2007年11月27日

いまだから言う

いまだから言う。

いやいや、いまなら言える。

京都を喰らうメニュー『アボカドが主役のポテトサラダ』、凄ぇ不味かった・・・。

不味かったけれど、勝負の前に『不味かったから、京都戦ヤバイよ!』なんてことは

口が裂けても言えない訳でありますので、

『大変美味しゅうございました!』と嘘を付いておりました。

関係各位、虚偽の報告をして大変御迷惑をお掛けいたしました。

この場を借りまして、お詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

だから、いま言う。

京都の酢屋!アボカドとジャガイモは、絶対ぇ合わ無ぇてえのッ!


んで、本題。

当初は大盛り上がりになるハズでありました最終節「徳島戦」。

フタを開けてビックリ、消化試合であります。

まぁこちとらほどの年期の入ったサポになりますると、

消化試合なら消化試合なりの「ひねくれた目線」で試合を堪能しますので、

「昇格無ぇなら、行くの止めた!」なんてトンマなことは言わない訳であります。

だけんともしかし、酸いも甘いも嗅ぎ分けられない坊ちゃん嬢ちゃんサポ連には、

そんなトンマなことを本気で実行される方々がいるとかいないとか・・・。

となれば、微力ながら徳島戦の見所を御提供しなければなりませんな。


徳島戦の見所は、まずはキーパーでありますな。

すんなり『林』が順当ですけれども、『ハギー』のJデビューもあり得ます。

そんでもって、『潤之介さん』ここに復活!も十分あります。

小針は・・・以下省略。


次の見所は、サイドバックでありますな。

『磯崎−キン』ですんなりなのか、『田ノ上』、『タムー』が絡むのか、見所でありますな。

んで、ココは来季のブラッシュ・アップに向けて、究極のポイントだと思っております。

昇格のため守備重視にしたサイドバックを来年も踏襲するのか、

はたまたやっぱりサイドバックは攻撃的!にギアを入れ直すのか、

京都戦からスタメンに変更があれば、

来季に向けての構想が見て取れるかもしれませんな。


次の見所は、ボランチでありますな。

順当に行けば『永井塾長−ジョニさん』ですんなりなのでしょうが、

『ジョニさん』に迫り来る御帰国のお噂・・・。

ならば早めに試しておくか!ってぇんで、

『塾長−トミィ』、『塾長−タムー』などの組み合わせも十分アリでありましょうな。

個人的には、

GK:ハギー、DF:田ノ上、オカ、広大、キン、ボラ:塾長、タムー

この組み合わせが見てみたい訳であります。

攻撃陣の組み合わせについては、また明日・・・。
posted by 木久蔵 at 21:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月24日

準備万端整って

弾丸で酷使されるこちとらの愛車『仙台の12番』号を丁寧に洗車。

燃料満タン。&タイヤの空気圧OK。ついで西京極までのナビ設定もOK。


こちとらは風呂に入ってお清め完了。勝利の赤パンツも履いた。

荷造りOK。忘れもの無し。京都の栗むし羊羹もしっかと持った。


ん〜心地良い緊張感。これぞサポ冥利。

では選ばれし者の恍惚と不安を胸に、いざ西京極であります。
posted by 木久蔵 at 22:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月22日

京都を喰らう!07

仙台さんが相手クラブをペロッと喰らう前に、

一足早くこちとらが相手クラブをペロペロッと喰らっておく、

それがこの『喰らうシリーズ』であります。

喰らう料理は「対戦クラブの都市名、レシピ」でグーグル検索を行い、

検索結果の12番目に紹介されたサイトに掲載されているものであります。

この料理をレシピ通りに調理し、そのうえお味が『大変美味しゅうございます』だった場合、

相当な確率で仙台さんに勝ち点が転がり込んでくることになっております。


てぇ訳で、早速「京都 レシピ」でグーグル検索であります。

出てきた12番目のサイトは、『京都のお酢屋のお酢レシピ』なる

料理本を紹介するサイトでありますよ。

12番目のサイトにレシピが無く仕方ないので他のサイトのレシピを作ったところ

見るも無惨に「惨敗」してしまった湘南戦の悪しき前例がありますので、

是非ともこのお酢屋さんのレシピを作りたい処であります。

だけんともしかし、探せども探せどもこのサイトにはレシピが無い訳であります。

この料理本に紹介されている料理の名前は何個も掲載されているのでありますが、

肝心要のレシピが皆無・・・、こりゃ湘南戦の悪夢再びか!?等と考えながら、

藁をも掴む想いでレシピ本の一番最初に紹介されている料理名でググったところ・・・。


神は仙台さんをまだまだ見捨ててはいませんよ!

奇跡的にこの料理のレシピが検索された訳であります。

それも、レシピ本を制作している『お酢屋さん』のサイトで発見されましたので、

全く持ってこの本に載っている料理と同じレシピという訳であります。

そんでもって、その選ばれし京都を喰らう料理は、

『アボカドが主役のポテトサラダ』。

・・・・・・。

なんとも可愛らしいメニューであります。

てぇか、ちょいと赤面が入る類(たぐい)のメニューでありますな。


そんなこんなで早速調理開始であります。

まぁ、茹でて潰して合えるだけでありますので、

料理ってぇ程の手間は全く持って掛かりませんな。

一番時間が掛かるってぇのが、イモを茹でると冷ますことでありますからな・・・。

そんなこんなで完成であります。

アボカドが主役なんすか?.jpg
アボカドが主役のポテトサラダ

美味いッ酢よ。酢だけに、ねぇ。

美味いッ酢・・・。

西京極でのナカシマさんの連発を祈念して、早野二連発・・・。


しっかと12番目のサイトの料理を調理いたしましたし、

しっかと美味しゅうございましたし、

こりゃ負ける要素、これっぽっちも、微塵も、無い!と断言いたします。

てぇ訳で、あとは仙台さん、京都をペロッと喰らってやってくださいまし!
posted by 木久蔵 at 20:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月21日

京都を一週間喰らう・・・

仕事帰りにヤマダ電機へ立ち寄り『ジューサーミキサー』を購入するのも、

その足で近所のスーパーへ立ち寄りモモ缶やら牛乳やらを購入するのも、

そんでもって、帰宅後すぐに『ミックスジュース』を作り出すのも、

決してブログのネタの為ではなく、仙台さん勝利の為なのであります。


永谷園の『ムシキングカレー』が近所のスーパーを隈無く探しても見あたらず、

途方に暮れた挙げ句、永谷園東北支社へ電話を掛け販売店と在庫を調べてもらい、

仕事帰りにわざわざ『マックスバリュー南光台店』まで買いに行くのも、

決してブログのネタの為ではなく、仙台さん勝利の為なのであります。

仙台さんが勝つためなら、思いついたことは取りあえず何でもやってみる訳であります。

そんな前振りがあって、本題。


マーブの旦那さんに『一週間京都を喰らい続ける!』と宣言したこちとら。

一週間『サントリー京都福寿園伊右衛門』を飲み続ける訳にもいかぬと、

グーグル検索で状況打開であります。

仙台で京名物を購入するとなるとネタが少ないため、

なかなか上物にぶち当たらない訳であります。

そんななか目を引いたのが、三越仙台店での「大京都展」なる催し物であります。

ここなら、京都の名産品に事欠かないでありましょうね。

と思い、よくよく見てみると『11月12日までの開催です』って・・・

終わってるべやっ!

こりゃ一週間『伊右衛門』で誤魔化すかぁなどと考えていた矢先、一筋の光であります。

ボルジェスさんの『キーパーのニアぶち抜き!』にも似た一筋の光であります。

仙台市青葉区は宮町に『文具のイワサキ』さんなる文具屋さんがあって、

文具屋さんなのになぜが京駄菓子を売っているというのであります。

良いじゃないですか!『文具のイワサキ』さん、最高です!

京都なうえに『駄』でありますからな。

つまり、『京都が駄目になるお菓子』といコトでありますから(そうか?)、

こりゃ『喰らわざる者、観戦するべからず!』位の

タイムリー&グッド・アイテムでありますな。

と言うわけで、いつもの如く、仕事帰りに『文具のイワサキ』さんへGO!であります。


そう言う訳で購入致しましたよ、京駄菓子。

京駄菓子.jpg

八つ橋バリバリ喰らっております。

京都の堅い守備陣を想像しながら、堅い八つ橋をバッリバリ喰らっております。

京都の堅い守備陣を想像しながら、堅い八つ橋を「伊右衛門」さんに浸して、

ペッニャペニャにしてから『当日もこれくらいペッニャペニャ』にしてやっかんね!

などと思いながら喰らっております。

他に京煎餅も購入しましたので、試合当日まで喰らうに困ることは無さそうであります。

てぇ訳で、一週間ぶっ続けで京都を喰らい続けますよ。


そんでもって、ご指摘の『SUPPORTER』に変更したパート2を併せてどうぞ。

ベガサポが乗っています2.jpg


んでおまけ・・・。

京都のまみ嬢から注文のあった『京都ver』を作成致しました。

それも2パターン。

まみ嬢、ご堪能あれ・・・。

カトQが乗っています(サンガ).jpg
サンガ・バージョン

カトQが乗っています(仙台二高).jpg
母校の仙台二高バージョン

バカ話、以上です。
posted by 木久蔵 at 20:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月20日

ベガサポが乗ってます

それにつけましても、仙台さんの昇格の道を険しいモノにしたのが、

仙台出身の加藤望さんってぇんですから、

いやはや何ともサッカーは奥が深い訳でありますな。

そんでもって、仙台のお隣利府出身の加藤久監督率いる京都さんが、仙台さんの・・・。

いやいや、前向きに考えましょう!

カトQには『昇格できなかった責任を取ってヒゲを剃ります!』

くらいは言わせたいものでありますな。


そんでもって本題。

知人のベガサポ様から情報提供があった訳であります。

車のリアガラスに見掛ける『BABY IN CAR』のステッカー。

普段であれば、だから何っしゃ!?と悪態を付く処なのでありますが、

マジマジと見ると『ベガサポ IN CAR』となっていて、

赤ちゃんならぬベガサポがフラッグを振っているステッカーを見かけたとのこと。

へへぇ〜っ。そりゃ面白い。

と言う訳で、早速120%混じりっけもなくパクリました。

・・・・・・。

ベガサポが乗っています.jpg

なかなかの出来でありますな。

んだば、週末の京都退治ツアーで早速のアウェー・デビューでありますな。

パクったこちとらが言うのもなんですが、多くの仙台さんサポ諸兄連のみなさん、

このバカアイテム使ってやって下さい。



《追記》
ブラホよ・・・。

他人様のアイデアをまんまパクったこちとらが言うのも何なのですが、

ブラホにパクられる前に『水戸ver』も作ったので使っておくれ。

ミトサポが乗っています.jpg
あとは煮るなり焼くなり・・・。
posted by 木久蔵 at 19:05 | Comment(10) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月15日

湘南を喰らう!07

ハラハラドキドキのJ2終盤戦ではありますが、

なるべく仙台さん寄りにコトが進んで頂けないものかと念じるのは人情でありますな。

こちとらが考える最もドラマチックなシナリオは、

西京極で三位以上が確定して、最終戦で自動昇格が確定するというものであります。

ん〜考えただけで興奮しますな。

そうなるには、次のような星取が必要でありますよ。

札幌さん:京都さんに勝つ!

読売君:C大阪さんに負ける・・・。

京都さん:札幌さん、仙台さんに負ける・・・。

仙台さん:なにがなんでも全部勝つ!

C大阪さん:読売君に勝つ!だけんともそれ以外で1敗・・・。


これで行くと、西京極での試合後に『いよっしゃぁ〜!最悪でも入れ替え戦だぁ!』となって、

最終節の聖地で『興奮しすぎて、うんこ漏れたぁ!』となる訳でありますな。

ん〜。余りに身勝手ながらも良いストーリーでありますな。


んで本題。

仙台さんが敵をペロッと喰らう前に、こちとらが相手を事前に喰らっておく

『喰らうシリーズ』であります。

例の如く『湘南 レシピ』でググりますよ。

12番目に検索されたWEBサイトのレシピを作るのがルールなのでありますが、

いやはやなんともそのサイトにはどこにもレシピが掲載されておりませんよ。

11、10番目と前目に遡って行くのですが、

なかなかレシピが掲載されているサイトに辿りつけませんよ。

んでやっと辿り着いたのがレシピが『牡蠣の簡単オードブル』であります。

旬の牡蠣とは願ったり叶ったりでありますな。

早速調理開始でありますよ。

手間が掛かる調理が全くありませんので、まぁチョイのチョイでありますな。

そんでもって、はい出来上がり。
お牡蠣ぃ〜.jpg

大変美味しゅうございます!であります。

一足お先に湘南さんを喰らっておきましたので、

あとは仙台さんが当日ペロッと湘南さんを平らげて頂ければ本望であります。
posted by 木久蔵 at 19:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月14日

中原貴之という裏ドラ

裏ドラは、めくってみなきゃ判らねぇ。

中原貴之も、やってみなきゃ判らねぇ。

結果、中原貴之は裏ドラな訳であります。


ジャンプして、空中で停止した後、降下する。

その滞空時間、その高さ、そんでもってヘッドの強さ。

振り抜いたシュート力も半端無ぇ。

とくれば、どんな監督もヨダレを垂らして近寄っては、

『もぉ、絶対放さないから!』となるのが人情、のはず。


だけんともしかし、そうならないのが裏ドラ・中原の背負った運命。


『制空力』の魅力を根こそぎ奪い取る、足下の幼稚さ。

自身の持つポテンシャルをエニタイム、エニウェアで発揮できないメンタル。

課題がハッキリしていながらも、一向に向上しない歯痒さ。

中原が計算できれば、ここまで決定力不足で悩むことは無かったはずなのであります。


ところがどっこい、読売君との戦いで見せた中原のプレーからは、

『出来ることしかやらねぇから、あとよろしく。』的な

良い意味での『開き直り』が感じられましたよ。

萬代が手こずった『クラッシャー土屋』をモノともせずに制空権制圧。

そんでもって、仙台さんサポ諸兄連の全てが『萬ぁ〜んッ!』と絶叫したラストプレーでも

しっかとポスト役を十二分に発揮しておりましたしね。
(まぁ、懐でキープ出来るかどうかは未確認でありますけれどもね・・・)

ここで、中原が一皮剥けてズル剥け君と相成ったのであれば、

残りの3試合相当に期待できると思う訳であります。


時間(とき)を2004.4.29の福岡戦から再び動かし始める瞬間は、

まさに今だと思う訳であります。

てぇ訳で、読売君戦で取りあえず『リーチ』はしましたから、

あとはアガって裏ドラ乗るのを待つばかりであります。

『リーチ、ツモ、ピンフ、おぉ〜裏ドラ乗ってたぁ!』でお願いします。
posted by 木久蔵 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月13日

合体のいろは

読売君戦でのモッチーの対応が、やれ『遅かった!』だの、

やれ『順番がちがう!』だのと言われております。

いままで『早ぁやぁいぃ〜(失笑)』しか経験していないこちとらとしては、

『おおぉモッチー、スゲエなぁ〜順番間違えたくせに長持ちか〜。

さすが仙台さんの監督だけのことはあるな!』などと感心しているところであります。

・・・・・・。

では今回もバカ話であります。


読売君戦の録画を何度と無く見たのでありますが、

仙台さん失点の場面、いやはやなんともディエゴさんのシュートが凄すぎますな。

そんでもって、ディエゴさんのダイレクト・ボレーに目が行きがちでありますけれども、

その前の『バカボンのパパ』服部さんの、ノー・ステップからのクロス・・・、

何ですかコレは!?の至高の一品でありましたな。

いやぁ、敵ながら、そんで負けられない大一番ではありましたが、

イイもの見せて頂きましたよ。


いやはやなんとも、これこそが『腐っても鯛』!

ベテランの味ということでありましょうな。

それから比べると仙台さん選手連は若い選手が多いこともあり

『生きが良くとも鯖』てぇな感じでありましょうかね。

理想像に対してちょいとひと味足りない訳であります。


萬代にはヘッドの強さが足りないが、中原はそれを持っている。

中原には足下の技術が足りないが、永井はそれを持っている。

永井にはスピードが足りないが、中島はそれを持っている。

中島には・・・、そうであります、こりゃ堂々巡りでありますな。

無い物ねだりのアイウォンチュー!な訳であります。


そのむかし、ウルトラマンタロウに登場した怪獣に

『暴君怪獣タイラント』というのがいましたが、

この怪獣は、かつてウルトラ兄弟に倒された怪獣の中から『強い部分』

を合体させて一体の怪獣に仕立てたものなのであります。

このタイラントさんのように、仙台さん選手連も『強い部分を』合体させたら、

フッキさんにも負けないような『ウルトラな選手』が生まれる・・・かな?

ゼットン級のフッキさんには合体してもちょいと足りないかもしれませんな。

まぁ、ちょいとひと味足りないから『愛着』が生まれる訳でありますから、

仙台さん選手連はこれで良いのかもしれませんね。


暴君ハバネロ.jpg
暴君怪獣タイラントさん

結局タイラントさんもウルトラマンタロウに敗れてしまう訳であります。

まぁ、合体して何とかしようとするよりも、

単品単品で何とかするしか無いようでありますな。

合体話、以上です。
posted by 木久蔵 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月08日

読売を喰らう!07

仙台さんが対戦相手をペロッと喰らう前に、こちとらが一足早く美味しく頂いておく。

それが喰らうシリーズであります。

喰らう料理は、『対戦相手の都市名、レシピ』でググリ、

サポ番号である12番目に検索されたサイトに掲載されているものとしておりますよ。

レシピ通りに調理され、かつ『大変美味しゅうございました』だった場合、

相当の確率で仙台さんに勝ち点3が転がり込んできておる結果となっておりますよ。


んで、読売君であります。

『読売君 レシピ』でググッた結果、

残念ながら12コも検索することができませんでしたよ。

仕方がないので、『読売君 東京 レシピ』でググリましたけれども、

結果は同じでありますな。

やむを得ないんで『読売 東京 レシピ』仕様が無く検索、

まぁぞろぞろと出て参りますな。

めでたく12番目に検索されたサイトは、『読売ネットセンター』なる

読売新聞の販売店が運営するサイトでありますよ。

コレ程、読売君を喰らっておくには申し分の無いサイトは他にないでありましょうな。

そんでもって、今回のレシピは『和風カボチャプリン』であります。

緑の皮と黄色の中身、混ざり合っても黄色が勝つ!いいんじゃないですか、カボチャ!

と言う訳で即行で『和風カボチャプリン』完成。

読売君のカボチャプリン.jpg
こちとら作『和風カボチャプリン』

まぁ、お味は素朴で、そのまんまカボチャの味でありますわな。

美味しいッスよ。

てぇ訳で、一足お先にこちとらが読売君をペロッと喰らっておきましたので、

あとは土曜日に仙台さんが、読売君をペロペロッと喰らって頂くだけと相成りましたな。

では、仙台さん、当日はひとつよろしく。


あっ、そうそう、これも忘れずに喰らっておかなきゃでありますな。

緑色のパッケージも鮮やかなムシ(省略)カレー!(現在販売終了)

東京2.jpg

いやぁ、春先に2つ買っておいて良かったぁ〜。
posted by 木久蔵 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月07日

待ってたぜ!

みなさま、脳内ビジョンを『アルムのもみの木』付近まですっ飛ばしてくださいな。

そんでもって、ハイジばりの『純真な気持ち』を胸一杯に溜めてくださいな。

一杯に溜まりました? 一杯に溜まりましたか?

一杯に溜まったのならば、一気に吐き出しますよ!

『ファビーニョが間に合ったぁ〜!おじいさぁ〜ん、ファビーニョが間に合ったぁ〜!』


いやぁ、祝!ファビーニョ全体練習復帰であります。

いやぁ、いがった!いがった!

ファビーニョが初スタメンとなった第36節の湘南戦から

今季の仙台さんは目つきが変わったと勝手に思っておりますので、

こちとら的には、ファビーニョの離脱にはそれはそれは心を痛めていた訳であります。

それが、どうですか!?ファビーニョ復帰でありますよ!

もぉ、最高ぉで〜す!最高ぉ、最高ぉ・・・、知らない人の方が多いのでしょうね・・・。


そんでもって、こちとらは、余りのファビーニョ好きが高じて、

勝手にチャントを作ってたったひとりで歌っておりますよ。

原曲は筋肉少女帯の『サボテンとバントライン』という曲であります。
(サンプル試聴はこちら

このメロディーに『ア〜レ、ファビーニョ!ゲットゴール、ファビーニョ!

ゴール、ゴール、ゴール、ゲットゴール、ファビーニョ!』とバカ歌詞を付けて、

通勤中などに大声で歌っております。
(ゴールが多いのが玉に瑕。どなたか良い歌詞があれば御伝授くださいな)

なにはともあれ、大一番に向けて主役が全て揃ったようでありますな。

さぁ、心地良い緊張感を感じて参りましたよぉ〜。

早く週末になりませんかねぇ、そんでもって、読売君には絶対ぇ勝つ!
posted by 木久蔵 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月05日

読売改め・・・

いよいよもって、大一番まで一週間を切った訳であります。

そんでもって、近頃こちとらは、つくづく思う訳でありますよ。

亀田一家の騒動などを見るにつけ、

対戦相手への尊敬の念?リスペクト?敬意?

まぁ、言い方はいろいろとあるのでしょうけれども、

対戦相手を認め、敬い、尊ぶってぇコトが非常に大切だかんね!と。

紳士的に戦うのは、勝利への近道だかんね!と。


ようは、この糞野郎!であるとか、この金満王国!であるとか、

この外人頼み!であるとか、名波はスタメンでお願いします!などの

罵詈雑言を対戦相手に浴びせてはイカン!というコトなのでありますな。

ん〜、判るような気がします。

相手に失礼があってはイカン訳であります。

そんでもって考えると、こちとらの言う『読売』という呼び方は、

もしかすると相手に対して失礼かもしれませんね。

まぁ敬称略の呼び捨てですしね。

そんでもって、他のクラブ様には『さん付け』ですしね。

『この読売!』 ん〜、確かに失礼ですね・・・。


パオロ・マルディーニも言っていますよ。

『対戦相手は敵ではない。同じピッチの上で戦う仲間だ。』

なるほど、良いこと言いますな。

じゃ、こちとらも、大一番を控えて言い方を改めると致しましょう。

これも、仙台さん必勝!の為。やむなしであります。

では、マルディーニの『ピッチで戦う仲間だ。』からヒントを頂き、

『読売』改め・・・


『読売君』でいかがでしょう。

仲間ですので『君付け』にさせて頂きました。

てぇ訳で、読売君、今週末、ひとよろしく。

以上、バカ呼称変更以上です。
posted by 木久蔵 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月02日

ブラジルを止める

それにつけても、フッキさんとディエゴさんであります。

このお二人をバチッと止めない限り、

仙台さん勝利の目は、限りなく薄くなる訳であります。

ブラジル人の二人を如何に止めるか・・・。

まぁ、兎にも角にも、読売の攻撃軸はブラジル頼みである訳でありますから、

このブラジリアンを如何に止めるかでありますな。

あれっ?

ブラジリアンを如何に止めるか?

ってぇか、遠い記憶でありますけれども、

ブラジリアンが見事止められて終戦と相成ったクラブがありましたな。

たしか、それも三人のブラジリアンがいたと記憶しておりますよ。

らっきょ頭のストライカーと突進アフロと繊細な天才児。

J2じゃ反則だろ!などと陰口を叩かれましたが、結局はしっかと止められましたな。

てぇ訳で、三人のブラジリアンをビタ止めして勝利することができる訳でありますから、

たった二人のブラジリアンを止めることなど言わずもがなでありましょう。ねぇ?

・・・・・・。

よっ、この反面教師!

三人止められたんだから、二人位はさぁ、ねぇ?

バカ比較論以上です。
posted by 木久蔵 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年11月01日

スカウティング

ギックリ腰であります。

鼻歌交じりで屈んだ瞬間、秒殺であります。

どなたか、北斗の拳の『トキ』のように一撃で治してくれる方、

ご存じありませんかね・・・。


さぁいよいよ次節は、読売との大一番であります。

そんでもって、福岡戦から二週間空くところが、これまた絶妙でありますな。

二週間掛けてジワジワと気持ちを高ぶらせていく・・・。

いやはやなんとも、贅沢じゃありませんか。

J2はこの時期の昇格争いに限りますな。


そんでもって、大一番が敵地に乗り込んでってぇのが、これまた絶妙でありますな。

二週間掛けて『膨らませた』思いを敵地味スタに大放出する訳でありますよ・・・。

いやはやなんとも、楽しみじゃありませんか。

J2はこの時期の昇格争いに限りますな。


そんでもって、相手が読売ってぇのが、これまた絶妙でありますな。

ブラジル頼みのサッカーを、去年それで失敗した仙台さんが返り討ち・・・。

いやはやなんとも、痛快じゃありませんか。

J2はこの時期の昇格争いに限りますな。


そんでもって、こちとらも微力ながら読売のスカウティングを始めた訳であります。

監督のラモス瑠偉氏に関しましては、すでに丸裸にしておりますので今回はパス。

んで、やっぱ読売さんといえば『フッキ』さんでありますな。

そういえば、最近のフッキさんは、ジョージ・マイケルばりにお髭を蓄えておりますな。

心境の変化でもあったのでしょうか?

もしや、ジョージ・マイケルに追随してあちらの世界に旅立たれたとか・・・。

あと、フッキさんそっくりな人が『ハイスクール奇面組』にいたような気がするんですよね。

まぁ、余談はその程度にして早速フッキさんの身辺調査でありますよ。

大抵のことは『グーグル』で済ませるこちとらとしては、早速ググりましたよ。

ん〜、めぼしい有力情報無ぇなぁ〜・・・、とその瞬間、ぶち当たりましたよ。

『女優・吹石一恵のニックネームはフッキー!』

・・・・・・。

ははぁ〜ん、フッキさん攻略の糸口は、吹石一恵さんでありますか・・・。

こりゃ長い攻略の旅になりそうでありますな。

どおりで読売戦まで二週間空く訳だ・・・。

バカ話、以上です。
posted by 木久蔵 at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月31日

野郎の原動力

野郎の原動力は、古今東西、いづれの世でも『エロ』と相場が決まっております。

こちとらが、画像処理ソフトをマニュアルも読まずに使いこなせるようになったのも、

エロ画像を思いのままに編集したい!という願望からでありますし、

こちとらの友人が、スポーツジムでダイエットに成功しましたのも、

インストラクターのお姉さんを口説き落とそうと足繁く通ったからでありますし、

チビッコがドラえもんに熱中するのも、しずちゃんの入浴シーンのせいでありますし、

おじいちゃんが水戸黄門を欠かさず見るのも、お銀の入浴シーンのせいなのであります。

でありますから、鼻息指数120%をもって、

野郎の原動力は、エロ・パワーであると断言する訳であります。


なんでこんな話をするかというと、

まずは復習して頂きたい訳であります。

長袖&手袋によって、ちょいと確認しづらいのではありますが、

こちとらの後輩、萬代宏樹君の左手にはまだテーピングが施されておりますな。

乙女の祈り2.jpg

てぇことは、まだ憧れの君には振り向いて貰えていないという状況でありましょう。

となりますると、いよいよもってこちとらのバカ予測が現実味を帯びてまいりますよ。

『これから10点取ったら付き合ってあげる!』

はい。そうであります。あれから萬代は鳥栖、C大阪、福岡と3点取りました。

でありますから、残りは7点であります。

残り4試合で7点であります。

相当に厳しい状況であります。

だけんともしかし、残り4試合で7点なら、仙台さんの4連勝に当確マークでありますよ。

てぇ訳で、Hey 萬ちゃん! 残り4試合で7点取っちゃいな!であります。

J1昇格と共に彼女もゲット!いやはや何とも両手に花でありますな。

兎にも角にも、残り4試合、こちとらの後輩、萬代宏樹君の大爆発なくして

4連勝などあり得ん訳であります。

でありますから、エロ・パワーでも何でも構わんので、是非ひとつ萬代大噴火!

でお願いしたい訳であります。
posted by 木久蔵 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月30日

永井篤志という薬味

永井塾長は薬味であります。

主役ではないが、しっかと主役を引き立たせる名脇役。

時にピリリと、時にキリリと、

時に香りで、時に歯応えで、

主役に合う薬味を、経験を駆使して絶妙に選択する訳でありますな。


開幕当初は前目のポジションで起用されたこともあり、

なかなか『薬味』としての魅力を十分に発揮できずにおりましたが、

レッツゴー師匠とのダブル・ボランチという安住の地を得てからは、

持ち前の職人技を遺憾なく発揮されておりますよ。


塾長はボールに絡むにあたり『十分な助走距離』が必要なのだと思う訳であります。

助走の間に閃くのか、周りを見てるのかは判りませんが、

十分な助走距離をとってボールに絡むと『絶妙な仕事っぷり』で

応えてくれる訳でありますよ。

でありますから、下がり目のMFであるボランチってぇポジションは、

それこそ塾長にとって『天職の場所』でありますな。


んでさ、ハードワークの『汗かき屋さん』が脇役となる場合は結構あると思うのですが、

飄々とした『薬味屋さん』が脇を張っているってぇのが、

なんとも今年の望月ダイレクト・スタイルを反映していると思うんですよね。

いやぁ、塾長、効いておりますよ。

残り4試合、いままで以上の存在感で『薬味職人』としての技を

十二分に披露して頂きたいと思う訳であります。


バカの独り言・・・。

永井塾長が焼いた『煎餅』は、とても美味そうな予感・・・。

「こだわりの手焼き煎餅・味のながい」引退後の選択肢として如何でありましょうか。
posted by 木久蔵 at 20:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月25日

福岡を喰らう!07

仙台さんが相手クラブをペロッと喰らう前に、

こちとらが一足早く喰らっておくトンチンカン企画、

それが喰らうシリーズであります。


まったくもって仙台さんに影響を与えないことは確かなのではありますが、

こちとら的には、「難敵C大阪さんを撃沈させたのは、

『阪神電車梅田駅改札脇のミックスジュース』

を事前にこちとらがペロッと頂いていたことも少なからず影響してるんじゃねぇの?

もしかして・・・、ムフフ・・・。」位の空想は容易い訳であります。

でありますから、今回も福岡さんを喰らいます。


福岡さんレシピは何でありましょうな、早速『福岡 レシピ』でググり、

12番目に紹介されたサイトをチェックでありますよ。

当確サイト&レシピはこちらでございます。

居酒屋風お好み焼きの店「お好み焼き順平」のオニオンソース

・・・・・・。

ソースって、そぉっすか・・・。(横浜FM解任風)

ソースだけ作ってもねぇ。

何につけんのやっ!ってぇ話でありましょ。

と思っておりましたところ、WEBサイトの脇に「ハンバーグ」の文字。

ならば、ハンバーグを作り、それにこのソースを掛けることといたしましょう。

まぁ今回も前回のミックスジュースよろしく、ポチッとなの一声で調理終了であります。

んで、こちらが完成したソース。
オニオンソース.jpg

でもって、こちらがソースを掛けたハンバーグ。
ハンバーグ.jpg

お味は美味しゅうございましたでありますよ。

このソースはいろいろと使い道がありそうでありますな。

とにもかくにも、事前に福岡さんを喰らっておきましたので、

あとは仙台さんが当日福岡さんをペロッと頂くだけでありますな。

てぇ訳で、福岡戦は快勝快勝また快勝で問題なし!と思った矢先、なになに・・・。

ソースは一週間寝かすこと・・・?

へぇ、しゃあ無ぇべ、喰っちゃったもん・・・。


そんでもって、ちょいと気になったもんで、

流行遅れではありますが例のブツで調べてみましたよ。

ロペス.jpg

・・・・・・。

ど、ど真ん中に・・・。まぁ、こんなのお遊びですから・・・、ねぇ。
posted by 木久蔵 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月24日

聖地に呼んじゃいな!

もはや秋の風物詩的な趣もある、仙台さんフロントの珍騒動。

まぁ時間が経つに連れて沈静化という処でしょうかな。

新聞各社の報道姿勢を見ると、いやはやなんとも面白いもんであります。

仙台さんが『メシの種』となっている河北新報、サンスポ両紙は、

冷静にかつ混乱を与えない表現でコトにあたっておりますな。

サッカーは『ネタ』にしか食いつかないスポニチは、

持ち前のメリハリありすぎる表現で書き立てております。

そんでもって、厄介なのが『緑の血が流れる』読売報知とニッカンでありますよ。

こちとらの馬鹿ブログを読む以上に日本語読解能力を必要とする、

創造性豊かで独創的な表現になっております。

使われている単語の本来持つ意味をじっくり考えながら文章をしっかと読むと、

なんとも味わい深くそして失笑を誘う仕上がりとなっておりますな。

まぁあれですな・・・、こんなチョットしたことで

『ここまでいじられる』

てぇことを恍惚として受け入れて、

この時期にこのポジションにいられる幸せ感を十分噛みしめようではありませんか!

ねぇ?


んで、本題。

いやぁC大阪戦のスタジアム、久々の混雑ぶりでありましたな。

この盛り上がりを演出して下さったのは他でもありません、

満員プロジェクトを企画した仙台さんサポ諸兄連有志の皆様でありますよ。

いやはやなんとも、脱帽であります!

怒濤の黄色い渦。感無量であります。

だけんともしかし、あと二千チョイの空席がある訳でありますな。

ここからがホントのラストスパートでありますよ。

でありますから、御近所お誘い合わせのうえ、

聖地に馳せ参じたいと思う訳であります。

そんでもって、またまた矢面に立たされてしまった名川の大将!

起死回生の一発でありますよ。

満員プロジェクトのキャッチコピーといえば、御存知『GET THE GLORY』。

言わずと知れたパンク・ロック・バンド、ラフィン・ノーズの

代名詞とも言える名曲であります。

そんでもって、ラフィンのボーカル、チャーミーこと小山ユウ氏は

関西弁で喋りますけれども、正真正銘の気仙沼出身者であります。

でありますから、

HEY 名川の大将!呼んじゃいな!ラフィンを聖地に呼んじゃいな!

そうでありますよ、最終節の徳島戦前にラフィンのライブやっちゃう訳であります。

二万人で、『GET THE GLORY』御唱和であります。

二万人で、♪ゲッ、ゲッ、ゲッザグロ〜リィ〜!であります。

てぇ訳で、HEY 名川の大将!呼んじゃいな!ラフィンを聖地に呼んじゃいな!

ついでに、聖地で『聖者が街にやって来る』も歌って頂きましょう。

社長よろしく。
posted by 木久蔵 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月23日

試練上等バッチこ〜い!

そうかい、そうかい。

激闘に勝利した余韻すら味わわせてくれいないてぇ訳でありますか・・・。

ネタ・クラブの面目躍如ってぇところでしょうかね。

モジャ男移籍騒動に小長谷SDの契約延長無しよ騒動。

昇格に向けて一致団結!と思った矢先の報道でありますからな・・・。

いやはやなんとも、サポの道は修行の道であります。


モジャ男が移籍するのも事実なら、小長谷SDがいなくなるのも確定でありましょう。

そんでもって、いっつもであります。

いっつもサポには断片しか与えられない訳であります。

今回の騒動も、結構ドロドロとした血生臭い経緯があってのことなのでしょうけれども、

その経緯がしっかとサポに説明されることは無い訳であります。

十分にコトの経緯を説明されれば、サポ諸兄連も合点承知とあいなるのでありましょうが、

そんな経緯が説明されることなどあり得ない訳でありますから、

いつまでたっても『ホントのトコ』は闇の中な訳であります。

ホントのトコが判らない以上、憶測は止むことを知りませんから、

当然疑心暗鬼にもなります。

となれば、一致団結!一枚岩!などと言ってる場合ではない事態が

発生しかねない訳でありますな。

公表出来ないホントのトコであったとしても、動揺を起こさせない為にも、

せめて選手連だけには事情説明をしっかとしていただきたいと切に願う訳であります。


んでさ、サッカーの真実はスタジアムの中にしか存在しない訳でありますよ。

サッカー界には、お金、名誉、確執、噂、いろいろなモノが存在します。

だけんともしかし、真実はスタジアムの中にしか存在しないんですよ。

マスコミがどんなに騒ごうが、ネットでどんなに騒ごうが、

真実はスタジアムにしか無いんです。

だから、こととらは福岡戦も聖地へ行く訳であります。

真実を見に聖地へ行く訳であります。

そして、自分の求める真実が得られるように、声援を送る訳であります。

仙台!レッツゴー!と声援を送る訳であります。


まぁ人並みに心配はしてみましたが実際の処、

今年の仙台さんはちょっとやそっとじゃ、腰がガクガクっとぶれることは無いっしょ。

岡山がサポを裏切ると思う?

キンがサポを裏切ると思う?

林、木谷、磯崎、永井、ナオキ、梁、中島、萬代、そしてロペス。

そんでもってアンドモア!

ねぇ?

ココまで信じてきたんだから、最期まで選手連を信じてサポートしましょうよ。

昇格を争う最中にこんなゴタゴタが発生して、

『それを難なく乗り越えた』なんてコトになったら、

それこそもう昇格確定ランプ点灯でありますよ!

兎にも角にも、福岡戦必勝であります。


あれこれと 言いたいことは あるけれど 試練上等 バッチこ〜い!  お粗末・・・

バッチこ〜い!.jpg


posted by 木久蔵 at 18:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月18日

大阪を喰らう!07

仙台さんが相手をペロッといただく前に、こちとらが一足お先に喰らっておく中途半端企画。

それが『喰らうシリーズ』であります。


今季の戦績はいまのところ次のとおりでありますよ。

ラフランス入手困難のためスペイン人で済ませ、お味はグーだった山形戦が引き分け。

新しょうが入手困難のため普通のしょうがで済ませ、お味はグーだった鳥栖戦は見事勝利。

結果、お味がグー!これが大前提。

そんでもって、旬のズレはOKだが代用品はOUT。

これらを遵守し今回も仙台さんより一足お先に大阪さんを喰らっておきますよ!


さてさて今回のレシピは何でありましょうか。

早速『大阪 レシピ』でググりますよ。

12番目のサイトには何のレシピも載っていないので、

やむを得ず13番目のサイトに移動ですよ。

んで、そこにあったレシピってぇのが・・・、来ましたね。

大阪の阪神電車梅田駅の改札にあるミックスジュース

サイトの隅々まで見渡しますと、相当に美味しいというのが見て取れますな。

んでは調理開始であります。

だけんともしかし、調理というのでしょうか?

缶詰を空けて中身をミキサーに投入。

牛乳パック空けてミキサーに投入。

冷凍庫空けて氷をミキサーに投入。

健康を考えカロリーオフの砂糖を投入。

水少々をロスタイムに投入。

あとは、一世を風靡したあのお言葉を実践するのみ。

『ポチッとな。』

・・・・・・。

秒殺であります。

こんな秒殺、パンクラスの山田学以来であります。

んで、完成品がこちら。

ミックスジュース.jpg
容器は浦和モデル

なんでしょ、これ! 美味いっす! こんだけなのに美味いっす!

神田川俊郎氏も

『ミックスジュースも、ちょっと工夫でこの美味さぁ〜!』

と太鼓判のハズでありますよ。

さぁ、代用品を使うことなくレシピ通りに作り、

そのうえ大変美味しゅうございますときたら、

ドロ船の大船に乗ったつもりでセレッソ戦を迎えられますな。

んだば、あとは仙台さんがセレッソさんをガツッと喰らうだけでありますよ!


しかし、これ美味いっすわ。 でもこりゃ太るな・・・。
posted by 木久蔵 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年10月17日

鍋島フェスティバル

前回までのあらすじ・・・。

佐賀藩主・鍋島氏のお膝元である佐賀市。

てぇ訳で、モチのロンで至る所、鍋島だらけ。

『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』精神のこちとらが、

天敵・鍋島將起への鬱憤を、佐賀市鍋島に八つ当たりするトンチンカン企画。

鍋島による、鍋島のための、鍋島フェスティバルの心だぁ〜であります。


街を散策し始めてまず目に付いた第一鍋島はこちら。

鍋島小.jpg

佐賀市立鍋島小学校であります。鍋島の小学校であります。

いやぁここのチビッコ達には正しく真っ直ぐに育って頂きたいものですな。

んで、小学校の脇にはととんでもない看板が立っておりますぞ。

環境保護!.jpg

ええっ!?

save_the_nabeshima!.jpg

セーブ ザ 鍋島! 鍋島の環境保護! 鍋島を守れ!でありますよ。

さすが、藩主だけのことはありますな。

鉄壁のディフェンス陣に守られておりますよ。

そんでもって、

逃げろぉ〜!.jpg

緊急時には鍋島に避難であります!

いやいや、鍋島を避けたいのがJサポ諸兄連の総意のハズ、

にも関わらず鍋島に逃げ込めとは・・・、恐るべし佐賀であります!

そんでもって、

オフサイド!.jpg

オフサイドの誤審に注意!の看板登場であります。

たしかに、看板の坊ちゃんは、チョイとだけ気持ち飛び出しているかもしれませんね・・・。

なにはともあれ、オレが主審だ、テメぇら気をつけろよ!ってぇことでありますな。


いやはやなんとも、恐れながらIKKOさんのお言葉をお借りすれば、

『鍋島、どんだけぇ〜〜!』ってぇことでありましょうな。

超アウェーであります。

鍋島に囲まれて超アウェーどんだけぇ〜〜!であります。

ノン・ストップ鍋島であります。

コンビニももちろん、

コンビニも鍋島!.jpg

鍋島だぁ文句あっか!


区切るところ間違えんなよッ!

鍋島の汚水は任せろ!.jpg

鍋島汚水!じゃねぇかんね。だけんとしかし、汚水って・・・(笑)。


地元の銘菓に至っては、

佐賀銘菓.jpg

呼び捨て厳禁!「さま」とお呼び!鍋島さまとお呼びよ!


バス停なんて自己主張の固まりであります!

ここは鍋島.jpg

はいはい。

次は鍋島.jpg

しつけぇよ!


一丁目もあれば、

バス停も鍋島!.jpg

二丁目もある!

二丁目もあんぞぉ〜!.jpg


鍋島のジョニウソン捕獲!

鍋島一丁目のジョニウソン.jpg

鍋島のロペス拘束!

鍋島一丁目のロペス.jpg


ここの撮影は気を遣いましたよ・・・。

交番も鍋島.jpg

なにとぞ、誤審なきようお願いいたしますよ。


街中で鍋島フェスティバルであります。

鍋島將起ファンは、絶対ぇ訪れるべきであります。

外せないっしょ、佐賀市鍋島!


いやぁ、鍋島でお腹一杯!

こんだけ、鍋島、鍋島・・・だったら、

さぞかし鳥栖さんとの相性はいいのでしょうなと調べましたら、

07シーズン1勝1敗の五分・・・。

気を遣えよぉ。 だってお前、鍋島だろっ・・・。

まぁ結局鍋島は鍋島だな。


旅の教訓

罵る時は『この汚水野郎がぁ!』をお奨めします。
posted by 木久蔵 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。