2012年03月28日

地味に関口、仁王立ち




得点をあげると、選手連がワァ〜っと集まる。

喜び大爆発。

だけんとしかし、

喜んでる間に試合が再開されるとうまくないので、

ワァ〜の輪に交ざらず、センターサークルでボールを小脇に抱え、

試合が再開されないように選手連の帰りを待つ、

いわゆる門番、そんな地味な仕事をこなさなきゃならん、

損な役回りのお方がいらっしゃる訳であります。

ひと昔前だと、ポイチなどがこの役の適任者でありましたな。

でね、4−1と派手な試合になった大宮戦、

ゴールラッシュでムネヤケ気味の後半、

一体全体誰が門番をしてんのかと気になって目を移すと、

そこにはなんと、地味に関口。

ワァ〜の中心にいるイメージの彼が、

浮かれることなく、仁王立ち。

梁クン不在で責任感がムックムクてぇところでしょうか。

なんか、いい感じで年取ってるなぁと、ね。

プレーもキレキレですしね、

うん、こりゃひと皮剥けた感、アリアリなんじゃねぇかと。

縦横無尽に活き活きとした関口、こりゃ大爆発5秒前でありますな。



posted by 木久蔵 at 01:11 | Comment(3) | お馬鹿魂

2012年03月26日

ヤンキーラッパー、チンピラに弟子入りするの巻




てぇかさ、一体全体、どんな言葉を掛ければ、

あんだけグダグダなチームがシャキッとすんのよ。

いやはやなんとも、迷将の修正能力、半端無ぇっす。

是非とも、一回、お目にかかってみたいもんでありますな。

ロッカールームでの大演説、ねぇ。

たいしたもんだ、ホント。

そんなシャキッに関する前振りがあって、本題。



いやぁ、あんだけ最終ラインが引いたら、

そりゃ大宮さんに好き放題やられちまいますわな。

セーフティーという名の消極策、大失敗でありましたよ。

そんでもって、例のアクシデント大将、

明らかに不調でありましたな。

ひとり堂々と消極大臣の風情で、

横パス、バックパスを繰り返しておりました。

確かに、色々とありましたので、

この試合は難しいかなとも思ったのでありますが、

このヤンキーラッパーに声を掛ける男がひとり。

そう、仙台が誇る『チンピラブラザース』の本物の方。

身振り手振り、そして言葉でヤンキーに修正を与える訳であります。

『いつまでもグダグダやってっと、ヤッちまうぞコノヤロウ!』

そう言ったかどうかはしりませんが、

そう言ったように遠目には見えたりもして、

まぁ、とにもかくにも、

ヤンキーラッパーに盛んに声を掛けておりました。

んで、チンピラの本物のアドバイスが功を奏したかどうかは知りませんが、

徐々にヤンキーラッパーも普段の動きを取り戻し、

最後にはしっかとシャキッとなりまして、何とか90分戦いきりました。

ホント、良かったと思っておりますよ、ねぇ。

恫喝、脅し、強請、アプポーチの仕方は色々ありますが、

声を掛けてコミュニケーションを図る、これってホント大切なんすね・・・。

ヤンキーとチンピラ、師弟関係構築、勝手にそう思っております。



んでまぁ、4−1な訳でありますけれども、

まぁ、大宮さんのディフェンスも集中切れていましたので、

額面通り受け取るのは都合が良すぎるかなぁと。

でもまぁ、イケイケドンドンで攻めていても、

相手のカウンターをしっかとオフサイドに掛けられるてぇのは、

今年のディフェンスが去年より数段上行ってる証だと思いますよ。

また、コーダイの下手糞ながらも組み立てようとするパスに苦笑いも、

最終ラインに組立の意識がムンムンしているのも嬉しい限り。

んで、やれてるやれてないは別にして、やろうとしていることは、

ヨーロッパ界隈の最新サッカーってぇのが、

これまた、今までの仙台さんに無いシチュエーションでありますので、

J2暗黒時代を知る者からすると、

なんか、凄ぇいずい訳でありますよ、はい。

でもね、このいずさ、いずれは心地よいいずさになって、

最後はいずく感じなくなるんでありましょうかね。

強いチームのサポーターってぇ方々は、

どんなメンタリティでいらっしゃるんでしょうかね。

ん〜、仙台さん、下手すりゃホント下手する勢いだし、

もしかしたら、仙台さんサポ諸兄連も、

慣れないステージへ上がる心構えを、

今からしておいても早くは無いかもしれませんな。

だって、仙台さん、強いんですもの・・・、ねぇ。


posted by 木久蔵 at 23:01 | Comment(2) | お馬鹿観戦記

2012年03月24日

第3節 大宮戦の心得




第3節 大宮戦の心得

一 今節は気持ちの戦い

一 大宮に負けても、自分には絶対負けるな

一 自分たちが信じたサッカー、90分やり続けようぜ!



何年前か忘れましたが、

A代表か年代別の代表かも忘れましたが、

とにもかくにも、

日本代表が世界大会進出に黄色信号てなタイミングの試合。

日本代表、実力があるのは判ってる。

だけんともしかし、戦う気持ちが空回り。

よって、この試合、結果を分けるのは気持ち次第・・・、てな状況。

キックオフのホイッスルと共に相手選手をチェイスし、

果敢にボールへタックルする男がひとり。

代表FW・柳沢敦。

普段、気持ちを全面に押し出している風情のない彼のそのプレーに、

こころ120%鷲掴み。

そして思った、こりゃ、日本代表、勝つな。

んで、ちゃんと、日本代表は勝った。



外野の雑音、そりゃ多いわな。

ここでタックルいいのかな、

ここで体入れていいのかな、

そりゃ思うわな。

でもね、ピッチでお遊戯が見たい訳じゃねぇのよ。

こちとらは、ピッチで男と男の戦いが見たいわけ。

てぇか、雑音が多くなった途端に尻つぼみってぇんじゃ、

去年からいままでの流れ、全部否定することになっちまうんじゃねぇの。

そんな風にも感じるわけで・・・。



とにもかくにも、各選手連のファーストコンタクト、

つまり、第一次接点、ここで試合の結果は十中八九決まりのハズ。

でありますのでね、仙台さん選手連よ、

迷うこたぁねぇのよ、普段通りのサッカー、

そう、腹の座った覚悟を決めたサッカーをやればいいだけ。

それでも吹っ切れねぇなら、

柳沢敦の背中を見ろっての。

そして、こちとら達も背中を後押しすっから、

大宮に負けても、自分には絶対負けんな。

自分たちが信じたサッカー、90分やり続けようぜ!



posted by 木久蔵 at 02:10 | Comment(0) | 次節の心得

2012年03月22日

ガンバレ




なんだかんだと、あるようでありますな。

でもまぁ、ひとこと言わせて頂きたい。

なにがあろうと、田村直也は仙台さんの大事な選手。

てぇことは、つまり、こちとらは、

全方向田村直也主義

てぇこと。



本人も思うところがあるとは思いますが、

牙を剥かない狂犬は見たくない。

次節大宮戦、しっかと背中を押しますから、

迷うことなく目の前の獲物に飛びかかって欲しいもんであります。

ガンバレ、タム!


posted by 木久蔵 at 21:22 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年03月20日

全速前進!の巻




みちのくの荒法師、浦和のお坊ちゃまを圧倒!

で、ありましたが、結果は皆さんご承知の1−0。

まぁ、さすがはアウェーのポストとバーだけあって、

なかなか内側に弾いてくれねぇんだけれども、

そこは当たらねぇトコに蹴れってぇの!てぇことでね。

まぁまぁまぁ、勝てる試合を落として、ホント勿体無ぇっすね。

0−3でしょ、本来であれば、ねぇ、そう思いますよ。

でね、仙台さんてぇのは、焦れずにやってりゃいずれ取れるだろ・・・、

てぇんで、90分間のコーディネートにメリハリが無ぇんすよね。

だから、前半の後半、浦和が棒立ちのチンチン状態になっても、

人数掛けて圧力増してナニがナンでも取りに行く!てぇのが全く無ぇのさね。

ホントはさ、前半の内にポコポコっと取って、

前半だけで試合を終わらせるような日でしたよ、今日は。

まぁ、あそこでギアチェンジ出来なかった(させなかった)訳ですから、

ベンチが敗因と言われても仕様無ぇでしょうな。

確かに、いままで攻めるのが得意なチームだった訳ではありませんから、

いきなり、攻めて来い!と言われても混乱はしますわな、

ついでに言えば今までの攻撃に要の梁クンもおりませんし。

だけんともしかし、そこを乗り越えていくってぇのが、

今年の大目標な訳でもありますから、チャレンジし続けるしかありませんわな。

崩し切れなかった攻撃の数々、手詰まりとなった攻撃の数々、

左サイドの交通渋滞から、右サイドの低速走行、ど真ん中の援護不足、

よくもまぁこんだけ下手打ったなぁてぇ攻撃の数々を、

ここはひとつ、真摯に受け止め今一度熟考でありますな。

ピントが合えば、ポコポコっと行くはずでありますから、

立ち止まっている暇はありませんよ、

全速前進!

進むのみであります。



で、裏本題のタムの件。

フィフティのボールを互いに競り合ってもつれ合った結果、

足が絡んだだけの話でありますから、清水が言うところの、

『悪質なカニバサミ・タックル』でないと、こちとらは思います。

もちろんノーファール。

だけんとしかし、危なっかしいタックルは目につきますわな。

まぁ、彼に限らずね。

激しいと荒いは全く持って違いますからね。

『仙台のプレーは激しいが実にクリーン』

こう言われたいものであります。

相手へのリスペクトは忘れずに・・・。


posted by 木久蔵 at 23:53 | Comment(2) | お馬鹿観戦記

2012年03月16日

新コンビ




今週は喰らわねぇぞ、コノヤロウ。

で、本題。



その昔、京都、福岡で活躍された中払さん。

ご記憶のサポ諸兄連も多いはず。

で、この中払さん、実はこちとら大嫌い。

てぇのも、理由は簡単至極でプレーが汚い。

そんでもって、その汚いプレーが、

これ以上ない有効打となるから必要以上にタチが悪い。

見ててイライラ。

中指立てて怒髪天。

まぁよくある話でありますわな。

だけんともしかし、こうも思った訳であります。

こういう選手、相手サポから見れば頼もしいんだろうなぁ、と。

仙台さんてぇチームは、

代々、大人しめの優等生タイプとか、

寡黙な修行僧タイプとか、

いわゆる『いいひと』が多かったと思うのでありますよ。

現東京Vの森さん以来見かけませんわな。

でありますので、隣の芝生は青く見えて、

『タチの悪ぃ選手、仙台さんにもいればなぁ〜』とね、

いいひとの中に異彩を発するタチの悪ぃヤツがいれば、

今以上に仙台さんがピリッと引き締まるのになぁと。

まぁ思っておった訳でありますよ。



ところがドッコイ、どっこいしょな訳であります。

あぁ〜た、大変ですよ。

スラダンの安西先生じゃなくても言いますよ。

『それも同時に二人もだ・・・』と。

そう、仙台さんに刺激を与えるタチの悪ぃヤツ。

上本大海



角田誠

ホント、プレー汚ぇけれど、心強い。最高。

大海さんのジュニーニョに二枚目の黄紙を出させようと、

審判を恫喝するそのお姿、もう失禁です。

マコっちゃんのセットプレー時の半端無いポジション争い、

カツアゲを想像させるゴン太顔、もう脱糞です。

とにもかくにも、こちとら、この二人の縦関係ディフェンスに、

ハート鷲掴みのジャイアントスイング100回転!なのであります。

てぇ訳で、愛情と敬意を込めて、このコンビをこう呼びます。

仙台のチンピラ・ブラザース

コンビ名にセンスの欠片もありませんが、

舐めて掛かると怪我しますよ。

いやぁ、ホント、心強い。



posted by 木久蔵 at 00:45 | Comment(3) | お馬鹿魂

2012年03月14日

そう思う




自称占い師の話によると、ウイルソンは大当たり・・・とのこと。

こちとらもそう思う。

しっかとハイプレスのスイッチになっていましたし、

DF背負ってもちゃんとクサビのパスを捌いていたし、

そしてなによりも、密集していてもクロスを納めてシュートまでいける。

ん〜、大爆発!十分ありだと思いますよ。

仙台さんに多くの得点と多くの勝ち点を与えてくれんじゃねぇかと。

そう思います。

で、もしかするともしかして、巨額のオイルマネーもあったりして・・・。

そう思います。





posted by 木久蔵 at 01:17 | Comment(3) | お馬鹿魂

2012年03月13日

『そういうこと』の巻




なんかさぁ、相手が赤いチームだと、

主審の方が相手に肩入れしているように見えるのは、

経験に基づく偏見なんでありましょうかね?

それともホントのことなんでありましょうかね?

いつPK取られるかヒヤヒヤしながら見ておりましたが、

まぁそんなコトをひっくるめて、

鹿島に勝つ!

ん〜イイんじゃない?ねぇ。

それにつけても、試合でペースが掴めないなら、

ファール貰って転がって、そんでもってイチャモン付けて、

インサイドワークでなんとかできねぇもんか、と。

これって、悪役レスラーが場外乱闘でペース握ろうとするそれだろって・・・。

鹿島さんのヒール臭の原因がビジュアル的にやっと整理できました。



んで、いやぁ〜、完勝でありましたな。

まぁ、相手の鹿島さんが、新監督での初戦でチームの熟度が上がってない、

ってぇコトもあったのでしょうが、

それを差し引いても『完全に勝つ』つまり『完勝』でありました。

ん〜、悪くない!悪くありませんよ!この流れ、ハイ。

んでまぁ、当たり前だのクラッカーでありますが、

そりゃモチのロンでまだまだ課題もテンコ盛り。

ディフェンス面じゃ、二列目の飛び出しを誰が見るのっしゃ?とか、

ロングフィードへの対応、ホントに大丈夫?とか、

まぁいわゆる今季取り組んでいる『高めの守備』の副作用に対して、

これからちゃんとケアしていかなきゃだよね、と。

んで、攻撃では、やっぱあれっすわ。

高い位置で奪ってからの攻撃練習なんて、

ついこの間から始めたことなんでしょうから、

そりゃまだまだギコチねぇ感じでありましたね。

こんなトコで奪っちゃったけど、どうしよう・・・。

みたいなね。

え〜い、よっく判らねぇから、取りあえず下げちまえ!なんてね、

ホントに勿体無い攻撃が多かったと思いますよ。

まぁ、本来仙台さんがやりたかったことを120%表現できてれば、

3−2が妥当なスコアだったと思いますが、

そこはそれぞれ初戦でやられたくないという手堅さと、林の鬼活躍と、

チーム戦術が浸透しきっていないってぇところで、

結果、1−0だったんじゃねぇかとね。

まぁ、どっちに転んでも負けなかったとは思いますよ。



そりゃそうだわな。

負ける訳がねぇんだ。

ダテに鹿肉の赤まむし漬けなんて喰らってねぇからね。

まぁ、こちとらから言わせりゃさ、戦う前から決まってた訳よ・・・。

高い守備とかそんなもん、後付でさ。

まぁ、喰らっておきゃ、大抵勝つんだ、はい。

そういうこと。

に、しておいて・・・。



posted by 木久蔵 at 01:38 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

2012年03月10日

第一節 鹿島戦の心得




第一節 鹿島戦の心得

一 一年経っていろいろと思うところはあるのだけれども

一 余り難しいこと考えても知恵熱出るだけだからさ

一 いつもどおりの明るく激しく楽しいサッカーやろうぜ



一年経つんすね。

ホント、いろいろとありましたな。

で、またサッカーが始まる。

感無量です。

優勝だとかACLだとか、

余計な尾ヒレ背ヒレが付いちまった今シーズンでありますけれども、

去年の今頃のことを考えれば、

なんだかんだで、サッカーが、ベガルタがそこにあればそれでいい、

究極のところはそういうことなんすよね。

勝ち負けなんてどうでもイイんすよ。

必死になって戦う姿を選手連が見せてくれれば、

こちとらは結果なんてホントどうでもいいんです。

でありますのでね、あんま難しいコトは考えないでさ、

もともと頭が達者な方じゃねぇんだから、

いつもどおりのサッカーやろうぜ。

難しいコト考えないで、

いつもどおりの明るく激しく楽しいサッカー、今年もやろうぜ。

うん、それがいい。

それがいいよ、ねっ。




posted by 木久蔵 at 03:21 | Comment(3) | お馬鹿魂

2012年03月09日

一年ぶりに魂を込めて鹿島を喰らう!




仙台さんがお相手をペロペロっと喰らっちまう前に、

こちとらがひと足お先にペロペロっと喰らっちまうバカ企画、

そう、それが一部マニアに馬鹿受けの『喰らうシリーズ』であります。



てぇ訳で、Hey!エブリバディ!喰・ら・う・ぜ!

一年ぶりに、魂込めて、喰・ら・う・ぜ!でありますよ。

で、今回の対戦相手は、言わずと知れた『鹿島アントラーズ』様。

鹿島?あん、鹿か?

そうとなりゃ、ココと相場が決まっている訳であります。

そう、お肉のワンダーランド『肉のささき』。

いつものように、いともたやすく『鹿肉』をゲット。

お肉.JPG


で、問題はココから。

さて、この鹿の肉、どうやって喰らってやるものか・・・。

てぇ訳で、今節の鹿島戦を脳内シミュ。

・・・・・・。

ん〜、こりゃ相当タフな試合になりそうっすよ。

そんでもって、集中を切らさない持続力が勝負のカギ。

そう、タフネスの持続が勝負のポイントな訳であります。

タフネスを持続?

エッ?タフネスを持続?

てぇと、なんですか、あれってこと?

男のタフネスを一晩中持続させる魅惑のエロドリンク、

そう『赤まむしドリンク』であります。

鹿島さんのチームカラーも赤でありますので、

こりゃ一石二鳥でありますな。

で、近所で赤まむしの小売を探したのでありますが、

全く持ってありませんで、やむを得ずアマゾンで赤まむし、大人買い・・・。

誰がこんなに飲むんだってぇの、トホホ・・・。

赤まむし.JPG


まぁまぁまぁ、いつまで愚痴っても始まりませんので、調理開始。

まぁ、調理ってぇほどのことはありませんが、

早速、鹿肉を赤まむしドリンクにダイブ・イン!で漬け込む訳であります。

漬け込む.JPG


赤まむしってぇ割に色はベガルタゴールドなんでありますな、へぇ。

3−0を祈念いたしまして、赤まむし3本イってみましたよ。

そんでもって、それを一晩しっかと寝かせ、ジュ〜っとフライパンで焼く。

んで、ついででありますので、

赤繋がりってぇ訳で特性の赤ワインソースをドロッとぶっかけて完成。

てぇ訳で、仙台さんが鹿島さんを喰らうメニュー、

『鹿肉の赤まむしドリンク漬け赤ワインソース』

一年ぶりの入魂の末に完成!であります。

完成1.JPG

そんでもってお味・・・。

漬け込んだせいか、焼き過ぎかは知らねぇが、

肉が硬ぇのなんのって、ホント喰らうにもタフさと持続力が必要っすな。

んでまぁ、赤まむしの味って言われても所詮は栄養ドリンクでありますので、

まぁまぁまぁ、皆さん予想できる味なのでありましょうけれども、

特にドリンクの味が強調される訳でもなく、鹿肉が特にクサい訳でもなく、

なんてこたぁない、ただ単に鹿肉のソテー、でありますな。

ん〜、肩透かしでありますかな。

でね、よく考えると、まぁ、あれでありますよ、

鹿島鹿島って言ってもあんた、特別ナニがあるってぇ訳でもなく、

普段通りやればイイってことよ!的なね、

普段の心構えで望めばいいってことよ!みたいなね、

まぁそんなことなんでありましょうね。

えっ?鹿肉の赤まむし漬け、そこまで言ってませんか?

そう?

ホント?

言っちゃってんじゃない?

まぁ、兎にも角にも、仙台さんよ、

こちとらが一足お先にペロペロっと鹿島さんを喰らっておきましたので、

本番では仙台さんがペロペロっと鹿島さんを喰らっておくれよ!

てぇか、そうでもしてもらわなきゃ、赤まむしドリンクの在庫、デカすぎるっての・・・。

てぇ訳で仙台さん、よろしくベイベーです。


業務連絡

赤まむしドリンク飲みたい方、鹿島戦当日一声掛けてください。

すぐに準備させて頂きます。

こちらも併せて、よろしくベイベーです。


posted by 木久蔵 at 02:49 | Comment(5) | お馬鹿魂

2012年03月06日

オッズ2012




毎度おなじみ、シーズンオッズであります。

こちとらの主要情報源である『東スポ』様の、

『これは便利!夏の高校野球優勝オッズ!』を

そのままパクってから幾年月・・・。

サッカー誌の順位予想をベースにポイント化して、

オリジナルのオッズを付けておりますよ。

算出しているオッズは、

優勝オッズとACL出場オッズ。

ACL出場オッズは、

日本中央競馬会JRA様の由緒正しき複勝算出計算式に基づき、

あぁ〜だ、こぉ〜だと算出しております。

てぇ訳で、こちらが今年のオッズでありますよ。

チーム名  優勝  ACL
_1名古屋 _6.0 2.0〜2.5
_2_柏_ _6.8 2.2〜2.8
_3G大阪 _8.3 2.5〜3.2
_4鹿_島 _9.2 2.7〜3.5
_5浦_和 13.8 3.8〜5.1
_6神_戸 14.7 4.0〜5.4
_7東_京 15.5 4.2〜5.6
_8横_浜 16.7 4.5〜6.0
_9仙_台 17.1 4.6〜6.2
10C大阪 18.2 4.9〜6.5
11川_崎 25.7 6.7〜9.0
12磐_田 28.9 7.5〜10.1
13清_水 34.1 8.7〜11.8
14広_島 35.4 9.0〜12.2
15大_宮 39.1 9.9〜13.5
16新_潟 45.3 11.4〜15.5
17鳥_栖 126.8 31.0〜42.0
18札_幌 166.8 40.7〜55.0


一位の名古屋ですら単勝6.0倍・・・、

今年は大混戦の様子でありますな。

単勝10倍を切る4チームが優勝争いの大本命ってところでありましょうか。

我らが仙台さんはそれらを追いかける第二グループ。

まぁまぁ、単勝も複勝もそれなりに美味しいオッズとなっておりますな。

んでさぁ、毎年思うのであリますけれども、

実績関係なく、毎年毎年順位が上ってぇクラブ、チラホラとありますわな。

『この順位にいるのはオカシイ!巻き返しが必ずある!』

てぇ理由で上にいるそうなのでありますけれども、

毎年毎年なんだかなぁの結果なのにね・・・。

まぁ、仙台さんとは関係ないからどうでもいいことなんすけれどもね。



てぇ訳で、2012年シーズンのオッズでありました。

ご利用は計画的に!ひとつよろしくであります。




posted by 木久蔵 at 22:17 | Comment(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。