2010年11月21日

『本領発揮を遺憾なく発揮したのは主審だけ!』の巻




10シーズン 第31節 清水戦

2010/11/20 第31節 仙台さん1−3清水さん (Watch at 聖地ユアスタ)



試合後、あまりにもムシャクシャした気分となりましたので、

これはひと汗かいてサッパリしようと、近所のスーパー銭湯へゴー。

広いジャグジー風呂にゆったりのんびり浸かり、

まぁこんな日もあるさと心穏やかに考えておりましたところ、

ジャグジーの水流がこちとらのオケツのお菊さんに直撃。

するとどっこい、最近大人しかったキレ痔さんが暴れ出す。

んぐぅ〜〜〜っと、声にならない声を発し、深呼吸。

修まり掛けた気持ちが再びムシャクシャモードへゴー。

八つ当たりなのは重々承知。

重々承知だけんともしかし、全国数万の仙台さんサポ諸兄連なら御理解頂けるハズ。

『こちとらが、キレ痔さんの襲撃を受けてこんなに苦しまなきゃならんのは、

なんだかんだで、全部、今日の主審・松尾のせいだ!そう、松尾が全部悪い!』と。

松尾の野郎がスットコドッコイな裁きをしなければ、

試合後ムシャクシャすることも無かったし、

ムシャクシャすることが無ければひとっ風呂浴びることも無かったハズ。

ならばそうだろう、絶対にそうだろう。

松尾のせいでケツが痛ぇっての!

・・・・・・。

そんな、キレてますか?キレてないですよ・・・な前振りがあって、本題。



勝てましたね。

PKで1−1になったとしても、11人対11人のままであれば、

しっかりきっちり勝ち越していたと思いますよ。

今季、リーグ戦で二度仙台にやって来て、

二回とも相手にPKを与える主審がいたとしても、

丁寧な戦いの末、結果は変わらねぇべと。

負け犬の遠吠えじゃなくて、冷静に見てもね。

清水さんは連戦の疲れからか、活動量は上がらねぇし、大人しいし。

そんな清水さんをしっかと仙台さんはコントロールしておりましたし、

攻撃も守備も仙台さんの方がダイナミックでありましたしね。

まぁ日程とかホームとかってぇ優位な条件があるにせよ、

ホント、どっちが上位のチームなの?と思うほどに、

仙台さんが優勢に試合を運んでおりましたし、

この優位が時間と共に変わることもねぇだろってぇ安定感もありました。

おそらく、ジョー小泉も『10−9で仙台ですね。』とコメントしたハズであります。

ホント、勝てた。

勝ち点3、損しちゃった、ホント勿体ない、そう思います。



んでね。

この手の試合は、試合終了と共に大ブーイングが審判に浴びせられる質のもんでしょ。

だけんともしかし、ブーイングは皆無。

な〜んでか?

敗因を主審に求めるよりも、健闘した仙台さんを讃えよう、

そんな雰囲気がスタジアムに充満していたからだと思うのであります。

では、なぜそんな空気が充満したか?

それは、みんな仙台さんの闘いぶりに大満足だったからでありましょうね。

ハンデを乗り越えて頑張った!

そんでもって10対11でも勝てると思った!

だから、その奮闘ぶりに大満足だったのだと思いますよ。

で、そこが、仙台さんの今季の成長だと思います。

ひとり少なくとも中位陣と五分に戦える。

この戦闘能力の充実こそが、今季の戦利品な訳であります。

まぁ、11対11で清水さんをケチョンケチョンにするのは、

悔しいけれど来期のお楽しみってぇとこで、

『今日はこれぐらいにしといたるわ!』てぇことでやむなし。

でありますので、あんまグダグダと尾を引くよりは、

まぁ、『セットプレーにキーパーが上がって、そんもでって失点する。

いやぁ地味に珍しい瞬間を見ちゃったなぁ、おい。

こりゃ良い思い出になるよ。ハハハッ!』位の消化方法が適当かと。

顔は笑顔で、そんでもってグッと腹に据える。

そんな今に見てろよってぇ対応がよろしいかと。



で、赤紙について。

まぁ、決定的な得点の機会の阻止で赤紙と判断するか、

反スポーツ的行為で黄紙と判断するか、それは主審の技量だと思います。

確かにルール上、パックンは一発退場のプレーをした。

だけんともしかし、前半からひとり少なくなると、

それはもうサッカーの試合としては未完成品になっちまうんですよね。

主審の中には、ヒートアップして自分を見失ってカードを乱発する方もいるし、

主審の御乱心で試合がぶち壊されたなんてぇのは、

いままでも腐るほど見せられてきたし・・・。

もうね、こうなると、個人的にはカードを出す出さないは、

主審副審の協議とか第4の審判かマッチコミッショナーが判断するとか、

主審ひとりで決めない方が良いんじゃねぇかと。

主審の暴走を防ぐためにもそれが良いんじゃねぇかと。

ホント、Jリーグ様には、

主審様の技量不足が原因でクソ試合を見せられる観客の身にもなって頂きたい!

そう心底思う訳であります。


posted by 木久蔵 at 21:01 | Comment(3) | お馬鹿観戦記
この記事へのコメント
いつも楽しませていただいています〜!

メルアド書いてもメール来たことないよ(笑)
昨日はボランティアだったんだけれど、控室に行って最初に「今日の主審」を確かめます〜!

昨日は悪い「予感」がしたら、それが当っちゃった o(TωT )
しかしパックンの退場を知らずに、帰りのバスで手を振ってきた私でした。
しっかり返されましたが・・・(苦笑)
Posted by 都わすれ at 2010年11月21日 22:32
明日に試合があるので、気持ちの切り替えがしやすいことが、せめてもの救いでしょうか。
選手の奮闘には感動を覚えます。
ベガサポで良かった!
Posted by たろうの尻尾 at 2010年11月22日 08:39
都ちゃん、毎度御贔屓にどうもです。
>メルアド書いてもメール来たことないよ(笑)
あらそう?まぁそうでありましょうね、だってメール送ったことねぇもの!

たろうの尻尾さん、毎度御贔屓にどうもです。
選手は頑張っておりましたなぁ。ホント逞しくなりました。これこそがJ1効果なのでありましょうね。


Posted by 木久蔵 at 2010年11月22日 23:28
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。