2007年03月29日

腕前

『ある料理人の腕前』

材料の見極めが一級品

下ごしらえが丁寧

料理の段取り手際が絶品

だけんとも、味オンチ・・・。 これでは駄目な訳であります。


『あるFWの腕前』

前線からのプレスが一級品

オフザボールの動きが丁寧

ゴール前の位置取り飛び出しが絶品

だけんとも、ノーゴール・・・。 これでは駄目な訳であります。


・・・・・・。

くやしいですっ!



草津戦のVTRをしっかと検証いたしましたよ。

いやはやなんとも、目につくのはこちとらの後輩萬代ですよ。

あぁ、モチのロンで、悪い意味で目についているんですけどね。

まぁ確かにボールの無い処での動きは絶妙なんですけど、

ゴールが無いんですよね・・・。

シュートの精度の悪さは、いわずもがなですよ。

特にヘッドの精度の悪さにゃ目を覆いたくなるときもありますよ。

なんでそんなにトンチンカンな方向に飛んでいくのっしゃ?

ってぇ程のズレ具合な訳ですから。

なんか矯正できる方法はないもんすかねぇ。


てぇ訳で考えましたよ。

萬代は大抵の場合、クビを振ってファーにボールを流し込もうとしますよ。

なもんで、『押しても駄目なら引いてみな!』の精神で、

『振っても駄目なら、叩き付けろ!』に方向転換していただき、

藤吉ばりの『叩き付けるヘッド』に改良できませんかね・・・。

これなら少しは良くなると思うんですけれどもね。


あっそうそう、今季から急にヘッドの飛ぶ方向が改善された木谷さんに

相談するのもひとつの方法かもしれませんね。


バカアドバイス以上です。
posted by 木久蔵 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月28日

タイムリミット

なにやらサンスポ様が、昇格67%理論を堂々の大発表のようですな。

いやはやなんとも、心強い数字ですよ。

開幕5試合連続で負けがないと、うんぬるかんぬる・・・。

確かにそうなんです。

確かにそうなんですが!

実は、第5節あたりってぇのは昇格へ向けてのタイムリミットな訳でもあるんです。

1999年以降、J1に昇格したのは、のべ18クラブ。

この18クラブの初戦5試合をタテヨコナナメに読み解くと、

昇格への条件が浮かび上がる訳ですよ。

とにもかくにも、18クラブの開幕から5試合の星取りは次のとおりですよ。

1999
川崎 × × × △ ○
東京 ○ ○ × △ ×

2000
札幌 ○ ○ 休 ○ ○
浦和 ○ ○ ○ ○ ○

2001
京都 △ ○ ○ ○ ×
仙台 ○ × ○ ○ ○

2002
大分 ○ ○ ○ ○ ○
セ阪 ○ ○ ○ △ ○

2003
新潟 ○ ○ × × ○
広島 △ ○ ○ ○ ○

2004
川崎 ○ ○ ○ × ○
大宮 ○ △ × ○ ○

2005
京都 ○ ○ ○ ○ ○
福岡 △ ○ ○ △ △
甲府 △ △ × ○ ×

2006
横浜 × △ △ ○ ○
木白 △ ○ ○ ○ ○
神戸 × ○ ○ ○ ×

これを初戦の結果別に分類すると、昇格への条件は次のとおりとなりますよ。


○初戦『負け』だった場合。

『第6節までに監督が交代』していなければ、自動昇格無し!
1999川崎 2006横浜

『第2節が勝ち』でなければ、入替戦での昇格無し!
2006神戸


○初戦『引き分け』だった場合。

『第2節が勝ち』でなければ、自動昇格無し!
2001京都 2003広島 2005福岡 2006柏

『第4節終了までに勝ち』がなければ、入替戦での昇格無し!
2005甲府


○初戦『勝ち』だった場合。
『第5節終了までに連勝』がなければ、自動昇格無し!
1999東京 2000札幌、浦和 2001仙台 2002大分、C大阪
2003新潟 2004川崎、大宮 2005京都


ねっ。 第6節までに監督交代やら第5節終了までに連勝やらって、

第5節あたりがタイムリミットだってぇことがご理解頂けると思いますよ。


んだば、今季の第5節までの星取りを確認しましょうか。

札幌 × ○ ○ △ ○
仙台 ○ ○ △ ○ △
山形 ○ △ △ 休 ×
水戸 × 休 × △ ×
草津 × △ ○ △ △
東京 ○ ○ △ ○ 休
湘南 × △ ○ △ △
京都 ○ △ △ △ ×
大阪 休 × × × ○
徳島 ○ △ × △ ×
愛媛 × × ○ △ △
福岡 ○ △ 休 × ○
鳥栖 × × × △ ○


んだば、分類開始ですよ。

初戦が『負け』だったのは、札幌さん、水戸さん、草津さん、湘南さん、大阪さん、愛媛さん、鳥栖さんの7クラブ。

うち、自動昇格条件の『第6節までに監督交代』を満たすクラブは、(噂はあったものの実際には)残念ながら無し・・・。
てぇか、ここ数日で解任無いよね・・・。

んで、入替戦での昇格条件である『第2節での勝ち』を満たすクラブは、札幌さんただひとつな訳ですよ。

で、次は『引き分け』ですが、初戦は全て白黒ハッキリしたもんですから、引き分け無しですね。

そんでもって最後に、初戦が『勝ち』のパターンですよ。

該当するのは、仙台さん、山形さん、東京さん、京都さん、徳島さん、福岡さんの6クラブ。

うち、自動昇格条件の『第5節終了までに連勝』の条件を満たすのは、仙台さんと東京さんの2つのみな訳ですよ。

てぇことは、あらら、丁度3つになっちゃいましたね。


自動昇格条件を満たすのは、仙台さんと東京さん。

入替戦昇格条件を満たすのは、札幌さん。

なんとビックリ、第5節終了時点での順位表通りで決着する訳ですね。

いやぁ、いいっすよ。

モチのロンで、仙台さんが有利になる条件を全面に押し出しての話ですが、

いやぁ〜、いいっすよ、仙台さん!

てぇ訳で、仙台さん大船に乗った気分で問題なし。

バカ確率論、以上です。


ブラホ残念やね・・・。
posted by 木久蔵 at 21:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月27日

いこいさんを聖地に招待しよう!

馬鹿の割に真面目な話

仙台さんのキャンプ・レポートでお馴染み『いこいの広場』。

楽天さんの出現以来、キャンプ時のメディア露出度が年々薄くなる仙台さんにとって、

いこいさんの至れり尽くせりなキャンプレポは、まさにオアシス!

そう、ドント・ルック・バック・イン・アンガーな訳であります。

いやぁ、遙か宮崎の地にこれ程までに我らが仙台さんを

応援して下さるお方が実在するってぇ事実。

超弩級のヒデキ感激ぃ〜な訳であります。

んで、いこいの広場の閲覧経験がある諸兄連なら既にお気づきだとは思いますが、

いこいさんご本人はユアスタでの観戦経験がまだ無いそうなんですよ・・・。

こんだけ仙台さんを愛してくださっている『遠方の親友』が聖地未踏って・・・。

なんか、申し訳無いっすよねぇ。

なんか、できないすかねぇ。

・・・・・・。

てぇ訳で、サッカーバーヘイスタの平吉さんの多大なるご尽力のもと、

『いこいさんを聖地に招待しよう!』てぇことで募金を始めることになりました。

人手やお金の管理などの関係から、手始めとして募金の受け付け場所は平吉さんのお店としています。

この輪が広がって、多くの場所で募金活動ができるようになるといいっすね。


今回の件をいこいさん本人にお伝えしたところ、

『ご招待の件大変ありがたいことで恐縮いたしております。

何時の日か私もぜひ聖地で応援できればと思っています。』

とのお返事を頂きました!

てぇ訳で、頑張っていこいさんを聖地に招待すんぞぉ!
posted by 木久蔵 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月15日

ルイルイ

『知彼知己、百戦不殆。』
(敵を知り己を知らば、百回戦っても負ける訳ねぇべや。)

有名な『孫子の兵法』であります。 いい言葉ですな。

こちとらも、『敵を知り』ってぇことで、

打倒東京さんのため情報収集に精を出しておりますよ。

相当数の情報が入って来ておる訳であります。

その中でも、上物をご披露ですよ。


東京さんの監督様は『ラモス瑠偉』さんでありますが、

まぁ問題は名前の『瑠偉(ルイ)』ってぇ部分なんです。


『ブルガリア語では、大人のチンチンのことを“ルイ”ってぇ呼ぶそうですよ・・・。』

・・・・・・。


ビックリするような情報でしょ。

大人のチンチンと子どものチンチンでは呼び方が違うんですよ。

やっぱり形がねぇ〜、ねぇ奥さん・・・。

・・・・・・。


いやいや、ルイってぇのがね・・・、いやぁ何となくね・・・、

まぁ大した話じゃ無いけれどもね・・・、いやぁ見つけちゃったもんですからね・・・、

まぁえぇ・・・。


で、『ルイ』で思い出したんですけれども、ちょいと昔の2002年の話なんですが、

『ポルトガル代表・ルイ コスタを見に韓国のスタジアムまで行った人と、

AV女優・桜木 ルイを観に青森のストリップ劇場まで行った人とで、どちが凄いのやっ!?』

ってぇ議論がブンチョウ界隈であったんです・・・。

多数決の結果、圧倒的な支持を得て、桜木 ルイがルイ コスタを打ち負かしました。

以上です。
posted by 木久蔵 at 18:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月14日

憑いてるぞ!最悪のシナリオ回避

週末の東京さん戦。

やれ頂上決戦やら首位攻防戦やら、いらん尾ヒレ背ヒレが付いておりますよ。

まだまだ完成途上の仙台さんにとって余計なプレッシャーは無用なのですが、

まぁ二連勝してのホーム開幕戦ですから、まあまぁ落ち着いてってぇ方が無理かもしれませんね。


そんでもって、東京さんの評判がすこぶる良好ですよ。

やれ、フッキがモノ凄いとか、

やれ、ディエゴもモノ凄いとか、

やれ、名波も何だかんだでモノ凄いとか、

やれ、服部はホントにバカボンのパパにそっくりだとか・・・。

いやぁホントに豪華な顔ぶれですな。

だけんともしかし、こちとらとしては、絶好のタイミングでの激突だと思っておりますよ。

こちとらが描いた最悪のシナリオは、東京さん二連敗、監督ちゃん更迭・・・、

結果『監督の一人芝居』が早々に閉幕。

今期東京さん唯一の破滅へのシナリオが早々に終焉では、

ホントに強い東京さんと勝負しなければならねぇのかよ!の恨み節。

だけんともしかし、いやはや何とか無事に『主演男優』続投のまま仙台公演。

これで仙台さんに勝機ありであります。


そんでもって、仙台の評判もすこぶる良好ですよ。

やれ、潤之介さんがモノ凄いとか、

やれ、今期のこちとらの後輩萬代はモノ凄いとか、

やれ、今期の俺達のナカシマさんも何だかんだでモノ凄いとか、

やれ、モジャ男は密かにギャートルズのドテチンにそっくりだとか・・・。

いやぁ東京さんに負けず劣らず豪華な顔ぶれですよ。

こんだけ週末が待ち遠しいのはいつ以来でしょうかね!

楽しみでございますよ。


だけんともしかし・・・、

雪の開幕戦ってぇと、徳島戦の小針劇場を思い出しちゃうのはナイショだぜ・・・。
posted by 木久蔵 at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月13日

魅せろ、レッツゴーの底力!

いやいや、催促があったからってぇ訳では無いんですよ。

もともとセレッソさん相手にモノ凄い存在感を示されたので、

こちとら的にも部分的に考えを改めて『レッツゴー師匠』について

再考する必要があるかもなぁ、などとは考えていた訳です。

・・・・・・。


レッツゴー師匠を語るうえで外せないのが、彼の『適応能力の高さ』な訳ですよ。

ズデンコのダイレクト・サッカーでも振り向けばそこにいて、

都並のトンチンカン・サッカーでも振り向けばそこにいて、

親方のマフィア・サッカーでも振り向けばそこにいた。ってぇこの事実。

それぞれの指揮官がそれぞれの理想とするサッカーを表現する訳ですよ。

理想が変われば戦略が変わりますよ。

戦略が変われば戦法が変わりますよ。

戦法が変わればシステムが変わりますよ。

だけんともしかし、どんなにシステムが変わろうとも、

振り向けば、そこにレッツゴー師匠君臨な訳ですよ。


レッツゴー師匠が絶対王者にあらせられる立場だったならば話は複雑ではありませんよ。

だけんともしかし、レッツゴー師匠が『吹けば飛ぶような』立ち位置にも関わらず、

振り向けばそこにいるから話がこんがらがる訳ですよね。

この吹けば飛ぶような立場から毎回ピッチにたどり着くのが、

レッツゴー師匠の適応能力な訳ですよ。

『これ、できますよ。』ではなくて、

『これ、できるようになりました。』のサッカー主張。

与えられた宿題は時間は掛かっても必ず解いてきますよ。

この姿勢を見せられれば、各監督様も『これもでぎんでねぇのが?』

と欲張りになるのは人情。

これやって!とひとこえ掛ければ出来るようになる訳ですから、

これは便利、この上なしであります。

突出した武器は無いけれど、全体のバランスで勝負できるタイプな訳ですよ。

この手の輩は国立大学受験に強いタイプですよ。

まぁ大学受験はさておき、レッツゴー師匠の適応能力は驚愕に値しますよ。

ダーウィン曰く

『強い種が優れている訳ではない。環境に適応できる種が優れているのだ。』

を地でいってますよ。

おそらく、レッツゴー師匠が本来持ち合わせている『フットボール・ポテンシャル』

ってぇのは相当に高いんでしょうね。


だけんとも残念ながら、

その能力が源泉掛け流しのように適温適量で湧き出してこないところが、

レッツゴー師匠のレッツゴー師匠たる所以であります。

仙台さんサポ諸兄連が一番イライラするところもまさにそこであります。

効能は優れるんですけど、水温低めというか、湯量貧弱というか・・・。

『しっかと沸かしてもらえば、十分に効果発揮しますから!』

なのですが、サポ諸兄連からするとその温め直す手間に

再度イライラする訳じゃないですか。

普通はそこで見捨てられる訳ですよ。

だけんとも、そこでも見捨てられることなく、

必ず誰かが温め直してるってぇところが、

レッツゴー温泉の凄いところだと思うんですよね。


そんでもって、モリシにちょっかい出したりするレッツゴー師匠を見ていると

ホントに逞しく見える訳ですよ。

モリシっちゃぁワールドカップにも出場した日本を代表するプレーヤーですよ。

その方に対して、レッツゴー師匠は『ニヤッ』としながら突っかける訳ですよ。

『ムッ』とするモリシに対して『フッ・・・』と透かすレッツゴー師匠。

こちとらは我に返る訳ですよ。

日本国というポジションではモリシは偉大なプレーヤーなのかもしれませんが、

ベガルタ仙台国というポジションではレッツゴー師匠も十分に偉大なプレーヤーな訳ですよ。

レッツゴー師匠は高慢な方ではないので『こら、モリシ!なんじゃワレぇ〜!』的なアプローチではなく、

『どぉ〜もスンマセン。一応、こっちの代表なもんで・・・、

スンマセンけどここはガチっと行かせてもらいますよ、スンマセンね・・・。』

程の低姿勢かつ心臓漠々でのチャレンジだとは思うのですが、

ベガルタ仙台国を背負ってビックネームに立ち向かうその後ろ姿は、

ホントに頼もしい訳ですよ。

となりの兄ぃちゃん的に余りにも身内過ぎて

レッツゴー師匠の活躍が正当に評価されにくい状況である

ってぇのは重々承知はしておりますよ。

だけんともしかし、だけんともしかし、

評価すべきところは評価する必要がある訳でありますよ。

うんぬるかんぬる馬鹿話のオンパレードですが、

結果、

・・・・・・、

レッツゴー師匠、『レッツゴー国王』に昇格であります!


あと、レッツゴー温泉を沸かす際のエネルギー源に

『東北電力』が使われたかどうかは不明だぜ・・・。
posted by 木久蔵 at 20:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月08日

プッっ

馬鹿野郎と馬鹿野郎がツルんで馬鹿なことをやっているうちは不平不満は出ませんよ。

だって、馬鹿野郎と馬鹿野郎は意気投合していますからね。

だけんともしかし、馬鹿野郎が真面目なお方を一方的に巻き込んで馬鹿なことをやるのは、

結果、ふざけんな!ってぇことも重々承知しなければなりませんよ。

だって、真面目なお方は馬鹿野郎の気心なんて知ったこっちゃねぇ訳ですから。

最悪、物別れってぇ場合もあっりますよ。 そんな前振りがあって本題。


激励会報告第二弾であります。

ジョニさんに対して当初の目標を完遂出来なかったこちとらが、

次に狙うターゲットはあの方ですよ。

そう、俺たちのナカシマさんであります!

若い小娘からベテランの御婦人まで、

俺たちのナカシマさんの周りは女性で溢れかえっておりますよ。

まぁ、あれだけのお顔をお持ちの訳ですから、

女性連が放っておかないことは理解納得でありますな。

だけんともしかし、行かなきゃならん訳ですよ。

こちとらフットボールオヤジの熱い思いを伝えるために、

行かなきゃならん訳ですよ。

てぇ訳で、女性連の作り出す長蛇の列の最後方から徐々に進出であります。


とうとう、御対面であります。

俺たちのナカシマさんと御対面であります。

相手が小娘からオヤジに変わっても、顔色ひとつ変えませんよ。

冷静沈着であります。流石にストライカーでありますよ。

こちとらが差し出したフラッグにサラサラっとペンを滑らす俺たちのナカシマさん。

サイン無事終了。

ここからであります。

『あのぉ〜、これにもサインしてもらえますか?』

木谷様に『×』を作られた苦い経験が蘇りますよ。

こちとらが出したのは、例のブツであります。

中島君.jpg
俺たちのナカシマさんを応援するサザエさんの中島くん(ポストカード・バージョン)

・・・・・・。


プッっと笑ったような気もするんですけど、

反応が非常に薄かったのは確かであります。

そして何も言わず、サインを書き込む、俺たちのナカシマさん・・・。

Hey 俺たちのナカシマさん! ウケなかったのかい?

それとも、何があっても冷静沈着な性格なのかい?


何はともあれ、サイン頂きましたよ!

ナカシマさん.jpg
俺たちのナカシマさんのサイン付き俺たちのナカシマさんを応援するサザエさんの中島くん

別れ際、『得点二桁、そんでもって、得点王、頼んます!』と手を差し出すと、

ガシッと握り替えしてきた俺たちのナカシマさん。

見た目は冷静沈着でも、その中身はグツグツと燃えたぎっているようですよ。

こりゃ、鼻息指数120%で期待マンマンでありますな。

ガンバレ、俺たちのナカシマさん!

鹿島にゃ返さねぇかんね!
posted by 木久蔵 at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月07日

男の約束

男と男の約束は守らにゃならん訳であります。

西から上ったお日様が東に沈んだとしても守らにゃならん訳ですよ。

男なら絶対ぇ守れよな! てぇ前振りがあって本題。


宮城県サッカー協会主催のベガルタ仙台激励会に行って参りましたよ。

初参戦だったのですが、十二分に楽しめましたよ。

何と言っても会の目玉は選手との交流であります。

あっちに潤之介さん、こっちにロペス。

あっちに梁くん、こっちにトミィ。

あっちにこちとらの後輩萬代、こっちに田ノ上。

そんでもって振り向いたら磯崎。

その後にレッツゴー師匠・・・。

そうであります。

当たり前ではありますが、選手連がウヨウヨしている訳であります。

そんでもって、事前に十分仕込んだこちとらも、

いよいよ持って行動開始でありますよ。

ターゲットは、開幕戦でこちとらのハート鷲掴みのジョニさんであります。

無防備にも前のスペースをケアしていないジョニさんに堂々のアプローチであります。

仕込んだポルトガル語カンペでコミュニケーション開始でありますよ。

『Boa Noite(ボア ノイテ):こんばんは』

ジョニさん、笑顔であります!

そんでもってジョニさんも『ボア ノイテェ〜』と返して来ましたよ。

こちとらのポルトガル語、通じております!

つづいて、『Seja bem-vindo à Sendai(セジャ ベン-ヴィンド ア センダイ):仙台へようこそ』

こぼれんばかりの笑顔であります。

ジョニさん、ご機嫌になってきておりますよ。

これは好感触ですよ!

そんでもってサインペンを渡してフラッグにさらさらっとサインをするジョニさん。

サイン無事終了。

ペンを返そうとするジョニさんにこちとらのポルトガル語炸裂。

『Japonês(ジャポネス):日本語』

同時に『ジョニウソン』とカタカナ表記のカンペを提示。

日本語でも『ジョニウソン』と書いてくれ!てぇことな訳ですが。

・・・・・・。

あらら、ジョニさん固まっちゃいましたよ。

困惑の表情であります。

しばしの沈黙の後、ジョニさん意を決して言いますよ。

『ハニュゥサァ〜ン!』

ブラジリアンズの脇で談笑中だった羽生通訳電撃参戦。

『あのぉ〜、日本語でジョニウソンと書いて欲しいんですけど。』

『書けないと思うよ〜(笑)。』と応えつつジョニさんに通訳。

『練習してないから書けないって(笑)。書けるように練習するそうです(笑)。』

『じゃぁ、書けるようになったら、まず始めにこちとらにサインして下さい。』

馬鹿な内容を真剣に通訳してくれる羽生さん。

頭が下がります。スンマセン。

『OK判りました。あなたに最初に書きましょう。約束します。』

ジョニさんの顔を見ると、ニヤッと微笑み『任せとけ!』の表情であります。

お互いに頷きあって、ジョニさんとこちとらの堅い握手。

男と男の約束、締結であります。

てぇ訳で、ジョニさん、男と男の約束守ってよね。

WjTC.jpgここに『ジョニウソン』と書かれる訳です
posted by 木久蔵 at 20:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年03月02日

J2を喰らう!のか?

昨シーズンの終盤に、仙台さんが対戦するクラブの『都市名+レシピ』でググリ、

検索された料理をこちとらが自ら作り、仙台さんより一足お先に相手を頂いちゃう、

『喰らうシリーズ』を地味にやっていたんすけど、

まぁ、J2リーグも開幕しますしね、開幕前に派手にド〜ンと、

相手クラブの土地の名物を喰らっておくのも良いのかなと、

開幕前に仙台さん以外の12クラブを喰らっちゃっておくのも良いのかなと、

いずれ全クラブを仙台さんも喰らっちゃう訳だし良いのかなと、

てぇ訳で、かき集めた名物、開幕前にこちとらが残さずに喰らっておきましたよ!


札幌さんの名物は、ジンギスカンですよね。

札幌.jpg
札幌さん残さず頂きました。勝ち点8ごちそうさま。


山形さんの名物は、玉コンですよね。

山形.jpg
山形さん残さず頂きました。勝ち点10ごちそうさま。


水戸さんの名物は、納豆ですよね。

水戸.jpg
水戸さん残さず頂きました。勝ち点10ごちそうさま。


草津さんの名物は、花いんげん豆だそうですよ・・・。

売って無いんですよ。どこにも。入手困難・・・。

てぇ訳で、急遽変更・・・。

草津.jpg
草津さんでしっかと温めて頂きましたよ。勝ち点10ありがとうございます。


湘南さんの名物は、たたみいわしですよ。

湘南.jpg
湘南さん残さず頂きました。勝ち点8ごちそうさま。明日も美味しく頂きます。よろしく。


大阪さんの名物は、たこやきですよね。

大阪.jpg
大阪さん残さず頂きました。勝ち点6ごちそうさま。


京都さんの名物は、生八つ橋ですよ。

京都.jpg
京都さん残さず頂きました。勝ち点6ごちそうさま。


徳島さんの名物は、かぼすですよね。

徳島.jpg
仙台さんの約束の地『大分』さんとこの焼酎で残さず飲み干しましたよ。勝ち点10ごちそうさま。


福岡さんの名物は、めんたいこですよ。

福岡.jpg
福岡さん残さず頂きましたよ。勝ち点6ごちそうさま。


そんでもって、東京さんと愛媛さんと鳥栖さんが抜けてますね。

東京さんの名物はいろいろあって迷いますよ。

だけんともしかし、是非ともあれを食べたい訳ですよ。

東京さんの監督でいらっしゃるあの方の絡みで、是非ともあれを食べたいわけですよ。

そう、まさお君がラモスさんに変身する『Jリーグ・カレー』であります。

・・・・・・。

発売元『永谷園』のホームページを早速チェック!

いやぁ〜、売って無いんですね。時の経つのは早いッスね。

残念であります。だけんとも、モノ凄いの発見しましたよ。

東京さんを喰らうには持ってこいであります。

ムシキングカレー.gif
緑のパッケージといい、東京さんの蔑称のムシといい、

東京さんを喰らうとしては持ってこいでしょ。

だけんとも、探せども探せども『ムシキングカレー』を売っているお店が無いんですよ。

やむを得ず、永谷園さんに電話したところ、このムシキングカレー

販売期間末期の為在庫薄、そんでもって仙台では2店舗でのみ販売中とのこと・・・。

てぇ訳で、やっとの事で『ムシキングカレー』ゲットであります。

東京1.jpg
マックスバリュー南光台店で購入

東京2.jpg
そんでもって、なんと中身も緑色に輝いておりますよ。

これで何とか東京さんは頂けますね。


ここで、問題発生。

カレーを食べるためにごはんが必要ですよ。

そこで、例の奇跡のレシピを思い出しましたよ。

そう、昨シーズン、愛媛さんを喰らう時に脳裏をかすめた『ポンジュースごはん』ですよ。

これも何かのご縁ですから、思い切って、愛媛さんの名物・ポンジュースさんで、

思い切ってごはんを炊いて見ましたよ・・・。

愛媛2.jpg
奇跡のレシピ『ポンジュースごはん』ここに完成。


そんでもって、東京さんと愛媛さんの夢のコラボレーション、ここに堂々の完成であります。

東京と愛媛のコラボ.jpg
東京さん、愛媛さん、残さず頂きました。勝ち点20頂きました。

んで、鳥栖さんの名物は『佐賀牛』なんですけど・・・、すげぇ高いんですよ、佐賀牛。

なんで、すけさんに鳥栖の名物を聞いてきますから、とりあえず今回はパスさせて下さい。

ちなみに、駄洒落で『酢』は飲んでおきました。


J2クラブを一通り喰らっておきましたんで、開幕に向けて死角無しですな!

んでは、平塚に向けて、行ってきます!
posted by 木久蔵 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月23日

ゲーフラ話 その2

三代目『俺達の仙台』ゲーフラには選手のサインがしっかと書かれているのですが、

いま思い出してもおぞましいお話をひとつ。

試合前、ファンクラブ限定のサイン会。

メンツは、出停のモジャ男と木谷様・・・。

モジャ男、難無くクリア。

続いて、木谷様・・・。

木谷様、難無く、サイン終了。

んで、こちとらのリクエスト。

『あのぉ〜、スンマセン。サインの脇に「ブロク王」って書いてもらえますか?』

こちとらを凝視する木谷様・・・。

顔色ひとつ変えずに、両腕をクロスさせ『×』を作る木谷様・・・。

『いやぁ〜、勘弁してよぉ〜。』やら『そういうの困るよぉ〜。』などの対応で、

やんわぁ〜りと断るならまだしも、口元を緩めることもなく『×』って・・・。

結構、凹んだなぁ。 と、遠い目。

次、木谷様にサインをお願いする時は、

『あのぉ〜、スンマセン。サインの脇に「ブロク休止中」って書いてもらえますか?』だな。
posted by 木久蔵 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月22日

追い込み

いよいよ開幕まで10日を切りますな。

選手連も連日ハードなトレーニング&練習試合をやっているようですし、

我々サポ諸兄連もいよいよもって開幕に備えなければなりませんよ。


てぇ訳で、年に一度のゲーフラ更新の時期ですよ。

こちとらのゲーフラさんは、

初代『PAINT IT GOLD』さん

2代目『What’s away? Here is a Home!』さん

三代目『俺達の仙台』さんと三代続いておりますよ。

特に三代目のゲーフラさんは、友人の書道家にお願いした品だけあって、

なかなかの出来であります。

さてさて、四代目さんはどうしますかねぇ。

故桜井仙台副市長の名句

『ベガルタの シュート決まりし スタジアム 歓喜の器と なりてどよめく』

は、大勢の方々がゲーフラ化を企んでいるでしょうしね・・・。


今年はチョイと目線を変えて、これにしますかね。

なかしま.jpg
posted by 木久蔵 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月21日

恥を忍んで

背中のスポンサーが見つからないようですね。

まぁ身から出た錆っちゃぁ、錆かもしれませんね・・・。


ここはひとつ恥を忍んで例の方々にお助け頂きませんか・・・。

そう、三木谷さんとこの楽天さんですよ。

ただ、ヴィッセル神戸のオーナーである三木谷さんの楽天ロゴを

我らが仙台さんに背負わせるのは余りにも酷ってぇもんですよね。

なもんで、関連企業で仙台本社の『楽天球団』で手を打ちませんか?

どこかのクラブと違って、年間シートの売り上げも好調のようですし。

・・・・・・。

やっぱ、楽天ってぇ文字が気になりますよね。

そんな訳で、裏技の中の裏技であの方に一肌脱いで頂くってぇことでいかがでしょ?

NEW.jpg

あの方は非公認マスコットなので、物語上は楽天さんとは無関係ですから・・・。
posted by 木久蔵 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月20日

却下!

こちとらが個人的に推進してきたシュナイダー潤之介さんを

『シュ介と呼ぼう運動』でありますが、

まったく持って盛り上がりに欠けている訳ですよ。

そんなローテンションのなか、衝撃の報道を小耳に挟みましたよ。


fmいずみ『ベガパラ』新加入選手インタビュー 〜シュ介さん編より抜粋〜

―シュナと呼んで欲しいということでしたが
「全然思いつかなかったんで今募集中です。で、サポーターの方から“介さんってどうですか?”と言われたんですけど、ま、おもしろいんですけどね(笑)そういういろんなのを募集してるんで。よろしくお願いします。」

※横で聞いてた菅井選手が「スケさ〜ん!」と一言!シュナイダー選手は「お!早速呼ばれましたね!」と非常に嬉しそうでした!


・・・・・・。

こんなんがWEBに出たら、『スケさん』で既成事実じゃないですか・・・。

てぇ訳で、シュ介と呼ぼう運動は本日をもってあえなく終了でございます。


ただで終了するのもなんなので、スケさんからの『水戸黄門つながり』で、

磯崎さんを『うっかり磯崎』と密かに呼んでみよう運動を、

密かに始めたいと思います。
posted by 木久蔵 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月19日

一心同体

一心同体なのであります。

こちとらの世代は、一心同体と言えば『少女隊』なのですが、

少女隊は本編とはまったく関係がありませんのであしからず。


久しのブリブリに、フットサルをやったんすよ。

こちとらが所属するチームは、結成7年目を迎えるんですけど、

結成当初、ここまでフットサル人気が過熱するなんて想像もできませんでしたよ。

今でこそオシャレなシューズやらボールやらが溢れかえっていますけど、

当時は、ボールなんて『ミカサ』と『アディダス(モルテン)』しか無かったんすから。

そんでもって、久しぶりにも関わらず無理なプレーの連続のため、

右足の足首をやっつけてしまった訳ですよね。

もうホントに痛たたたた・・・・な訳ですよ。


足の痛さに耐えながら帰宅ですよ。

モチのロンで注意は散漫ですよ。

駐車場に車をバックオーライさせるはずが、晴天の霹靂、ガツンの衝撃。

見事、右リアのバンパーにガリガリ君登場な訳ですよ。

御新車様は、まだ4ヶ月の幼子ですよ。

ため息しか出ませんよ・・・。


そんでもって、超ウルトラポジティブシンキング。

唯一の収穫は、こちとらの怪我も右の足、御新車様のキズも右のリア・・・。

てぇことは、いやぁこちとらの車もやっと持ち主に馴染んできたってぇ訳ですね。

まさに一心同体ですよ。(涙) 
posted by 木久蔵 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月16日

無知

いやぁ、無知って怖いっすね・・・。

いやぁなにね、近所のアジア雑貨屋で何気なしに見かけたんですよ。

黄色は仙台さんカラーだし、今年のラッキーカラーだって言うし・・・。

牛ってぇのもアジア密教のシンボルっぽく感じたんですよね・・・。

アジアちっくでいかしたTシャツだと思っちゃったんですよね。

モチのロンで買っちゃいましたよ。

そんでもって、まさかこのデザインがそのまんまアレだとはねぇ。

頬をツネっても気付きませんでしたよ。

P1000173.JPG
こちとらの購入したTシャツ

news_bullscup_spiel1.jpg
アレとツネが移籍したザルツブルグ

まさか、日本進出を狙う『レッドブル』のマークだったとはね・・・。

いやぁ、無知って怖いっすね・・・。

ここになんちゃってザルツブルグ・サポが誕生であります。
posted by 木久蔵 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月15日

足りねぇよ

諸般の企みの為、J2各クラブの2007シーズン集合写真を収集しているのですが、

とにもかくにも、一発目の仙台さんで異変発生な訳ですよ。

なんか足りねぇよ、この写真・・・。

電光石火で問題解決。

そう、こちとらの後輩の萬代が足りない訳ですよ。

同じタイミングで海外視察旅行に行ってましたからね。

てぇ訳で、諸兄連の皆様方、修学旅行の集合写真よろしく、

仙台さんの集合写真の左上隅にポチっと添付願います。

18_2.jpg
欠席した萬代君(21)
posted by 木久蔵 at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月14日

人違い?

日本代表監督オシム爺さんの会見(2月13日)より。

『皆さんがヨーロッパから選手を呼びたがっているのは分かる。

だけど、呼んだらどうなるかという“副作用”を考えてほしい。』

確かに、副作用はあるわな・・・。

だって、オシム爺さんの求めるサッカーでは、

攻撃陣にも守備力が求められますもんね。


スペイン在住、俺達の福田特派員は、

どちらかというと『チェイス』するFWじゃないですもんね。

えっ?

・・・・・・。

このヨーロッパって、福田特派員のことではないんですか?

まぁ、それはそれとて、(個人的に)がんばれ!ヤノキショー!
posted by 木久蔵 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月13日

言っちゃえよ

もれなく『クラブ卒業』という有り難くない特典が頂けてしまう

仙台さんのキャプテンの座。

『そんな姥捨て山みたいなこと、オレの口から直接は言えないぜ・・・。』

てぇ風に望月監督が思ったかどうかは知りませぬが、

『男の中の男、出てこいやぁ〜!』とばりに、

チームの中から自然とキャプテンが決まることを望んでいるようですな。

そんでもって、この望月監督の行動からある監督の名言を思い出した訳ですよ。

ホント情け無いんですけど、監督の名前が思い出せないんです・・・。

『監督の仕事で一番大切なのは、選手のモチベーションを高めることだ。

スタメンの選手?それもある。サブの選手?それもある。

だが、一番高めなければならないのは、ベンチに入らない選手達のモチベーションだ。』

J2の一年はホント長いじゃないですか。

となるとチームの状態も浮き沈みしますわな。

そんな沈んでいる状態の時に、

みんなのために自ら『縁の下の力持ち』になってくれる選手を

望月監督は待ち望んでいるように思えるんですよね・・・。

明るく笑顔で自分を殺して、チームの為になれる男・・・。


てぇ訳で、熊林、早くヤルって言っちゃえよ!



posted by 木久蔵 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月09日

一瞬目を疑いましたよ。

『仙台MF永井が若手に男魂注入!!』 2/9日刊スポーツより・・・

えっ?『男魂』って・・・。

えっ?『注入』って・・・。それも『若手に』って・・・。

おいおい、延岡で何が起こってんのよ。


てぇ訳で、何故か手元にあった『官能小説用語表現辞典』(ちくま文庫:永田守弘編)で、

とりあえず『男魂』を調べて見ましたよ・・・。

・・・・・・。

あらっ?『男魂』の記述は無いっすねぇ。

いやぁどうもすみません『男塊』では無いんですね・・・。(恥)

理性の心で記事をしっかと読むと、永井のオヤジが若手相手に、

『ダンカイ』では無く、『荒ぶる男の魂』を注入している!てぇコトらしいっすね。

いやぁ、いいことですよ!泥臭さ、男臭さ、いいじゃないすっすか!

バッシバッシ行って欲しいもんですね。

そんでもって、この記事を読んで名作『魁!男塾』を思い出した輩は数知れずのハズですよ。

てぇ訳で、記事中の『兄貴』は100%無視して、永井の呼称は『塾長』に決定。

いろいろと実りのあるキャンプですな。いやぁ、結構結構。

posted by 木久蔵 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

2007年02月08日

そうだったの

イーグルスさんの話題で溢れかえる夕方の地方ニュースであります。

『おじさん誰だかわかる?』と問いかける野村監督に対して、

『のむらかんとくぅ〜』と答える地元の幼子。

『いわくまぁ〜』と答えたトンチンカンな幼子の音声は絞り気味でしたよ。

まぁとにもかくにも、すっかり『イーグルス天下』の仙台でありますな。


そんでもって、まったく持って仙台さんの情報が乏しい訳ですよ!

情報供給源はネットだけかよ!ってぇなもんですよ。

寂しいモンです。

情報もなく、することもなく、てぇ訳なもんですから、昨年の試合を復習しておりましたよ。

第2節、徳島対仙台であります。

モジャ、チアゴ、モジャ、ボル!と、

取りに取りまくった仙台さんの開幕戦であります。

懐かしいっすね。

そんでもって気が付いたのですが、ボルが取ったあとに駆け寄るモジャ・・・。

この頃はまだ仲が良かったんすね。

こんなコトになるとは、予想していませんでしたね。

・・・・・・。

今期は小さなコトからコツコツと。一歩一歩バモ仙台!
posted by 木久蔵 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お馬鹿魂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。