2008年04月11日

徳島を喰らう!

仙台さんが相手をペロッと喰らう前に、

一足お先にこちとらが相手をしっかと喰らっておく。

それが喰らうシリーズであります。


んで、今回のお相手は徳島さんであります。

風の便りによりますと、徳島さん絶好調だそうであります。

我が世の春、謳歌中だそうであります。

まさにいまが『旬』なお相手でありますな。

てぇ訳で、旬な食材を使った喰らうレシピでありますよ。


『カツオのたたきサラダ盛』であります。

カツオのたたき.jpg

レシピ
カツオのたたき・・・もう『たたき』になってるヤツをスーパーで買う!
にんじん・・・1/2本
だいこん・・・1/4本
たまねぎ・・・1/2コ
しそ・・・5枚
みょうが・・・2本
万能ねぎ・・・適宜
ポン酢・・・大さじ3
ごま油・・・大さじ1
ゆずごしょう・・・小さじ1/2


作り方
にんじん、だいこん、たまねぎをせん切りにして水にさらしシャキッとさせる
それを皿に盛りカツオのたたきをのせる
刻んだしそ、みょうが、万能ねぎをパラパラっとちらす
ポン酢、ごま油、ゆずごしょうを合わせ、たたきの上からぶっかける
できあがり


ポイント
まったくもってありません
おこのみで青物野菜を加えて下さい(オカヒジキなんてあると最高)


まぁ誰が作っても失敗しませんな。

ガツガツ喰らって下さい。

叩いて叩いて喰らってやって下さい。

このドゥンビア、叩いて喰らってやる!

こら玉野、高桑様と同じ顔しやがって、叩いて喰らってやる!

そんでもって、このヒゲ野郎、ココであったが玉のつきだぞバァロォ、

だんがだんが叩いて喰らってやっかんな!

ペロッと喰らって、ガッツンと叩いて3−0!

全く持って問題無しであります。
posted by 木久蔵 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月10日

挑戦状!

徳島さんを喰らうはずであったのでありますが、

こんなふざけた挑戦状を叩き込まれちゃ、

黙ってる訳にはイカンのでありますよ。


>先に踏まれねーと後悔するっつー意味がやっと判ってきたなだぜ!

>んで26日はどーなんだ?

>俺様はスケジュールぎっしりちゃんで未確定なんだが・・・

>歴史と旅となんちゃらかんちゃらはお休み届け出したみてーだぜ!

>Posted by ぶらほ at 2008年04月10日 08:44

そうです。4.26の水戸戦は、metooさん欠席です。

・・・・・・。

そうじゃねぇよ。


ヘイ!ブラホよ・・・。

なに8:44なんて朝っぱらから一日前のエントリーにコメントくれちゃってんだよ!

そのうえ、スケジュールギッシリで未確定だぁ?

ぶざけんなよ、去年もユアスタ水戸戦ドタキャンだったじゃねぇかよ。

こちとらなんてな、まいゆいさんとメルアド交換したりなんかして、

来るべき日に向けて着々と準備して来た訳なんでありますよ。

それをてめぇ、未確定だぁ?


ヘイ!ヘイ!ヘイ!ブラホよ・・・。

『笑笑』じゃなくてもいいけどよ、状況的に我々が望むと望まざるとに関わらず、

世間一般的には、仙台対水戸の一戦は『酔っぱらいダービー』な訳なんですよ、

でありますからね、仙台サポ、水戸サポが呉越同舟で一堂に会して、

ベロベロになるまで、飲まねぇ訳にはいかねぇべや。

てぇ訳で、4.26、何がなんでも仙台に来やがれ、コンチクショウ。


そんでもって提案だ。

例のダービーで仙台が勝ったら、テメェのブログの『ブラホだぜ』の大画像を、

『ベガルタだぜ』に変えて一週間晒されろ!

んで、水戸が勝ったら、こちとらのブログタイトル下の

『no vegalta,no life.』を『no mito,no life.』に、

『ベガルタについてうんぬるかんぬる・・・』を

『水戸についてうんぬるかんぬる・・・』に変えて一週間晒されるぜ!

そんでもって、テメェが仙台に来なかった時点で、仙台の不戦勝だぜ!

判ったか、コンチクショウ!

てぇ訳で、4.26ユアスタ仙台で待つ!


そんでもって、ちょいと面倒臭ぇ訳ではありますが、

明日は『徳島を喰らって心得る・・・』二本立てであります。
posted by 木久蔵 at 21:11 | Comment(93) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月09日

そんなヒラセに・・・

世知辛い世の中な訳でありますよ。

人間の器ってぇ言うんですかね、懐の狭い輩が多すぎる訳であります。

なんで、『ノリヲ』を容認できた仙台さんサポ諸兄連が、

平瀬の大将を容認できないのかと・・・。

こちとらは声を大にして訴えたい訳でありますな。

ノリヲや平瀬の大将は、いわば『ハンドルの遊び』の部分でありますからして、

この潤滑油の部分が無くなりますと、そりゃ大変なことになる訳であります。


そんでもって、ある人をある理由でケチョンケチョンに嫌う場合、

その嫌う理由ってぇのが、実は自分にも内在してたなんてことはよくある訳で。

ホントにあんたら、平瀬のこと、とやかく言えんの?ってぇことであります。

あんたの内側に『例の平瀬』がホントに御邪魔してませんか?ってぇことであります。


てぇ訳で、あなたの『平瀬指数』チェックであります。

1 カレーにりんごとハチミツは欠かせない

2 ソックスはルーズにかぎる

3 実年齢より若く見られる

4 『せっきょくせい』を漢字で書けない

5 注目される為なら自分から進んでミスをする

6 地味に毛深い

7 人にモノを教えることは割と上手

8 変わらないことは美学だ

9 人生のピークは未だ来ていない

10実は元日本代表


どうよ皆の衆。

あなたの内面にも、しっかと平瀬の大将が住みついていたことに

気が付いたことでありましょ。

ねぇ、言っちゃいなさいよ。

楽になるから、言っちゃいなさいよ。

そんな平瀬に夢中です!って、言っちゃいなさいよ。


もう、こちとらなんて『そんなヒラセに騙されて』状態でありますから、

♪ゴールを決めると 耳元で言った そんなヒラセに騙され 聖地でたたずむ〜

毎日毎日、くちずさんでおりますよ。


ヒラセに騙される考察、以上です。
posted by 木久蔵 at 20:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月08日

左っすよ

ご新規さんの仙台さんサポに、うんぬるかんぬると昔話を聞かせるってぇのも、

まぁ恩着せがましい訳ではありますが、年期の入った古株仙台さんサポとしては、

応えられない楽しみのひとつな訳であります。



いいかい、中原いるだろ。ああぁ、そうそう、エース・中原ね。

いまじゃ考えにくいかもしれないけど、まぁ若手の頃はさ、

持ってるポテンシャルを十分に発揮できないってぇか、

まぁ周りの期待に応えられなかった訳よ。

一年で1点とか2点とかしか取れなかったりしてさ。

いまじゃ考えられない?まぁそうだろうなぁ。

確かに昔はいまいちだった訳よ。

んでさ、その中原が覚醒したってぇか、大化けしたってぇか、

本物になった試合がさ、2008年4月6日第6節の横浜戦なのよ。

あの試合で大爆発してから、中原は変わったんだよね。

いやぁ懐かしいなぁ〜。

・・・・・・。



そうなるんじゃねぇかと、密かに思ったんでありますよ。

昨年覚醒した萬代宏樹君。

彼の覚醒したポイントは白いバンデージ。詳しくはこちら

んで、覚醒中の萬代さんの画像はこちら。

乙女の祈り.jpg

んで、こちらが横浜戦の中原さん。

右手かよ・・・.jpg

しっかと中原さんも白いバンデージを試合途中からし始めた訳でありますよ。

これは来たぞと。

これはここから大爆発だぞと。

これはいよいよもって覚醒するぞと。

そんな過剰な期待を込めて見ていた訳でありますよ。

でもね、なんか違うんですよね。

違うんですよ・・・。


あっ!中原さん、おまじないのバンデージは左手だべや!

左右逆って・・・。ねぇ。


覚醒に関する左右のバカ話、以上です。
posted by 木久蔵 at 20:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月03日

横浜を喰らう!

横浜さんとの対戦であります。

J1帰りの横浜さんと対戦であります。

J1帰り、横浜さん、カズゥーにアツゥーと聞けば、

ムムムッ、やばいんでないの?と思うのが人情でありますけれども、

でありますけれども、

監督がトンチンカン都並と聞けば・・・、あの洋ちゃんがスタメンと聞けば・・・、

プププッ、行けるんでないの?と思い直すのも人情でありますな。


まぁ、プププッの思いは懐に仕舞い込んで、

親方言うところの『厳しい戦い』の所存で参りましょう。

なんだかんだで上位の横浜さん相手でありますから、

粘っこい守備と粘っこい攻撃、粘っこい試合運びをお願いしたい訳であります。

てぇ訳で、粘るレシピを食らっておきますです、はい。

『納豆とアサリのスープ・スパゲティ』
スパで三匹目のドジョウをねらいますよ。

納豆アサリスパ.jpg

材料(二人分)

スパゲティ・・・300g

納豆・・・1パック

アサリ・・・100g

玉ねぎ・・・1/2コ

水・・・800cc

顆粒だし・・・適宜

しょう油・・・適宜

青物・・・適宜

ゴマ・・・少々


作り方

スパゲティを茹でる

水800ccでアサリを茹でる

アサリが口を開けたら玉ねぎ、顆粒だしを投入

しょう油を加え味を調える

これに茹でたスパと混ぜた納豆と下茹でした青物を投入

ゴマをふりかけできあがり


ポイント

納豆は普段食べるようにカラシもだしもすべて入れて混ぜ混ぜしてけらいね


まぁ旨いんですよ、これ。

こちとらのイキツケのお店のメニューなのでありますけれども、

旨いんですよねぇ。

粘っこく、粘っこく、そのうえツルツルっと頂きましたので、

仙台さんもツルツル候補生の木谷の大活躍を期待でありますな。

木谷ロング!木谷ヘッド!木谷FK!でハットトリックの三連発。

結果1−3で勝利。

いいんじゃないですかぁ〜、木谷全得点に絡み大爆発。

えっ、全得点?てぇことは、その1点って・・・。

小村様以来の4点全てに絡む獅子奮迅の大活躍、行っときますか!
posted by 木久蔵 at 20:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月02日

高倉 健

今年の仙台さんは『高倉 健』。

不器用でどうもすみません。

無得点、オウン、PK、CK、ごっつぁん、PK失敗。

これが進歩だなんて・・・。

不器用でどうもすみません。

『人もボールも動く、不器用なサッカー』

・・・・・・。

不器用でどうもすみません。


でもね、不器用ながらも調子は上向き。

でもね、不器用ながらも勝ちきる勝負強さ。

この不器用ながらも何とかしようとモガクことが、

血となり肉となりチームの力となる訳でありましょうね。


イーグルスさん、ナイナーズさんが絶好調のいま、

それこそ仙台さんがモガクには、絶好のタイミングであります。

遅れてなるものかと、おもいっきりモガイてやろうじゃありませんか。

仙台にプロ・スポーツ文化を根付かせた元祖として、

無骨にモガイてやろうじゃありませんか、ねぇ。

不器用でどうもすみません。

でもね、不器用だからこそ持てる夢もあるんだよ・・・。


不器用に関するバカ話、以上です。
posted by 木久蔵 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年04月01日

スーパー・スター

草津戦は首都圏在住・仙台さんサポのN澤クンと伴に観戦参戦。

実はこのN澤クン、4月から転勤で札幌へ御栄転。

フットボールと繁華街があれば事足りる生活の彼からすれば、

十分に条件をみたす土地ではあるのですけれども、

そこは、首都圏と違い、容易に生・仙台さんに頬擦りできない立地条件。

てぇことで、しばらくは片翼もがれて『ススキノ』に依存する生活。

彼にとっては、ひとつに集中できる絶好の環境なのかもしれませんが、

まぁ仙台に帰ってきたら、また一緒に参戦しましょうよ、ねっ。


で、このN澤クンのように、年度替わりのため、

この草津戦が『思い出マッチ』となった仙台さんサポ諸兄連は大勢いると思う訳です。

そんでもって、だからだと思う訳です。

だから彼は、インパクトのある思い出を提供しようと、

わざとあのようなことをしたのだと思う訳であります。


『今日からしばらく来られないってぇ人も大勢いるんだろうね、

転勤、就職、進学の時期だし。

まぁ、2−0で勝つのもいいんだけどさぁ、

ごっつぁんゴールとPKじゃ印象薄いよね・・・。

後々、あの時の草津戦ってどうだったんだっけ?なんて話になって、

えっ?どうだったっけ、あの草津戦?よく思い出せねぇなぁ〜。

なんて感じで、なかなか思い出せないような試合じゃ可哀想だよね。

折角の思い出マッチなのに・・・。

よし!一丁、PK外して、みんなの思い出作りに一役買うか!』

結果、彼は、わざとああしたのだと思う訳であります。

そして、草津戦は、中原が聖地で始めて得点を決めた試合!ではなく、

平瀬がPKをポストに直撃させやがった試合!として、

サポ諸兄連の記憶に残る訳でありますな。

・・・・・・。


かつてスーパー・スターのフライイング・ダッチマン

『ヨハン・クライフ』様は仰いました。

『3−0で勝っている試合で、スーパー・スターの仕事というのは4点目を取ることではなく、

サポーターを沸かせるためにシュートをポストに当てることだ・・・。』と。

てぇことは、スケールは相当に小さいけれども、

やっぱり彼もスターなのでありましょうね。


流石はスーパー・スターでありますよ。

細かいことを気にしていませんからな。

平瀬PK前.jpg

左右のバランスなんて、気にしない気にしない!な訳であります。

posted by 木久蔵 at 21:18 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月27日

草津を喰らう

当馬鹿ブログも、ごく一部の限られたクレイジーな方々のベガルタ・ライフに

若干ではありますが浸透しているようでありまして、

コメント欄には常連さん始め御新規さんもチラホラとおいで頂いております。

まぁ、みなさんのご声援に応えたいということもあり、

毎日くだらないことを考えては更新している訳でありますね。


でありますので、チョイと凹んでいる訳でありますよ。

まぁ誰かひとりぐらいは言ってくれるんじゃねぇのかな?

と期待しておったのでありますが、

常連陣を筆頭に、揃いも揃って『ダンマリ』でありますよ・・・。

よくないなぁ、それ・・・。

『やっぱり事前に相手を喰らっておかないと、勝てませんね・・・。』

大阪さんを喰らうことをすっかり忘れていたこちとらに対して、

なんで気の利いたこの一言が言えないかなぁ!

そんな、身勝手な前振りがあって本題。


喰らうシリーズであります。

仙台さんが相手チームを喰らう前に、

こちとらが一足お先にペロッと頂いておく喰らうシリーズであります。

今節草津戦は、ただ勝ちゃぁいいってぇものじゃありません。

グダグダ気味の仙台さんが、『ピリッ』とした試合をしなければならん一戦。

そしてサポ諸兄連の不安を一掃しなければならん訳であります。

求められているのは、激しく勝つ!そう『激勝』であります。

でありますので、ピリッと激しいってぇことで『激辛』でまいりましょう。

てぇ訳で、草津さんを喰らうレシピは『激辛キムチスパゲティ』であります。
(明太子スパで福岡さんに勝ちましたので、二匹目のドジョウを狙います)

キムチスパゲティ.jpg

材料(二人分)

スパゲティ・・・300g

キムチ・・・100g(だいたいの目安ね)

シーチキン・・・ひと缶

春菊・・・ひと束

みりん・・・大さじ2

鷹の爪・・・一本

鶏ガラスープのもと・・・小さじ2

ごま油・・・適宜


作り方

スパゲティを茹でる

フライパンにごま油をなじませ、キムチ、シーチキン、下ゆでした春菊、鷹の爪を炒める

スパゲティ、みりん、鶏ガラスープのもと、ゆで汁を加え、

味が馴染むまでひたすら煽る

できあがり


ポイント

シーチキンは缶のオイルごと入れてけらいね

鷹の爪は、輪切りにしてけらいね

キムチの量で辛さを調節してけらいね

みりんを多くするとマイルドになっからっしゃ


スパゲティなんでありますけれども、ご飯が欲しくなる一品でありますな。

まぁこのレシピも基本は茹でて炒めるだけでありますから、

手間暇掛けずに作れますし、もう一品どうしよう?ってぇときにオススメであります。

辛さの為に3回ほど汗を拭いましたので、

スコアは3−0で言わずもがなであります。
posted by 木久蔵 at 20:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月26日

どうでもいい話

雨が降れば水は溜まる、水が溜まっちゃ玄関前が水没する。

何かと悪評だった、こちとらん家の庭なんでありますけれども、

ポカポカと暖かくもなって参りましたんで、

大々的に改造するか!なんて話になった訳であります。

こうするべ!ああするべ!と家族中が勝手気ままに案を意見するのでありますが、

まぁなんだかんだで『何かを作る』ってぇ作業は子作り含めて楽しい訳で、

喧々囂々しながらも『新しい庭』に向けて鋭意努力しておった訳であります。

そんなある日、禁断の扉が開かれる訳でありますな。

『方位(吉凶神)』であります。

今年は○○の方角への旅行は良くないとか、

今年は△△の方角に良縁があるとか、

今年は□□の日から何日間は××の方角に手を付けちゃいけないとか、

それはまぁいろいろとこと細かに縛りがある訳であります。

まぁこちとらも基本は『んなこたぁ気にしない』タイプなのでありますが、

だけんともしかし、一度気になっちゃうと気になる訳でありまして、

七面倒でありましたけれども、まぁサラッと勉強した訳でありますよ。

問題は『凶方向』を如何に対処するかってぇことに集約される訳でありますな。

良心的なところで『お守り』を持ちましょう。

酷いところで『水晶』を買いましょう。

対処方法はいろいろある訳でありますね。

知れば知る程に、複雑だってぇことは判りましたよ。

そしてしっかと抜け道(方違いなど)が用意もされている訳であります。

まぁ勉強してみた結果、『気にするのも程々に・・・』てぇのが

結論なんでありますけれどもね。


そんでもって、いろいろと知ったからには、

それを仙台さんに還元したくなるのが人情でありますわな。

てぇ訳で、仙台さん選手連の本丸『ベガルタ仙台クラブハウス』を拠点として、

もろもろの方角を見てみましたよ。

そのまえに、今年の吉凶神はこちら。

H20吉凶.gif

赤ポッチの方角が基本的に吉方向となっております。

んで、より詳しい用語の解説はこちらを参考にして下さいませよ。

そんでもって今年の場合、

極端に言うと『丙』(南南東)の方角が歳徳神(恵方)でベリー・ベストな方角であります。

んで、大金神、巡金神、大将軍の『酉』(西)の方角が最強最悪な方角となる訳でありますな。


では、我らが聖地仙スタを見てまいりましょうか・・。

聖地方位.jpg

なんとも中途半端な方角でありますな。

クラブハウス集合を止めて、パークタウン桂のダイシン前集合にすると、

仙スタがバッチリ恵方となりますので、連戦連勝となるのではないかと考えております・・・。


んで、アウェーの各地を見てみましょうは・・・。

アウェー方位.jpg

言わずもがな、山形さんの方角は、仙台さんにとって最強最悪の方向となっております。

てぇ訳で、寒河江のビジホにでも前泊して『んだスタ』に乗り込むのが得策かと・・・。

また、中国、九州方面も巡金神にあたりますので、いやはやなんともでありますな。

てぇ訳で、コリアやチャイナ辺りに前泊せざるを得ませんかな・・・。

難儀であります。

でもね、詳しく調べるとこの凶方向ってぇのは、『何日間か別方角に移動する』とか

何やら七面倒くさいルールに則って管理されているので、

必ずしも仙台さんがアウェーに行く日に凶方向になっている

とは限らないのでありますけれどもね・・・。


そんでもって、うんぬるかんぬる吉凶神について考えた結論は、

名川の大将と、テグの旦那は、今すぐ水晶買ってこい!

これで解決であります。
posted by 木久蔵 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月25日

交差点

家の近所に交差点があるのでありますけれども、

まぁそれはそれは事故が多い訳ですよ。

レッツゴー交差点って言うんですけれどもね。


まぁ七差路なもんですから、仕様的に事故が多いんでありますな。

で、余りに事故が多いってんで、

まぁ最近も大阪在住のブラジル人二人が事故を起こしたとか、

いやいやあれは事故じゃないとかひと悶着あったのでありますが、

まぁ昔っから何とかしろ!って言われてたこともありますし、

信号機つけたらいいんじゃねぇのか?ってぇことになった訳でありますよ。


住民こぞって、仙スタ脇の泉警察署へ言いに行った訳でありますな。

レッツゴー交差点、危険だから信号機つけてくれ。

そこはもう単刀直入でありますな。

すると、警察の信号機担当の方なんでしょうかね、

テグとかモリとか、まぁこの辺りじゃ見かけない珍しいお名前の方なんですけれどもね、

気持ちは重々承知するけれども、無いものは袖も振れず、

ちょいとしばらくは我慢してくれってぇんでありますよ。

おいおいおいおい、ただでさえ危ねぇんだ、

そんな悠長に待ってることなんてできやしない。

中古のヤツでもいいからつけてくれ、今すぐつけてくれと口を揃えると、

『レッツゴーの七差路には、いくらかでもマーシーなシンゴつけなきゃ、

ナガイ目でみると危険です。いずれジュンジュンにつけて参りますから・・・。』


いやはやなんとも、お後が宜しいようで。
posted by 木久蔵 at 21:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月18日

福岡を喰らう!

いやぁ、舐めずに噛み砕く『キャンディトースト』が大成功とくれば、

いよいよもってこの『喰らうシリーズ』も追い風ムードでありますよ。

で、いかに福岡さんを喰らうか?が今回の最大のテーマでありますな。

オーソドックスでいいすかね?

まぁ4−4−2ばりのオーソドックスなスタイルでどこまで通用するか?

ってぇのも確認しておきたいこともありますし・・・。


てぇ訳で、福岡と言えば『明太子』であります。

でありますから、喰らうレシピはベタ中のベタ!『明太子スパゲティ』であります。

明太子スパゲティ.JPG

材料(二人前)
スパゲティ・・・300g(gなど気にせず目分量でOK)
明太子・・・ひと房(っていうのでしょうか?まぁ一本です)
昆布茶・・・小さじ2
バター・・・大さじ2
ごま・・・少々


作り方
スパゲティを茹でる
茹でてる間に、ボールにバター、昆布茶、明太子を入れ混ぜる・・・A
スパゲティが茹で上がったらAとあえる
ごまをぱっぱと降りかける
できあがり!


ポイント
バターはチンしておくと作業が楽だがんね
明太子の薄皮(?)は取り除いてけらいね
のり、万能ネギも合うべね


まぁ、昔から作っている超簡単レシピなんすよ。

昆布茶を使うところがミソっすね。

昆布茶は、昆布だしの『変形版』としていろいろと使い道がありますから、

台所の隅に『磯崎』のように配置しておくと何かと便利で安心です。


ガッツリ福岡さんを喰らって、連勝と参りましょう!
posted by 木久蔵 at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月12日

岐阜を喰らう!

湘南さんに1−0で負けた直後、

まぁ次は岐阜さんだし、

まぁやってるサッカーも悲観する程では無いし、

まぁなんだかんだで次は勝つべな・・・。

そう考えた、サポ諸兄連は多かったハズであります。

問題はそこであります。

舐めちゃイカン訳であります。

舐めて掛かっちゃイカン訳でありますよ。

そんな舐めない前置きがあって本題。


喰らうシリーズであります。

仙台さんが相手をペロっと喰らう前に、こちとらがペロぉ〜んと相手を喰らっておく、

喰らうシリーズであります。

湘南戦は痛恨の『喰らう未遂』でありましたので、

いやはやはんとも、シリーズ再開一発目から暗雲立ちこめておりますよ。

まぁ次節対戦の岐阜さんでありますけれども、

言わずと知れたJFLから昇格の御新規様であります。

御新規様と言えば、雪中の徳島戦を思い出される方も多いことでありましょう。

『油断大敵』

あの時ほど、この四文字熟語が身に染みた瞬間は無い訳でありますよ。

てぇ訳で、なんだかんだで、御新規様を舐めて掛かると、

取り返しの付かないシッペ返しを喰らわされる可能性がありますので、

ぜひともここは、舐めることなく、気を引き締めて、

ことにあたって頂きたい訳でありますよ。


でありますので、今回、岐阜さんを喰らうレシピは、

普段はペロペロ舐めるキャンディーをあえて舐めずに、ガリガリ喰らう。

それも、岐阜さんのクラブ・カラーの緑にちなんで、

メロンキャンディをガリガリ喰らう、そんなレシピであります。


キャンディトースト.JPG
『メロンキャンディ・トースト』

材料
食パン・・・食べたいだけ準備すれば?
メロンキャンディ・・・1〜2個あれば十分
バター・・・適量でいいと思います

作り方
メロンキャンディを粉々になるまでひたすら叩く。

食パンにバターを塗り、メロンキャンディをパラパラと振り掛ける。

トースターで焼く。


ポイント
キャンディを叩くときは、『この岐阜野郎っ!勝ち点寄こせ!』と、

岐阜さんには一方的にハタ迷惑ではありますけれども、

怒りと懇願を込めて叩いてけさいね。

バターは常温に戻しておくと、塗りやすいっすよ。

キャンディは気持ち少なめの方が美味しいと思いますよ。


んで、お味でありますけれども、不味い訳ないわね。

バタートースト単品で美味しいし、

メロンキャンディも単品で美味しい訳でありますから、

そうれをガッチャンコさせても、美味しいに決まっている訳であります。

ちょっとそこの奥さん、お子様へのおやつにいかがですの?

でもまぁ、そんな年頃のお子様を持ってらっしゃるヤング主婦連が、

こんな馬鹿ブログを見ているとは決して思えませんけれども・・・。


こちとらひとりで3枚食べましたので、3得点も十分ありだと密かに願っております。

・・・・・・。
posted by 木久蔵 at 19:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月06日

単勝オッズ

あれは何年前のことでありましょうか。

こちとらの愛読紙『東京スポーツ』様の裏一面を見て、度肝を抜かれた訳であります。

『これは便利!夏の甲子園、高校野球単勝オッズ!』

・・・・・・。

何に便利なのかは言わずもがなでありますよ。

さすがは東スポ様でありますな。

んで、そんな『これは便利!』な前振りがあって本題。


東スポ様を見習って、こちとらも単勝オッズを試行錯誤のうえ弾き出した訳であります。

オッズの弾き出し方は至ってシンプルでありまして、

サカダイとエルゴラの順位予想を掻き集め(サカマガは予想順位不掲載)、

1〜15位をポイント化して集計し、

そのポイントを基にオッズを弾き出すってぇ手法であります。

この成果が、08シーズンJ2単勝オッズな訳であります!


各クラブの単勝オッズはこちら。
仙台_8.7
山形22.7
水戸73.1
草津25.7
横浜14.2
湘南_7.4
甲府_6.4
岐阜99.0
大阪_4.7
広島_4.5
徳島67.9
愛媛50.6
福岡_8.8
鳥栖14.4
熊本79.9


人気順はこちら。
広島_4.5
大阪_4.7
甲府_6.4
湘南_7.4
仙台_8.7
福岡_8.8
横浜14.2
鳥栖14.4
山形22.7
草津25.7
愛媛50.6
徳島67.9
水戸73.1
熊本79.9
岐阜99.0


まぁ、予想通り、広島さんと大阪さんの二強対決の様相でありますな。

二番手集団に、甲府さん、湘南さん、仙台さん、福岡さんが続き、

穴人気が横浜さん、鳥栖さん、山形さん、草津さんてぇところでありましょうかね。


僭越ながら、競馬歴数十年のこちとらの競馬格言に、

『二強対決、二強で決まった例しなし』てぇのがありましてね、

まぁ、テンポイントとトウショウボーイの様に二強で決まるためには、

相当にずば抜けた二強同士でなければならん訳でありますよ。

単勝4.5倍ぷらぷらの二強では、おそらく二強で決まることは無いでありましょうね。

あくまでも競馬による経験則でありますけれども・・・。

二強で競り合うゴール前、大外一気にブチ抜ける人気薄。

よく見かけるシーンでありますな。

てぇ訳で、二強以外のクラブのサポ諸兄連のみなさま、

広島さん、大阪さんに付けいる隙は十分十分十二分でありますよ。


仙台さん単勝オッズは8.7倍・・・。

ん〜、二強のオッズから考えて、ドカンと勝負したくなるオッズでありますな。

臭いますよ。これは臭いますよぉ〜!


便利な数字に関する考察、以上です。

あの〜、お遊びでありますからね、

『なんでうちのクラブのオッズがこんなに低いのやっ!』

なんてクレームはひとつご勘弁で願い致します・・・。
posted by 木久蔵 at 18:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年03月05日

湘南を喰らう!

仙台さんが相手クラブをペロッと喰らう前に、

こちとらがペロォ〜ンと喰らっておく『喰らうシリーズ』。

今シーズンは壮大な企みを持って開幕であります。


まぁいままでの喰らうシリーズで最も疑問となっていたのは、

調理するレシピの選択方法でありましたな。

『対戦クラブの都市名 レシピ』でググり、サポ番号である12を尊重し、

12番目に掲載されているサイトの料理を作る・・・。

まぁ、それなりに『そうやね』と思わせる選考方法でありますが、

選ばれた料理が、まったくもって対戦相手と関係無い場合も多々ありましたので、

ホントに『相手を喰らう!』といった緊迫感、悲壮感があるのすか?

と、問われれば、まったく無ぇべね。と答えざるを得なかった訳であります。

てぇ訳で、今シーズンはまずここを改良したい訳であります。

で、この改良が壮大な企みの第一歩な訳であります。


まぁなんだかんだで、料理は好きなんでありますよ。

スカパー!のフーディーズTVもしっかと契約しておりますしね。

で、料理番組なども結構マメに見るのでありますが、

最近、羨望と感嘆と嫉妬を込めて注目しているお方が、『こうちゃん』であります。

そうであります。幸せ料理研究家のこうちゃん(相田幸二氏:仙台在住)であります。

ブログからレシピを発信し、出した料理本はバカ売れ!

いま注目度ナンバー1の料理研究家であります。

なもんでありますから、こちとらも、ここを目指すことに致しました。

『勝ち点強奪料理研究家・木久蔵』であります。

・・・・・・。


記念すべき第1回は、モチのロンで、開幕戦のお相手『湘南さん』であります。

湘南さんといえば、アジエルさんを如何に止めるか?リンコンさんを如何に封じるか?

そんでもって、ジャーンさんを如何に崩すか?でありますな。

湘南戦の鍵は、この強力助っ人連に如何に仕事させんなよっこの!な訳であります。

なもんでありますから、湘南さんのストロングポイントをしっかと喰らうレシピを、

勝ち点強奪料理研究家のこちとらが、うんぬるかんぬる考えましょうという訳であります。

で熟考の結果、湘南さんから勝ち点を強奪するレシピはこれ。

アジとレンコンの辛みそ煮.jpg
『アジとレンコンの辛みそ煮』

アジ(エル)とリン(レン)コンを、豆板ジャーンを加えた辛みそで

煮るシンプルな勝ち点強奪料理。

駄洒落じゃないのよ。本気なのよ。その辺、よっく理解してね。


材料(四人前)
アジ・・・4尾
レンコン・・・適宜
しょうが・・・大さじ1(チューブ入りで十分)
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
豆板醤・・・小さじ2〜3(お好みで)
みそ・・・大さじ2
酒・・・1/2カップ
だし汁・・・適宜(水+本だしで十分)

アジを三枚におろす(てぇかおろしてあるアジを買ってくる)。

酒、みりん、砂糖を鍋に入れ煮きる。(←A)

Aにしょうが、だし汁を加え、アジを重ならないように入れる。(←B)
(だし汁はアジの身がヒタヒタになる程度の量)

落とし蓋をして4〜5分煮る。(中火)

その間にレンコンをざく切りにし、電子レンジで楊枝が通る程度まで加熱する。

Bに、みそ、豆板醤、レンコンを入れ3分程度煮る。(弱火)

ポイント
・アジの皮には、十字の切れ込みを入れてけらいね。
・アジを鍋に入れるときは、皮を上にしてけらいね。
・みそ、豆板醤は、だし汁で伸ばしてから鍋に入れてけらいね。

で、できあがり。



とても美味しいです。

これをおかずにして、ごはん二杯いけましたので、

おそらく0−2で仙台さんが勝つものと思われます。

これで湘南戦は頂きでありますな。


んで、問題発生。果たして毎節前にこんな料理を作れるのでありましょうか。

開幕前から不安でなりません。

でも、不安を感じているのは、こちとらだけではなく、

開幕前に選手がグダグダなベガルタ仙台さんも一緒であります。

企画モノの問題点も、愛すべきクラブの問題点も似いる訳であります。

ん〜、今年も仙台さんと一心同体少女隊な訳でありますよ。

てぇ訳で、アジの辛みそ似をガッツリ喰らって、平塚集合であります。
posted by 木久蔵 at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月20日

順序

『着替えてから踏まれるか』それとも『踏まれてから着替えるか』で

あの方と激論を交わしたあの日が懐かしゅうございます。

そうであります。

順序は大切なのであります。

『川崎さん』と新入り中心組が戦ってから『銀行さん』と継続組が戦う順序もあれば、

『給料減俸』されてから『練習自粛』する順序もあれば、

『破壊』されたものが気が付いたら『破損』になっている順序もある訳であります。

順序は大切でありますな。


『控え中心』の川崎さんとガチ勝負するよりは、そこはさらっと流させていただいて、

フィジカルの仕上がり具合を見る意味でも、フィジカルが強いと思われる

『銀行さん』と主力組を戦わせてみっかぁは、なんとなく理解できますな。


22日のJリーグ様の裁定が下るまでは『反省を態度で示す』為に、

『練習自粛』を追加しときましょの決断も、

順序は逆になった訳ではありますけれども、

そこはまぁ、理解せねばならんところなのでありましょうな。


だけんともしかし、だけんともしかしであります。

ボコボコに『破壊』されたはずのモノが、知らない間に『破損』に軽減されているのは、

物理的に理解できない訳なのですよね・・・。


順序に関するバカ理論以上です。
posted by 木久蔵 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月19日

TM草津戦(その2)

昨日のつづき・・・。

二本目の仙台さんは、

_田ノ上__中原___佐藤_
_富田___細川___永井_
宮崎__渡邊__木谷__田村
______林_______

4−3−3というよりは、中原ワントップの4−3−2−1てぇ感じでしょうか。


二本目は一本目以上にグダグダでした・・・。

どこかチグハグ。どこか余所余所しい。

全員でダチョウ倶楽部ばりの『ど〜ぞ、ど〜ぞ、ど〜ぞっ!』でありますな。

厳しい云いかたをすれば、得点臭はナッシング!でありましたな。

失点の場面でありますが、草津さんが大挙をなして仙台さんゴール間へ襲いかかり、

そのこぼれ球が、草津さんの選手の前へ・・・、

そんでもって、なかなかお目に掛かれない低い弾道のミドルがズドン。

仙台さんに一方的に肩入れしている方々からも、

『おぉ〜っ』の感嘆が溢れる一発でありました。

まぁ、こぼれ球のミドルをズドンと喰らうなんてぇことは、

年に一発二発あるかないかのシロモノでありますから、

ここで喰らったってぇことは、確率的に今年はもう喰らう可能性が相当に低い!と

前向きに考えるととして無理矢理自己完結致しましたよ。


右サイドは軽妙さに欠ける重厚なメンツ構成になっておりますので、

進出回数は少ないモノの行きゃぁ行ったで敵陣深くまでは攻め込んでおりました。

んで、一方の左サイドはコクと苦みのないアメリカンな構成となっておりますので、

そりゃバンバン、ガンガン、ただガムシャラに前へ前へ攻め込んでおりました。

右のユキヒコ、タムーは何本かクロスまで行けてましたね。

ホントに何本かでしたけど・・・。

左の田ノ上、宮崎君は、クロスを入れるよりも、

深く切れ込んで仕掛けるってぇことを意識していたようでありますな。

あまり崩せませんでしたけれども・・・。


二本目になって急に試合が荒れ始めたんですよね。

まぁ、青森山田の兄ちゃんも可愛がる『トンパチ』田ノ上がいたからかもしれませんが、

対人プレーが急に荒れ始め、田ノ上と草津さんの右サイドバックの選手が

ピッチ上でメンチの斬り合い!なんてことも・・・。

単純に審判様の判断が曖昧で、ラフプレーを流したり、

注意すべきタイミングで流したり・・・、

そんな鬱積がたまってのものだと思うのですけれどもね。

そんななか、審判に声を掛けるお方がひとり。

プリンス『ユキヒコ様』であります。

ユキヒコはベテランらしく、審判に『ちゃんと見てよぉ〜!』

『ケガしちゃうよ〜、しっかりぃ〜!』

などと声を掛けつつ審判様が試合をうまくコントロールできるよう気を使っておりました。

ユキヒコしかり、宮沢しかりと、今季のベテラン陣の補強は大当たりの感でありますな。

てぇことはたぶん平瀬も・・・。いやいや、必ず平瀬も・・・。


んで、特筆すべきは、細川と宮崎君でありますな。

昨季の細川は、根無し草よろしく、あっちに行ったりこっちに行ったりと

約束の地となるポジションを探す旅に出ておった訳でまりますけれども、

やっとアンカーマンとして一年を通じて勝負できそうな予感が致しますよ。

ボランチと言いたいところですが、彼の展開力は未知数でありますので、

あくまでもアンカーマンってぇことで。

これだけサイズのある選手が最終ライン一個前にいたら、

守備は相当に安定すると思いますけれどもね・・・。

ナオキの後継者作り、そして自分の名誉挽回の為にも、頑張れジュンジュン!

宮崎君のプレーからは、周りに気を遣っていることが十分伝わってくる訳であります。

だけんともしかし、それを差し引いても『前進!前進!また前進!』の前進力には、

見ている者を魅了する初々しさがある訳であります。

このまま成長して頂き、将来的にはようこそ仙台さんへ・・・で

お願いしたいものでありますな。

試合中にトンパチ田ノ上が宮崎君に対して半端無ぇ鬼パスを

狙い澄まして一本出すのでありますが、

まぁ余りにキラー過ぎて宮崎君は取れないんですけれども、

パスを出した田ノ上の表情が『無理かっ?』てな表情で、

取れなかった宮崎君は『それはちょっと・・・』てな表情。

勝手な想像ですけれどもね・・・。 なんか良い関係でありましたよ。


まぁ二本目は一本目以上にグッダグダだった訳でありますけれども、

交通事故のミドル一発で0−1でありましたから、

なんだかなぁとは思いつつも、こんなもんすかっねと手締め一本。


TM草津戦の翌日、練習後のオカやんと話すことができたのですけれども、

オカやん曰く、『フィジカルトレの影響で、いまが一番からだがキツイく動かない状態。』

だったそうでありますよ・・・。

『開幕に合わせてしっかり調整するから!』の言葉を

ただただ信じるこちとらでありました。
posted by 木久蔵 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月18日

TM草津戦

遅ればせながら草津戦の観戦記でもおひとつ・・・。

フィジカルトレの原則は、負荷と回復。

仙台さんが草津戦の前にJr向けサッカースクールを開催したり、

二部連をやめて半日練習になっていたりするってぇコト自体、

バチっと負荷を掛け終わったあとの回復期間なのだなぁと想像する訳であります。

『きっちぃフィジカルばかりでもなんだから、気分転換にイッチョ試合でもやっとく?』

まぁ、仙台さんはその程度の臨戦態勢だったと思いますよ。

一方の草津さんは、すでに実践練習突入で、

戦術のブラッシュアップ真っ最中でありますから、

『自分達の戦術を確認実践するためにも、仙台との試合は願ったり叶ったりっすね!』

てぇ訳で、草津さんはトレーニングのメインメニューとしての望んだ一戦だったと、

とまぁ、勝手にそんな状態だったんじゃないの?と思っております。


一本目の仙台さんは、4−3−3で

_西山___中島___関口_
_宮沢___千葉___金子_
磯崎__岡山__一柳__菅井
______萩原______


宮沢がナカシマさんを追い越して相手のキーパーボールへプレスに行ったり、

最終ラインでのパス回しのボールを関口が受けに下がってきたり、

磯崎のエグったクロスにキンがゴール真ん前で待ち構えていたりと、

良く言えば『攻撃的で流動的』。

悪く言えば『スッチャカメッチャカ』の印象であります。

守備の連動やら、攻めの形やらは余り見られませんでしたので、

まぁおそらく細かい決まり事は無かったと思われますよ。


失点の場面でありますが、仙台さんの右サイドは再三再四攻め込まれておりまして・・・。

キン(と金子?)が交わされクロス。

クロスに合わせようと飛び込んできた草津の選手にオカやんが前を取られて、

ヘッド(だったと思います・・・)一閃。

ハギー好反応で弾き返すも、こぼれ球を詰めた選手がプッシュ。

そんでもって失点とあいなった訳であります。

まぁ単なるハギーとオカやんの連携ミスでありますな。

オカやんはクロスウォッチャーとなって飛び込む選手を掴めていませんでしたし、

ハギーのコーチングも届くことは無かった訳であります。

いくら戦術練習をしていないといっても、

単純な連携ミスからの失点は頂けない訳であります。

これにはガックシでありました・・・。

組織で攻め込まれながらも、局地戦の個人の強さで対抗し、

なんとかかんとか0−1で収まった。

ってぇ感じの一本目でありました。


一柳は、ガツガツいく対人プレーの強さを随所で発揮。

積極的に声も出ていましたし、問題なくフィットしている感じを受けましたよ。

関口は、自分のプレーの前にトイ面の相手を抜く・交わす・引き出すなど、

『一対一』の仕掛けを入れてからプレーしている印象を受けましたな。

彼なりに課題を設けてトライしているのだなぁと関心したわけであります。

結果、『今年のベガルタはオレが引っ張っていく!』の心意気を十二分に感じられました。


そんでもって、特筆すべきは、宮沢と西山でありますな。

宮沢のコーナーキック・・・。曲がってクックッグッと落ちる・・・。

テル以来じゃないでしょうかね。

今年のセットプレーは相当に得点臭が増すと思いますよ。

そんでもって、人もボールも動くサッカーに適応できるか?が

ポイントと思われておりましたが、

まぁ見る限り問題ないんじゃないでしょうかね。

そこはベテランの域でありますから、

『手をヌクところとイカンところ』を心得ているってぇ感じで、

去年のサッカーに緩急とかメリハリを付けてくれそうな予感がしますよ。

前へ前へと急ぐ若手陣に『まぁそう慌てなさんな・・・。』の隠し味がピリっと効けば、

神田川俊郎もビックリの『ひと工夫でこの美味さ!』を

現実のものにできるかもしれませんな。


んで西山。

イイっす。まぁ各方面で評判が良いんでいまさら感もしますけれどもね。

彼はドリブラーな訳でありますよ。

んでもって、どんなドリブルすんのすか?ってぇと、

お膳立て、チャンスメイクのための『付け合わせ的』なドリブルではなく、

ゴールを決めに行く『メインディッシュ的』なドリブルをする訳であります。

毎回ゴールを決めに行くもんですから、見ている方はゾクっとする訳であります。

そんでもって、エリアの中でガンガン勝負を仕掛けて行くので、

モチのロンで、見ている方はグングン引き込まれて行く訳であります。

『忍者』と呼ばれそうでありますが、こちとらから言わせりゃ『傭兵』でありますよ。

西山のドリブルは『サバイバルナイフの切れ味』切られたら命は無ぇよ・・・。

てぇな感じでありましょうかね〜!期待大であります。


まぁグダグダ感は否めない一本目ではありましたけれども、

最終ラインからデカイサイドチェンジのパスを二本連続で繋いでゴール前まで行ったり、

終了間際にはオカやんがパワープレーでトップに張ったり、

ファールの笛を無視してオカやんがシュートを決めイエロー貰ったり、
(どこがファールやねん、審判よく見とけ!の意味でシュートしたものと思われます)

何が何でも一点取るべっ!の感じは伝わってきましたよ。

結果0−1でしたけれども、まぁミス絡みだし、

こんなもんかぁ〜の一本目でありました。


勿体ぶって二本目は明日に続く・・・
posted by 木久蔵 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月15日

聞いた話

ひと昔前に聞いたチビッコサッカーの話・・・。

実話かどうかは知りません。あしからず。

A君はチビッコ・サッカー・チームのエース・ストライカーであります。

周りの子ども達に比べ、抜群にサッカーが上手いそうであります。

A君がいれば試合に勝つし、A君がいなければ試合に負ける。

このチームの実力はその位だったそうでありますよ。

で、このチームにはいくつかの約束事があったそうであります。

そのひとつに、『家からグラウンドまでやって来る間は、

必ずボールをボールネットに入れること。』というのがあった訳であります。

移動中に交通事故を起こさないようにというのがその理由ですね。

道路脇でボールを蹴っていて、ボールが明後日の方向に飛んでしまい、

走ってくる車に全く気付かず道路に飛び出し交通事故・・・。

ありそうなはなしでありますな。

でありますから、このチームでは、絶対にボールネットに入れること!が、

ルールとなっておりました。


で、ある日、チームの監督は目撃する訳であります。

A君がボールをネットに入れずに、蹴りながらグラウンドにやって来る姿を・・・。

『ボールはネットに入れて来るのがルールだろ?』

『ボクは蹴りながらでも来られます。』

たしかに、A君の実力であれば、蹴りながらでも来ることはできる訳であります。

『来られる、来られないじゃ無いんだよ。君はチームのルールを破ったんだぞ。』

『でも・・・』

『サッカーはルールのあるスポーツだ。

私はチームのルールを守れない君がサッカーのルールを守れるとは思わない。

だから、君がルールを守られるようになるまで、君を試合には出さない。』

翌日の試合にチームはボロ負け。

『A君がいれば勝てたのになぁ』という子ども達。

『試合に出さないのは酷い』と抗議する親達。

さぁ、監督の判断は正しかったのでしょうか?というお話。


少年サッカー、プロサッカーの違いはありますし、

突き詰めればモロモロの相違点もあるのでありましょうから、

監督の判断(クラブの判断)、A君の罰(関係者が受けた罰)を、

今回の一件と同じ視線で考えることは難しいのかなぁとは思うのでありますが、

『チーム(社会の)ルールを守れないヤツが、サッカーのルールを守れるのか?』

というところは共通なのかなぁと思う訳であります。

まぁ四人衆のルールの破り具合が、間接フリーキックなのか、一発レッドなのかが、

正直判りかねるので、突き詰めれば共通では無いのかもしれませんが、

まぁファールはファールだろってぇところで、共通だとは思う訳であります。

・・・・・・。

どうなんすかね、監督の判断は。(←テグの話じゃなくて、前述の話の監督ね)



あんまり考えると知恵熱が出ますので、

まぁ程々にうんぬるかんぬるじっくり考えさせて頂きますわ。

てぇ訳で、来週からは、うんぬるかんぬるじっくり考えつつも、

通常の馬鹿ブログに戻らせて頂きますわよ。
posted by 木久蔵 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月14日

横一列

いま一番気に掛かっているのは、他の選手連がどんな気持ちでいるのか?

てぇことであります。

『オメェ達のせいで迷惑だ!』なのか、はたまた

『みんなでアイツらをカバーしていこうぜ!』なのか・・・。

どっちなんすかね。


草津戦を見る限り、チームの一体感は半端無く感じられた訳であります。

試合前は試合に出ない選手連も参加しての大円陣で気合い一発。

で、試合に出ない選手連はそのままロッカーに戻るかと思いきや、

全員がベンチ脇のピッチにゴロッと座りそのまま残って試合を観戦。

ベンチに座るスタッフから直座りの選手連までが一列になって、

ピッチで戦う選手連を注目しいていた訳であります。

ひつになってんなぁ。

全員で戦ってんだなぁ。

そんなことを思った訳でありますよ。

でありますから、あの時一列に並んでいた選手連の気持ちが、

いまもひとつに並んでいるのかどうかがとてもとても気になる訳であります。

横一列.JPG


いまは騒動の最中でありますから、

必ずしも全員横一列になってはいないのかもしれませんけれども、
(まぁサポ諸兄連それぞれの気持ちもまだ横一列ではありませんし・・・)

もう一回、全員が横一列になって戦う日が必ず来ると信じておりますよ。

そんでもって、その時はサポ諸兄連全員の気持ちも

必ず横一列になっていると思う訳であります。


雨降って地固まれ!切に切に願っております。
posted by 木久蔵 at 20:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

共に頑張ります

延岡キャンプツアーの楽しい思いが全て素っ飛びました。

ショックを受けています。

酔った勢い、おふざけ、理由はなんであれ弁解の余地はありません。

車の持ち主の方には、心よりお詫び申し上げます。

誠に申し訳ありませんでした。



今回の一件で、延岡の関係者の皆様方、

草津戦でベガルタを応援してくれた子ども達、

サッカースクールでベガルタの選手と触れ合った子ども達、

そして地元仙台のサポーター、スポンサー、その他多くの関係者、

みんなの信頼を一瞬にして裏切ってしまいました。


現場の危機管理意識の低さ、一部選手のプロとしての意識の低さを

露呈する形となりました。

関係者への処分も決まりましたけれども、ホントにこの程度でいいのか、

厳重な罰を与えるべきではないのか、意見は分かれると思います。

真摯にサッカーへ情熱を注ぎ失った信頼を回復するのか、

大好きなサッカーへの情熱を絶たせて信頼を取り戻すのか。

どちらが正解かは判りません・・・。



だけんともしかし、

細川選手の打点の高いクリアが見たいんです。

一柳選手のガツガツ行くディフェンスが見たいんです。

富田選手のボール奪取が見たいんです。

金子選手の追い越すプレーが見たいんです。

彼らが心身共に本物のプロ選手となれるよう見守ってやりたいんです。

彼らを信じてやりたいんです。

彼らに対する波風は高いでしょう。

そして糞味噌言われるでしょう。

でも、彼らを全身全霊を掛けてサポートします。

彼らを信じてサポートします。

これが馬鹿なりにうんぬるかんぬる考えた結論です。
posted by 木久蔵 at 00:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。