2011年05月01日

第8節浦和戦『名将への階段』の巻




11シーズン 第8節 浦和戦 (Watch at 聖地)

2011/4/29 第8節 仙台さん1−0浦和さん



試合前はさ。

負けよりは分けがイイ。

でも、分けよりは勝ちがイイ。

だけんともしかし、

なんだかんだで、フットボールがそこにあれば、それでイイ・・・。

フットボールのある週末がそこにあるだけで、それでイイ・・・。

てな感じで、ちょいとセンチメンタルに浸っておりましたが、

いやはやなんとも、実際、試合が始まると、

『絶対ぇ勝てベガルタ仙台!絶対ぇ勝て!』と・・・、

『ヘイ!フットボールの神様!絶対ぇ勝たせろよ!コノヤロウ!』と・・・、

ホント、身勝手に戦闘モードに突入でありまして・・・。

やっぱさ、何がイイって、結局のトコロ、

『ベガルタ仙台が勝つのが一番イイ!』ってぇ訳でありますな。

ん〜、まぁ仙台さんにとっちゃ、

迷惑この上ない一方的な思い込みでありますけれども、

まぁ、ひとつ、そんな感じでひとつよろしく。



で、試合。

『仙台の気迫が浦和を飲み込む!』

まぁ、そんなメンタル重視の総括をされちまうよう状況なのでありますが、

んなこたねぇっての、てぇか、そんな総括クソ喰らえだっての。

てぇかさ、こんなインテリジェンス溢れる仙台さん、見たこたねぇっしょ。

4−4−2で始まって、

エジミウソンとマルシオの縦関係にはヒヤヒヤしたけれども、

なんとかかんとか先制点をゲットして、

相手が圧力を強めようとツートップにシフトチェンジしたら、

4−2−3−1に変形してしっかと出所のマルシオを押さえて対応、

相手がなんちゃって4−2−4で放り込み始めたら、

4−1−4−1にまたまた変形して前線への配球をことごとく引っ掛ける。

そんでもって、そのまんま試合をクローズ。

ただでさえ情熱で上回っているのに、それに知性が加われば、

まぁ負ける訳ねぇってもんでありますな。

ホント、情熱と知性のハーモニー、たまんねぇっすわ。

いやぁ、仙台圧巻!でありましたよ。

でね、このシステム七変化、戦術オタクと噂されてる大槻ヘッド主導なのか、

はたまた俺たちの迷将主導なのかは知りませんけれども、

マンマンガイチ、マンマンガイチ、迷将主導で行われたってぇのであれば、

これはとんでもないことでありますよ。

『迷将』表記は封印の可能性大であります。

そうであります。

『名将』表記へ大きく一歩前進!!ってぇもんであります。

いやぁ、このシステム論ってぇか戦術眼ってぇか、はホント凄ぇっすわ。

あのね、ここだけの話、テグ、ヘタしたらヘタするよ。

だってさ、こんな凄ぇ仙台さん、いままで見たことねぇもの・・・。


posted by 木久蔵 at 21:05 | Comment(7) | お馬鹿観戦記
この記事へのコメント
木久蔵師匠さん お帰りなさい (*^-^*)/゜

ホーム戦と同じ位「待ちに待って」居ましたよ。
浦和レッズ戦はボランティアだったから、まだ録画を見る暇もなしです。
空き家ながら「床下浸水」で、ビッシリ物を詰め込んでいた(2台入る)ものだから、毎日格闘しています。
それでも「片付けるものがある」だけ、幸せなんですよね。
Posted by 都わすれ at 2011年05月01日 22:05
待ってました、桃の旦那!

今のベガルタは「心技体」のうち心の牽引力で
高いパフォーマンスを発揮しているように感じます。

震災をバネに一皮むけたかな。

テグさんもスタッフも精一杯やってるのがよくわかります。

試行錯誤を重ねながら、今までにない高みに到達したいですね。
Posted by たろうの尻尾 at 2011年05月02日 00:30
私は監督更迭派なのですが、
その考えを払しょくさせるような
見事な勝ちっぷりだったと思います。

それが本物であるかどうか
明日の福岡戦で見届けたいと思いまうす。

で、喰わねのすか・・・

私は博多ぶらぶらを食う事にします。

Posted by 俊足DF at 2011年05月02日 08:54
29日日帰りはまじきつかった・・・
でもがんばって行ってよかった、そう思います。
そう思わせてくれるゲームでした。
ってか行かなかったら100%後悔してましたよね!
選手もスタッフもサポも、、、スタジアム全体で勝ち獲った「勝ち点3」に涙・・・
まだJも復興も始まったばかりだけど、信じて進める道があるうちは迷いなく突き進みましょう♪
東北が宮城が仙台がそしてみんなが少しでも早く幸せになれますように。
Posted by さくらもち at 2011年05月02日 12:59
師匠の見識、お待ちしておりました。
より高みへの前進。
我らの知将も選手達も、行けるトコまで行って欲しいっすね。
負けが続こうが、今年は知将を信じたいと思います。

仙台にチームがある幸せに感謝。
Posted by おにぎり at 2011年05月02日 16:29
木久蔵師匠の無事なご帰還何よりです。お待ちしてました。
選手たちが「J1仕様」に化けた次は、テグちゃんも同じく「J1仕様」の名将に化けるのか?はたまた、迷将はやっぱり迷将のままなのか?今年はそこも楽しみです。

今を生かされていることに感謝しながら、今日は今年初の聖地詣でを楽しみたいと思います。
次はお師匠の喰らう再開を楽しみにしとります。
Posted by ほあきん at 2011年05月03日 05:58
お帰りなさい
好調ベガルタと師匠の帰還!、やっと役者がそろったってとこでしょうか(笑)

春の珍事なら珍事でもかまわないけど、ほんとサッカーは良いわ〜

Posted by マーブ at 2011年05月04日 11:53
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。