2008年06月03日

止めろ!

2006ドイツ・ワールド・カップの日本vsクロアチア戦で、

前半20分に日本がPKを取られる訳なのでありますけれども、

TVの前でこちとらは、ただひたすらに『ハズせぇ〜、ハズせぇ〜』と、

念仏のように唱えていた訳でありますよ。

とそのとき、TVから独特のイントネーションで『川口、止めろ!』(だったと思う・・・)

と、解説のセニョール・原博実が仰った訳であります。

ハズせぇ〜と唱えていたこちとらからすると、止めろ!という選択肢は

まったくもっての範疇外だったものでありありますので、

『外せ!と思うより、止めろ!と思う方が、応援する立場からすると健全なのだな』

と瞬時に反応して、『川口ぃ〜!止めろぉ〜!』に鞍替えした訳であります。


それ以来、応援するチームがPKを取られると、

『ハズせぇ〜』は封印して、『止めろぉ〜』の専売特許となった訳であります。

でありますので、湘南戦でもひっそりと『林コール』をしておりました。

まぁ周りのブーイングに掻き消されてしまった訳でありますけれどもね。

PKの瞬間、仙台さんで戦っているのはキーパー様だけな訳であります。

でありますので、キッカーに直接プレッシャーを与えるブーよりは、

唯一戦ってるキーパー様を大音量のコールで鼓舞し、

その音圧でキッカーにもプレッシャーを与えるってぇ方が

いいんじゃねぇのかななどと考える訳であります。

福岡さんの神山さんがナカシマさんのPKを止めた直後なだけに、

一層そう思った訳であります。

PKはサポ諸兄連の力でなんとか止められる訳でありますからね・・・。

止めろ!に関するバカ考察、以上です。


そんでもって、まったく別な話。

万人が万人振り返る半端無ぇ絶世の『美女』がいたとしますよ。

だけんともしかし、そのお方は、実はオトコ・・・。

その瞬間、オトコじゃ駄目だ、と思う方もおりますし、

オトコだって関係ぇ無ぇ、と思う方もおります。

用は何処に判断基準をおくかってぇことなのでありますね。

てぇ訳で、こちとらが湘南戦を『悪くない』と思うのはそういうことなのであります。
posted by 木久蔵 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月29日

脱皮

脱皮は成長過程の必須事項。

脱皮無くして成長無し。

だけんともしかし、脱皮後は最も弱々しい状態。

だって、皮がズル剥け、乾いてないし・・・。

ズル剥け箇所がパッキパキに乾けば大人の証。

そうなりゃ、多少の無理も問題なし。

てぇ訳で、熊本さん、福岡さんの二連戦は、

成長過程の脱皮中と、無理に矢理にと納得消化。

次節湘南戦、無事脱皮終了を希望。

十分しっかり乾きましたけどぉ〜!で良いっちゃね。

頼むよ、ホントに。

posted by 木久蔵 at 23:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月28日

キンのために勝つ!

中学生の頃、プロレスごっこの最中に『延髄切り』後の受け身に失敗し、

実際『鎖骨骨折』を経験したこちとらから言わせると、

鎖骨が折れるとホント何もできないんでありますよ。

寝ていても、寝返りは厳しいし、起きあがるのも厳しいし・・・。

石膏で固めようが無いハズでありますから、

添え木+テーピングなどでガチガチに固めると思いますので、

これから蒸れる季節を迎えるにあたり、非常にカイ〜カイ〜状態になるのでは?と、

心配している訳なのであります。

そんでもって、肘より下は全く問題無く動かせますので、

変に無理して動かして、結果無理が祟って治りが遅くなる、

ってぇのも心配な訳でありますよ。

だけんともしかし、だけんともしかしでありますよ。

全治3ヶ月は掛からないと思う訳でありますけれどもねぇ。

2ヶ月ちょいで戻ってこれると思うのでありますけれどもね・・・。

これはもう、キンの自然治癒力に期待するしかない訳なのでありますけれども、

一日も早くピッチに帰って来てくれることを祈らざるを得ない訳でありますよ。


んでね、高校サッカー部ばりに感情の浮き沈みが激しい仙台さんにとって、

キン離脱後の初戦、気持ちが入らねぇ訳ねぇと思う訳であります。

ユニ下のインナーにマジックでデカデカと『25』を書き込んで、

何がなんでも絶対ぇ勝つ!キンのためにも絶対ぇ勝つ!

この心意気でお願いしたい訳であります。

そんでもって、サポ諸兄連も、キンのためにも絶対ぇ勝つ!

この心意気でお願いしたい訳であります。

てぇ訳で、何がなんでも湘南さんに絶対ぇ勝つ!

これでよろしく。
posted by 木久蔵 at 21:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月27日

ヨイショ!

仙台さんは非常に判りやすいチームな訳であります。

『あんたら、一点しか取れないのね・・・。』と言われれば、

『一点しか取れねぇのなら、相手を0に押さえなきゃ勝ちは無ぇ。』となり、

結果、冗談のように1−0で勝ち続ける訳であります。

そんでもって、『いつになったら二点取るのすか?』と言われれば、

『OK!二点取ってやろうじゃないの!』となり、

結果、バランスを崩して1−1で引き分ける訳であります。

『なぁ〜んだ、結局二点取れねぇんだよね・・・。』と言われれば、

『何がなんでも二点取ってやるかんねッ!』となり、

結果、複数点取った喜びで守備を忘れて3−3で引き分ける訳であります。

『複数点取っても引き分けじゃなぁ・・・。』と言われれば、

『勝ちゃぁ良いんだべ!複数点取って勝ちゃぁ良いんだべ!』となり、

結果、神懸かり的に3−0でホントに勝っちゃう訳であります。

『これならもしかすると広島にも勝っちゃうんじゃねぇの?』

『これならもしかすると甲府にも勝っちゃうんじゃねぇの?』と言われれば、

結果、半分冗談で強豪相手に二連勝してしまう訳であります。

『山形には絶対ぇ負けらんねぇかんね!』と言われれば、

結果、奇跡的に3−2の大逆転劇で勝ってしまう訳であります。

『疲れもあるし、選手の入替もあるし、もしかするとヘタするかもね・・・。』と言われれば、

結果、ホントに1−1でやっちまったぁ〜となる訳であります。

『何やってんだこの野郎!調子乗ってんなよ!』と言われれば、

結果、恐縮して2−0で完膚無きまでにぶちのめされる訳であります。


嫌と言うほど判りやすいチームでありましょ。

となれば、対処法は簡単至極な訳でありますよ。

サポ諸兄連の発言に対して、リアクションしてくれるってぇいうのであれば、

『仙台さん、あんた強いよ!ホント強いよ!絶対勝てるよ!負ける訳無いよ!』と、

ヨイショ!ヨイショ!とそう言い続ければいい訳であります。

・・・・・・。

仙台さんは、究極の『単純』チームでありますので、

ヨイショで持ち上げるのは満更愚策だとは思わない訳でありますよ。

でありますので、次節湘南戦は、

『仙台さんを煽てて湘南さんに勝たせる!』作戦でありますよ。


仙台さんに関する煽てる考察、以上です。
posted by 木久蔵 at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月22日

コーナー回って向こう正面

『応援のしがいが無い!』

そう仰って仙台さんを捨て、別の黄色いチームのスポンサーになられた、

ある意味『受験』という競技を戦う子ども達を応援する立場の某社様は、

いまの仙台さんの戦いぶりを見て、どう思ってるんでしょうかね・・・。

確実に言えることは、いまの仙台さんは残念ながら、

『応援しがいがありすぎる。』チームになっちゃったってぇコトであります。

まぁ某社様もいち企業の大人様なのでありますから、

いまとなっちゃぁ、捨て台詞で跡を濁しちゃって格好悪いなぁなのであります。

何だかんだで某社のことは知ったこっちゃ無ぇ訳でありますけれどもね。

早く新しいスポンサー様、見付からないっすかね・・・。

そんな前振りがあって本題。


長いリーグ戦も気が付きゃ第1クール終了であります。

開幕の湘南戦がついこの間のように感じられますな。

アッと言う間の第1クールだった訳でありますけれども、

内容的には、二点取れない病あり、グダグダ引き分け病あり、連勝快気祝いありと、

山あり谷ありホント紆余曲折があって、なかなか味わい深かった訳であります。


まぁJ2リーグは、競馬で言うところのトライアルレースでありますから、

クラシックレースのJ1に出走するためには、3位以内に入ることが絶対条件。

ならば仙台さんの現在位置『3位』は、満更でも無いポジショニングでありましょうね。

ハナを切る広島さんを無理に追いかけず、

かと言って楽に行かせるほどノンプレッシャーでも無く、

二番手グループの好ポジションは何だかんだで絶対死守するその姿は、

往年の『岡部幸雄騎手』のそれでありますよ。

『イージー、イージー!(楽に、楽に!)』彼の掛け声が聞こえて来そうであります。

トライアルレースは向こう正面のバックストレートへと突入しますが、

毎年ここでズルズル後退する仙台さんの悪癖が今年は出ないように祈りつつ、

勝負所の第4コーナー回って最期の直線!の瞬間には、

絶好の好ポジションで勝負が掛けられますよう、

そんでもって広島さんも射程圏内となっていますよう、

馬券ならぬタオマフを握りしめながらただただ祈るばかりでありますよ。


そんでもって、こちとらがシーズン前にサッカー誌等の順位予想を参考に

あれこれと計算して弾きだした各チームの単勝オッズはこちら。

広島_4.5
大阪_4.7
甲府_6.4
湘南_7.4
仙台_8.7
福岡_8.8
横浜14.2
鳥栖14.4
山形22.7
草津25.7
愛媛50.6
徳島67.9
水戸73.1
熊本79.9
岐阜99.0

そんでもって詳しくはこちら

いまのところ人気の上位陣はまぁまぁ好ポジションを確保。

最期の直線では壮絶叩き合いが繰り広げられそうでありますね。

『ベガルタ仙台号』が先頭でゴール板を駆け抜けるよう、

ただただ祈るばかりであります・・・。
posted by 木久蔵 at 23:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月16日

山形を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、一足お先にこちとらがお相手をペロっと喰らう。

それがこの『喰らうシリーズ』であります。

さぁいよいよ持って今節は山形さんとの決戦であります。

では山形さんの傾向をまとめてみますわよ。

山形さんは、普段、可もなく不可もなくであるにも関わらず、

なぜか仙台戦で余計なことをする訳であります。

仙台さんが特別気を抜いているってぇ訳では無いのでありますけれども、

厄介なことをやってくれちゃう訳なのであります。

まぁ焼ギョウザの肉汁で口の中大火傷だべや・・・みたいな感じなのでありますね。

てぇ訳で、焼ギョウザの肉汁で火傷しないような細工をして喰らってやる訳であります。

んでね、この山形戦はホント大切でありますので、

広島さん甲府さんの強豪二連チャン撃破の余勢もお借りいたします。

なので、広島さんを喰らったメニューから『酢』と『もずく』、

甲府さんを喰らったメニューから『ホルモン』を特別参戦。

結果、喰らうメニューはこれ。

『焼ギョウザのスーラー“もずく&ホルモン”スープ』

スーラー山形.jpg

材料(二人前)

ギョウザ・・・6コ(市販のギョウザ可 ただし中国産不可)
ホルモン・・・100g(マルニのぶぅ〜で問題無し)
もずく・・・70g(パックのもずく酢で全然OK)
スープ
水・・・600cc
固形とり殻スープの素・・・小さじ1
酢・・・大さじ4
しょうゆ・・・大さじ3
ごま油・・・大さじ1
タマゴ・・・1コ
水溶き片栗粉・・・適宜
ラー油・・・適宜

作り方
ギョウザを焼く。
焼き終えたらどんぶりに移し、しばしハーフタイム。
ホルモンを鍋で炒める。
炒めたら、水、鶏ガラの素を入れひと煮立ち。
もずく、酢、しょうゆ、ごま油を投入しもう一度ひと煮立ち。
溶き卵を投入。
水溶き片栗粉投入でスープ完成。
これを焼ギョウザの入ったどんぶりにポジションチェンジ。
ラー油をたらしてできあがり。

ポイント
溶き卵を入れる時は必ずスープを沸騰させてけさいね。


これなら『うわちっ!』となることなく、ギョウザをやっつけられる訳であります。

スープの酸味とホルモンもなかなかの相性で、これまたまいうーであります。

いやぁここまで美味く行くとは思ってもおりませんでしたよ。

てぇ訳で週末の山形戦も、我々の予想を遙かに越える好結果となりそうでありますな。

取れるだけ取っていいっすよ。

圧倒するだけ圧倒していいっすよ。

ユアスタ喜び大爆発!これで問題無しでありますよ!
posted by 木久蔵 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | お馬鹿魂

2008年05月15日

売るのは営業の役目

仙台さんが福岡でミニキャンプだそうであります。

確かに、熊本→仙台→福岡と移動を繰り返すよりは、

どっぷりと九州に根を下ろして調整した方がいいでしょうな。

となりますると、気になるのは、モチのロンでこの方。

そうであります。

ベガルタ仙台九州支局報道部長であります。

2月に使い切ったはずの有給休暇はまだ残っているのでしょうか?

急遽親類縁者に不幸が起きてなどとベタなズル休みをしなければいいのですが・・・。

遠く仙台の空の下で心配しております・・・。

まっ、何だかんだで何とかするんでしょ?ねっ?

てぇか、宗像市って、これまた微妙な場所でありますね・・・。

そんな前振りがあって本題。



こちとらの愛読書のひとつ『1・2の三四郎』にこのような台詞がある訳であります。

『選手を育てるのはコーチの役目。それを売るのは営業の役目だろ!』

まぁ売るってぇのは、他クラブへ転売して移籍金を得るってぇコトではなくて、

選手を売り込むってぇことでありますよ、あしからず。

んでね、最近の絶好調仙台さんを見るにつけ、この選手を売り込むってぇ部分で、

こちとらは、Hey!名川の大将!もう少し何かやれることあるんじゃねぇの?

と強く強く思う訳でありますよ・・・。

例えば、スポンサー様であるアイリスオーヤマ様のCMに

仙台さん選手連を無理矢理使って貰うとか・・・。


(オカやんどアップ)
『おっちゃんのこと、みんな知ってる?おっちゃんなぁ、ベガルタ仙台の岡山いうねん。

今日はみんなにアイリスオーヤマのこと知って貰おうと思ってるんや。

アイリスオーヤマは、プラスチック製品をメインにして、収納・インテリア製品、

ガーデニング用品、ペット用品を作っているんやで。みんな知ってた?』


(ナオヤ、ケンタロウ、ミサワら寮生、カットイン)
『オカさん、もちろん知ってます。

ベガルタ寮でもみんなアイリスオーヤマの収納ボックス使ってます!』

(カネコ、イチ、シンゴ、ジュンジュン、カットイン)
『オカさん、もちろん知ってます。

アイリスオーヤマのメタルラックは、上に登っても凹みませんよ!』

(庭いじりをするシュナ、カットイン)
『オカ、もちろん知ってるよ。

うちの庭のプランター、培養土、ホース、ウッド製品、全部アイリスオーヤマの製品です!』

(オカやん再登場)
『おぉ〜、みんな使ってるんやな〜。さすがベガルタの選手や。

でも何だかんだで、オレが一番使ってると思うよ。

なにせ、アイリスオーヤマのペットフード、うちの愛馬に食べさせてるからなぁ〜。

(台詞の後、後でコケる梁クンと林)』

(ナレーション)
『もっと便利に、もっと快適に、アイリスオーヤマ』

・・・・・・。


選手連の売り込みはもう少し本腰入れてもいいと思いますよ・・・。

頼むよ、名川の大将。
posted by 木久蔵 at 23:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月13日

仙台ハーフ

最近、俺たちのナカシマさんの調子が、どうもイマイチでありますな・・・。

開幕前からエースとしてのプレッシャーもあったでありましょうし、

複数得点へのプレッシャーもあったことでありましょう。

端から見ておりましても、昨年の『キレ』が感じられないんですよね。

まぁ、王子・ヒラセ様も完全復活でありますし、トンカツ屋・中原食堂も覚醒中とあれば、

ちょいとお休みをあげてもいいのではないでしょうかね。

ホント、彼は頑張ってくれていたと思いますよ。

んでね、いまのナカシマさんはちょいと凹み気味なのかもしれませんけれども、

絶対ぇキレキレになって復活する!

モノ凄ぇスーパーなプレーをする状態に必ず戻る!

そう信じて止まない訳であります。

仙台さんを取り巻く仲間として、そう思っている訳であります。

でありますので、ナカシマさんのコールをするときは、

『ユーキ、ユーキ、仲間だ!ユーキ、ユーキ、仲間だ!』

と言うとか言わないとか・・・。
(S井さん、さっそくパクらせて頂きました)

んで、そんな長い前振りがあって本題。



甲府戦当日、仙台ハーフマラソンがあった訳であります。

前述のS井さんも、マラソンの交通規制の関係で渋滞に遭い、

聖地参戦が遅れたとか遅れないとか・・・。

で、北京オリンピックで二大会連続の金メダルを目指す『野口みずき』も参戦し、

堂々の一位となってオリンピックに弾みをつけたってぇことであります。

いやはやなんとも、金メダル候補が前哨戦を仙台で戦うってぇんですから、

仙台の街も着実に『スポーツ都市』として成長しているようでありますな。

んでね、最近『マラソン』でメダル候補といえば、

すっかり『女子』連の専売特許となっておりますけれども、

それは『有森裕子』さん以降の話だと思う訳でありまして、

なんだかんだでひと昔前は、メダルの期待といえば『男子』連だった訳であります。

『瀬古利彦』さん、『中山竹通』さん、『宗茂・猛』の宗兄弟さん等など。

瀬古さん出るレース出る優勝しますし、中山さんは日本最高記録を持っておりましたし、

宗兄弟は『どっちが茂で、どっちが猛なのやぁ〜』なんて

どうでもいいことでも盛り上がっておりましたしね・・・。

首が右に傾くのが茂で、左に傾くのが猛でしたっけ?違いましたっけ?

そういえば、最近走る双子を見かけたのでありますよ。

走る双子.jpg

・・・・・・。

こっちの区別は容易につきますね。

スーツが兄貴で、ジャージが弟ですね・・・。

こんなオチですみません。(どうしても旬なうちにこの絵が使いたかったんです・・・。)


てぇ訳で走る双子に関する中途半端なバカなりの考察、以上です。

posted by 木久蔵 at 23:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月09日

甲府を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、こちとらがペロペロっと事前に喰らっておく。

それがこの『喰らうシリーズ』であります。


さぁいよいよ甲府さんとの一戦であります。

その前に、仙台さんのいまの状況を整理しておきましょう。

前節広島さんとの消耗戦を劇的な勝利で飾った仙台さん。

まぁ心理的な疲れなど一気に吹っ飛ぶ締めくくり方だった訳でありますが、

いかんせん、あれだけのタフな試合でありましたから、

目に見えない疲れ、気づかない疲れがあるのではないかと・・・。

そういう意味でもスタミナに若干の心配アリでありましょうかね。

そんでもって、今節はJ1降格組みの甲府さんであります。

油断ならない相手であります。

気の抜けない相手であります。

広島さんとの一戦で燃え尽き症候群とならぬよう、

改めて気を引き締める必要がありそうであります。

確かに、ここの甲府さんとの戦いで、しっかと勝ち点を強奪いたしませんと、

広島さんとの激闘も価値が半減してしまいますからね。

てぇ訳で甲府さんとの一戦は、ある意味広島さんとの一戦よりも重要なんじゃねぇの?

と思う訳でありますよ。


んで、以上の流れをまとめますと、

スタミナが心配、油断すんな、甲府、気を抜くな、引き締めろ、であります。

てぇ訳で、この箇条連をペロッと喰らっておけば、

不安要素無しってぇことでありますな。

スタミナが心配?そういう時は、臓物を喰らう訳であります。

油断すんな?そういう時は、油が滴る揚げ物を喰らう訳であります。

甲府?そういう時は、名物のぶどうを喰らう訳であります。

気を抜くな?そういう時は、気の抜けていない炭酸水を喰らう訳であります。

引き締めろ?そういう時は、酢の強アルカリで引き締める訳であります。

結果、臓物+揚げ物+ぶどう+炭酸水+酢でありますな。

てぇ訳で思い切った料理が完成致しましたよ・・・。

『ホルモンの唐揚げファンタグレープのマリネ』

出来上がりドンッ!

ファンタグレープマリネ.jpg

料理の神様降臨・・・。

材料
唐揚げ
牛ホルモン(味付き)・・・150g
唐揚げ粉・・・適宜
マリネ液
サラダ油・・・大さじ2
酢・・・大さじ2
ファンタグレープ・・・大さじ4
塩コショウ・・・適宜

作り方
味付け牛ホルモンに唐揚げ粉をまぶし、油でカラッと揚げる。(A)
サラダ油、酢、ファンタグレープを混ぜ、塩コショウで味を調える。(B)
スライスした野菜の上にAをのせ、そのうえからBをぶッ掛ける。
できあがり。

ポイント
ファンタグレープを注ぐ時に、絶対に後悔したと思わないコトっすかね。


まぁ、『喰えたモンじゃねぇべやっ!』のレベルではありません。

まぁ、『あらっ、こんな味になるの?』のレベルですな。

激旨過ぎず、不味過ぎず・・・てぇところでしょうか。

ホルモン喰らって、スタミナ不安無し!

揚げ物喰らって、油断無し!

酢を喰らって、緩み無し!

ファンタグレープに後悔無し!

てぇ訳で、いざ甲府戦。

さぁ仙台さん、甲府さんをがっちり喰らって下さいまし!
posted by 木久蔵 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月08日

柿の詩

オレは柿です。

桃や栗は、

三年で実をつけるそうです。

でも、オレは柿です。

メロンやスイカは、

一年目から実をつけるそうです。

でも、オレは柿です。


オレは柿ですから、

すぐに実をつけることはできません。

でも、オレは柿ですから、

実のなる日を楽しみにしていました。

じっと耐えて楽しみにしていました。


オレは柿です。

やっと実がなりました。

「この柿、おいしいね。」

「この柿、あまいね。」

みんな喜んでくれました。


オレは柿です。

8年掛けて実をつけました。

8年も掛かって実をつけた。ではありません。

8年掛けたから実をつけた。なのです。

オレは柿です。

8年掛けて実をつけた柿です。


・・・・・・。

ハギー、おめでとう。

そして、ありがとう。

あなたが仙台さんの選手でよかった。

そして、こちとらは、仙台さんのサポでよかった。

ハギー.jpg

ハギー、ホントにありがとう。
posted by 木久蔵 at 22:46 | Comment(6) | TrackBack(1) | お馬鹿魂

2008年05月04日

広島を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、

こちとらが人知れず、ペロペロペロッと事前に喰らっておく・・・。

それがこの『喰らうシリーズ』な訳でありますよ。


さぁいよいよ『J2の王様』広島さんとの決戦であります。

チームとしての殺傷能力は断然広島さんが上であることは百も承知。

だけんともしかし、中二日の広島さんと、

モヤモヤが一気に晴れて視界良好の仙台さんの対戦であれば、

一筋縄では行かない試合になるハズであります。


鳥栖戦の快勝はすっかり忘れて、気を引き締めて掛かりましょう。

そうであります。

締めて掛かれば、勝機はありますよ。

締めて締めて締めまくって、参りましょう。

てぇ訳で、広島さんを喰らうレシピは十分に締めてある『酢の物』に決定であります。


広島さんの攻撃のエンジン『服部さん』も頭皮にお悩み抱えていたはず・・・。

だから、モズクであります。

ドラゴン『久保さん』は、例の世界基準のミドルをぶち込んだあとのタコ踊り・・・。

だから、タコであります。

若頭『高萩さん』は出身地のいわき市にちなんで、メヒカリだったのですが入手困難・・・。

だから、カワハギの珍味であります。

エース・ストライカーのヒサト、そんでもって『森崎さん』は双生児だったはず・・・。

だから、ソーセージであります・・・。

で、結果、『広島さんの酢の物』であります。


『広島さんの酢の物』

広島の酢の物.jpg

材料(二人前)

モズク(服部さん)・・・200g
タコ(久保さん)・・・50g
カワハギの珍味(高萩さん)・・・1枚
ソーセージ(ヒサト、森崎さん)・・・1本
合わせ酢
酢・・・大さじ3
ダシ醤油・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
水・・・大さじ2
しょうが・・・適宜


作り方
合わせ酢を作る
それに、服部さんと久保さんを投入し和える
器に盛りつけ、それに高萩さんとヒサトをのせればできあがり

ポイント
高萩さんは、軽く炙ると香りが立つがんね
ヒサトは、ボイルしてけらいね


いやぁ、洒落の割には、高萩、効いてますね。

当日は利かなくてもいいんですけれどもね・・・。

広島さんの主要攻撃陣を、十分に締めた上で、

ガッツガツと余すところなく喰らっておきましたので、

あとは仙台さんが、獣のごとく広島さんまでをもペロッと喰らうだけでありますな。


んで『柏木さん』を忘れておりましたので、酢の物の後に柏餅もお忘れ無く・・・。

いやぁなんでこんな選手連がJ2にいるんだべね。

ホント迷惑な話であります・・・。
posted by 木久蔵 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年05月01日

名物誕生

あの名物誕生に、馬鹿げた秘話あり・・・。


1P.jpg


2P.jpg


3P.jpg


4P.jpg


そうなんだぁ・・・。
posted by 木久蔵 at 22:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月29日

第10節 鳥栖戦《番外編》

一週間のご無沙汰でございます。

司会の木久蔵です。

歌は世に連れ、世は歌に連れなどと申しますが、

いつの時代も『青春と恋』が歌にも世にもひっぱりだこでございます。

青春だから恋が芽生えるのか、それとも恋があるから青春が輝くのか・・・。

いま、この時を大切に。

いま、この時を忘れずに。

それでは、歌って頂きましょう。

ヒラセ&サーポーでヒット曲『♪世界中の誰よりきっと』。

張り切ってどうぞ〜!



♪まぶしい季節が 黄金(きん)色にスタを染めて

 ヒラセの横顔 そっと包んでた

 またゴール決めたのも きっと偶然じゃないよ

 心のどこかで 待ってた


 世界中の誰よりきっと 熱いヒラセ見たから

 ゴールではじめて気づく つのる想いに Oh

 世界中の誰よりきっと 果てしないそのヒラセ

 ずっと抱きしめていたい シーズンを越えていつでも


 世界中の誰よりきっと 決めるヒラセ見たから

 ゴールにぶち込み気づく 元・日本代表 Oh

 世界中の誰よりきっと 果てしないそのヒラセ

 ずっと抱きしめていたい 昇格を越えていつでも



確かに今日の平瀬は凄かった。

ゴールやらスペースを作る動きやら、いやホントに凄かった。

だけんとしかし、だけんともしかしであります。

ホントに平瀬が凄かったのはこのシーン。(TV画像でが判りづらいけれども・・・)


エリア内でのワンツーからのシュートを弾かれた俺たちのアイドル.jpg

梁クン−関口−平瀬とワンツーからシュートまで行くも、GK赤星ナイスセーブの直後。

俺たちのアイドルのソックスは、モチのロンで定番『ルーズ』状態。

そんでもってコーナーキック。


俺たちのアイドルにソックスをあげるよう命令する飯田主審.jpg

コーナーキックまでの合間に、こともあろうか、

俺たちのアイドルにソックスを上げるよう命令する飯田主審。

ちなみに、昨季第4クール山形戦で木谷のハイキックを間接FKではなくPKにした人。


命令に従う俺たちのアイドル.jpg

そんな飯田主審の命令に純真に従いソックスを上げる、俺たちのアイドル。

とうとうソックスを上げる瞬間(とき)が来てしまいましたね・・・。

そして皆様御承知のとおり、このコーナーからオカやんのヘッド一発が生まれる訳であります!


オカやんヘッド一発.jpg

いやぁ〜、なんてこたぁ無い訳であります。

ソックス上げただけで、これであります。

先入観と偏見を込めて、平瀬、愛してる。
posted by 木久蔵 at 20:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月28日

鳥栖を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、

こちとらが一足早くペロペロっと喰らっておくのが、

この『喰らうシリーズ』であります。


先日の水戸戦のときなのでありますが、

『相手は何位だと思ってんのやぁ〜、おらぁ〜!』と

怒号をぶちまけている殿方がいらしたのでありますが、

てぇことは、仙台さんが仙台さんより上位のチームと試合する場合、

『相手は何位だと思ってんのやぁ〜、しゃぁ無ぇなぁ・・・。』となるんすかね。

ってぇ訳で、仙台さんよりも上位のチーム『鳥栖さん』との一戦であります。

上位をキープし続けている鳥栖さんでありますが、

まぁ安定した試合ぶりのようでありますな。

このまま上位に居座り続けられると仙台さん的に非常に迷惑な訳であります。

いわば『目の上のたんこぶ』ってぇところでありましょうかね。

たんこぶってぇと、なんか『モチモチ』っとした感じがしますな。

てぇ訳で『モチモチ』っとした食感がたまらない、

『ニョッキ』でも喰らっておきますか!

そんでもって、『赤帽さん』も同時に喰らっておきましょう!ってぇことで、

『ニョッキ・トマトソース』であります。

目の上のたんこぶ.jpg

材料(4人分)
ニョッキ
じゃがいも・・・3コ
小麦粉・・・150g
タマゴ・・・1コ
オリーブオイル・・・大さじ1
粉チーズ・・・大さじ1

トマトソース
トマトホール水煮・・・1カン
タマネギ・・・1/2コ
オリーブオイル・・・大さじ2
ニンニク・・・適宜
豚挽肉・・・50g
しそ(バジル)・・・適宜

作り方
ニョッキ
じゃがいもを茹で、裏ごしし冷ます。
それに小麦粉、タマゴ、オリーブオイル、粉チーズを投入。
切るように混ぜ、混ぜ合わさったら、キャンディ位の大きさに整形。
それを茹で、茹で上がったら急冷。

トマトソース
オリーブオイルにニンニク投入、低温でじっくり炒める。
それにタマネギを投入しさらに低温でじっくり炒める。
タマネギがアメ色になったら、豚挽肉投入し炒める。
トマトホール水煮、しそを投入し、じっくり煮込む。

トマトソースのクロスにニョッキが合わせる。
できあがり。


美味いッス。

モッチモチのプッリプリであります。

赤帽トマトソースも、バッチリであります。

相当に美味いッス。

目の上のたんこぶ、赤帽と共にガツガツ喰らって、

鳥栖さんを一気に喰らっておきましょう!
posted by 木久蔵 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月24日

水戸を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、

こちとらが一足早くお相手様をペロペロッと頂いておくのが

この『喰らうシリーズ』な訳であります。


今節は言わずと知れた、水戸さんとの個人的大一番であります。

まぁ、二点目を取れない仙台さんからすると、

ポイントは水戸さんの守備陣をいかに崩すか?ってぇことになるのでありましょう

と思われがちでありますけれども、んなぁこたぁ無い訳であります。

仙台さんが水戸さんから二点以上取れるかどうか、その分岐点はただひとつであります。

『日本一緑の似合うGK・本間ちゃんが、イイ本間ちゃんか、ダメ本間ちゃんか?』

ただこの一点であります。

てぇ訳で、本間ちゃんを事前に喰らっておきますよ。


本間ちゃんと言えば、振り乱さんばかりの無造作ヘアー。

それにキング・オブ・グリーン。

これらを加味すると、レシピはただひとつ。

『ソース焼きそば風インスタントラーメン、菜っ葉と納豆を添えて・・・』

本間ちゃん.jpg

材料(1人前)
インスタントラーメン・・・一袋

ソース焼きそばの素・・・一袋

菜っ葉・・・適宜

納豆・・・1パック


作り方
インスタントラーメンを茹で、茹で上がったらザルにあけ湯切り

これと冷蔵庫の隅で眠っていたソース焼きそばの素を混ぜる

菜っ葉と納豆を添えて出来上がり


ポイント
本間ちゃんの無造作ヘアーをイメージしてわざわざチリチリに仕上がるよう、

やむを得ずインスタントラーメンを使っておりますので、

味を追求してホントの蒸し焼きそばを使ったりするのは遠慮して下さい。


まぁ、ある種の縁起物でありますから、

味じゃ無い訳でありますな。

そうであります。

決して味じゃ無い訳であります・・・。

てぇか、納豆とソース焼きそばは合わないっすね、やっぱり。

まぁ皆様方も、試合当日できることなら、スタジアムで焼きそばを喰らうよう、

心がけて頂ければと思う訳であります。

『頼む!本間ちゃん!何とか何とか二点!なぁ本間ちゃん!』

そう懇願しながら、喰らって頂きたい訳であります。
posted by 木久蔵 at 21:08 | Comment(4) | TrackBack(1) | お馬鹿魂

2008年04月23日

個人的ダービー

いよいよであります。

いよいよもって決戦であります。

そうであります。

今週末は、水戸の地下組織の主宰者との雌雄を決する戦いであります。

こちとら唯一の『個人的ダービー』であります。

単身乗り込んでくる勇気ある主宰者を、こちとらと寒天パパさまで返り討ち。

まぁ描く青写真はそんなところでありましょうかね。


そんでもって、段取りは万事OKであります。

『笑笑』もリザーブいたしました。

モチのロンで、話題のガンダムも押さえました。

用意周到整いまして、あとは、『ブラックホーリー様歓迎会』の主題のあとに、

サブタイトル『仙台さん勝利おめでとう!祝勝会!』が付くだけ、

とあいなっております。


そんでもって、ここは絶対負けられない戦いな訳であります。

仙台さんとしてもホームですし是非勝っておきたい試合ではあるのですけれども、

こちとらも勝負が掛かっておりますので、何がなんでも勝って頂きたい試合なのであります。

そうであります。

すでに御承知の方もあるかとは思いますが、

仙台さんが万マンが一敗れるようなことになりますと、

上記タイトルが次のように代わり、

仙台が負けた場合.gif

またコメントも刷新して一週間晒される訳であります。

・・・・・・。

そんでもって、まぁ彼の分も事前に作成しておきましたので、

ご用があれば是非使って頂きたい訳でありますけれどもね・・・。

水戸が負けた場合.gif

何はさておき何だかんだで、個人的に水戸戦は、J2やら、リーグ戦やらを一気に超越して、

この上ない楽しみである訳なのであります。

まぁ仙台さんがあったお陰で、

このように他サポ様と丁々発止できる喜びがある訳でありますね。

こちとらが水野晴夫でありましたら、絶対確実にこう言っておりますよ。

『いやぁ〜、サッカーって、ホントにいいもんですね。』と・・・。

いやはやなんとも、週末がいまから楽しみで楽しみで、

仕方無ぇぞコンチキショウ!あります。
posted by 木久蔵 at 22:25 | Comment(6) | TrackBack(1) | お馬鹿魂

2008年04月22日

三戦目のドロー

一週間のご無沙汰でございます。

司会の木久蔵です。

歌は世に連れ、世は歌に連れなどと申しますが、

いつの時代も『男と女』が歌にも世にもひっぱりだこでございます。

惚れた男が悪いのか、それとも騙す女が悪いのか・・・。

騙す男が悪いのか、はたまた惚れた女が悪いのか・・・。

惚れた腫れたと大騒ぎのご両人も、気がつきゃ狸と狐の騙し合い。

こちらのご両人の騙し合いも、いやはやどこまで続きますやら。

それでは、歌って頂きましょう。

ヒラセ&サーポーでヒット曲『♪三戦目のドロー』。

張り切ってどうぞ〜!



ヒ:♪馬鹿いってんじゃないよ お前と俺は

   ケンカもしたけど 昇格目指して 共闘したんだぜ

   馬鹿いってんじゃないよ お前のことだけは

   一試合とも忘れたことなど なかった俺だぜ

サ:♪よくいうわ いつも外してばかりで

   私が何んにも知らないとでも 思っているのね

ヒ:♪よくいうよ 惚れたお前の負けだよ

   決める選手が好きなら 俺も考えなおすぜ

サ:♪馬鹿いってんじゃないわ

ヒ:♪馬鹿いってんじゃないよ

サ:♪一対一で横パスなんて かわいそうだわ

ヒ:♪三戦目のドローぐらい 大目にみろよ

サ:♪ひらきなおる その態度が気にいらないのよ

ヒ:♪三戦目のドローぐらい 大目にみてよ

サ:♪両手をついてあやまったって 許してあげない


・・・・・・。

ヒ〜ラ〜セ〜、パスって何だよぉ〜。

そんでもって、ヒダ〜ンのクロス、スルーして由紀彦勝負だべぇ〜。

ホント、『両手をついてあやまったって 許してあげない』の気持ちが

心の底から理解できるようになって参りましたね・・・。


俺たちのアイドル、平瀬の旦那に関する今週のバカ分析、以上です。
posted by 木久蔵 at 23:57 | Comment(7) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月17日

愛媛を『挑戦する勇気』で喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、一足早くこちとらがペロロ〜ンと頂戴する。

それが喰らうシリーズでありますよ。

ここ最近、停滞気味な仙台さんに対しまして、

チェンジ!と口が酸っぱくなるほど主張して参った訳でありますが、

兎にも角にも、チェンジ!するには、勇気が必要な訳でありますよ。

挑戦する勇気!でありますな。

てぇ訳で、今回の『愛媛を喰らう!』は、

相当に挑戦する勇気を掻き立てるものにしたい。

そう思いまして、相当に悩み、白髪も増え、抜け毛も増え、

絶つモノも絶って、考えましたよ。


愛媛と言えば、何だかんだで『みかん』であります。

んで、勝負事に何がなんでも勝ちたいとなれば『トンカツ』でありますよ。

挑戦する勇気!

そうであります。

『みかん煮込みカツ丼』であります。 相当に挑戦しております・・・。

みかん煮込みカツ丼.jpg


材料(1人前)
トンカツ・・・ロース1枚(お総菜コーナーで良し!)
みかんジュース・・・100cc
タマネギ・・・1/4コ
タマゴ・・・1コ
コンソメの素・・・小さじ1/2
塩コショウ・・・少々

作り方
鍋にみかんジュースとコンソメの素を投入
煮立ったらタマネギを入れ、しんなりするまで煮込む
塩コショウで味を調え、『やれんのかっ!』と怒号一発、トンカツを投入
じっくり煮る、迷わずに煮る
ときタマゴをかけて暫し蒸らす
できあがり

ポイント
前向きに調理してけらいね
後悔してはダメだがんね


『こんな黄色いカツ丼、見たこと無い・・・。』そんな見た目であります。

この味、食べた人にしか判らないでありましょうな。

不味くは決してありません。

不思議な味です。

まぁ好き嫌いはあるのでありましょうけれどもね。

だけんともしかし、トンカツとみかんは結構、合いますな。

これは新たな発見でありました。

やはり、思い切って挑戦しないと、新しい発見なんてできない訳でありますよ。

こちとらも、新たな発見をして愛媛さんをペロッと喰らっておきましたので、

仙台さんも、新たな発見『複数得点』で愛媛さんをペロッと喰らって頂きたい訳であります。

まぁ、何だかんだで仙台さんも、やるときゃやるので、1−3でどうでしょ・・・。
posted by 木久蔵 at 20:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月16日

ホントに蹴るヤツ

二点目の呪いだそうであります。

まぁ安っすい呪いなのでありますが、

確かに深刻っちゃぁ深刻な訳であります。

逃げ切れなかった横浜戦、徳島戦、これらをもって、

『二点目の呪い』と仰るようでありますが、

ちょいと待って下さいよ、と。

例のルーズソックスの旦那がしでかした『事件』を忘れちゃいませんか?

ってぇコトなのであります。

そうであります。

平瀬の旦那、PKポスト直撃!それであります。

これさえ入っていれば、『都市伝説』の登場する場面は無かった訳でありますよね。


んで、PKで思い出した訳であります。

すっかり遠い記憶となってしまった訳でありますけれども、

いやぁ、メモを取ってて良かった良かったであります。

今年の2月12日、延岡キャンプ・ツアーで練習を見学。

練習での紅白戦の後にPKの練習があった訳であります。

以下、こちとらのメモによる・・・。


一本目 オカ○ ノセ○
二本目 ユキヒコ○(チップキックでループ) ホソ○
三本目 ミヤザワ○ ユーゴ○

オカ「試合んとき、ホンマに蹴りそうなヤツが蹴れよ!(笑)」

四本目 リャン○ 広大○
五本目 ナオキ○ ユーキ○
六本目 カネコ○ ニシ○
七本目 コーヘー○ ナガイ○
八本目 ケータ×(ふかす) シンゴ○
合計7−8 11:04終了


特筆すべきは、ツボを心得た磯崎の完璧なまでのポジショニング!ではなく、

オカやんの発言のあと、しっかとキャプテン・梁クンが蹴りにいってるところであります。

そして、例の旦那は怪我のため別メニューだったってぇとこであります。

そんでもって、確かに草津戦のPKも、始めは梁クンが蹴りに行った訳であります。

だけんともしかし、気が付けば何故か例の旦那がセットしていた訳であります・・・。

あのPK練習に例の旦那が参加していて、梁クンの行動を見ていればば、

草津戦でも『よしっ梁、頼むぞ!』となっていたのでは?と・・・。

そんでもって、梁クンがサクッと決めて、二点目云々なんてことは、

話題にすらならなかったんじゃねぇのか?と・・・。

ん〜〜。日々の練習って、何気ないのでありますが、疎かにできませんわね。


二点目に関するバカ考察、以上です。
posted by 木久蔵 at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月15日

ぬるゆ

ぬるい風呂なのであります。

出たら寒いし・・・。

かといって、お湯が温かくなる気配も無いし・・・。

余りのぬるさに、出るに出られない状態なのかもしれません。

でもね、言わなきゃなんだと思う訳でありますよ。

HEY!テグの大将!お湯ぬるいべや!しっかと熱くしてけらいよっ!とね。


ぬるい中、忍の一字で堪え忍ぶだけでは、サポの名が廃ると思いますよ。

ぬるいならぬるいなりに行動しなきゃイカンと思う訳であります。

『共闘』ってぇのは、見守るってぇことでは無い訳でありましょ。

共に闘うことなのでありましょ。

なのであれば、相棒の選手連が、イマイチ本調子じゃ無いんだよね・・・、

ってぇんであれば、『ならば一丁任せとけ!』ってぇ出しゃばってくるのが、

共に闘うサポ諸兄連の務めなのじゃありませんかね。

『なにっ?二点目が取れない?ヨッシャ、何とかする。任せとけ!』

これじゃなきゃイカンでしょ。

変に擁護する訳でなく、変に批判する訳で無く、変に呆れる訳で無く、

ぬるいモノはぬるい!熱くするモノは熱くする!協力するところは協力する!

互いに主張し合いながら、互いに尊重し合いながら、共に闘う!

だからこそ、仙台さんの『共闘!』には価値があるのだと思う訳であります。


共闘に関するバカ考察、以上です。
posted by 木久蔵 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。