2013年01月20日

2013シーズンを想う【選手編1】




今季、仙台さんが更なる高みへ登頂するのであれば、

ハンティングフットボールの更なる進化と、

攻撃陣の底上げが必要不可欠と思っております。

そこでこちとらが、今季一番の注目しているのが、

野獣・中原さんでありますよ。

昨季、ウイルソンさんの大爆発がなければ、

赤嶺さんのお相手争いの一番手だったんじゃねぇかと、

まぁ、そんなふうに思っております。

でね、まぁこの一年、状況は芳しくありませんわな。

空席のひとつを争う赤嶺さんのお相手探し的状況から、

赤ウイ・コンビのどちらかを強引に引きずり下ろして席につく、

そんな強奪サバイバル状態に突入でありますからね。

でもね、こちとらはだからこそチャンスありだと思っております。

赤ウイ・コンビは、お互いに器用+器用の組み合わせ。

流れるような攻撃が身上で、一気呵成の攻めには迫力はあるものの、

そこはやはり瞬発力勝負の「カミソリの切れ味」。

一方、野獣。

器用さの欠片も無し、ある意味不器用。

だけんともしかし、驚異的な爆発力は「ナタの切れ味」。

でだ。

器用と器用を組ませると結果はある程度予想できるが、

器用と不器用を組ませると結果は全くもって予想困難。

この予想困難の部分を野獣の能力開花で具現化できれば、

火の使えない野獣から火の使える野獣へステップアップ。

てぇ訳で、野獣。

できないことはできない、そりゃ仕方無ぇ。

だからよ、もういい年だし、周りに気を使って、

できもしねぇパーツの一部に収まろうなんて、

もうしなくてイイんじゃねぇの、と。

所詮、収まる器用さも持ちあわせちゃいねぇし、ねぇ。

同年代だった萬代も出て行った、そして中島も出て行った。

器用な二人が出て行って、不器用がひとりがポツンと残った。

でもそれが現実っすよ。

あなたの魅力は空前絶後の不器用さ。

その不器用さがゆえの驚愕のプレイに、

みんなシビレるし期待する訳でありますよ。

予定調和の野獣に魅力の欠片、まるで無し!

でありますのでね、野獣さん。

ゴール前にドンと居座って、暴れろって!振り抜けって!

そしてブチ込めって!

野獣の活躍に今季の頂き登頂の鍵あり、こちとらはそう考えております。

一年遅れの『ワイルドだろぉ〜』、期待しております。




posted by 木久蔵 at 22:09 | Comment(0) | お馬鹿魂
この記事へのコメント
コメント書ぐのすか?
名前は書いでけらいね: [必須入力]

メールアドレスあれば書がいよ:

ホームページアドレスもあんなら書がい:

んで、なんなのっしゃ?: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。