2008年02月05日

何でなのやっ

何で『木久蔵』なのやっ?

よく言われる訳であります。

何で『ケロロ』なのやっ?

本人は『小沢昭一』のつもりなのですけれどもね・・・。

まぁそれはそれで置いといて。

何で木久蔵なのか?の答えは、ハッキリしている訳であります。

その昔、『木久蔵倶楽部通信』なるWEBサイトをやっとりまして、

その中にしっかと明記しておった訳であります。

でありますので、ココに当時の記事を転記し(決してネタ不足による手抜きプレイでは無い)、

何故に木久蔵なのかを白日の下に晒す訳であります。


ブランメル仙台がベガルタ仙台に名前を変えJ2リーグに参戦した1999年。
当時のゴール裏は、あまり黄色くありませんでした。
そしてベガルタ仙台は弱かった。
弱いチームでしたが、『俺達のチームだ』って誇りは、
もしかすると今以上だったかもしれません。
なにせ、サポ少なかったし。
ホントに家族的な雰囲気が漂っていました。
そんな仙スタへ毎週のように通っているうちに自然と顔見知りも多くなります。
その顔見知りが友達を連れてきて、その友達がまた友達を・・・、
てな感じで一緒に試合を見る人たちの輪が広がっていきました。
そして、我々も知らない間に黄色を身にまとうようになっていました。
そんなある日、某サイトの掲示板に『仙台サポ』は馬鹿が多い。
(この場合の馬鹿はあくまでもホメ言葉)
との書き込みがあり、その話をしていました。
その馬鹿サポ話は盛り上がり、『柏サポ』にもブリーフ隊など馬鹿がいるので、
もしかすると『黄色』には人を馬鹿にする要素があるのではないか?
『黄色』は人の馬鹿DNAを刺激するのではないか?
という話に発展しました。
その時、天の声が聞こえました。
『確かに黄色は馬鹿色かもしれない。まず大抵の大人は黄色い衣装を身につけない。
黄色い衣装を着ているのは笑点の木久蔵(現・木久翁)師匠ぐらいだ。
そして、木久蔵師匠も馬鹿キャラで売っている。
そう、やっぱり黄色は馬鹿色だ!
いや〜ん、ばっかぁ〜〜ん、うっふぅ〜〜ん。そこは、おちちなのぉ〜〜。』
馬鹿でいいじゃないか!
馬鹿で問題あるか!
いいじゃないか、木久蔵師匠!
俺達は、木久蔵の集まりだ!
そう、俺達は木久蔵の集まり木久蔵倶楽部だ!


それ以来、木久蔵を名乗っている訳であります。

名前に歴史あり。

そして当時は、まだまだ小沢昭一カラーは相当に薄い訳で・・・。


ネタ不足による手抜きプレイ、以上です。
posted by 木久蔵 at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月04日

訂正

そりゃ小学校の時分から『落ち着きがない』やら『慌てるな』やらと

ご注意を受けて参った性分でありますので、冷静・沈着等という言葉とは、

縁のない人生を送ってきた訳であります。

でありますから、

思いつきで行動し、結果ミスを犯すなんてぇことは日常茶飯事な訳であります。

ちょいと一歩踏み込んで・・・、ちょいと冷静に一考し・・・、

そんな『切り返し』のできる技量があればなぁと恥ずかしく思う今日この頃であります。


いやぁなにね、例のダンディー部長であります。

一方的に『柳沢きみおの漫画に出てくるダンディーな男』に

激似だと主張してきた訳でありますけれども、

一歩ガチッと踏み込んで、そんでもってよくよく考えると、

柳沢きみおじゃ無かった訳でありますな。

そうであります。

ダンディー部長こと丹治強化部長が激似のお方はこの方でありましたよ。

ご紹介します。

野生の虎ことタイガー戸口(キム・ドク)さんであります。

野生の虎.jpg

この場をお借り致しまして、訂正させて頂きます。


休み明けの今日はこの位で勘弁して下さい。以上です。
posted by 木久蔵 at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年02月01日

闘争の倫理

『接近・展開・継続(連続)』だそうであります。

お近づきになって、あんなことやこんなことをやって、それを繰り返す・・・。

キャバ嬢の口説き方でありますな。

いやいや、ナンパの秘訣でありますな。

・・・・・・。

そういう訳ではありませんな。

言わずと知れた、故・大西鐵之祐氏が説いた戦術?戦略?であります。

本人が書いた名著『闘争の倫理』にそのエキスがギッシリと記されている訳であります。

相当にヴォリュームのある本ではありますが(そのうえ絶版になった記憶が・・・)、

まだお読みで無いスポーツ好きの諸兄連、機会があれば是非お試し下さいませ。


こちとらが、この名著を買ったのは東京のある書店でありました。

数年前、出張で東京に行き、時間潰しにブラっと入った本屋さん。

何気に本棚を見るとあるじゃないですか『闘争の倫理(復刻版)』!

この復刻版もすでに絶版と聞いておりましたので、

このチャンス逃してなるものかと、本をムンズと掴みおそるおそる価格をチェック・・・。

ワァ〜ォ!3,800円! 本が一冊3,800円!

そんでもって、おそるおそる所持金をチェック。

あることはあるけれども・・・。

このあと夜の街に繰り出したり、

延長戦が待っていたり、

未知の強豪との運命的な出会いが待っていたり・・・

などとピンク原理主義がムクムクっと勢力拡大。

結果、『今日買うのは止めとくか!』

いやはやなんとも、へっぴり腰な結論に達した訳であります。

だけんともしかし、だけんともしかしであります。

日が経てば経つ程、なんで買わなかったのやぁの悔やみ節。

あのチャンスを逃したら、もう二度と御対面できない本かもしれん訳ですよ。

なんであの時、なんであの時ぃ!

で、数ヶ月後にまたまた東京へ・・・。

期待薄で例の本屋さんへGO。

はぁ・・・の溜息ひとつで、本棚には既に姿も形も無し。

やっぱなぁ〜の諦めと、いやもしかして・・・の期待。

店員さんに助け船。

『すんません。大西鐵之祐の闘争の倫理・・・。前に来た時あったんですけど・・・。』

店員の顔色にわかに変わる。

『大西先生がお書きになった闘争の倫理ですね。こちらです!』

『先生?お書き?』

てぇ訳で、大西鐵之祐先生の御本、本棚奥より無事生還であります。

まぁそんなこんなの思い出が詰まった本な訳であります。

再度脚光を浴びるとはねぇ・・・。


もう一回読むか!には根性がいるなぁ。

だけんともしかし、もう一回読んでみるか・・・。
posted by 木久蔵 at 20:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月31日

08激励会ファイナル

いよいよ宴も第四コーナーを回って最後の直線であります。

再度、仙台さん選手連&スタッフが登壇し、決意のあいさつ。

激励会参加者による『オーラ』斉唱のなか、選手連が退場・・・。

無事お開き。と、思われた瞬間、マイクを掴む男がひとり。

まぁ、あの人しかいませんわな。

『レディゴーってヤツ歌って!』

オカやん、曲のチェンジを要求であります。

・・・・・・。

初めは岡山劇場に付き合っていたベガっ太クンも、最後には呆れ果て一人で退場。

残るオカやん。

一人残るオカやん。

一人でもノリノリのオカやん。

何が彼をそうさせるのでありましょうか。

まったく持って判りませんが、オカやんは一人ノリノリで踊っています。

んで、後ろ髪を引かれながら惜しまれつつ退場。

やっとこさ、お開きであります。

昨年以上に盛り上がった激励会でありましたな。


んだば、帰るべぇ〜と、ホテルの出口に向かうと、どこかで見かけたことのある男がポツン。

そうであります。

ダンディー部長こと丹治強化部長と偶然遭遇であります。

近くで見てもダンディーであります。

そんでもって近くでナマを見て確信に変わりましたよ。

間違いなく『柳沢きみおの漫画に出てくるダンディーな人』の顔をしております。

・・・・・・。

さっと手を差し出し握手を求めた訳でありますよ。

しっかと握り返すダンディー部長。

『オカやんを口説いてくれてありがとうございました!』

こちとらがそう伝えると、ダンディー部長は言いましたよ。

『決めたのは彼ですから・・・』

なななっ、カッチョエエ〜、ダンディー部長、格好エエっすわ〜。


こうして激励会の夜は更けていくのでした。

柳沢きみおの漫画に出てくるダンディな男.jpg

仙台のダンディー部長.jpg

ん〜。
posted by 木久蔵 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月30日

08激励会その3

オカやんからサインを頂き、意気揚々とベースキャンプに帰還したこちとら。

待っていたのは、仲間連からのこの一言。

『Hey ユー! 抽選、当たってるべや!』

そういえば、入場券に書かれている番号を使って抽選会やってたなぁ程度の理解力。

訳も判らないまま登壇させられるこちとら。

司会のミヤテレ・外賀アナ『はいぃ〜番号合ってますね。おめでとうございます〜。』

『あっ、どうも』まだ状況が掴めていない状況に追い打ち。

『はい、商品はベガルタのニットマフラーです。

では、中島選手の方から渡して下さいぃ〜。』

なぬ?ナカシマさん?

おおおおぉ〜〜。ナカシマさん、隣に立ってます!

いやぁ、男っトコ前っすな〜、ナカシマさん。

んで、良い臭いまでしてきそうっすよ、ナカシマさん!

そんでもって、なんすかぁ、いやぁ〜ナカシマさん、ネクタイ細過ぎね?

まぁそれはそれで置いといて、

俺たちのナカシマさんから景品を授与された訳であります。

『今年も二桁頼んますっ!』と言いつつ、がっしり握手。

モチのロンで、クール・ビューティーなナカシマさんは無言のまま・・・。

流れるように、無言のまま記念撮影・・・。

そして流れるように降壇・・・。

いやぁナカシマさん、その冷静さ、去年の終盤に欲しかったっすね、残念っ!(死語)

・・・・・・。


いよいよ交流タイムも終盤に差し掛かった頃、にわかに騒ぎ始めるステージ。

どうやら、ステージで磯が抽選のアシスタントをやっているところに、

総合司会担当のオカやんが突然乱入した模様。

オカやんが言うには・・・、

激励会の前にベガルタ選手会の会長選挙をやった。

満場一致で選手全員が磯崎に投票した。

これだけ信頼される選手はいない。

これはすごいことだ。

だから今年も選手会長をやれ。

拒否するな今年もやれ。

ここのみんなにも聞いてみよう。

磯崎が選手会長で良いと思う人ぉ〜!

満場一致全員が挙手。

みんな磯で良いっていってるやん。

『じゃ、今年もやります・・・。』

それでいいのか?ホントにそれでいいのか磯?


そんなこんなで、噂のあの方との遭遇を果たしたお話は、

勿体ぶって最終回の明日に続く・・・
posted by 木久蔵 at 19:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月29日

08激励会その2

さぁ、お待ちかねの選手連との交流タイムキックオフであります。

乾杯のビールをグビグビっと駆け付けてもいないのに3杯ほど頂き、

ふふふぅ〜んと、周りを見渡すと、宮澤選手発見。 無事捕獲。

全く持って対応が丁寧でございます。 包み込まれるようであります。

これがベテランの味なのでありましょうなぁ。

こちとらのベースキャンプ周辺の選手連を総ナメにし、

いよいよもって本丸突撃であります。


お相手はモチのロンで#32オカやん。

いやぁ〜、流石に長蛇の列であります。

老若男女入り乱れての混雑具合であります。

列の最後尾と思われる付近にいらっしゃる方に、

『オカやんの列の最後尾はここですか?』と尋ねたところ、

『多分そうだと思います。人が多くてよく判りません!』との御回答。

いやはやなんとも仕方ありませんので、とりあえず、『このあたり』で待機。

待つこと十数分。

列は徐々に短くなり、まもなくオカやんと御対面であります。

気持ちが高鳴ります。

話す内容は決めております。

噛まずに言い切れることを祈っております。

さぁ、いよいよこちとらの番が回って来ましたよ。


どうも!と軽くあいさつ。

オカやんとアイコンタクト成立。

サインお願いします!とサイン用紙を手渡し、いよいよ本題に入るこちとら。

『いやぁ〜昨日はクビ差の二着、惜しかったっすねぇ〜!』

・・・・・・。

サッカーでは無くオカやんの愛馬『アスドゥクール号』のレース話で突破を試みる策。

オカやん一瞬ハッとし『ホンマ惜しかったなぁ〜。』と呼応。

掴みはOKであります。

ここぞとばかり、『じゃ、こっちのダービー馬候補の写真にもサインお願いします』と、

オカやんのもう一頭の愛馬『タイガーファング号』の写真をオカやんに手渡し・・・。

『おおぉ〜!タイガー!』とオカやん大興奮と思いきや、

『(ダービーに)間に合うかなぁ〜。

藤沢先生、(デビューまで)もう少し掛かる言うてたから・・・。』

と馬主オカやん少々トーンダウン。

『良血ですから焦らずに!秋からでもOKっすよ!』と励ましの一言。

ある意味ホントの激励会。

とにもかくにも、サラサラっと愛馬の写真にもサインを頂き、

ツーショット写真もパチリ。

オカやん、一生大切にさせて貰いますよ!

愛馬.jpg


いやぁ〜満足満足!と満腹感120%で無事ベースキャンプに帰還。

すると仲間連からビッグサプライズを告げられた訳であります。


てぇ訳でネタがないので、勿体ぶってさらに明日に続く・・・
posted by 木久蔵 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月28日

08激励会その1

激励会に行って参りました。

昨年に続き二度目の参戦でございます。

いやぁオカやん効果でありましょうか、昨年よりも相当にゴッタ返しております。

激励会の内容でありますが、

まず、宮城県サッカー協会長さまのあいさつ。こちとらの都合により詳細は割愛。

次に、ホームタウン協議会を代表して仙台市長・梅ちゃんがあいさつ。

テグ・ヒロシをテグ・アキラと神懸かり的に言い間違え、

参加者のハートを別な意味で鷲掴み。

そのうえ、オカやんのセリフを引用しあいさつするも、

『アウェーの京都』を『雨ぇの京都』と誤用し、

『京都で雨なんて降ってながったべや!』と参加者の気持ちをさらにヒートアップ!

前説芸人としては一定の評価が与えられる内容で降壇。

次に、市民後援会を代表して会長のOHバンデス・宗さんがあいさつ。

ナマの『おばんです!』を拝聴するも、それ以外の内容については都合により割愛。

そんでもって、いよいよ選手連の登壇であります。(背番号順に登壇)

一人目はモチのロンで、#1芸人・ハギーであります。

登壇し、マイクの前に仁王立ちするハギー。

御発声かと思いきや、ムンズとスーツの内ポケットから『マイ・マイク』を取り出し、

『元気ですかぁ〜!』と一声。

ネタをパくられたアントニオ林、蒼白。

その後もネタを連発し満足げにステージ中央を後にするハギー。

次に控える#2木谷に掛かるプレッシャー半端無し。

登壇し、ステージ中央で一礼、そのまま捌ける木谷。

『なんかやれっ!』と場内大ブーイング。

その反応に呼応するかのように、司会のミヤテレ・外賀アナ、

『選手に過度の期待は掛けないでください!』の御発声。

変に納得する場内。

安心して#3広大、堂々と無言で入場。

・・・・・・以下中略。

選手連大取りでの登場は、モチのロンでこの方、#32オカやん。

登壇し、センターにポジショニング、マイクを掴み『ズバッ!ズバッ!』を要求。

ホームランをかっ飛ばした後、演説開始。

『ここには悔しい思いをした人間だけが残った!』

ん〜、今年も信じて付いて参りますよ〜。

続いて、スタッフ連登壇。

こちらも都合により割愛。

選手連&スタッフが全員登壇完了&御披露目終了。

そんでもっていよいよお待ちかねの選手連との交流タイムキックオフであります。

勿体ぶって明日に続く・・・
posted by 木久蔵 at 18:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月25日

裏ドラの予感

今季もっともサプライズを起こしそうなクラブは?と聞かれれば、

躊躇なく『草津さん!』と答えるこちとらであります。

植木のおっさんも昨季の後半頃には、

相当に満足できる手応えを感じていたでありましょうし、

そのサッカーを伝承しつつ磨きを掛けるとなれば、

補強もブレること無く対応出来たでありましょうな。

これまた補強したメンツを見ても

『良い補強してやがんな〜、コンチキショウめ!』と

言いたくなる程の好補強を敢行でありますし、

こりゃ相当に警戒する必要がありますな。

そんな前振りがあって本題。


リーグ戦の全日程が発表されましたな。

何と言っても注目すべきは最終節であります。

Jリーグ・シナリオ作製委員会様の御厚意により

『昇格の主役』に選ばれたクラブにのみ参加権が与えられる

『最終節の目玉カード』を果たしてどのクラブが勝ち取ったのか。

全日程の中で真っ先に確認するのはココなのであります。


最終節の対戦カードはこちら。

仙台さんvs草津さん
山形さんvs水戸さん
横浜さんvs甲府さん
岐阜さんvs鳥栖さん
大阪さんvs愛媛さん
広島さんvs徳島さん
福岡さんvs湘南さん

どう考えても『ドラ』は横浜さんvs甲府さん、

福岡さんvs湘南さんあたりでありましょうかね。

だけんともしかし、そうであります、草津さんであります。

今季、ビッグサプライズと共に旋風を起こすハズである草津さん。

え〜、対戦相手はどこっすかね?

・・・・・・。

いやはや、何ともビックリ、我らが仙台さんじゃありませんか!

・・・・・・。

てぇことは、仙台さんvs草津さんの一戦ももしかすると

『裏ドラ』くらいの気配はあるんじゃありませんかね。

いや、気配ありますね、きっと。

まぁそう信じましょう。

ところで、新入生の熊本さん、残念ながら最終節に試合がありませんね。

つまり・・・。

最終節に関するバカ話、以上であります。
posted by 木久蔵 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月24日

部長

サッカーに関するベストセラー書籍と言えば『オシムの言葉』でありますな。

そんでもってこの度、

宮城限定でベストセラーが予想される書籍が発売されるそうでありますよ。

『丹治の口説き文句』

こちとらはじめ、仙台さんサポ諸兄連は必ず買うと思うのですがねぇ。

河北出版様、いっちょやってみる?

んで本題。


河北新報、天晴れであります。

いま仙台さんサポ諸兄連が最も注目する男

『丹治強化部長』のインタビュー掲載であります。

いやぁ、強化部長なんてぇ肩書きの方は、

得てして『古ダヌキ』的な風貌及び人格ばかりと一方的に推測しておりましたので、

その『ちょいとコジャレた』スタイリッシュなお姿、

始めて拝見して軽い衝撃を受けております。

男の色気が漂っている訳であります。

そうであります。ダンディーな色気でありますな。


そんでもって、色気の漂う部長と言えば、

真っ先にあの方が思い出される訳でありますが、

NHKのセクスィー部長.jpg
色気ムンムンのセクスィー部長はこちら

いやいやどうして、仙台さんの部長も負けてはおりませんよ。

仙台のダンディー部長.jpg
渋さビンビンのダンディー部長はこちら


となりますると、丹治“ダンディー”部長もオカやん等を口説く時、

あの方の名台詞『仕事と色恋を一緒になさらぬよう・・・。』

に負けずとも劣らないコトを仰ったのでありましょうな。


『口髭と前髪の手入れは忘れぬよう・・・。』

・・・・・・。

言う訳無ぇわな。

セクスィーに関するバカ話、以上です。

それにしても、柳沢きみおの漫画に出てきそうな顔してるよね。
posted by 木久蔵 at 21:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月23日

ブレイカーズ

かつて志村けんは言った。『だいじょぶだぁ〜』と。

んで本題。


サポカンが行われたそうでありますな。

そんでもって、『外人選手がいなくて、ホントにJ1に昇格でぎんのすか!?』てぇことが

大々的に取り上げられたみたいっすね。

まぁ、鬼の首を取った方々から言わせると、

『外人無しでJ1に昇格したクラブは無ぇがんね!』

てぇことになるそうでありますけれども、

いやはやなんとも、早計極まりないお話でありますよ。


んなぁジンクス糞喰らえな訳であります。

と申しますのも、J1昇格には何かとジンクスが言い伝えられる訳でありますが、

まぁ『得点王を出したクラブは昇格する!』やら、

『開幕11戦無敗のクラブは昇格する!』やら・・・。

ボルジェスいたのに昇格出来なかったクラブはどこよ!

07シーズン開幕11戦無敗にも関わらず昇格出来なかったクラブはどこよ!ねぇ。

全ぇん部、仙台さんであります。

ジンクスをブッ潰して昇格していないのは仙台さんなのであります。

となりますると、ジンクス通りコトが運ばないトンチンカンなクラブが

なんでジンクス通り『外人無しで昇格無し』を達成できるのでありましょうか。

なもんでありますから、

『外人無しで昇格無し』なんて屁でも無ぇジンクスをブチ壊すのも

仙台さんである可能性が相当に高い訳であります。


ジンクス・ブレイカーズ。

こんな仙台さんの本性に期待大な訳であります。

でありますから、こちとらも言いますよ。

だいじょぶだぁ〜。
posted by 木久蔵 at 19:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月22日

お釣り間違えてますよ

#18が欠番になっておりますよ。

旅立った若者がいつでも帰ってこられるよう空けてあるのか、

旅立った若者のナンバリング・グッズの在庫を相当に抱えているため、

在庫が捌けるまで新しいイメージを植え付けないようにしているのか、

それはそれは定かではありませんが、

とにもかくにも欠番になっているの訳であります。

まったくもって、萬代宏樹君はホントに幸せ者でありますな。

んで本題。


テグ・マコト、大したモンであります。

『選手とサポが交流できる良い考えがあったら教えてくれ』

なかなか言えん訳であります。

まぁ監督直々に教えろと言うのであれば、やぶさかではありませんよ。

ここはひとつ、バカなりにうんぬるかんぬると考えようじゃありませんか。


選手とサポの交流の場と言えば、ファン感でありますな。

新加入選手連もファン感ファン感言っておりますしね。

まぁ安直ではありますけれども、

ファン感をチョイと様変わりさせるというのは如何でありましょうかね。

開始は、午前10時でありますな。

10:00〜12:00:前半
12:00〜13:00:ハーフタイム
13:00〜15:00:後半

半日掛けてのロングラン公演であります。


前半は、ファンが選手を体感することに主眼をおきまして、

お隣山形さんでもやったフリーキックのカベ体験とか、
(頭上を梁クンの蹴ったボールが越えていく!)

セットプレーのターゲット体験とか、
(オカやんとポジション争い!)、

セットプレーのキッカー体験とかいかがでしょ。
(あなたの蹴ったボールに選手連が雪崩れ込む!)

そんでもって、前半のメインイベントは、

トーナメントを勝ち上がったサポチームと仙台さん選手連がPK対決する、

『仙台PK王決定戦』であります。

『入れられんのか!コラっ!』と磯を恫喝するも良し、

『無回転でお願いします!』とタムーにお願いするも良し、

キーパーはキーパーで愉しそうであります。

そんでもって、キッカーはキッカーで仙台さんキーパーを指名制にすることで、

お気に入りのキーパーと対戦できてなお面白そうであります。

『おい林!出てこい、コノヤロォー!』

『お〜っし、おしおし!誰の挑戦でも受ける!やれんのかぁ〜!』

まぁこんなやり取りが実現する訳でありますな。


そんなこんなでハーフタイムであります。

ハーフタイムは、モチのロンで昼食であります。

昼食は売店に買い物に行かなければなりません。

てぇ訳で売店の売り子さんを選手連にやって貰う訳であります。

お勘定を計算するのも選手なら、ビールをカップに注ぐのも選手であります。

『おぉ〜、永井の兄貴はビール注ぐの上手いなぁ。』から、

『あちゃぁ〜、関口、お釣りの計算間違ってらぁ。』まで、

異様な盛り上がりを見せると思う訳でありますよ。

これいいっすよね。


んで、昼食が済んで後半開始。

そんでもって後半は、いままで通りの障害物競走やら借り物競走やら、

ハギー・オン・ステージやらをオカやんの総合司会の元やればいい訳であります。

いやぁ大満足の一日でありましょ、こりゃ。

今年は仙台さんにとって『大変革』を予感させる年でありますから、

頭が少しは柔らかくなったフロント様も、

このくらいチャレンジしてみてもいいと思うんでありますよね・・・。


まぁ何はともあれ、PKの練習を早速開始しなければなりませんな。
posted by 木久蔵 at 21:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月21日

ボクの髪が肩まで伸びたら

オカやんのメッセージを読んだ訳であります。

レイソルのもベガルタのも両方であります。


オカやんは、かつて『恋愛しよう』と仙台さんサポに向かって仰った訳でありますが、

今日を持ちましてこの『恋愛しよう』は終了でありますな。

そうであります。

『結婚を前提としたお付き合い』の始まりであります。


こんだけ惚れられてんだから、

シーズン終了後にオカやんの口から『結婚してくれ!』と言わせなきゃ嘘でしょ。

さぁ仙台さんサポ諸兄連の皆々様方、

こりゃ相当に気合いを入れて口説かなきゃでありますな。
posted by 木久蔵 at 23:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月18日

詳しいっすよ

でありますから、前々からそう主張しておった訳であります。

タレント様など使わずに、仙台さんの選手連を使えばいいべや!と。

現に関口さんなんてギャラも発生しないのに大事なスポンサー様のため、

新加入の一柳さんに「七十七に口座作った方がいいぞ」と

アドバイスしているじゃありませんか。

それも日刊スポーツの紙上で。

でありますから、七十七銀行のコマーシャルには、

タレント様を使わずに、大々的に仙台さんの選手連を起用すべきなのであります。

誰も考えないようですので、こちとらが勝手に考えますよ。


《商品名:モバイルバンキング》エサ代編

急に慌てる人:岡山一成
八つ当たりされる人:磯崎敬太
アドバイザー:関口訓充

〜試合が勝利で終わりユアスタからバスに乗り込む選手連。

みんな充実した笑顔。ところが、バスに乗り込もうとした岡山が急に慌て始める〜

前を歩く磯崎の首を掴みブルブル揺すりながら絶叫する岡山。

岡『あかぁ〜ん!忘れとったぁ〜!試合やったから忘れとったぁ!どないしよぉ〜!』

首を揺さぶられながら岡山に問いかける磯崎。

磯『どうしたんすか、岡山さん?』

岡『愛するお馬ちゃんのエサ代、今日中に振り込まなあかんねん。

忘れ取ったぁ!お馬ちゃん餓死してまうがな!どないしよぉ〜!

おい磯!どないしてくれんねんッ!』

自分のポカを磯崎に逆ギレする岡山。

磯『いやぁ〜・・・。』

困惑する磯崎。

二人の前を関口が通り過ぎ、スッと振り返り一言。

関『そんな時は七十七銀行のモバイルバンキングっすよ。

携帯ひとつでいつでもどこでも振込み振替えができちゃうんっすよ。

しかも手数料は無料。岡さんも、愛馬のために登録しとかなきゃヤバイっしょ。』

言い終わるとスタスタとバスに乗り込む関口。

その背中に向かって岡山が問いかける。

岡『おぉ〜関・・・。なんでお前そんなに詳しいねん・・・。』

バスのステップに片足を乗せ、半身振り返り関口はサラッと言う。

関『オレ、七十七のことは結構詳しいっすよ。』

《しちじゅうしちぎんこぉ〜》(例のテーマソング)


仙台さん選手連のお金に関する悩み事に対し、関口が的確にアドバイスしていく、

アドバイザー関口の『七十七のことは結構詳しいっすよ』シリーズ。


実現化望む・・・。
posted by 木久蔵 at 20:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月17日

それがいい

第一節の対戦相手が発表されましたな。

仙台さんは、昨年と同じく平塚で湘南さんと対戦だそうであります。

補強のメンツだけを見れば相当に手強くなっていそうな湘南さんだけに、

初戦での対戦を不安視する向きもありますけれども、

ここはひとつ、第一節に試合があることを素直に喜んだほうがいいと思う訳であります。

てぇのも、『第一節お休みだったクラブに昇格無し』なのですもの・・・。

歴史で事実を振り返る
07:C大阪さん(5位) 06:仙台さん(5位) 00:甲府さん(11位)

ねぇ、ことごとく駄目でしょ。

まぁ第一節に試合があったことに感謝をしつつ、

今年も平塚で湘南さんを撃沈させて勢いに乗りましょうよ。

んんっ、それがいい!それがいいよぉ〜!
(昭和のいる・こいる師匠の下げ方を準用)
posted by 木久蔵 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月16日

3回戦

ちょいといろいろありまして・・・。

まぁいろいろの中には、こんなこともありまして・・・。
いい湯だな.jpg

んで本題。


今季レギュレーション変更の一番の目玉は、

なんと言っても4回戦から3回戦への変更でありますな。

3回も戦えば傾向と対策もバッチリとなる訳でありますから、

4回戦目には順位に隔たりのあるクラブ同士の試合でも、

拮抗した戦いが繰り広げられていた訳でありますね。

それが、3回戦になり情報収集の絶対量が減る訳でありますから、

これは、対戦クラブを研究して丸裸にして対策を練って相手に対応する・・・

という戦略のクラブには相当に不利に働くでありましょうね。


んで、いままでの4回戦各クール毎の特徴的ってありますよね・・・。

第1クール:戦術の徹底具合が優劣を決める
(新加入選手のフィット具合、戦術の継続性など)

第2クール:カバー能力が優劣を決める
(戦術的弱点の改善、新戦力の台頭など)

第3クール:体力と現ナマが優劣を決める
(戦術のブラッシュアップ、選手の補強など)

第4クール:全体の完成度が優劣を決める
(クラブの一体感、上位置に付けているかなど)

んで、これが、3回戦になる訳でありますから、何がどう変化するかが問題な訳であります。

単純に第4クールが無くなるだけなどと思っていたら、

それこそ細木の婆ぁに「死んでしまえ!」と言われてしまいますよ。

それ程単純な話では無いと思う訳であります。


だけんともしかし、それ程複雑な話ではなく、

相変わらず新・第1クールは、チーム戦術の浸透度・理解度の高いところ、

新戦力が前評判通り機能できたところが好勝負するでありましょうね。

一発目の対戦でありますから濃密な情報がある訳でも無く、

対戦相手云々ではなくて「自分んとこ勝負」が第1クール、

ここはいままで通りでありましょうね。

そんでもって、新・第3クールは昇格に向けた総力戦、一致団結、

タフネス、まぁそんなところで、

ここもいままで通りの旧・第4クールを引き継ぐだけでありましょうな。

となりますると、まぁ簡単に言えば、旧・第2第3クールがごったになって、

新・第2クールを形成するということになるのでありましょうな。

旧・第2第3クールの割合がどの程度づつになるかは判りませんが、

第1クールを終えてのカバーリング(戦術の改善、戦力の見直)と、

第3クールに向けてのカバーリング(戦術の熟成、戦力の補強)とを

ほぼ同時に行って行かなければならんことになる訳でありますな。

まぁ補強に関しては移籍期間の関係で時期は限定されますが、

戦術の改善、熟成、新戦力の台頭などは短期間に処理しなければならなくなる訳であります。

となりますると、相当に第2クールって大切になりそうでありますね。


第2クールを制するクラブがJ2を制する。

こんな一年になりそうでありますよ。

夏場に弱い仙台さん・・・、うまく第2クールを乗り切れるといいですな。
posted by 木久蔵 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月10日

吊り輪

競馬をカジってはや数十年のこちとらからのプチ情報。

馬好きのオカやんがそれこそホントに一口噛んでいる『アスドゥクール号(牝)』が、
(父:ジャングルポケット、母:アイリッシュカーリ 栗東:鮫島厩舎)

一回京都競馬二日目(1月6日)の第3競走『三歳新馬戦(ダート1200m)』で

デビューいたしました。

アンカツこと名手・安藤勝己ジョッキーを背に三番人気での出走でありましたが、

残念ながら4着・・・。(まぁ血統的にダートの千二はツライでしょ)

だけんともしかし、まぁ一度叩いての上積み見込みで、

次走芝のマイル以上なら圏内ではないでしょうか。

ちなみに、一口噛んでるもう一方の『タイガーファング号(牡)』は、
(父:キングマンボ、母:スティンガー 美浦:藤沢厩舎)

いまだ未出走であります・・・。

タイガーファング号は良血中の良血でありますから、ホントに期待できます。

所属厩舎も名門・藤沢厩舎でありますから、

オカやん以上にこちとらの鼻息も荒くなる訳であります。

東京優駿(日本ダービー)出走も十分あり得る良血でありますから、

ダービー当日(6月1日)に仙台さんの試合が無いのはこれ幸い、

万が一の事態が発生したとしても、

オカやんは心置き無く東京競馬場へ馳せ参じられる訳であります。

めでたしめでたし。

んで本題。


飛弾ちゃんであります。

飛弾暁・・・。 飛 弾 暁。

じぃ〜っと眺めていたら、中国人の体操選手の名前に見えてきた訳であります。

飛弾暁。 飛 弾 暁。 飛 弾暁。

中国男子体操界の若きエース、飛 弾暁!

・・・・・・。

画像にしてみるとこんな感じ。

実は李小双.jpg
男子個人総合一位となった飛弾暁選手の演技(吊り輪)

・・・・・・。


飛弾ちゃんに関するバカいじり、ホントこれにて以上です。

だけんともしかし、パっと見でこちとらにインパクトを与えた選手は、

僭越ながらホントに仙台さんで大活躍する率が高い訳なのでありますよ。

でありますから、飛弾ちゃん!大ブレイク、大化け、期待大であります!
posted by 木久蔵 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月09日

絞れたぜ

本日、年チケ代金をカード決済するため、いざ本丸『魚信基』でありました。

椅子は勧められるは、お茶は出るはで、数年前に一度御邪魔した以来でありましたが、

接客は格段に上がっておりましたよ。

ハンドレッド様も、一歩一歩大人の階段を上っている訳でありますな。

めでたしめでたしであります。

んで本題。


飛弾ちゃんであります。

飛弾ちゃんのそっくりさんを指名手配中である訳でありますけれども、

仕事そっちのけで脳内絞り込み作業に没頭しましたところ、

おぼろげではありますが絞り込めた訳であります。

飛弾ちゃんのそっくりさんは、

マチャアキの方の西遊記に出演していたハズであります。

・・・・・・。

ここまでは絞り込めました。


ネタの無い本日はココまでであります・・・。
posted by 木久蔵 at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月08日

触媒

昨日から、飛弾ちゃんが気になっております。

誰かに似ているんですよね・・・。

その誰かが思い出せない訳であります。

でありますから、気になって気になって仕様が無い訳であります・・・。

飛弾ちゃん!あんた誰だよ!?

んで本題。


補強は一段落のようでありますな。

新加入は現時点で、GK:関、DF:一柳、MF:由紀彦、宮沢、飛弾、三沢、

FW:平瀬、田中、西山 以上9人であります。

実績があってある程度計算できるのは、由紀彦、宮沢でありましょうかね。

実績はあるけれども計算できないのが平瀬。

んで残りの若衆は、『若さが魅力!確変しやがれ!』グループでありましょうな。

まぁ正直、派手さは全く感じられない補強でありますな。

良く言って『渋い!』てぇ感じでありましょうかね。


そんでもって、清水御大時代の“適材適所の一芸サッカー”であれば、

選手連の個人レベルの合計がチームのレベルでありましたから、

個人レベルを算定基準としたネームヴァリューが低いと、

もう端ッから勝負にならなかった訳であります。

なもんでありますから、

清水御大に『筆降ろし』されちゃった殿方連のなかには、

いまだに『知ってる選手連れてこい!』『元日本代表連れてこい!』と

仰る方々がいる訳であります。

だけんともしかし、

昨季から仙台さんが目指している“人もボールも動くサッカー”では、

選手連の個人レベルの合計が必ずしもチームのレベルとはなりませんから、

いくらネームヴァリューが低かろうが全く持って問題無い訳でありますな。

要は新加入選手が、『触媒』として昨年の仙台サッカーに変化を起こさせられるか?

ということが焦点な訳でありますよ。

中島と西山を組ませたら、もの凄いことになっちゃった!とか、

関口と由紀彦が絡むと、決定的な仕事をするな!とか、

ロペスの代わりが誰で・・・萬の代わりが誰で・・・、そういう対比論では無い訳でありますな。


でありますので、一日でも早く『鳥かご』で構いませんから、

ボールを蹴る生選手連(特に新加入選手連)をじっくり見たいものであります。

補強に関するバカなりの考察、以上です。
posted by 木久蔵 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月07日

○○始め

祝・MF佐藤由紀彦 柏から完全移籍で獲得!
祝・MF飛弾暁 川崎から完全移籍で獲得!

『柏からの移籍にハズレ無し!』てぇ訳で、由紀彦様、ひとつよろしく〜。

んで、飛弾ちゃん、『特に仲の良い選手は?森勇介』この潜在能力に期待したい!


今年の仕事始めであります。

でありますので、小咄をひとつ。

正月休みと掛けまして、負けている試合のアディショナルタイムと解く。

そのこころは、ホントにあっという間です。


今季の仙台サッカーと掛けまして、満を持しての姫始めと解く。

そのこころは、もっと人もボールも動きます・・・。

・・・・・・。


今年はこんな感じで御機嫌を伺って行こうかと思っております。

では、通常営業開始であります。
posted by 木久蔵 at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2008年01月02日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

本年も木久蔵ブログを御愛顧頂けますようお願い申し上げます。


もしもの話。

日本でワールドカップが開催されたとする。

んで、決勝まで日本が勝ち進んだとする。

んで、決勝の相手はブラジルで、なんと『宮スタ』でやるとする。

んで、運良く決勝のチケットを持っていたとする。

だけんともしかし、

同じ日の同時刻に仙台さんのJ2公式戦があるというのであれば、

モチのロンで『決勝のチケットをポイ!』して、

全く迷うことなく『仙台さん』を選択する訳であります。


今年も迷惑な程の『ベガルタ仙台』中心主義で驀進して参る所存であります。

てぇ訳で、ベガルタ仙台についてうんぬるかんぬるバカなりに真剣に考えるブログ、

今年もよろしくであります。
posted by 木久蔵 at 12:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。