2013年02月28日

キャバ433




ACL グループリーグ(グループG)第1節 仙台1−1ブリーラム @聖地・仙スタ


いやぁ『ブリらぁ〜む!タイらぁ〜ん!』が、耳から離れねぇぞ、コノヤロウ!

てぇか、タイの成年男子はホントにあんなに声が甲高いのすか?

そんでもって、一連のチャントの原曲って、どう考えてもタイのヤッターマンとか、

そんなタツノコ臭がプンプンのアニソンでしょ?違うかい?ねぇ。

そんな前置きがあって、本題。



そうですか。

4−3−3だったんすか。

いやね、余りにもカクちゃんとアカミーが孤立してるもんですから、

こちとらてっきり4−1−4−1だとばっか思っておりましたよ。

早速のビエルサ・システムすか?と、目新しいものに手ぇ出しちまったなぁと。

まぁ、はっきり言って大失敗でありましたな。

何らかの意図があっての4−3−3だったのでしょうが、

前半からやり慣れた4−4−2だったら、大楽勝もありえたと思いますよ、ねぇ。


でね、実は当日、サッカー観戦生涯初!という殿方二人を引き連れての観戦。

前半の半ば頃から『去年2位だった割りには、しっくり来ないねぇ・・・。』の感想がポツリ。

いやぁ実はね、うんぬるかんぬる、あぁだこぉだといろいろあって、

なぜか知らんが、去年とは違うシステムで戦ってんのよ、と言い訳するこちとら。

『へぇ〜、なんで?よく判らんなぁ〜。』とツレ。

そこで、先日この仲間でキャバへ突撃した時のことが刹那によぎッた訳であります。

『この前行ったキャバ、何だかんだで詰まらんかったでしょ?

あれって、あの店のシステムが良く判らんかったから、

どこまでやっていいのかが判らんで、心から楽しめなかった訳でしょ?

おネェちゃんのドリンクはセットに入ってんのか?別料金なんか?とかさ、

凄ぇ気になって、やっぱ慣れたシステムじゃないと心底楽しめない訳でしょ。

まさに、いまのベガルタはその状態!

イチゲンサンのキャバ、そうキャバ4−1−4−1へ突撃したようなもんなんよ。

どこまでやっていいかが、いまひとつ解ってない。

だから心底楽しめてない!そう言う状況やね・・・。』とこちとら。

何言ってんだ、俺?と、ちょっぴり後悔。

だけんともしかし、こちとらの言葉に深く頷くツレ二人。

『なるほど!ということは、それは相当に厄介だぞ!』

仙台さんの置かれた状況を何故か一気に理解したツレA。

『でもさ、初めから楽しみたいなら、なんで馴染みのキャバに行かん訳?

一軒目にイチゲンサンってある?』とツレB。

それを聞いて咄嗟に反応する別のツレA。

『気になるキャバがあったら、一軒目だろうが何軒目だろうが突撃するやろ!

詰まらんこと言っちゃイカンよ。僕はベガルタの気持ち、痛いくらい判るわ。』

だそうであります。

何だかなぁ・・・。

で、後半、躍動する仙台さんを見て、ツレA絶叫。

『おぉ!とうとう馴染みのキャバに入ったな!お楽しみはここからや!

ここからやでぇ〜!』関西人マルダシ状態。

・・・・・・。



いやぁ、組んず解れつのキャバとフットボール。

ホント、フットボールは奥が深い、フットボールはキャバ道に通ず、てね。

そんでもって、国際試合も奥が深い、『ブリらぁ〜む!タイらぁ〜ん!』、ねぇ。

ちなみに、ツレA、すっかりベガルタ色に染まり、甲府戦も参戦・・・。

よっしゃ、試合のキャバ4−4−2でパァ〜っと祝勝会だ。


 
posted by 木久蔵 at 22:50 | Comment(0) | お馬鹿観戦記

2013年02月24日

ACLに向けてタイを喰らう!




かつてのホームドラマ「あばれはっちゃく」。

主人公桜間長太郎君の父親役「東野英心」さんは言いました。

『父ちゃん、情けなくて涙が出てくらぁ!』と。

当時のこちとらは、十分理解できていなかった訳でありますけれども、

ネタを募ったコメント欄(1)を目の当たりにして、

まぁ、やっと英心さんのお気持ちが理解できた気がします・・・。

そんな前振りがあって本題。



ええ、そうであります、喰らうのであります。

仙台さんが、ブリーラムさんをペロペロっと平らげる前に、

こちとらが一足早くペロペロペロ〜んとタイ様を喰らってやる訳であります。

ご贔屓連の協力が得られないと分かったいま、頼れるのは自分自身でありますよ。

てぇ訳で、う〜んう〜んと頭を捻るその前に、

今晩の晩酌グッズの品定めが必要だってぇんで近所のやまやへレッツゴー。

で、ここで天使のいたずら発動。

そうであります。

やまや、いや、やまや様、

コピーの「ワールドリカーシステム」に違わぬ、世界の食材の宝庫。

モチのロンで、タイ料理の食材、わんさかわんさかな訳であります。

さすが、仙台さんを支えるスポンサー様でありますな。

しっかと、仙台さんサポも支えてくれるファインプレー。

まさに、捨てる神あれば拾う神あり、やまや神でありますな。

そんでもって、やまや様で仕入れたタイ料理の食材がこちら。



やまやスターズ.jpg


生春巻き用のライスペーパー、タイカレーの素、そんでもってトムカースープ。

ライスペーパーはぬるま湯でヘナヘナまで戻して、

サニーレタス、インゲン、エビ、春雨を具にしてクルクル・・・。

タイカレーの素は、炒めた鶏モモ肉、シメジ、ヤングコーンと一緒に、

グツグツグツ。

トムカースープは、鶏ムネ肉、シメジ、ヤングコーン、インゲンと一緒に、

コトコトコト。

まぁまぁまぁ、至って簡単、サンキューやまや様。

てぇ訳でできあがりがこちら。



タイを喰らうメニュー.jpg


生春巻き、鶏のタイカレー煮、トムカースープに加えて、

ブリーラムさんの胸スポでもあるタイの『チャングビール』も、

シッカリチャッカリやまや様でもちろんゲット。

ACLに向けてタイを喰らうメニュー!抜かり無く完成であります。

で、味見。

いやぁ、甘い、辛い、酸っぱいの波が押し寄せて参ります。

南国の料理でありますな。

モチのロンで、まいう〜でペロペロペロ〜んと完食。

でね、やはり、これだけ香辛料が大量に入った料理を食べると、

いやぁ、やはりいらっしゃいますね。

来る訳でありますよ、ヒリヒリヒリと。

奥さん、ねぇ、ヒリヒリヒリっと来る訳でありますよ。

まぁ、いわゆる、ケツが火を噴くってヤツでありますね、はい。

体張ってんなぁ・・・。

そんでもって、遠い昔を思い出す。

かつて、この喰らうで、同様にケツから火が噴いたことがあったっけ。

で、その喰らった試合、楽勝だったような・・・。

てぇ訳で、こちとらのケツが火を噴いた瞬間に勝負あり。

26日は完勝の2−0。

大船に乗った気持ちで、仙台レッツゴー!


posted by 木久蔵 at 22:55 | Comment(0) | お馬鹿魂

2013年02月20日

仙台!




以前、TVのドキュメンタリーで、

「アルファベットで漢字を造形し『書』にする書道家」てのがあって、

モチのロンで、アルファベットの綴りにも意味を持たせ、

出来上がった漢字と意味がシンクロしてる訳でありますが、

こりゃ凄いぇわと、まぁ関心した訳でありますよ。

てぇ訳で、こちとらもひとつそのアイデアをパクってみましたよ。

できあがったモノがこちら。

仙台!.jpg

SENDAIのアルファベットの組み合わせで「仙台」の漢字にしてみました。

仙がSとeとN、台がDとA、Iが余ったので!でお茶を濁す・・・。

てな具合であります。

どうでしょう、結構サマになってると自画自賛。

いいんじゃない、これ、ねぇ。




posted by 木久蔵 at 23:07 | Comment(0) | お馬鹿魂

2013年02月18日

こちとらにACLを喰らわせておくれ!




孫悟空さんは仰いました。

『頼む!頼むから元気を分けてくれ!みんなの助けが必要なんだ!』と。

そんでもって、こちとらは言う。

『頼む!頼むからネタを分けてくれ!みんなの助けが必要なんだ!』と。

・・・・・・。

いや、なにね、一部マニアに爆発的支持を集める、

当馬鹿ブログの主力企画『喰らうシリーズ』、

ACL版をやらなきゃどうすんだ!と、ねぇ。

モチのロンで、こちとらもヤル気マンマンな訳でありますよ。

だけんともしかし、だけんともしかしであります。

ブリーラム・ユナイテッド、タイのブリーラム県。

江蘇舜天、中国の南京市。

FCソウル、韓国のソウル。

HEY!YOU!こちとらは何を喰らったらイイんだい?状態な訳でありますよ、はい。

てぇ訳で、冒頭のセリフであります。

当馬鹿ブログ、変人奇人の仙台さんサポ諸兄連に御愛顧頂き、

一日あたり延300人前後の方々がチラっと、時にはマジマジと、

ご覧頂いている訳でありますよ。

と、なるとですよ、奥さん。

この300人が寄って集って知恵を絞りだしゃ、

喰らうメニューのひとつやふたつ、どうってわきゃねぇだろと。

てぇ訳で、

『頼む!頼むからネタを分けてくれ!みんなの助けが必要なんだ!』

なのであります。

ブリーラム・・・ガオラオ(スープ)
南京市・・・獅子頭(大きな肉団子)
ソウル・・・焼肉!

てな具合で、それぞれで何を喰らえば効果的か教えて欲しい訳であります。

みんなが考える喰らうネタをコメント欄にぶち込んで欲しい訳であります。

近頃は、ブログのコメント欄にコメントせず、ツイッターでリツイートするってぇ、

スットコドッコイな殿方がいらっしゃいますが、

『コメント欄にぶち込んでくれ!』

これがオーダーであります。

てぇ訳で、当馬鹿ブログを通りすがる仙台さんサポ諸兄連の方々、

仙台さん選手連も力を結集してACLを戦おうってぇんだ。

サポ諸兄連も力を結集してもいいんじゃねぇのか?

ちょいとググったりして、こちとらにネタを流してもいいんじゃねぇのか?

ネタを提供したうえで観戦するACLと、知らん顔で通り過ぎたACLじゃ、

握りこぶしの力の入り具合も違うってぇもんでしょ。

そのうえ勝ちでもしたもんなら、

俺様のおかげ!ぐらいの胸の張り具合でありますよ。

でありますのでね、当馬鹿ブログを御愛顧頂いている、

仙台さんサポ諸兄連の皆々様方、レッツ・コメント!

ネタを分けてくれ〜〜〜!であります。

金曜日一杯待ってるわ、ヨロピク。





posted by 木久蔵 at 23:12 | Comment(1) | お馬鹿魂

2013年02月17日

ヤル気の無い奴は辞めろ!




年チケと特典グッズ様、無事到着。

んで、なんだこれ?

なんだこのマジソンバッグとやらは?

このサイズ、何に使えと・・・。

てぇか、どこのスカポンタンが、こんなものをグッズに選んだんだってぇの。

センス無さ過ぎだろって、これ・・・。

んでさぁ、仙台さんグッズは、どんなに使えないカスグッズも、

捨てるに捨てられねぇから、溜まる一方なんすよね・・・、ホント困る。

特典グッズ、付けるなら付けるで使えるものを、

使えそうにねぇものだったら、始めら付けんなっての。

仕事がやっつけ過ぎるだろ、このスットコドッコイが!

いやぁホント、仙台さん事務スタッフの無能ぶりには呆れるばかりっすわ。

昔、仙台さんの関係者(相当の上の方)に、

こちとらを雇え!凄ぇ働くからこちとらを雇え!

と、迫ったことがありましたが、

ホントにねぇ、雇えっての!こちとらを。

働くから!ねぇ。

『テグの金ネクタイ』すら商品にできない糞スタッフ、

ホント要らねぇと思いますよ。

もうね、ヤル気の無ぇ事務スタッフは、サッサと辞めろ!ての。

ホント、そう思います。





posted by 木久蔵 at 22:09 | Comment(3) | お馬鹿魂

2013年02月13日

暗ッ!




単刀直入に言いますが、最近の聖地ユアスタ、暗いっすよね。

まぁ、震災以降、節電の関係でいくらか明るさを抑えているのでありましょうが、

あんまり暗すぎるのも如何なものかと・・・。

ただでさえ、芝の発育が悪く、すっかりドヨ〜んとした色合いがデフォとなっちまった、

我らが聖地でありますのでね、ここはひとつ、照明でパッと明るくしたいもんであります。

だけんとしかし、まぁ節電もしなきゃなりませんので、

そこは知恵を絞らなきゃならん訳でありますよ。

だってさぁ、こちとらが仙台さんに見事ハマった一発目の理由は、

光り輝く緑の絨毯!これだったんです。

いまはすっかり見る陰もありませんが、

十数年前は、そりゃホントに光り輝いていたんでありますから!ねぇ。

でありますのでね、節電!だから暗いの!しゃぁねぇべ!じゃなくてさ、

節電もするけど光輝きたいじゃない?的なさ、アプローチでさ、

何とかしたい訳じゃありませんか、ねぇ奥さん。

でね、こちとら考えました。

なんも改善行動も起こさない仙台さん事務スタッフに代わって考えましたよ。

節電貯金って知ってます?

普段使っている蛍光灯を点けなかったから、〇〇ワット節電〜とか、

暖房の設定温度を下げたので〇〇ワット節電〜とか、

まぁいわゆる節電したワット数を貯蓄していく訳でありますね。

で、この節電貯金を小学校単位でやってもらう。

『みんなが節電貯金で貯めた電気で、ユアスタの照明を明るくしよう!』

てな感じで小学生に協力してもらう。

こちとらが小学生だったら、まぁバカだったこともありますけど、

そりゃ喜んで節電すると思うのですよね。

でね、この活動に実際協力してくれた小学校は、試合開始前に大坂ともお氏のMCで、

『今日のスタジアムの照明は、〇〇小学校のみんなの協力でMAXで点灯しています!』と、

一発ド派手に煽ってもらう、と・・・。

となると、節電貯金した小学生は節電の成果を誇れるし、

仙台さんサポ諸兄連は煌々とした明かりのなかで試合を観戦できる!

win−winで全方向エブリシングOKだと思うのでありますけれどもね。

如何なもんでありましょ、ねぇ。

100%無理ってぇ話じゃ無いと思うんでありますけれどもね・・・。

スタジアム自体、電力さんの子会社ユアテック様が命名権をお持ちなわけですし、

電気に掛けたイベントは実施不可じゃねぇだろ、と。

てぇ訳で、仙台さん事務スタッフ、アイデアをパクって構わんので、

煌々とした照明の下で試合を見せておくれ!よろしくです。


posted by 木久蔵 at 22:26 | Comment(0) | お馬鹿魂

2013年02月12日

シュート、打ってミドル?




ジオゴ選手がローン加入だそうであります。

ジオゴと聞いて、おいおいおい、ジオゴじゃねぇだろ?

それ、ジョーゴって呼ぶんだぜ!と、こちらを思い出した方、



diogo.jpg



難儀な人生送ってますね・・・。


まぁまぁまぁ、城後さんはおいといて、ジオゴさんであります。

ジオゴさんが仰るには、

「左右両足でロングシュートが打てることと守備」が売りだそうであります。

ポジションがボランチでありますので、ロングシュートと言うよりは、

ミドルシュートが得意ってぇコトでありますかね。

んでね、こちとらもミドルシュートは重要だと思っております。

だけんとしかし、ミドルってただ打ちゃぁいいもんでもありませんのでね。

なかには、ミドルシュート絶対主義者といいますか、

ミドルならなんでもOK!ってぇスタンスのサポ諸兄連もいらっしゃいますが、

こちとらは、ミドルにゃTPOがとっても大切だと思っておりますので、

のべつ幕なくミドル連射ってぇのも如何なもんかと。

てぇのも、まぁまぁまぁ、ミドルってぇのは、外れるほうが多い訳であります。

つまり、そこでプレーが切れる訳でありますな。

プレーが切れると、試合の流れも切れちまう場合がある訳でありますよ。

でありますのでね、ポゼッションも高く試合を支配していて、

ゴール前でもパスが面白いように繋がって相手も青息吐息・・・、

いつ点が入ってもおかしくねェてな状況で、

ゴール前のこぼれ球を何も考えずズドンと打つ輩がいますよね、

もう一度散らして組み立てなおせば良いものを、

勢いに任せてズドンをやっちまう輩がいますよね、

技術の裏付けが無いのに、勢いで打っちまう輩がいますよね、

これは、試合の流れが変わっちまう可能性があるので、

こちとら大反対なんですよね。

閉塞感をぶち破るための景気付けのミドル一発は大賛成なんすけれども、

イケイケドンドンの勢い任せの打ってミドルは大反対。

でありますので、ジオゴさんのミドルはそうでないことを期待しておりますよ。

てぇ訳で、ミドルは精度よりもTPO。

こちとらはそう思っております、はい。


posted by 木久蔵 at 23:49 | Comment(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。