2007年08月28日

こうは考えられないだろうか?

仙台が攻め込むも上手くスペースを消されている・・・。
 ↓
さすが湘南、組織的守備で隙がない・・・。
 ↓
シビレを切らせて放り込めば、ことごとくジャーンが跳ね返す・・・。
 ↓
さすが湘南、最期の詰めも抜かりがない・・・。
 ↓
この守備陣を切り崩すのは相当に厄介だ・・・。
 ↓
守備陣を間延びさせないと得点機は訪れない・・・。
 ↓
しかしポゼッションしているのは仙台だ・・・。
 ↓
これでは湘南守備陣は間延びしない・・・。
 ↓
湘南守備陣を間延びさせる方法は無いものか・・・。
 ↓
ひらめいた!
 ↓
良い場所で湘南ボールになればカウンター狙いで前に来る!
 ↓
そうなれば瞬間的に守備陣は間延びするハズだ!
 ↓
この一瞬を狙って相手のカウンターをカウンターで斬り返す!
 ↓
これで湘南ゴールも一気に近くなる!
 ↓
これはいい!
 ↓
でも、どうやって相手ボールにする?
 ↓
良い場所で湘南ボールにならないとカウンターは来ないぞ・・・。
 ↓
ひらめいた!!
 ↓
でも・・・大丈夫か?
 ↓
ひらめいたけど実践しても大丈夫か?
 ↓
んぅ〜・・・、、、ええぇ〜〜ぃやっちゃえ!!


こんな分析と葛藤が瞬時のうちに脳内を駆けめぐり、

結果、レッツゴー師匠は相手にパスを出している。

こうは考えられないだろうか?


んなこと.jpg
posted by 木久蔵 at 20:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年08月23日

秋の気配

世知辛い世の中であります。

てなもんで、風流やら粋やらを身に付けようと「俳句教室」に行ってみましたよ。

俳句に欠かせないのが「季語」であります。

季語辞典なるものを見ておりましたところ、

聞き慣れた言葉が季語として登録されておりましたよ。

「バス囲み」:夏の季語

例)バス囲み 強者どもが 夢の跡

・・・・・・。

朝夕はすっかり秋の気配でありますから、今年は是非とも無しの方向で・・・。


でもまぁ、秋は秋で「来季」とか「辞任」とか「解任」とかが登録されておりましたよ。

嫌な季節になりましたな。

今季は何も起こらないことを祈っております。

そんでもって「Bチームの方が強いんじゃね?」ってぇこそこそ話も

今季は無しの方向でお願いします。

バカ話以上です。

posted by 木久蔵 at 20:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年08月22日

帰るべき家

福田健二と掛けまして、安倍晋三と解く。

そのこころは、「活躍してる処、見たことねぇよ!」。

・・・・・・。



プロ・サッカー選手はクラブに所属している訳であります。

プロ・サッカー選手にとってクラブというのは、単なる職場なのかもしれませんが、

それだけでは無いと思う訳であります。

クラブとは「帰るべき家」なのだと思う訳であります。


ですから、プロ・サッカー選手は移籍を繰り返し、

自分の帰るべき家を探し続けるのだと思う訳であります。

福田特派員の場合は、仙台さんが帰るべき家だったってぇ訳はありませんから、

他クラブへの完全移籍は至極当然だったと思う訳であります。

ラスパルマスが福田特派員の帰るべき家だといいですな。


そんでもって、クラブの価値ってぇのは、「このクラブが俺の帰るべき家だ!」

と思ってくれている選手がどんだけいるのっしゃ?ってぇところだと思う訳であります。

選手に無理矢理仙台さんのユニホームを着せても仕様がない訳であります。

自ら仙台さんのユニホームを着たがる選手を育てなければならない訳であります。

仙台さんを帰るべき家だと思ってくれる選手を育てなければならない訳であります。

所属している全選手が「仙台が俺の帰るべき家だ!」と思っくれたら・・・。

失禁しちゃいそうであります。 これは相当に強いでしょうな。

まぁこんなバカなことを福田特派員の移籍と聞いて考えた訳であります。
posted by 木久蔵 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年08月21日

ブラジル三獣士

ブラジル三獣士。

懐かしい響きであります。

ボルジェス、チアゴ、そんでもってモジャ男。

三人揃って、ブラジル三獣士であります。



ボルジェスさんは、

サンパウロの一員としてただいまブラジル全国選手権を戦っております。

なんとビックリ!5得点でチーム内得点王であります。

そんでもってサンパウロは現在首位であります。

てぇことで、首位チームの得点王がボルジェスさんな訳であります。

最近のボルジェスさん

相変わらずバック転を決めております。

この決定力!

何故にあなたは仙台さん所有の選手にも関わらず、

ブラジルなんてぇ処にいるんでしょうか?

溜息しか出ねぇぞ!コノ野郎!



チアゴさんも、

フルミネンセの一員としてエースナンバーの#10を背負って

ブラジル全国選手権を戦っておりますよ。

そんでもって、チアゴさんも4得点でチーム内の得点王であります。

最近のチアゴさん

モノ凄い左足であります。ヘッドも決めております!

何故にあなたは仙台さんに残ってくれなかったのでしょうか?

溜息しか出ねぇかんなコノ野郎!



そんでもってモジャ男さんであります・・・。

ボルジェスさん、チアゴさんの活躍を知った方から、

『結局ベガルタは貧乏くじ引いちゃったってぇコトなんすか?』

と訪ねられて、なんとも口籠もったこちとらではありますが、

このテコでも動かねぇモジャ男を十二分に活かす方法をバカなりに考えましたよ。

守らねぇ、動かねぇ!だけんともボールはこねてこねてこねまくってキープする!

この特性を活かして、モジャ男のワントップであります。

4−2−3−1の1であります。

3はファビーニョ、ナカシマ、リャンであります。

中央からサイドのファビ、リャンに配球するも良し、

ど真ん中をナカシマさんが追い越すも良し、

溜めて溜めて溜めまくれ!の航空母艦役であります。


こねるなら、とことんこねろ、HEY モジャ男! であります。


バカ話、以上です。
posted by 木久蔵 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年08月02日

さんすうドリル

なつやすみのさんすうドリル(2年生)

もんだい
もちづき君は、1クールに勝ち点を23点取るよ!と言いました。
1クールは12しあいあります。いま、5しあいが終わって、勝ち点は5点です。
あと何回勝てば、勝ち点が23点より多くなりますか?
勝ち点は、勝つと3点、引き分けると1点、負けると0点です。


けいさん
23点−5点=18点
18点÷3点=6しあい
12しあい−5しあい=7しあい
のこりのしあいの数>6しあい


こたえ
ぜんぶ勝つから心配しなくとも大丈夫


100点満点の回答であります。

そうであります。全部勝てば問題ない訳であります。

つぎの札幌戦まで負けなければ問題ない訳であります。

「朝の来ない夜はない。そして、夜明け前が一番暗いのです。」

この谷川名人の言葉を借りれば、いまの仙台さんはまさに夜明け前な訳であります。

「暗いと不平を言うよりも、進んで声を出しましょう」であります。

ちょいとした工夫で、朝はやって来る訳であります。

朝さえ来ちまえば、こちらのもんでありますよ。

連勝連勝また連勝!これでイイでしょ。


てぇことは、今週末に聖地初見参を果たす「いこいさん」は、

歴史的連勝の記念すべきファースト・マッチを目の当たりにしちゃうってぇことですな。

んもぉ〜、いこいさん、ラッキー!


てぇか仙台さん、ホント洒落になんねぇから、絶対ぇ負けんなよ。頼むよマジで・・・。
posted by 木久蔵 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年08月01日

ボーズ!

ボーズがビョーブにジョーズにボーズのえをかいた。

うん。

ボーズのゴーシがジョーズにボーズのえをかいた。

えっ?

ボーズのゴーシがジョーズにボールをゴールにいれた?

それはイイ話でありますな。


そんな前振りがあって・・・、

アジアカップの日本代表。 韓国戦のグダグダな戦いを目の当たりにして、

何だかなぁ〜!?と、お嘆きの諸兄連も多いかと思いますよ。

レベルの相違は果てしなく存在するとしても、

オシムさんとこの日本代表と我らが仙台さんの『悩みの種』は、

ことごとく似ておりますよ。

横パス!横パス!そして横パス!

誰もシュートを打たず!チャンスでも打たず!

どフリーで打ったかと思えば、枠にも飛ばず・・・。

・・・・・・。


共に人もボールも動くサッカーを標榜しつつ、同じ悩みを抱えてるってぇところは、

これはまさに、オシムさん言うところの「日本人の問題」なのかもしれませんな。

だけんともしかし、

そこは世界の名将「イビチャ・オシム」必ず何とかするはずでありますよ。

そんでもって、

我らが大将・モッチーがホントにホントにラッキーだとつくづく思うところが、

まさにココな訳であります。

だって、オシムの真似をすれば、仙台さんの悩みも解決しちゃうじゃないっすか!

モッチー、ホントにラッキー!

でも、仙台さんが何とかしなきゃならないのは8月の戦いであって、

次の日本代表戦は9月なんですよね・・・。

いやぁ・・・。 まぁね、こういうこともあるわさね。


でもまぁ、オシム言うところの「チャンスは2度まで!」を準用するなら、

札幌−大阪と2度のミスを犯した選手連に対して何らかのテコ入れは必要でしょうな。

そこで、ゴーシであります。(ファビーニョもお忘れ無く)

『ボーズのゴーシがジョーズにボールをゴールにいれた!』であります。

スピードは関口に負けませんよ。

シュートの上手さはナカシマさんとどっこいですよ。

阿部のUちゃんにチャンスを与える前に、ゴーシ、ゴーシ、ゴーシでありますよ!

2001年の仙台さん、夏場にボーズの大友が活躍したように、

夏場にはボーズがジョーズにボールをゴールいれる訳であります!
posted by 木久蔵 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月31日

ジョニウソンという誤算

夏休みに入り学校が休みになって、家に子どもが朝から晩までいるもんだから、

世のお母さん連は大忙しだそうであります。

攻撃に入り全員前掛かりになって、カウンター喰らうまで誰も戻らないもんだから、

ジョニウソン母さんも大忙しだそうであります。

・・・・・・。


今の仙台さんにおいて、唯一無二の替えのきかない選手は誰や?と聞かれれば、

一瞬の迷いもなく、ジョニウソン・ゲッレーロォ!!と叫びます。

いやぁ、ホントに良い選手であります。

気が利く選手であります。

闘う選手であります。


だけんともしかし、だけんともしかしであります。

ジョニさんは新加入選手でありますから、活躍は期待していたとしても、

ここまでの大活躍になるとは計算していなかったと思う訳であります。

でありますから、選手連も春先は、何から何までジョニさんに頼ることなく、

自分の守備の負担は自分で負っていた訳であります。

でありますから、ジョニさんのお相手は春先までは、

守備重視のレッツゴー師匠であった訳であります。


ところがどっこい、ジョニさんの素性が発覚するやいなや、

最後の砦よろしく脂っこい処はジョニさんに丸投げ状態であります。

ジョニさんはあっちでフォロー!こっちでフォロー!

そんでもって、そっちでブッ潰し!と、酷使酷使の連続であります。

これではジョニさんが消耗するだけでなく、

全員守備やら連動した守備やらができるはずも無い訳であります。

まさに、ジョニさんの実力が予想以上であったが故の誤算でありますな。

こちとらは、この誤算が与えた悪影響は予想以上に大きいと思う訳でありますよ。


ジョニさん頼りの守備からの脱却!これがこれからの仙台さんの課題でありますな。

春先のように、ひとりひとり責任を持って守備をしていただきたいもんであります。


まぁ、迷惑を掛けた子どもの方が、親孝行するってぇ話も聞きますから、

ジョニウソン母さん、もう少しの辛抱ですな。
posted by 木久蔵 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月26日

まだまだ〜!

こちとらが『のび太』だったのならば、

いますぐにでも『ドラえもぉ〜ん!』ばりに、

『ファビィ〜ニョォ〜〜〜!』と泣きつくところではありますが、

残念ながら、こちとらは、のび太では無いので、

ファビーニョに泣きつくのは次の機会ってぇコトにしておきます。

だけんともしかし、『スネ夫』に成りきって、これだけは言わせていただきますよ。

『トシヤのくせに、生意気だぞ!』



そんでもって、眠れぬ夜ではありましたが、『スッキリ爽快!』であります。

ヘイヘイ!凹んでいる仙台サポ諸兄連!

下を向いていても始まりませんよ。

下を向いるだけで好転するのであれば、ブラジルまで凝視してやるのですが、

んなこたぁ無いので、下を向くのはもうやめでありますよ。


残念ながら、優勝する可能性は相当に低くなってしまいましたが、

昇格の可能性はまだまだ十二分でありますよ。

第3・4クールで京都さんに連勝すれば、

京都さんとの勝ち点差は僅かに3でありますよ。

勝ち点差3なんてぇものは、無いに等しい訳でありましょ?

札幌さん、京都さん、読売さんの更年期御三家以外は、

しっかりキッチリ勝ち点計算できる訳でありますから、

取りこぼし無く徴収できればまだまだでありますよ。

さぁ、目標下方修正の二位狙いに変更して、

打つべし!打つべし!打つべし!でありますよ。
posted by 木久蔵 at 20:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月19日

カレー

今期の仙台さんのフットボールはカレー。

刺激たっぷりのスパイシーな辛口カレー。

辛口カレーと聞いただけで『どんだけ辛いの?』の興味本位よろしく、

大抵のJ2クラブさんはこの辛口カレーを口に運ぶ訳であります。

『辛ぇこと!これ!』と不満を口にしながらも、いつもニコニコ勝ち点払い。

ホントにありがたいッす。


だけんともしかし、だけんともしかしであります。

仙台カレーは『辛いだけのカレー』だと批判の声。

辛いだけのカレーにゃ興味は無いと『大人の対応』をとる三人衆。

言わずと知れた、札幌さん、京都さん、読売さんのお三人。

あいつら、喰わねぇんだ。


そんでもって、そのお三人になんとか食べさせようと、望月シェフがひと工夫。

辛みを抑えるために、『磯崎印のココナッツミルク』を隠し味に投入。

若干マイルドな仕上がり。だけんとも、本来の辛さはそのまま。

試作品の割にはなかなかの出来。


福岡さんを相手に試食会。

福岡さん完食のうえ、いつもニコニコ勝ち点払い。

ほぼ思惑通りってぇところでしょうか。

さぁあとは、改良に改良を加えて、

仏頂面した更年期三人衆にイヤでも喰わせるだけでありますな。
posted by 木久蔵 at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月18日

振り抜け詐欺

『オレオレ・・・』てぇセリフで電話を掛けてきては、

お金を振り込ませて詐欺を働くふてぇ野郎共がいる訳であります。

『振り込め詐欺』でありますよ。

ひでえ野郎共でありますな。


そんでもって、混戦のゴール前、ペナルティ・エリアからのこぼれ球に対して、

『オレ!オレ!』てぇ掛け声と共に突進してきては、

ミドルシュートではなく、宇宙開発でもなく、

『オフェンシブ・クリア』をぶちかましていくふてぇ野郎がいる訳であります。

ひでえ野郎でありますな。

どうやら『振り抜け詐欺』って言うらしいですよ。

主犯格の男はどうやらブラジル国籍だとかなんとか・・・。

去年までは『村上』と名乗る男が主犯だったと聞いたのですが、

この手の社会もサイクルが激しそうですね。


馬鹿話、以上です。
posted by 木久蔵 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月09日

熊林移籍論

試合結果云々より・・・、得点云々より・・・、

パーマン2号のブービーは、いやいや失礼、高原は、髪切った方がいいと思うよ。

んで、本題。


熊林が徳島さんに移籍だそうですな・・・。

天才肌の熊林を活かすには、熊林と心中するシステムが不可欠であります。

いまの仙台さんではそんな博打は打てるはずもないので、

移籍容認は仕方のないところでしょうな。

徳島さんが攻撃を仕掛けるにあたり、

『羽地に預ける前に中盤で一度タメを作る』ってぇひと手間は、

いまの徳島さんにとって必要だと思う訳であります。

だから、そこで熊林!ってぇのは、誠に的確な補強であると思うわけであります。

熊林の後方にしっかと守ってくれる選手連が待ちかまえていてくれるとなれば、

熊林−羽地のホットライは十分機能する可能性はあると思いますよ。

双方にとって良い補強であることを願うばかりであります。


だけんともしかし、だけんともしかしであります。

モッチーの掲げるアクション・サッカーがこれだけ浸透してしまっては、

来年以降に仙台さんが熊林と心中するシステムを構築するはずも無い訳で、

熊林がチームのキングでなければ輝けないってぇのであれば、

どんなに徳島で武者修行を敢行したとしても、

仙台に円満復帰できるとは思えないんですよね。

磨くべきは技術でも試合勘でもなくて、

彼の内面にあると思うのですがね。

如何なもんなんですかね。
posted by 木久蔵 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月05日

募金終了であります

馬鹿なことをうんぬるかんぬると日々考える野暮なこちとらが、

たまには粋に行動しましょうってぇことで協力させて貰っているのが、

『いこいの広場のベガルタ仙台』の管理人さんである『いこいさん』を

仙台の聖地・ユアスタにご招待しましょう!ってぇ活動であります。


サッカーバー・ヘイスタの平吉さんの御尽力!

そんでもって、『いこいさんをユアスタに招待する会』会員の皆様の御協力!

それらが組んずほぐれつ一体となって、

いこいさんをご招待するのに必要なお金を集めることが出来ました。

募金にご協力頂いた皆々様方、本当にありがとうございました!
(ですので、ヘイスタ内での募金及び郵便振替による募金は終了致しました)


現時点でいこいさんが観戦されるのは8月5日の第32節水戸戦の予定であります。

てぇのも、この日は仙台さんと延岡市との交流事業の一環として、

延岡市選抜少年チームvsベガルタJrチームの年に一度の大勝負が行われる予定で

延岡市在住のいこいさんに『延岡と仙台、二度美味しい!』を

是非とも味わって頂きたいと考えたからであります。


来仙時の細かいスケジュールは今後詰めていく予定でありますが、

既に決定のスケジュールが2つ。

ひとつは、8/4の『いこいさん歓迎会!』

そんでもってもうひとつが、8/5の『ベガルタ仙台祝勝会!』であります。

畜生会やら反省会なんてぇもをやる予定はこれっぽっちもありませんよ!

祝勝会以外をやる予定はこれっぽっちもありませんよ!

ってぇ訳で、仙台さんの選手連の皆さま、

何がなんでも水戸戦は勝って頂きたい訳であります!

とにもかくにも、勝ってくれ!

しつこいようだけれども、勝ってくれ!

絶対ぇ絶対ぇ、勝ってくれ!

頼むよ、マジで・・・。
posted by 木久蔵 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月04日

ははぁ〜ん、こう言うことね・・・

ははぁ〜ん、こう言うことだった訳でありますな・・・。


セキ1.jpg


セキ2.jpg


セキ3.jpg



そんでもって、結果・・・


セキ4.jpg

なるほどね・・・。いやぁ、フットボール、奥が深いわ・・・。
posted by 木久蔵 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年07月03日

運の消費量

運ってぇヤツを無限大に消費できる者と、

消費量が限定されている者とがいると思う訳であります。


そんな前振りがあって、こちとらの後輩萬代の話・・・。

モチのロンで後者でしょうな・・・。

だから、ビタ止めのもの凄ぇトラップやら、

見たこと無ぇもの凄ぇターンやらを決めちゃうと、

その時点で相当量の運を消費しちゃうもんですから、

シュートの時まで運が続かないんだと思う訳ですよ・・・。


だったら、余計なことしねぇでシュートが決まることに全ての運を使えよッ!

だからいつまで経ってもシュートがお下手なんだよッ!

などと先輩風を吹かせて思ってしまう訳であります。

札幌戦のヘッド一発は、幻だったのか?


だけんともしかし!

萬代のシュートの精度が上がったと思っている方々もいらっしゃる訳であります。

いやぁ〜。協会様、こちとらが節穴ですみません。

バン.jpg
北京オリンピック二次予選
U22日本代表対U22マレーシア代表 パンフレットより

フィニッシュに成長の跡が伺えちゃう訳であります・・・。
posted by 木久蔵 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月21日

父ちゃんの仕事の都合

小学校の頃、新学期と共に転校してきた子が、父ちゃんの仕事の都合で、

夏休みが来る前にまた転校しちゃった・・・、ってぇ記憶ありませんか?

あんまり話すことはなかったけど・・・。

一緒に遊ぶこともなかったけど・・・。


フェリッペ、レアンドロ、二人揃ってFCペラーダ福島にレンタル移籍!

胸がキュンと切なくなった思いが蘇りましたよ。

・・・・・・。


予想されるSD父ちゃんの仕事の都合・・・パート1

◆湘南繋がりの時崎(現FCペラーダ福島監督兼プレーヤ)から、過去の清算を求められる。

◆金品の持ち合わせが無いため、仙台所属選手を安価にレンタル移籍させることで手を打つ。

◆Dチームから数名ピックアップするも、テグ・マコトにふざけんな!と一喝される。

◆ぶらっと訪れた練習場で、フェリッペとレアンドロの存在を思い出す。

◆ただブラジルに返すより、時崎に又貸しした方が『おいしい』のでは?と考える。

◆電卓を叩く。休憩。また電卓を叩く。

◆結果、アメリカFCからのレンタル期間を延長し、又貸し決定。


予想されるSD父ちゃんの仕事の都合・・・パート2

◆フェリッペ、レアンドロの素質の高さに驚愕。

◆しかし、いまの仙台では二人を実践で鍛錬させる余裕がない。

◆湘南繋がりの時崎(現FCペラーダ福島監督兼プレーヤ)に、受入を打診。

◆受け入れたいが、資金的に苦しい時崎。

◆『費用は仙台が持つ。その代わり、しっかり鍛えてくれ!』の大岡裁き。

◆結果、アメリカFCからのレンタル期間を延長し、実践研修決定。


どっちだべね・・・。

まぁ何だかんだで、ボルジェス特派員のブラジル支局、

福田特派員のスペイン支局につづき、

福島支局が仙台ネットワークに追加されたってぇことでありますな。

それにしても、リベルタ・ドーレスから東北社会人地域リーグ二部まで・・・。

仙台さんのネットワーク、いやはや、たいしたもんですよ。
posted by 木久蔵 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月20日

通販王子

本格的な夏を迎える前にやっておくべきことがある。

てぇ訳で、毎年6月を『男前強化月間』と銘打って、

シェイプアップに取り組むこちとらでありますよ。

んで、今年は何をやろうかなぁ〜などと考えておりましたところ、

超強力外国人助っ人が何とビックリの¥14,700円(税込み)で

やって来るってぇことですから早速もって申し込みでありますよ。


で、やって来た方がこの方であります。

billy.bmp

・・・・・・。

ご存じですか?

そう、通販王子であります。 エエ笑顔をしております。


そんでもって、連日連夜、嫁と二人で入隊しては、

シェイプアップに取り組んでいる訳であります。

ところがどっこいでありますよ。

入隊して二週間目のある日、悲劇は起きた訳であります。

左右にステップを踏みながらカンフーキックを連続するエクササイズで、

通販王子と共に明るく激しく動いておりましたところ、

なぁ〜んか知りませんけど急に大殿筋(ケツ筋)に激痛が走った訳であります。

倒れ込むこちとら。

駆け寄る嫁。

立ち上がろうと思っても立ち上がれないこちとら。

嫁との一言二言のやり取りの後、嫁はベンチに向かって『×』印。

急にアップを始める磯崎!←ここは妄想

聖地であれば、スタッフが担架を持って駆け寄って来るところではありますが、

いかんせん我が家は聖地ではないので、空しくも自力でピッチアウト・・・。

はい!肉離れですね。 大殿筋の肉離れであります。

いやぁ〜筋肉って、結構簡単に切れるもんなんですね。初めて知りました。

その瞬間、脳裏を霞めましたよ。

『モジャ男は第13節の京都戦で肉離れになったけど、そのまま試合に出続けた。

てぇことは軽度の肉離れてぇことだ。オレは立つことも出来ない重度の肉離れ・・・。

来たか!?来たのか!?オレがモジャ男を越える日が来たのか!?』

はい、モジャ男越え、楽々達成であります。


んで、HEY 通販王子!一週間で効果が出ていればこんなことには・・・。

以上です・・・。
posted by 木久蔵 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月19日

思春期

サポ諸兄連が16、17歳だった頃のことを考えて頂きたい訳であります。

この世の絶頂とも思える至福と、この世の終わりとも思える絶望が、

日替わりで組んず解れつ入り乱れて襲ってきたあの頃であります。

必要以上に背伸びをして大火傷を負ったあの日。

必要以上に怯えて屈辱を味わったあの日。

そうであります。

みんながみんな、三歩進んで二歩下がったじゃないですか。

たまには、二歩進んで三歩も四歩も下がったじゃないですか。


この時期を越えて、大人になったんじゃありませんか。

この時期があったからこそ、いま大人でいられるんじゃありませんか。

仙台さんは、やんちゃなフットボールを嗜好する思春期クラブな訳であります。

札幌さんや、読売さんのような酸いも甘いも嗅ぎ分ける

大人のフットボールを嗜好している訳では無いのであります。

ならば、挫折もありでしょ。

ならば、屈辱もありでしょ。

叩かれて、叩かれて素敵な大人になれば良いだけのことでありますよ。

罵詈雑言ではなく、叱咤激励!これであります。

京都戦のあと、そんなことを思った訳でありますよ。
posted by 木久蔵 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月14日

一流品

『コンセツ イチバン キケンナ カオリ ノ スル スタジアムハ?』

『センダイ?』

『OK デハ ワタシ ガ センダイ ニ イキマショウ。』

てぇ訳でやって来たかは定かではありませんが、

Jリーグ様が招聘したワールドクラスのレフェリー『ニコライ・フォルクアーツ』氏、

堂々の聖地初見参であります。


確かにうまいっすね。

フィフティーの競り合いは、ほぼノーファール。

どっかのバカたれと違って、倒れた位じゃファールは取りませんよ。

アドバンテージもしっかと取りますから試合が変に止まらない訳であります。

激しいプレイはOK!だが汚いプレイはNGだ!の姿勢が客席からも見て取れますな。

前半終了間際の福岡のCKを遅延とみなし、

蹴らせずに終わらせたのは氏の信条を貫いた行為だったと思いますよ。


そんでもって、ニコライさんのレフェリングをより一層スムーズにしているのが、

選手連のニコライさんへ対する従順さでありますよ。

モジャ男、相手に絡まれ倒れる。

モジャ男、ヘイ!とファールをアピール。

はいノーファール〜、はい立ってぇ〜!と促すニコライさん。

だよね・・・と、素直に立ち上がるモジャ男。

『あなたがノーファールというのであれば仕方がない。ノーファールですね。』

この従順さであります。レフェリーに対する尊敬と言っても良いかもしれません。

レフェリーと選手連がしっかと信頼関係を築き挙げられたこその結果だと思いますよ。


てぇ訳ですから、スタジアム全体に変なストレスが掛からない訳であります。

観戦にストレスが掛かりませんから、スタジアム全体が試合だけに集中できる訳であります。

結果、手に汗握る白熱した好試合になったんだと思いますよ。

いやはやなんとも、これがいわゆる『レフェリーが試合を作る』

ってぇことなんでしょうな。

まったくもって、Jリーグ様お抱えのヘナチョコ・レフェリー連とは雲泥の差でありますよ。

エエもん見せていただきました。


だけんともしかし、ちょいと苦言も。

HEY ニコライさん! あんた笛を吹くタイミングはバッチリなんだけれども、

なんかホイッスルの『鳴り』がスットンキョなんでねぇの?

ホイッスルにツバでもたまってんのすか?

ならば、日本みやげは、東京の下町が生んだ一流ブランド

『野田鶴声社』製のホイッスルに決まりですな。
posted by 木久蔵 at 20:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月07日

佐藤さん

聖地入場後の行動は、皆様方毎回お決まりでしょうか。

こちとらははしっかと習慣化しておりますよ。

まず、入場。

ボランティアのオヤジに挨拶。

座席を確保&荷物を置く。

双眼鏡を取り出す。

覗き込む!


そうであります。 入場早々に覗き込む訳であります。

凝視する訳であります。

これが見づらいんですよね・・・。

だけんとも穴が空くほど凝視する訳でありますよ。


てぇのも、バックスタンド側のハーフウェー・ライン付近に

本日の審判団御一考様のお名前が掲げられているからであります。


そんでもって湘南戦。

主審『佐藤隆治』!

・・・・・・。

えぇ? 誰その人? であります。

緑本で確認すると、今期からJ2主審に昇格した30歳の審判でありますよ。

経験不足が仇となり、聖地の雰囲気に飲まれてパタパタしなきゃエエけどなぁ・・・。

などと老婆心ながらにご心配だった訳であります。

だけんともしかし、この佐藤さん、よく見てますよ。

はいはい、確かにキンは倒れましたけど、

相手のファースト・アタックはボールに行っておりますよ。

はいはい、ジェスチャーを織り交ぜファールの内容を伝えようとしておりますよ。

時間の経過とともに確信しましたよ。 この佐藤さん、うまいっす!

どっかのポンコツより相当にうまいっす!


以前、『いまの高校生・大学生のサッカー競技者の中には、欧州有名審判等の影響から、

早い段階からプロの審判を目指す者が多くなってきている。』

てぇ話を聞いたことがあった訳であります。

確かに、チャンピオンズ・リーグの決勝戦がLIVE中継される御時世ですから、

世界最高峰のレフェリーを目指す日本人がいても不思議では無いわけですよね。

おそらく、今回の佐藤さんもこの流れをくむお方なのではと想像しておりましたよ。


名前のあるポンコツよりも伸び代のある若手連を積極的に起用していただきたいもんです。
posted by 木久蔵 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年06月06日

一喜一憂

今日嬉しかったこと。

萬代が得点を決めたこと!

萬代が解説者に誉められていたこと!


今日不安になったこと。

萬代の得点がPKだったこと・・・。

萬代を誉めた解説者が『人間力』山本昌邦だったこと・・・。


そんでもって、今日一番の衝撃は、潤之介さんの骨折・・・。

早く完治しておくれ、潤之介さん。

んで、ハギー!やっちまいな!魂込めてやっちまいな!
posted by 木久蔵 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。