2012年04月25日

手短に・・・




えぇ〜、所用により時間もなく、手短に・・・。

東京戦を見て確信。

太田の前世、飛脚。

間違いない。

以上です。


posted by 木久蔵 at 01:27 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年04月18日

それってホントにバカ試合?の巻




関口といい、林といい、代表から帰ってくると調子が下がりますな。

これは代表選出の殿方、すべてに言えることなのでしょうかね。

身近なサンプル数が2しかない仙台さんにとって、

コトの真相は知り得ませんが、大変迷惑な話であることは事実です。

まさか『気疲れ』が出た・・・なんて、キャラにも無いっすよね。

ん〜、ホント迷惑な話でありますな。

で、本題。



サッカー観戦でもっともエキサイティングな試合結果は、

3−2、個人的にそう信じて幾歳月。

でありますので、基本、バカ試合は嫌いじゃありません。

だけんともしかし、これってバカ試合に入りますかね。

打ち合い、打ち合いって言いますけれども、

仙台さんからすりゃ二失点とも大チョンボ、

一切崩されちゃおらん訳であります。

これをもって、打ち合い・・・、バカ試合・・・、そうなん?

ただの『勝ったけど非常に雑だった試合』なんじゃねぇのと、ねぇ。

てぇかさ、今季は失点の仕方が悪すぎますよ。

第一節、第二節は無失点で素晴らしかった訳でありますが、

第三節、セットプレーから一失点、

第四節、DFのチョンボから一失点、

第五節、DFのチョンボから一失点、ボランチのチョンボから一失点、

第六節、GKのチョンボから二失点・・・。

実に全6失点中、チョンボ絡みが5失点。

これじゃ松田優作さんじゃなくとも、

なんじゃこりゃぁ〜!のひとつやふたつ出ますわな。

『取られたら取り返すサッカー』と歓迎する向きもありますが、

それは都合のいい解釈で、ただのチョンボ擁護論。

てぇか、これを世間はクルピ・サッカーと呼ぶ訳でありまして、

まぁ確かにザルッソの中心DFが移籍してきたのでありますから、

その影響力っちゃ半端無ぇ訳でありますけれども、

まぁまぁまぁ、全部が全部、例のチンピラの片棒の仕業ってぇのも乱暴な話で、

ただ単に仙台さんが集中していないだけのことでありますわな。

仙台さんが目指すのは、『取られずに取るサッカー』。

お間違えの無いように。

勝ってるからイイべや・・・、と、ここで手綱を緩めると、

ホント、出入りの激しいクルピ・サッカーになっちまいますので要注意。

勝ってることこれ幸いに微修正をお願いしたい訳であります。

まぁ、俺達の迷将はしっかとそのあたりは心得てると思いますけれどもね。



でもね、こうも思うのでありますよ。

GKが信じられねぇような大チョンボを二発ぶっ放しても、

何だかんだでチャンピオンから3点取って勝っちまう・・・。

これって、相当強いんじゃねぇの。

うん、チョンボ癖が治ったら、しばらく高値安定、十分ありますよ。

てぇかさ、言っちまいますけれども、パスポートの準備はお早めに!


posted by 木久蔵 at 01:16 | Comment(2) | お馬鹿観戦記

2012年04月13日

エロいぜベイビー




仙台さん系のネット情報を見ておりますと、

やれウイルソンだ、やれウイルソンだと、

そりゃもちきりな訳であります。

まぁ、久々のアタリってぇんで、

仙台さんサポ諸兄連の狂喜乱舞も理解できますが、

チョイと違うんじゃねぇかと思うわけでありますよ、はい。

そうであります。

『ウイルソン』じゃねぇだろ。

『ウイルソン』って呼び捨てじゃねぇだろ。

『ウイルソン先生』

これだろ?

先生に関する少数意見の前振りがあって、本題。



いやぁ、ウイルソン先生、いいです。

そうそうに『アタリだ!』と宣言した手前、

外れだったらどうしようと若干心配しておりましたが、

いやはやどうして、心配などどこ吹く風でありましたな。

でね、ウイルソン先生の何がイイって、

そりゃやはりエロいことでありますな。

オフサイドに掛かった時の、フッ・・・とため息をつく表情、

ファールを取って貰えない時の、ヘイッ・・・と苦味走った表情、

ゴールをぶち込んだ時の、ニヤッ・・・としたしたり顔・・・。

ん〜、ルックスが全てにおいてエロいです。

そんでもって、技術に裏打ちされたずる賢いプレーやら、

魂を揺さぶる真摯なプレーやら、

発散されるハツラツとしたエネルギーが、

何とも言えずこれまたエロい。

『お嬢さん、俺に近づいたら妊娠するぜ!』

いやいや、先生、その人、お嬢さんじゃなくて、相手DFですよ・・・。

そんなトンチンカンさが漂う立ち居振る舞いも、これまたエロい。

もうね、支離滅裂で申し訳ないのでありますが、

とにもかくにも、ウイルソン先生は全てにおいてエロキング!

そういうこと。

てぇ訳で、ウイルソン先生、今節柏戦もエロ大爆発!

Jチャンピオンをこれでもかって程、エロエロにしっちゃっておくれ!

そう、無修正な程にエロエロにしちゃっておくれ!

そんな感じで、ひとつよろしく。

posted by 木久蔵 at 06:19 | Comment(4) | お馬鹿魂

2012年04月11日

オレ、困る




仙台戦の翌日、某バンドのライブへ参戦。

入場前並んでいると、たまたまこちとらの後ろに、

仙台さんサポ諸兄連+その友人。

どうやら二人は前日の磐田戦を観戦した様子。

友人「ベガルタって強いの?」

サポ「昨日、強かったろ?」

友人「だって引き分けじゃん。」

サポ「あの時間に追いつけるのは強い証拠だべ。」

友人「そう?」

サポ「それに試合もずっとベガルタが押してただろ?」

友人「そうか?」

サポ「そうだろ。」

友人「てか、点入ると知らない人とハイタッチすんじゃん。」

サポ「ああ。」

友人「俺、あれダメ。知らない人の手、触れない。」

サポ「へぇ。」

友人「だから俺、ベガルタが点取ると困る。ホント困る。」

サポ「だったら試合、見に来んな!絶対来んな!」

友人「でもあのノリは楽しい。また行こぉぜ!」

・・・・・・。

点を取ると困るけど、試合は見たい。

難儀な方がいるもんであります。

そんなお客様も含め、集客を考えなきゃならない仙台さん営業部の方々、

ホント大変なお仕事なんでありましょうな。

気持ち空席の目立ったスタンドを思い出し、そんなことを思った訳であります。

posted by 木久蔵 at 01:07 | Comment(2) | お馬鹿魂

2012年04月10日

なんじゃそりゃ!の巻




勝てましたな。

ウイルソンさんの一発で、すっかりお祭りモードでありますが、勝てた試合です。

勝ち点2を失ったことをしっかと反省しなければいかんと思いますよ。

でね、まぁ、最終ラインを高く設定していますので、失点はやむを得ないんです。

やられる危険性は常にはらんでいる訳でありますからね。

だけんとしかし、凡ミスからの失点は問題外でありましょうな。

なんじゃそりゃ!そう思いますよ。

まぁまぁまぁ、百歩譲って凡ミスも口に苦しで、

長い目で見ればプラスになる場合もありますのでね、

これを糧に奮発していただければ言うことは無いのでありますが、

いやぁ、イカンでしょ、イカンですよ、それじゃイカンよ、であります。

トミィのチョンボで二点目を喰らったあと、倒れこむディフェンス陣・・・、

うん、気持ちは分かる、そりゃねぇべや!うん、気持ちは分かる。

でもさぁ、一失点目のチョンボに加担している、

ヤンキーラッパー、てめぇは倒れこんでる場合じゃねぇだろうによ。

テメェのチョンボでゲームプランスッチャかメッチャかにしときながら、

人のチョンボにあぁ〜あ!ってリアクションはどうなのよ。

そうじゃねぇだろうによ。

足りない技術を気持ちで補うプレーヤーが、仲間のミスで気持ちを切らすって、

なんか違うんじゃねぇの?そこはあなたのキャラじゃないでしょ。

シンゴ!気にすんな!てのがあんたのキャラじゃねぇのかよと。

なんだかなぁ。

んでね、トミィよ。

いいのよ、仕方ねぇ。

消極的な捌きの多かったトミィが今季身につけはじめた前への捌き。

トラップ一発で前を向こうとして狙われたと・・・。

まぁホントに無用心ではありますが、

今までにない積極性が引き起こした事故ってぇことで、

これが糧になりゃ全然OKでしょ、ねぇ。

でさぁ、まぁあれですわ。

磐田戦で成長する運命にあるんでありましょうな。

入れ替え戦の悔しさもしっかと消化したイッチョ前でありますので、

今回のチョンボもしっかと消化吸収していただきたいもんであります。

まぁ、次節相棒のカクちゃんが出停でありますので、

いきなり真価が問われる舞台が用意される訳であります。

ビシッと決めて頂きたい!そう思っております。

てぇ訳で、トミィ、迷わず行けよ!






posted by 木久蔵 at 00:50 | Comment(2) | お馬鹿観戦記

2012年04月02日

極上ベルベットパスの巻




大海さんは、あれですね。

余程、セレッソ時代にバンドさんに貸しがあったんでありましょうな。

そうでもなきゃ、あんなベルベットパス出せませんよ。

悔し紛れか何かは知りませんが、

『さすがバンド。あの角度からよく決めた!』

てな意見を目にしますが、

んなこたぁねぇだろ!と。

どう考えても、

『さすが大海。あの体勢でよく出した!』

正解はこっちだろうと。

足裏ヒールでペロッと舐めて、角度を変えてラストパス。

往年の小野伸二でも難しい芸当でありますよ。

ん〜、さすがは大海さんでありますな。

てぇか、どんなネタをバンドに握られていたのか、

本心はこちらが気になりますな。



でね、仙台さん。

強いかどうかは知りませんが、

いやぁ相変わらずの強運ぶりでありますな。

だってさ、あんだけ『持っていない臭』が出始めの

ウイルソンさんの前にコロコロっとボールが転がってくる。

それもゴール前で転がってくる。

普通、無ぇすよ、こんなこと。

そんでもって、これが来日初ゴール。

これがキッカケでウイルソンさんが爆発したとなりゃ、

いやぁ、運てぇのは怖いもんだなぁとね。

そう思いますよね、ええ。



兎にも角にも、勝ってラッキー。

運でもラッキーでも何でもいいから、

勝てるうちに勝っておけ。

そう思います。

仙台さんが強いかどうかは、

リーグ戦の連勝がストップした後に判りますから、

まぁまぁまぁ、いまは強ぇの強くねぇのは置いといて、

勝った!ラッキー!

それも首位!ハッピー!

そんな感じでいいんじゃねぇかと。

ラッキーで二点も取って、爆笑のうちに一失点。

こんな試合、まともに取り合っちゃダメ。

仙台劇場、本日も抜かり無し。

腹抱えて笑い転げて、いやぁ勝ったぁ〜!でオールOK。

単独首位なんて、そうそう無ぇし、

得失点リーグ一位ってぇヤツは、

皆既日食並の珍事でありますし、

もうね、あんま難しいこと考えないで、

楽しみましょ、それがいいよ、うん。


posted by 木久蔵 at 23:24 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。