2012年12月27日




関、レンタルバック、だそうです。

で、関を省略せずセキと呼ぶと、

省略した例のセキとごっちゃになって、

どっちのセキか判らんでごあす!ってこと、

まぁよくあったわな。

関はセキなのに、セキで通じねぇから、

キーパーのセキ、シュナ潤の控えのセキなんて、

余計なフレーズ付けられてさ。

でも、もう大丈夫。

例のセキが移籍したから、

関は略さず、そんでもって付け足さず、

正真正銘、混じりっけ無しのセキでありますな。


んでね、普通ここまで丁稚奉公が長いと、

あぁ、そのまま横浜にお買い上げされちまうんだろうなぁと、

まぁそう思うのが人情でありますわな。

だけんともしかし、だけんともしかしであります。

帰ってきたぜ、セキ!

てぇことは、来年がラスト査定イヤーなのでありましょうね。

ドサ回りの苦い思いをこれでもかって程ぶつけて欲しいもんであります。

アントニオには全くもって遠慮する必要なし。

希少品種の攻撃的GK、

YOU! デカイ大輪の花、咲かせちゃいなよ!

それでイイと思います。

以上、略に関するバカ話はここまで。

では、明日のこころだぁ〜。


posted by 木久蔵 at 23:44 | Comment(0) | お馬鹿魂
この記事へのコメント
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。