となって現れるのでしょうね。

そんなことを、一日三回反省するダメ人間派だったこちとらは、

まぁいまさらながらに思っている訳であります。

そんな反省の前振りがあって本題。



言われた訳であります。

スパイクがナイキだろうがプーマだろうが、

んなこたぁ全然、知ったこっちゃねぇ。

いいかい?

そもそも、誰だ?ウイリアンって?

あん?

ウイルソンだろ?ウイリアンじゃなくてウイルソンだろ?

あん?

このスットコドッコイが!と・・・。

知らない間に、かつて仙台さんに所属していた、

ダメダメブラジル人Fwだったウィリアン選手とウイルソン選手を、

どうやらだぶらせていたようなのであります。

ごめんよ、ウイルソン。

てぇ訳で、反省で訳であります。

でもまぁ、一日三回の反省は、多いよね・・・。






posted by 木久蔵 at 00:27 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月09日

耳の穴




Hey、エブリバディ、耳の穴かっぽじって良く聞きな!

ウイリアン選手のスパイクはなぁ、

ナイキじゃなくてプーマだってんだ、コノヤロウ!

あん!?

てぇ訳で、ほあきんさん、丁寧なご進言、誠にありがとうございました。

そんな、耳の穴かっぽじってな前置きがあって、本題。



この話も、耳の穴かっぽじって聞いて頂きたい訳でありますよ。

昨シーズン、震災後、聖地開幕戦となった浦和戦、

コンコースには、ホームサポとアウェーサポを隔てる鉄柵が、

なんとびっくり設置されていなかった訳であります。

こう言っちゃ失礼ですが、浦和サポの皆さんなんてぇのは、

そりゃ悪名高きっていいますかね、

あちらこちらでトラブルを起こしている方々が少なくない訳で、

まぁ普通の仙台さんフロント陣の対応でありましたら、

こりゃヤバイぞってぇんで、触らぬ神に祟り無しよろしく、

見ないふりの知らんぷりを決め込むため、

バチッと鉄柵をいつも以上の頑丈さで設置させたハズなのでありますよ。

ところがドッコイ、震災の後ってぇこともあり、

おそらく互いにリスペクトしあって、

トラブルは起きないと踏んだのでありましょうね、

鉄柵は撤去されておりましてね、

久々にコンコースまるまる一周の旅を満喫させて頂いた・・・。

まぁそういうことだった訳であります。

でね、こちとらは、これが真の聖地の姿なんだと思うのですよ。

確かに敵味方に別れて雌雄を決してはいるけれども、

それはほんの一瞬の話でありましてね、

サッカーファミリーってぇデカイくくりの中では、

我ら皆兄弟な訳じゃないですか。

でね、リスペクトってぇんですかね、気遣いってぇんですかね、

互いを認めることからサッカーって始まると思うんですよね。

サポーターの暴徒化ってぇ話は、確かにある話でありますけれども、

そんなスットコドッコイなトラブルメーカー連は、

クラブがしっかと処分すればイイだけの話でありましてね、

一般優良サポがこんな問題児のせいでフットボールを満喫できない、

そっちの方が大問題だと思うのでありますよ。

でありますのでね、仙台さんフロント陣の方々ここはご英断を。

コンコースの鉄柵、完全撤去。

なぜならば、聖地ユアスタは、

思いやりや気遣いに満ちたスタジアム、

だから暴力沙汰は起こらないし起こる訳が無い!

そう正々堂々と宣言しましようよ。

多分、これって言ったもん勝ちですよ。

おそらく言ったもん勝ちで、そう言って鉄柵を完全撤去したら、

逆に暴力沙汰とか無用なトラブルも減ると思うんすけれどもねぇ。

てぇか、そこまで言われて暴れるヤツいねぇし、

それでも暴れるような腹の座ったサポだったら、

問題を起こした後に正々堂々処分を受けるハズでありますしね。

いかがなもんでしょ。

改めて、仙台さんフロント陣、耳の穴かっぽじって聞いておくれ。

コンコースの鉄柵、完全撤去。

ひとつよろしく。


posted by 木久蔵 at 00:31 | Comment(0) | お馬鹿魂

2012年02月08日

ブラジルミズノ




小中学生だった当時、

サッカー雑誌を手にしてまず最初に探したのは、

JSL情報でも南米情報もでヨーロッパ情報でもなく、

そうであります、あのページ、

そう、サッカーショップの広告でありましたよ。

憧れの選手のスパイクのレプリカモデルを見ては、

『カッコェェなぁ〜、欲しいなぁ〜』とね、

そんでもって、新発売のスパイクを見ては、

『カッコェェなぁ〜、欲しいなぁ〜』とね、

まぁ、そんな頃からこちとらのスパイク好きは始まっておりまして、

今回はそんなスパイクに関するお話であります。



スパイクってぇのは、選手が試合で身につけるモノのうち、

数少ない『自分で選べる品』でありましてね、

そこはやはり、こだわりってぇか、思い入れってぇか、

そんなもんが現れる訳でありますよ。

まぁ判り易いところからいくと、梁クン、

梁クンは皆さんご存知のとおり、仙台さんとして試合をする時は、

黄色地に緑のラインのスパイクを履いております。

で、代表の試合では黄色に緑が派手なのかどうなのかは知りませんが、

白地に赤ラインのスパイクにチェンジしておりますよ。

知ってたでしょ?エヘヘ。

で、アカミー、一昨年F東からレンタル移籍した当初は、

それしか持ってなかったのか、F東を忘れないためか知りませんが、

青地に赤紐というF東カラーのスパイク履いておりましたよ。

そんでもって、完全移籍を果たした昨シーズン、

このF東カラーのスパイクを履くのもやめました。

知ってたでしょ?エヘヘ。

で、このあたりから、酒の席で話してるとウザがられる訳であります。

てぇ訳で、ね、まぁスパイクと言えども、

こんな風にいろいろとある訳でありますよ。

で、ここ数年は、必ず練習初日に参戦しちゃぁ、

各選手のスパイクチェックをやってきたのでありますが、

残念ながら今年は参戦不可でしたので、

心のなかで悶々としたもんがありまして、

メーカー変わった選手はいねぇかなぁ〜とか、

今年のモデルはどんなんやぁ〜とね、

まぁ、非常に気になっている訳であります。

でね、まぁ、こんだけスパイクに特化して仙台さんを見続けておりますと、

ある一種の仙台さんルールってぇんですかね、

仙台さんスパイクあるあるってぇんですかね、

まぁそんな類のもんがあるんじゃねぇかと、ね。

そんななかで、こちとらが一押しで『あるある!』と思うのが、

『ミズノのブラジル人にハズレ無し』ってやつであります。

マルコスもシルビーニョもロペスもみんなスパイクはミズノ。

となると、今期の仙台さんブラジル人にミズノいねぇのかって話だわね。

で、河北を見たら、なんとびっくり、

サッコーニ選手、しっかりとミズノ!

それも黄色地のミズノ〜、ウホッ!ってやつでありますな。

(ちなみにウイリアン選手はナイキ・・・)

あともうひとつの、鉄板あるあるが、

『アシックスのDFにハズレ無し』ってやつね。

広大、磯崎、村上・・・、ねぇ、

言っとくけど、こちとらの中じゃ、磯崎、全然ハズレじゃねぇから。

笑ってんじゃねぇよ、ホントに。

でまぁ、ブラジルミズノに比べりゃスケールダウンは否めないものの、

まぁまぁまぁ、確実性ってぇんですかね、職人芸ってぇんですかね、

まぁいい仕事する連中でありますよ、ねぇ。

でね、今期加入の内山選手、これまた一発ツモでアシックス。

それも青地のアシックス!前所属甲府時代の残り物でしょうかね・・・。

色は早く変えたほうがいいかもしれませんな。

てぇ訳で、馬鹿ブログ当主の戯言ではありますが、

サッコーニ選手と内山選手はどうやら活躍しそうだ!

いや、活躍するに違いない!ってぇことを、

どうか頭の隅においといて、今シーズンを見ておくれやす。

以上、スパイクに関するバカ話でした。


posted by 木久蔵 at 02:17 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月06日

チェリー姉さん、新シーズンに吠える!




どうも、みんな、おひさしぃ〜。

ゴール裏のリアル・ハードマーク、チェリーです。

約一年ぶりの登場よ。

ずいぶんとご無沙汰だったもんだから、キャラ設定が超微妙・・・。

こんなんで大丈夫かしらね。

でねぇ、もしかすると、あまりにもご無沙汰過ぎて、

蜘蛛の巣が張っちゃった・・・じゃなくて、

『チェリーって誰よ?』なんて、チェリー童貞も何人かいるかもね。

でも大丈夫よ、チェリー、童貞も当然守備範囲内だから。

業界じゃ、童帝から童底まで何でも行くのね!?なんて、

ダボハゼのように言われてんだから〜!って、

誰がダボハゼだ!おい!

まぁ、そんなノリツッコミもありよね〜。

あっ、そうそう、アタシの大好きなベガルタの話をする前に、

これだけは言わせて!思い出しちゃったわ。



権田!チェンジ!!!!!




じゃ〜、ベガルタの話をするわね。

アタシね、思うのよ。

今シーズン、とっても大事って・・・。

やっと告白して付き合い始めたアベックのファーストデート位大切よ。

えっ?何?

今はアベックなんて言わないの?

知らないわよ、そんなこと!

どうせ昭和の女よ。

おにぎりはラップじゃなくてアルミホイルよ!

あら、悪いわね。

どうでもいいわよ、そんなこと!

アタシは、ファーストデート位大切だって言いたい訳!

まだグチグチ言ってると、

あんたも権田と同じくチェンジするわよ、黙ってお聞き!

でね、そうそう、今期は大切なのよ。

だってみんな判るでしょ?

4位よ、4位!去年、4位よ。

ありえないでしょ、あのベガルタが4位よ。

他の14チームはいったい何やってたんだ!って話よねぇ。

あら、そうじゃないの?

でもまぁ、確かにベガルタは強くはなったと思うわよ。

でもさぁ、そこはまだ本当の強さというか、

クラブの底力というか、

ガンバや鹿島の強さとは、まだまだ差がある訳じゃない。

どんなに、4位!って叫んでも、

そこにはどうしても、偶然でしょとか拍子ででしょとか、

たまたまでしょとか、まぁ、アタシは玉は好きだから、

たまたまでも全然結構なんだけど、

まぁ、そんな一発屋的な前置きが付くじゃない、ねぇ。

でさぁ、そんな一発屋を一切合切チャラにして、

必然なのよねとか堂々としたもんでしょとか、

当たり前のように4位なんですけど!とかさ、

そんな4位になった時に座りの良い前置きを、

首根っこ捕まえてベガルタのものにしようっていうのが、

今年一年の戦いでしょ。

ホント、今年の戦いはとっても大切よ。

ベガルタの浅ぁ〜ぃ歴史のなかで、

一番気を引き締めて掛からなきゃならないシーズンだと、

チェリーは確信をもって思ってるのよ。

でね、今年、ホントに上位の成績でフィニッシュしたら、

念願だったJ1定着も現実味が増すし、

J1強豪への道も満更見えない訳でもないわよね。

だからね、ホント、今年一年の戦いは大切。

そこで必要になるのが、サポーターの力よ。

ボ〜っとしてんじゃないわよ。

スットコドッコイ以外の賢明な人たちなら判るでしょ。

こんな大切なシーズンに選手と一緒に戦わなくてどうすんのよ。

グチグチグチグチ、ネットてネガってる暇なんてないのよ、ホント。

チェリーね、ベガルタってクラブは、

ホントに素晴らしいクラブだと思うのよ。

去年あれだけの夢をアタシたちに見せてくれたんですもの、

ことしはアタシたちが少しはお手伝いしてもいいんじゃない。

できることは少ないのかもしれないけど、

陰日向となって、支えていきたいなぁ、なんて思ってんの。

まぁもともと日陰の女は得意分野だから任せとけなんだけど。

でね、アタシもやるんだから、

アンタたちももちろんそうしなさいよって、話。

判ってるでしょ、ベガルタと一緒に戦って、

そしてしっかり支えんのよ!

どうせ、どこの馬の骨か判らないような男にしか相手にされないんだから、

今年は、男は取りあえず脇においといて、

ベガルタのために、心底尽くすのよ!判った?

いい?今シーズンのチェリーとの約束よ!

だから、アンタたちしっかり応援すんのよ!


posted by 木久蔵 at 23:41 | Comment(3) | お馬鹿魂

2012年02月03日

最終節のブルース




Jリーグ様には『最終節ドラマチック向上委員会』と名乗る

秘密組織が暗躍しておりましてね、

あの手この手と画策を思案致しましては、

最終節が凄ぇ盛り上がるように仕組んでんじゃねぇのかと。

まぁ、そんくらいJの最終節はJ1、J2関係なく、

毎年毎年盛り上がっている訳でありますよ。

そんな最終節に関する前振りがあって本題。



12シーズンの日程が発表になりましたな。

鹿島さん、横浜さん、大宮さん、セレッソさんと続きますが、

簡単な相手などひとつもいない厳しい戦いがまた始まる訳であります。

まぁ、仙台さんの大風呂敷な目標である優勝やらACLやらは置いといて、

一部の賢明なる仙台さんサポ諸兄連の当面の目標は、

何だかんだで『J1残留』に尽きるんじゃねぇかと。

まずは残留を決めてからその後の身の振り考えようぜ!と、

まぁ、そうお考えになる方々も少なくなないでしょうな。

当然至極、まっとうなお考えだと思いますよ。

でね、そんな方々に安心をお届けする当馬鹿ブログ、

そうであります、どこよりも早い仙台さんの残留当確宣言、

ここに声高らかに堂々と発表であります。



てぇ訳で、こちとらが目をつけたのは、

『最終節ドラマチック向上委員会』が仕掛けたトラップ。

皆さんすでにご承知、仙台さんの最終節の対戦相手は、

昨シーズンのJ2チャンピオンの東京さん。

天皇杯チャンピオンでもありますし、いやぁ、こりゃ強敵だぞと。

だけんともしかし、まぁまぁそんなに尻込みする必要も無い訳であります。

てぇのも、J1が1シーズン制となった2005シーズン以降、

最終節に前年のJ2チャンピオンと戦ったチームの最終順位、

その平均はびっくりすんなよの、6.14位。

そのうえ、J2に降格したチームはひとつも無し。

去年柏さんと戦った浦和さんもヒヤヒヤながらも無事残留でありましょ、ねぇ。

どうよエブリバディ、こりゃ決まったも同然でありましょうよ。

何だかんだで数字ってぇのは嘘つかないものなのよねぇ。

てぇ訳で、どこよりも早い『残留宣言』。

皆さんひとつご安心をてぇことで。

よかったね、どうも、うん。



でね、まぁ、あれよ。

1シーズン制に移行した後じゃねぇと、

チームの本当の年間順位って判らねぇからさ、

そんなこともあって、2005以降をサンプルにしてんだけれどもさ、

まぁ、縁起でも無ぇが、取りあえず言っちまうけれども、

2003シーズンの最終節、

前年のJ2チャンピオン大分さんと対戦したのは、我らが仙台さん。

そんでもって、結果は言わずもがなで、皆さんご承知のとおり・・・。

でもさ、まぁ、大丈夫だって。

歴史なんてそうそう簡単に繰り返さねぇから。

まぁ、確かに仙台さんの芸風からすつってぇと、

やっちまう可能性はACLより断然高いかもしれんけど、

まぁまぁまぁ、大丈夫だって、そうそう歴史は・・・、ねぇ。

・・・・・・。



posted by 木久蔵 at 01:51 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年02月01日

歴史と伝統を守るバカ魂




上本大海。

上本大海。

上本大海。

なんか、ずぅ〜っと、上本大海って文字を見ていると、

上海って字が浮かび上がってくるようなこないような。

・・・・・・。

てぇ訳で、当馬鹿ブログでは、

上本大海をシンプルに『上海』表記することで満場一致。

ひとつお見知りおきをヨロシクであります。

そんなニックネームに関する前振りがあって本題。



歴史と伝統。

守らなあかん訳であります。

そう。

どんな短い歴史だろうが、どんな些細な伝統だろうが、

しっかと歯を食いしばって守らなあかん!訳でありますよ。

そんでもって、短く些細な歴史と伝統をしっかと守ることで、

なんてぇんでしょ、仙台さんというスットコドッコイなクラブの、

愛すべき無骨さと言いますか、不器用ながらも一本筋の通った愚直さ、

まぁそんなもんが表現できると思うのでありますよ。



そう、皆さんご存知、我らがキンちゃん。

なんでキンはキンなのか?

んなこたぁ単純至極、キンちゃんが菅井だからであります。

そう、菅井ってぇだけで、女優・菅井きんにあやかって、

キンな訳であります。

仙台さんサポ諸兄連ベテラン陣ならご存知、俺たちのショージ。

なんでショージはショージなのか?

んなこたぁ単純至極、ショージが村上だからであります。

そう、村上ってぇだけで、天才・村上ショージにあやぁって、

ショージな訳であります。

・・・・・・。



この120%混じりっけ無しのバカ魂。

この歴史と伝統、仙台さんよ、守らんでどうすんのっしゃ?

心の底から、そう思う訳であります。

てぇ訳で、どうかお頼み申します。

ルーキー#26藤村慶太、ここはひとつ大英断、

『おヒョイ』ってぇことでひとつ納めてもらえませんでしょうか。

ショージと同じ#26だしさ。

ねぇ、どうだろ仙台さん。

いいと思うんだけれどもねぇ。

ねぇどうだろ、仙台さん・・・。

おヒョイってことで、ひとつどうだろ・・・。



posted by 木久蔵 at 23:08 | Comment(2) | お馬鹿魂

補強に想いをよせて・・・




『仙台さんのサイドバック、ウッチーって言うんだぜ!』

『えぇ〜、ウッチーって、あのウッチー?ねぇ?』

『えっ?まぁ、どこのウッチーかは知らないけど・・・』

『えぇ〜、アタシ、ウッチー見てみたぁ〜い!』

『じゃぁ〜、今度仙台さんの試合見に行ってみようか。』

『うん!行くぅ〜!』

そんな残念な女子が最低10人はいる。

こちとらは、そう踏んでおります。

そんなウッチーに関する前振りがあって本題。



噂のブラジル人はおいといて、とりあえず補強完了でありますな。

個人的には、まぁまぁソコソコの補強ができたんじゃないでしょうかね。

主力陣はチョの兄貴を除いで全員残留して頂きまいたし、

足りないところはピンポイントで中堅・ベテランを補強、

将来を見越して期待の新人も加入。

そんでもって、新人さんもただの新人さんではなく、

強化指定の奥埜君にユースの越後くんに東北人の藤村くんと、

かなり地元寄りなのも嬉しい限りでありますよ、ねぇ。

でね、まぁ、仙台さんのストロングポイントてぇのは、

全員守備と全員攻撃でありますので、

なんてぇんでしょ、連携が大切な訳でありますよね。

でありますので、とりあえず数合わせの補強を致しましても、

早々に効果は現れない訳でありますよ。

特に攻撃ね。

ヨッシーだって、効き始めたのは移籍二年目からだったし。

でありますので、加入が少ないから手を抜いているてぇことはないと思いますよ。

まぁ金が無いってぇのは否定しませんけれどもね・・・。



でね、今期の補強を見ても判るように、

もう仙台さんは、数合わせの補強は必要無い訳でありますな。

何だか知らねぇけれど、イイ選手らしいよ的な選手を、

ザクッザックと掻き集める必要はもう無い訳でありますよ。

一昔前の〇〇選手や△△選手のような、

一年を通しているんだかいねぇんだか判らねぇって選手は、

おそらくもうお目に掛かれないんだと思いますよ。

モチのロンで、ブラジル人は除きますけれどもね。

てぇか、そろそろあれなんじゃありませんか、

現役日本代表とかそんなレベルの選手が、

『俺、仙台行っちゃおうかなぁ〜』って、ねぇ、

無い話じゃねぇぞと、まぁ、無くは無ぇなと。

そんなレベルへ今年はステップアップしなきゃならんのでありますね。

まぁ、今年は少数精鋭と騒ぎ立てておりますけれども、

キャンプを通して全員精鋭となるよう期待しております。

特に原田と奥埜が台頭し始めると、

今シーズンは相当に面白いことになると思うんだけれどもなぁ。


posted by 木久蔵 at 01:43 | Comment(2) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。