2012年04月18日

それってホントにバカ試合?の巻




関口といい、林といい、代表から帰ってくると調子が下がりますな。

これは代表選出の殿方、すべてに言えることなのでしょうかね。

身近なサンプル数が2しかない仙台さんにとって、

コトの真相は知り得ませんが、大変迷惑な話であることは事実です。

まさか『気疲れ』が出た・・・なんて、キャラにも無いっすよね。

ん〜、ホント迷惑な話でありますな。

で、本題。



サッカー観戦でもっともエキサイティングな試合結果は、

3−2、個人的にそう信じて幾歳月。

でありますので、基本、バカ試合は嫌いじゃありません。

だけんともしかし、これってバカ試合に入りますかね。

打ち合い、打ち合いって言いますけれども、

仙台さんからすりゃ二失点とも大チョンボ、

一切崩されちゃおらん訳であります。

これをもって、打ち合い・・・、バカ試合・・・、そうなん?

ただの『勝ったけど非常に雑だった試合』なんじゃねぇのと、ねぇ。

てぇかさ、今季は失点の仕方が悪すぎますよ。

第一節、第二節は無失点で素晴らしかった訳でありますが、

第三節、セットプレーから一失点、

第四節、DFのチョンボから一失点、

第五節、DFのチョンボから一失点、ボランチのチョンボから一失点、

第六節、GKのチョンボから二失点・・・。

実に全6失点中、チョンボ絡みが5失点。

これじゃ松田優作さんじゃなくとも、

なんじゃこりゃぁ〜!のひとつやふたつ出ますわな。

『取られたら取り返すサッカー』と歓迎する向きもありますが、

それは都合のいい解釈で、ただのチョンボ擁護論。

てぇか、これを世間はクルピ・サッカーと呼ぶ訳でありまして、

まぁ確かにザルッソの中心DFが移籍してきたのでありますから、

その影響力っちゃ半端無ぇ訳でありますけれども、

まぁまぁまぁ、全部が全部、例のチンピラの片棒の仕業ってぇのも乱暴な話で、

ただ単に仙台さんが集中していないだけのことでありますわな。

仙台さんが目指すのは、『取られずに取るサッカー』。

お間違えの無いように。

勝ってるからイイべや・・・、と、ここで手綱を緩めると、

ホント、出入りの激しいクルピ・サッカーになっちまいますので要注意。

勝ってることこれ幸いに微修正をお願いしたい訳であります。

まぁ、俺達の迷将はしっかとそのあたりは心得てると思いますけれどもね。



でもね、こうも思うのでありますよ。

GKが信じられねぇような大チョンボを二発ぶっ放しても、

何だかんだでチャンピオンから3点取って勝っちまう・・・。

これって、相当強いんじゃねぇの。

うん、チョンボ癖が治ったら、しばらく高値安定、十分ありますよ。

てぇかさ、言っちまいますけれども、パスポートの準備はお早めに!


posted by 木久蔵 at 01:16 | Comment(2) | お馬鹿観戦記
この記事へのコメント
 仲間のチョンボを、仲間が取り返す。
 まさしく、青春ドラマ的要素が詰まった試合展開が続いとりますね。
 なんにせよ、コレまで得た教訓を次の試合に活かして欲しいっす。

 んで青春ドラマ的に…次の展開は、怪我して離脱していた仲間の劇的復活すかねェ。
Posted by おにぎり at 2012年04月20日 09:12
堪えがたき2失点でした、3ー2だったのが救いでしたが菓子杯は3失点‥
なんだかなぁ〜

で、あの2失点目ですがパッくんにも「渇!」を

パスポートねぇ
長いJ2暮らし、生きてる内にパスポートの心配することになるなんて考えもしなかった
Posted by マーブ at 2012年04月20日 12:34
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。