2012年05月16日

ヤナギ活用法の巻




年は取るもんでありますな。

アウェーのガンバ戦で引き分けて、

『勝てたなぁ〜』と思える日が来るとは・・・。

ねぇ。

で、ガンバさん、お家芸のパスゲームってぇよりは、

パウさん主体のカウンター戦法。

そんでもって、結構しっかとブロック組んで守りが堅い。

いやぁ、ひと昔前の仙台さん、

ガンバさん相手に引き篭ってカウンター一発ってぇ戦術が、

常套手段だったってぇことを考えると、

ほんと、年って取るもんですなぁ・・・。

そんなガンバ戦の振り返りがあって本題。



これから仙台さんが勝ち点をしっかと積み重ねていくには、

引いた相手をいかに崩すか・・・これにかかる訳であります。

ガンバさんも思いの外、守って来ましたしね。

で、この引き篭もり対策として、

こちとらが長年温めてきた考えがありましてね、

まぁ理論は単純で、相手ゴール前の密度を、

あの手この手で薄くする・・・。

密度の濃いところにウリャ〜っと大勢で攻めこんでも、

スペースなんてありゃしませんから、

そりゃ交通渋滞を起こすだけであります。

では、いかにして密度を薄くするか・・・。

そこは単純至極。

ひとり退場して頂いて10人になるのが得策かと。

こちらが10人になりますと、

引き篭もってたあいてもその気になって前に出来てきますので、

おのずとゴール前の密度が薄くなって、

得点のチャンスが増えるってもんであります。

んで、10人で守れるのかって話ですが、

先日の清水戦しかりで、守ると腹をくくれば、

10人でも何だかんだで守れる訳であります。

でありますので、一人退場するのは結構得策かと・・・。

となると問題は誰が退場するかってぇコトでありますな。

10人で守ることを考えますと、DF陣からは勘弁でありますね。

まぁ、前目の選手が常識の範囲でありましょう。

で、忘れちゃイカンのが、退場した選手は次節も出停ってこと。

となると、前目といってもアカミー、ウイルソン先生、

そんでもってヨッシーにセキも勘弁。

となるとでありますよ、残るのはただ一人。

そう、ヤナギさんであります。

ただでさえ数合わせになりつつあるヤナギさん、適役だと思います。



でありますので、スタメンでヤナギ。

審判に執拗に意義を唱えて黄紙ダブル。

と同時にカクちゃんのワンボランチで4−1−3−1。

ん〜、そこそこ勝てそうだと思いますけれども・・・。

ヤナギ活用法、御一考まで。



posted by 木久蔵 at 01:39 | Comment(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。