2012年03月13日

『そういうこと』の巻




なんかさぁ、相手が赤いチームだと、

主審の方が相手に肩入れしているように見えるのは、

経験に基づく偏見なんでありましょうかね?

それともホントのことなんでありましょうかね?

いつPK取られるかヒヤヒヤしながら見ておりましたが、

まぁそんなコトをひっくるめて、

鹿島に勝つ!

ん〜イイんじゃない?ねぇ。

それにつけても、試合でペースが掴めないなら、

ファール貰って転がって、そんでもってイチャモン付けて、

インサイドワークでなんとかできねぇもんか、と。

これって、悪役レスラーが場外乱闘でペース握ろうとするそれだろって・・・。

鹿島さんのヒール臭の原因がビジュアル的にやっと整理できました。



んで、いやぁ〜、完勝でありましたな。

まぁ、相手の鹿島さんが、新監督での初戦でチームの熟度が上がってない、

ってぇコトもあったのでしょうが、

それを差し引いても『完全に勝つ』つまり『完勝』でありました。

ん〜、悪くない!悪くありませんよ!この流れ、ハイ。

んでまぁ、当たり前だのクラッカーでありますが、

そりゃモチのロンでまだまだ課題もテンコ盛り。

ディフェンス面じゃ、二列目の飛び出しを誰が見るのっしゃ?とか、

ロングフィードへの対応、ホントに大丈夫?とか、

まぁいわゆる今季取り組んでいる『高めの守備』の副作用に対して、

これからちゃんとケアしていかなきゃだよね、と。

んで、攻撃では、やっぱあれっすわ。

高い位置で奪ってからの攻撃練習なんて、

ついこの間から始めたことなんでしょうから、

そりゃまだまだギコチねぇ感じでありましたね。

こんなトコで奪っちゃったけど、どうしよう・・・。

みたいなね。

え〜い、よっく判らねぇから、取りあえず下げちまえ!なんてね、

ホントに勿体無い攻撃が多かったと思いますよ。

まぁ、本来仙台さんがやりたかったことを120%表現できてれば、

3−2が妥当なスコアだったと思いますが、

そこはそれぞれ初戦でやられたくないという手堅さと、林の鬼活躍と、

チーム戦術が浸透しきっていないってぇところで、

結果、1−0だったんじゃねぇかとね。

まぁ、どっちに転んでも負けなかったとは思いますよ。



そりゃそうだわな。

負ける訳がねぇんだ。

ダテに鹿肉の赤まむし漬けなんて喰らってねぇからね。

まぁ、こちとらから言わせりゃさ、戦う前から決まってた訳よ・・・。

高い守備とかそんなもん、後付でさ。

まぁ、喰らっておきゃ、大抵勝つんだ、はい。

そういうこと。

に、しておいて・・・。



posted by 木久蔵 at 01:38 | Comment(0) | お馬鹿観戦記
この記事へのコメント
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。